11/29のツイートまとめ

ukarete_aruku

Walkr で「誰かいる」というアチーブメントを達成しました! https://t.co/zqLvZKZpGV https://t.co/42nbBDEBl3
11-29 20:03

11/28のツイートまとめ

ukarete_aruku

「艦長、「ウサギの隠れ穴」上で新しい「キャベツ」を発見しました。これは銀河日誌に記録されます。」- https://t.co/uwxywq2mva
11-28 23:08

11/27のツイートまとめ

ukarete_aruku

ハマグリ https://t.co/L21SRtptWP
11-27 22:15

自分のすばらしい銀河を見てみよう! https://t.co/zqLvZKZpGV
11-27 22:02

Walkr で「貯金の名人」というアチーブメントを達成しました! https://t.co/zqLvZKZpGV https://t.co/JyM06r9kA1
11-27 20:55

11/26のツイートまとめ

ukarete_aruku

リューベック・スイス横断競争のアナウンス 「走者は毎日十時間ずつ練習しています 彼らは百メートル進むのに約マイナス十四時間かかります 先頭の一群は今朝すでに 一九一九年へ消え去りました」 スポー… → https://t.co/wxfvCefwy6 #bookmeter
11-26 22:41

【アクセンチュア流 生産性を高める「働き方改革」/江川 昌史】を読みたい本に追加 → https://t.co/EsQmOpV0TK #bookmeter
11-26 19:46

京童ノ口ズサミ 意味もなく ニツイテカタルノミ

ミニマリストに向かって物を捨ててます。

でもなんかすごい空しい。

部屋がきれいになり

それぞれがそこそこのレベルのものを購入することになり

結果綺麗な部屋になる。

なんだろうね。

間違ってはないない。

最高なんだよね。

でもさ。

なんか違う気がする。

なんだろうね。

最近の問題は。

いらない服が多いことだよね。

しょうがないんだけどさ。

なんだろうね。

わからないさ。

そしてコーヒーを夜には飲むべきではなかったなって思うんだ。

なんだろうね。

どうなりたいんだろうか。

物がどんどん捨てられていく。

大事であろうとなかろうと。

かわいそうなことだ。

大事なことだ。

そして物がなくなったときに私は死ぬのだろう。

冷蔵庫の中に無印のプラスチックの奴をいれるかどうかで悩んでいる。

困ったことだよね。

どうしたらいいんだろうね。

どうしたいのかな。

物が増えるんだよね。

その代わりに何かを捨てなくちゃ。

そういうことだよね。

今本を捨てようかと思ってる。

久しく読んでいない本をすべて。

いらないから。

それでいいんじゃないかって。

だって使ってないんだもん。

テレビだっていらない。

そういうわけにはいかないんだけど。

どういうことなんだろうね。

わからないけど。

失敗したよね。

困ったことだよね。

なんだろうね。

わからないよね。

訊いちゃいけないこととか

書いちゃいけないこととか

大変だよね。

そういうことが私を締め付ける。

大変だ。

面倒だ。

惰性で買ってるものがある。

惰性で置いたるものがある。

その結果が私を締め付ける。

何もいらないんだ。

って言いきることは私にはできない。

実際には使ってないものばかりだけど。

どうしたらいいのかな。

どうしたいのかな。

工具箱がほしい。

無印のやつ。

重ねておくんだ。

工具がこれで片付く。

そして文具が片付く。

気がする。

大量の文具が。

使っていないのに。

そうなんだよね。

予備品って意外と私を締め付ける。

いつか使うやつ。

例えばトイレットペーパー。

常時1つしか動いていない。

それでも予備の者が6個はある。

12個セットで打っているから。

そういうことだよね。

なんかそういうのがたくさんある。

あれの予備、これの予備。

いつか使うやつ。

使わねーけど。

そういうのをどこかに置きたいんだよね。

今タンスの上があと1つになった。

あれさえ捨てることができれば何とかケースが空く。

なんだっけ?

カタチが同じな奴。

タオルがじゃまなんだよね。

いつか掃除で使うからいいんだけどさ。

そういうのがたまって私を締め付ける。

そういうのを置く場所がほしい。

ゴミグッズを置く場所が。

そしてゴミを掃除するための予備グッズを置く場所が。

困ったことだよね。

そして靴下のサイズが合わない。

なぜか一発で選択が回らないから。

洗濯か。

困ったことだ。

っていうかダイソンの掃除機がほしい。

ダイソン高いね。

5万くらいする。

必要なのかな。

ほかにも必要なものがあるし

ヒタチで困っているわけではないからな。

そういうことだよね。

人生の置き換えをする。

そういうことだと思う。

わからないけど。

去年より5万くらい合計で使ってる。

5万で済まないな。

今の時点で10万オーバーしてる。

ということは各月1万円増えてる。

出費が多くなった。

そりゃーいいものを買いたいし

欲しいものは多いし

やりたいことはたくさんあるし

その結果だよね。

記録がより正確になったことも一因しているけど。

しょうがないよね。

生きているんだから。

だからどうにかしてこれを少なくしていきたいと思う。

本当に欲しいものだけにして

欲しいものだけにして。

そうしたらどうなるのかわからないけど。

世界ってそういうことだと思う。

大変だ。

時計がほしい。

5万円くらいの。

2000円の時計でも同じなんだけど。

そういうことだと思う。

わからないけど。

動くけど。

動くけど。

そういうことだと思う。

11/25のツイートまとめ

ukarete_aruku

【頭の回転が速い人の話し方――あなたの会話力が武器になるユニバーサル・トーク×戦闘思考力/岡田斗司夫】を読みたい本に追加 → https://t.co/XY2LtfV4LK #bookmeter
11-25 11:14

【デンマーク流「幸せの国」のつくりかた/銭本 隆行】を読みたい本に追加 → https://t.co/CsLcIoy4Jb #bookmeter
11-25 11:07

【ばけバケツ (にじいろえほん)/軽部 武宏】を読みたい本に追加 → https://t.co/UNZdXldQdo #bookmeter
11-25 11:01

【男が痴漢になる理由/斉藤章佳】を読みたい本に追加 → https://t.co/8MCtpeaEWn #bookmeter
11-25 10:59

【LIFE SHIFT(ライフ・シフト)/リンダ グラットン他】を読みたい本に追加 → https://t.co/sMNz0sGwjh #bookmeter
11-25 10:59

【暴れ牛と神さびる熊:供犠と霊送りの民俗誌/星野紘】を読みたい本に追加 → https://t.co/eohLveoZXa #bookmeter
11-25 10:58

【たべもんどう/鈴木 のりたけ】を読みたい本に追加 → https://t.co/WfV24sQwWo #bookmeter
11-25 10:58

【正しい本の読み方 (講談社現代新書)/橋爪 大三郎】を読みたい本に追加 → https://t.co/8tHRyNXxpa #bookmeter
11-25 10:58

【男は3語であやつれる (PHP文庫)/伊東 明】を読みたい本に追加 → https://t.co/rrMayqg7Lj #bookmeter
11-25 10:57

【こうえん/ジェイムズ・スティーブンソン】を読みたい本に追加 → https://t.co/kPiiTxGqEE #bookmeter
11-25 10:20

続きを読む

11/24のツイートまとめ

ukarete_aruku

Walkr で「未知との遭遇」というアチーブメントを達成しました! https://t.co/zqLvZKZpGV https://t.co/sqD31UCh7M
11-24 07:30

11/23のツイートまとめ

ukarete_aruku

自分のすばらしい銀河を見てみよう! https://t.co/zqLvZKZpGV
11-23 23:31

Walkr で「貯金スタート」というアチーブメントを達成しました! https://t.co/ms4jDaoDUm https://t.co/OUhERkJrKf
11-23 23:23

Walkr で「自給自足」というアチーブメントを達成しました! https://t.co/ms4jDaoDUm https://t.co/ZAwYiBaDf1
11-23 23:22

Walkr で「安全着陸」というアチーブメントを達成しました! https://t.co/ms4jDaoDUm https://t.co/yxzkJnOszB
11-23 23:21

正解はどれでしょう~(^ω^U)わん? #残念な動物 https://t.co/Fiq3yBjD0e https://t.co/lrOAmAI9rT
11-23 22:50

うちのハリネズミがここまで大きくなりました。[iPhone] https://t.co/6CbuE3AVrW[Android] https://t.co/03K73KDoEh
11-23 22:49

【ドーナツを穴だけ残して食べる方法 越境する学問―穴からのぞく大学講義/大阪大学ショセキカプロジェクト】を読みたい本に追加 → https://t.co/LsFKhkOH4m #bookmeter
11-23 22:25

【40歳を過ぎたら、働き方を変えなさい/佐々木 常夫】を読みたい本に追加 → https://t.co/DniSXd8LUr #bookmeter
11-23 21:58

2回目の読みたい本登録。そしたらレベル2とかにしてほしい。アイデアのつくり方 >> → https://t.co/EntGCQvOQl #bookmeter
11-23 21:58

【14歳のための宇宙授業: 相対論と量子論のはなし/佐治 晴夫】を読みたい本に追加 → https://t.co/Cl5p14Mya2 #bookmeter
11-23 21:56

続きを読む

京童ノ口ズサミ 意味もなく ニツイテカタルノミ

部屋も片付けた。

部屋も片付けた。

部屋も片付けた。

部屋しか片付けていない。

でも昼間から飲むんだ。

今週ゴミだと思う。

酒と女は2号まで。

だから2合でやめてやった。

でもそれが毎日。

3リットルがなくなった。

あたま奇怪しいと思っているさ。

でも飲まないとやってられないんだよ。

なんか疲れてる。

肝臓が。

内臓が。

漢方飲まなくちゃ。

そういう話ではない。

断じて。

でもしょうがないのだ。

だって熱燗おいしいんだもん。

しかも板わさとかやばいよね。

板わさだよ。

ただのかまぼこのくせに。

最高だ。

人生。

こんなに幸せでいいのだろうか?

と思う。

そういうものだと思う。

赤穂事件

ってあるじゃないですか。

それをいま

ウィキペティアで読みました。

なんかすごいね。

自殺したい人の集まり。

理由はわからないけど

殺されたから殺そうってやつ。

私は好きだよ。

じゃーやってやっかってやつ。

意味もなく。

殺人に意味なんてないんだ。

赤穂事件でさえ。

逃げたのに。

殺された。

可哀そう。

でも切腹した彼らには尊敬する。

人を殺すのは簡単だけど

自分を殺すのは難しいと思うから。

最近殺すことを考えてばっかりだ。

赤穂事件ってやばいね。

どうして切りかかったんだろうね。

わからないけど。

キチガイだったらどうするんだろうね。

見かけて

たまたま殺した。

それに部下が報復。

最悪だよね。

やった方もやられた方も。

ただキチガイだっただけなのに。

後から見ればね。

でもなんとかもちゃんと切腹してるしね。

それはいいのかもしれない。

死にたかったのかな。

死にたかったらどうでもいいんだろうね。

相手が死のうが世界は終わるんだから。

SEKAI NO OWARI

その通りだと思う。

最近本が出されて

ドク目でキャンペーンしてるけど。

ということで

2本目に行ってみる。

どこまでいけるか楽しみだ。

どうせ明日も仕事だ。

いっそのこと今日仕事に行けばよかったのに。

明日休みだから。

なんか意味ないよね。

勤労に感謝できないよ。

翌日を休みにしてほしい。

勤労に感謝して飲みすぎて

翌日死ぬからさ。

あついわ。

つけすぎた。

シネって思う。

なんでだろうね。

お金ほしいよね。

たくさん。

あるだけ。

そして10億とかもらって困るんだ。

どうしたらいいんだろうね。

なんのために働いているんだろうね?

赤穂人みたいに死にたいよね。

主君に反逆した凡人を殺して。

意味ないよね。

ただ殺されたから。

ノリで。

そういうことでしょ。

殺してやる!

殺されても困らない人は

殺されてもいい人は殺してもいい。

その論理が間違ってる。

死刑なんて意味ないよね。

だってその人に生きる価値というか

ないから。

その人が感じるか同課の問題で。

その人以外は死んでもらいたいと思ってるかもしれないけど。

死んでもらったら逆に困るでしょ。

生きる方が大変なんだから。

でもそんな人はいない。

殺しちゃったら諦めるしかない。

だってしょうがないんだもん。

その当時の自分の最良の結果。

それが殺人であっても。

自分が死ぬか

死ぬまで刑務所か。

刑務所も大変なんだろうね。

機械みたいに生きてる。

それって意味があるのかな。

意味がないから

刑務所なんだろうね。

経費をかけて。

ただ活かす。

意味もなく。

意味なんてないのだ。

困ったね。

飲みたくなったよ。

2合を超えて。

さー世界をどうしてくれようか。

今さ

考えたんだけど

殺すことを信仰するのは 信仰の自由

殺すことを考えるのは 思想の自由

じゃー酔って実行したら?

どうなんだろうね。

意識のない状態での殺人だよね。

グーグル先生も答えを準備してないみたいで

死んだかどうかで殺人罪か殺人未遂になるみたい。

でもさ

植物人間って生きてないよね。

殺人じゃね?

もしくはさ。

老人だって殺人未遂じゃん。

社会的に。

老衰が理想だけど

植物人間になるわけでしょ。

遺族は殺人未遂じゃん。

っていうか死んだら殺人じゃん。

いいの?

って思う。

いいんだろうと思う。

家族だし。

尊厳死ってやつ?

昔は父母を殺すとレベルが高かったけど

レベル落ちたんだよね?

なんだろうね。

なんでも見方だけど

父母の殺人が増えるよね。

だって殺しやすくなるんだから。

そういう話じゃない?

もっていきかたってあるよね。

論理的とかそういう話だけど。

なんだろうね。

なんか違う気がする。

ルールに則ればなんでもいい。

ルールを乗っ取ればなんでもいい。

一文字違いなのに。

大きな違い。

怖いね。

世界って。

https://www.youtube.com/watch?v=ggdHgV_jKqQ

into the dead2

が終わった。

そしてエンディングを見た。

だからアンインストールした。

そして森の動物に入った。

生活の守?

森の動物。

そう。

そしてハマってない。

次なるゲームを探している。

もう3合目でつらい。



11/22のツイートまとめ

ukarete_aruku

いつか 目のさめるときが きっと くるだろう 運命が しびれを切らすとき ああ 人間は あそび(しかも 自分のあそび)のために 生きるものだと 思っている 彼らは 若い そして 力のかぎり 思い… → https://t.co/r5OcInm4zd #bookmeter
11-22 07:28

11/21のツイートまとめ

ukarete_aruku

見逃したゾンビはわっぱが始末してくれる #IntoTheDead 2 https://t.co/3jnpQ4Jkmk https://t.co/8f7w87vDv8
11-21 23:05

11/19のツイートまとめ

ukarete_aruku

【白い馬/東山 魁夷他】を読みたい本に追加 → https://t.co/zlPX2f6Dem #bookmeter
11-19 18:17

【最低。 (角川文庫)/紗倉 まな】を読みたい本に追加 → https://t.co/fPDaGCKBK0 #bookmeter
11-19 14:43

【新訂 孫子 (岩波文庫)】を読みたい本に追加 → https://t.co/xeIUyXzfVt #bookmeter
11-19 14:41

【1分で疲れがとれる! 指ヨガ呼吸法 (青春新書プレイブックス)/龍村 修】を読みたい本に追加 → https://t.co/uiC8lhFqBw #bookmeter
11-19 14:38

【ヒトラーの震え 毛沢東の摺り足―神経内科からみた20世紀 (中公新書)/小長谷 正明】を読みたい本に追加 → https://t.co/ZlAjFwjnwu #bookmeter
11-19 14:38

【シニガミさん/宮西 達也】を読みたい本に追加 → https://t.co/klBqDQYJDn #bookmeter
11-19 14:37

【財政から読みとく日本社会――君たちの未来のために (岩波ジュニア新書)/井手 英策】を読みたい本に追加 → https://t.co/G3mkdP1eTr #bookmeter
11-19 14:32

【女豹の掟 (角川文庫)/大薮 春彦】を読みたい本に追加 → https://t.co/lJNgjbjFIm #bookmeter
11-19 14:20

【いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える/山本 あきこ】を読みたい本に追加 → https://t.co/vBQem9hTnb #bookmeter
11-19 14:15

【攻めるロングセラー (パインアメ「中の人」の心得)/係長 マッキー】を読みたい本に追加 → https://t.co/2en38BQj39 #bookmeter
11-19 14:02

続きを読む

京童ノ口ズサミ 意味もなく ニツイテカタルノミ

http://www.yomiuri.co.jp/entame/ichiran/20171101-OYT8T50016.html?from=yartcl_outbrain1

まずはこれを見ていただこう。

そういうことさ。

なんだろうね。

辺縁系。

好きだよ。

中華思想。

いまでいう

中国を中心とした思想。

中華人民共和国ね。

台湾ではなく。

どちらかというと

誰か忘れちまったさ。

まーいいや。

そういうことだよ。

まーそういうことさ。

もういいかな。

何かの端にいる人たちは大変だ。

橋にいる人たちもそうだけど。

だって辺縁との境界だったり

異文化交流だったりするわけだから。

難しいよね。

京童ノ口ズサミ 意味もなく ニツイテカタルノミ

さて

さて

さて

無印で徳利を買った。

そしたらそれに合う鍋がなかった。

だからアマゾンで鍋を買った。

問題は

今日の熱燗はできないということだ。

困ったな。

ということで

中華鍋でかんをつけた。

たぶん世界で最初の人間になれたと思う。

これからも熱燗を愛していきたい。

なんか幸せだ。

一杯飲まなくても済むし。

たぶんそういうことなのだろう。

そういうことなのだろう。

わからないけど。

わからないよ、ロッテ。

ロッテをそろそろ読むか。

ケストナーの二人のロッテとか。

そういうのありだね。

なんだろうね。

なにやっていいかわからないんだよね。

日曜日。

もっと有意義なことをしたいじゃん。

例えばが出てこないけど。

たぶんこれが最上なんだと思う。

だってこれいじょうないじゃん。

昼間から酒。

熱燗。

つまみも豊富にある。

明日が仕事なだけ。

なんだろうな。

これ。

わからないよ。

生きるってなんだっけ?

難しいよね。

死ねないから。

死ぬってなんだろうね。

わからないよね。

死ぬことは眠ること、ただそれだけのことだ。

ハムレットしたいよね。

ただそれだけのことだ。

その通りなんだけどさ。

なんていうかさ。

やっぱり息詰まる瞬間とか

死ぬかもしれないっていうときがあるから

生きていて楽しいのだと思うのだ。

だって死ぬことがなかったら生きていたって。

トラックと自転車で並走するとか最高だよ。

横に転んだら死ぬんだなって思うから。

死ぬことが生きる意味を与えてくれる。

対極が存在することで存在価値がある。

だから酔っていないと生きている意味がないのかも。

だって酔っ払いの反対って素面でしょ。

良くわからないけどそういうことだよ。

でさ

良くある話でさ。

一つしかできないグッズを買うとミニマリストから遠ざかるっていうじゃん。

切ることしかできないとか

刺すことしかできないとか

殺すことしかできないとか

かなり酔ってきてるな。

たった3号飲んだだけなのに。

幸せだ。

こういうのを幸せだというと思う。

あたまがクラクラしていて

プロープオブマイライフ見てる。

死にたい。

見切れない。

なんでだろ。

切ないよね。

てっていうか

訳者が凄い。

そして熱燗用の湯が沸いた。

3合目。

行ってみよう!

富士山でさえ8合目があるのだから。

5合目まで車で行けるけど。

そういう問題じゃないんだよ。

私は3合目で断念。

もしくは2倍だから

6合目で断念。

さて

問題です。

10個入りの卵を買いました

2個落として潰しました。

残りは?

8個だよね?

会ってるよね?

どうやって消費してくれようか。

日本酒がぬるいと感じるのは

今までレンジだったから?

温度計を購入していないから?

どっちでしょう。

死にたくなるよね。

床が卵であふれた。

プラスチック容器からあふれた。

生きてる意味ってなんえだっけ?

たぶんこういう時に奴隷を飼っていて

ナイフが

斧が

刀が手元にあったら切り殺していたんだろうね。

彼に意味はないさ。

彼女でさ関係ない。

あ。

卵が。

卵と彼あるいは彼女の計算ができないから。

殺してるよね。

だから私はお酒を飲んでいる。

お昼の3時から。

今が3時半なだけだけど。

12時には飲んでいたから。

やることがないから。

クールにこの町で生きて見せる。

忘れてしまった。

まともにやれるはずさ。

町中の逆らいながら

おれの生きる意味を。


尾崎豊だよね。

最近ずっと繰り返している。

死にたいのかも。

そしてなんか問題だよね。

働きすぎなのかも。

でも働きすぎッて認識できるだけ

ゆとり世代だと思う。

若者だしね。

いくつまでなのっていいのかな?

童って。

とりあえず、父親の誕生日となんだっけ?

お中元と

お歳暮だ。

歳暮

かなり遅れたけど

それを組み合わせて

どうにかこうにかごまかせないかと。

そういうのってあるじゃん。

かなり酔っぱらっていてやばい。

まだ5時なのに。

でも

なんというか

あれだな。

住まいが変わって

都から都へ転勤したのだけれど

6時には終わる揚げ物屋さんがなくなって

私の存在価値が減った気がする。

なんか昔は

それでも

割引された

6時には買い者に。

って思ってたけど

それがなくなってしまって。

なんか生きてる価値ってなんだろうって。

改めてそう思うんだ。

最近そう思ってばっかりだから

攻めてみたいと思う。

せめて見れば変わるかも。



京童ノ口ズサミ 意味もなく ニツイテカタルノミ

さて

やることのない日曜日がやってまいりました。

たぶんこういうのをツイッターでやればいいんだよね。

そういう事じゃないと思うんだけど。

なんだかなー。

なんだろうね。

やることはあるんだけど

そういうことじゃないんだろう。

なんか思ったんだけど。

蝦夷を討ちにいく。

ってこの数日いなかったときにやってきたんだけど

それをやる前に告知しようと思ったんだ。

でも蝦夷って差別用語だよね。

勝った官軍から見た名前だよね。

だってそもそも蝦夷の人人は連合軍だし。

連合軍っていうことは彼らに自我はなかったんだよね。

ただの部族の集まりだった。

アテルイとかそういうやつだよね。

京都の清水寺に飾ってあるやつ。

歴史が繋がるって楽しいと思う。

日本中が歴史の国なのだから。

国っっていうのは敵がいて初めて自己が認識されるのかもしれない。

でもそうだったらなんかいやだよね。

わからないけど。

なんでだろ。

自分を認識するためには他人がいる。

母がいて初めて

自分ではないものができる。

幼児?

乳児の認識論が確かそんな感じだった気がする。

乳房と自分が一体化して存在していたのが

いつのまにか離れてしまう。

そうして初めて自我が持たれる。

我っていうのは我ではない何かがないとダメなんだよね。

なんかいやだなー。

わからなんけど。

最近なんというか

わからないよ。

どうなりたいのか。

何をしたいのか。

広大な時間が広がっているように思えて

でもそれは土日だけで

それ以外は結構忙しくて

心が亡くなっていて

それはそれで楽しくて

いろいろ買う事ができて

それで物を捨てている。

わからないよ。

掃除をしなくちゃいけないし

洗濯をしたいし。

なんかわからないよ。

どこまで何をしたいのか。

何をやったらいいのか。

何をしたいのか。

難しいと思う。

どうなりたいんだろうね。

どうなろうかな。

わからないよ。

もっと生産的に!

っていうけど生産的ってなんだろうね。

生産、非生産。

わからないよ。

有益ってなんだっけ?

ソドムの120日を読んだんだけど

なんかあれだった。

序章だけだし

もっと面白くなると思う。

適当に終わったのが問題だと思う。

もっと頑張ってほしかった。

あの形式というか翻訳も愉しいし

良かったんだけど。

人間を人間としてみてない感じ。

っていうか欲望の権化?

暇人の楽しみというか

でも今でもできないんじゃない?

欲望には限りがあるから

それが精神的なものなのか

肉体的なのかはいろいろ説があるけど。

肉体と精神と物体は三つ巴になってるんじゃない?

巴って面白いね。

陰陽道から弓矢の形まで広がっている。

なんか違うな。

単純に人とずっと話す時間が長いと

そのあと一人になれないっていうだけなんだけど。

慣れの問題が起きている。

やりたいことは独りでやることだし

みんなで一緒に何かをしたいわけではないのだ。

っていう風に落ち着かせているだけかもしれないんだけど。

なんだかなー。

高収入の子供がない人たちを増税するらしいけど

しょうがないよね。

政府が生き残るためには人がいる。

人を作るには

っていうか女性が働いたらそりゃー子供ができないでしょ。

女性しか子供を作れないのだから。

今のところ。

働くと忙しいし。

人が動いているだけで、心が亡くなるし。

かといって老人はゴミだし

老害だから殺さなきゃいけないけど、無理だし。

人数いっぱいいるから参考にしないといけないし。

お金持ってない人はゴミだからいらないし。

そうやって考えるとあれだよね。

難しいよね。

子供を産んでくれる人じゃないのは忠則と同じだよね。

薩摩の森。

薩摩の守

ただ乗り。

子孫繁栄っていうか

国が国であるためには

次世代の存在が必要。

それに対抗して

出来ない人はっていうのはあるんだけど

それはなんか違う気がする。

できないのならそれはゴミなんだよ。

自然選択のミスなんだよ。

子供ができないのは。

だって生きる価値ないじゃん。

っていう見方もできる。

でも最近では

兄弟とか甥とかを育てることで

大家族的には遺伝子を残しているらしい。

そういうことを考えると

難しいよね。

核家族化が進行してそういうのいらなくなってるし

どんどん自然選択に近寄ってる気がする。

人間として必要なものしかいらない。

っていうか余裕がなくなっている。

しょうがないんじゃない。

だってそういうものだし。

貴族とか好きだけどな。

お金もってて

人を殺して

婦女を犯して

サドの世界を楽しんでる。

そういうのがいなくなる。

ヒトはただの機械になってしまう。

マークトウィインの世界になってしまう。

それはそれなんだけど。

75歳くらいで殺すべきだよ。

人間限界がないとやってけないよ。

そういう意味では

老人ホームで殺しまくった男の人は称賛に値するよね。

こういう活動が広まったら

認識が変わるかもしれない。

まー自分のじいちゃんが殺されたらイラっとくるさ。

悲しむし

やるせないけど。

全体的に見たときにどうとらえるかだよね。

殺すことはよくないけど

植物人間がいっぱいいてもね。

そのためにお金が使われるってどうなんだろうね。

誰のためにお金が使われるかって難しいけど

持続的にするためには

若い人に使わないといけないと思う。

それができないんだけど。

そのためには常に若者が多くないといけないし

老人がでしゃばっていてはいけない。

でもそれって無理でしょ。

老人だって自分が大事だし。

だから殺さなきゃ。

ってなったのかな?

それともお金がもっていて

自分がもっていなくて

なんでこんな役に立たない存在のために働いているだろうか?

って考えてしまったのかな?

わからないよ。

調べる気もしないけど。

国が違うと言語が異なり

争いが起きると連続性が失われる。

難しいよね。

人を殺していけないのは、自分が死にたくないから。

自分が殺されてもいいなら、人を殺してもよい。

難しいよね。

なんか疲れているのかな。

運動不足なのかな。

栄養不足かな。

野菜を食べてないね。

野菜でも買ってこようと思う。

なんかねー。

自分のためにお金を使う。

自分のために権力を使う。

しょうがないと思う。

私だってやるし。

じゃーそれを防いだ方がいいのか

利用したほうがいいのかは難しいよね。

全部が綺麗だと

腐葉土の中でしか生きられないっていわれるんだよね。

腐葉土じゃないや

なんだっけ?

培養土。

でもさ

全部が培養土になればいいんだよね。

外に出るなら耐性をつける必要はあるけどさ

出なければ必要がない。

適者生存だよね。

なんか違う気がするけど。

なんかいろいろやる気がでてこないぞ。

イライラが募っているぞ。

なんでだろうな。

朝ごはんは食べたし

運動してないし

部屋は奇態な。

汚い。

汚い≒奇態な

きたない≒きたいな

惜しいな。

きいたな

きいなた

きないた

きなたい

きたいな

きたない

さて、

ここで計算です。

何通りできますか?

4×3×2×1=

32通りですね。

うそです。

24通りですね。

その中で意味のある語は?

奇異鉈



なんかノートPCが汚いからだって気づいた。

そういうことにした。

だから掃除して

整えて

昼寝しようと思う。

なんか大きい文房具屋へ行きたい。

そしてアマゾンで購入するんだ。

そして文房具屋を潰すんだ。

なんか重くなってきた。

そろそろ掃除に適しているな。

さて。

11/18のツイートまとめ

ukarete_aruku

【ソドム百二十日 (河出文庫)/マルキ・ド サド】「おれたちの快楽の単なる玩弄物となり果てた、虫けら同然の者どもよ、いまこそ甘い希望を棄て去って、よく聞くがよい。(中略)おまえたちが行使すべき唯… → https://t.co/unfoC4SbX3 #bookmeter
11-18 14:02

先月の読書メーター 読んだ本の数:66冊 読んだページ数:8201ページ ナイス数:1494ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://t.co/zXYVk7tfVZ
11-18 10:35

二羽の山鳩が やさしい心で 愛し合いました その余は 申し上げかねまする 山鳩 コクトー → https://t.co/Zx1MfrDOu1 #bookmeter
11-18 09:14

ARC-7 Legion - ゾンビが最後に感じること #IntoTheDead 2 https://t.co/3jnpQ4Jkmk https://t.co/grRbgxmxhi
11-18 08:35

11/05のツイートまとめ

ukarete_aruku

【声に出して笑える日本語 (光文社知恵の森文庫)/立川 談四楼】陳腐。 → https://t.co/LY4Yepa1Gb #bookmeter
11-05 08:35

【コクトー詩集 (新潮文庫)/ジャン コクトー】もう少し読んでいたかったけど、しょうがない。 → https://t.co/ByjxKFdURU #bookmeter
11-05 08:34

【サリーのこけももつみ (大型絵本)/ロバート・マックロスキー】こういう生活したい。絶対飽きると思うけど。 → https://t.co/tR7sVLQPeu #bookmeter
11-05 08:27

【木のうた (海外秀作絵本)/イエラ・マリ】これもいいな。無駄がなく。つつがなく。鳥が鳴く。 → https://t.co/oPigyFFIno #bookmeter
11-05 08:24

【ルピナスさん―小さなおばあさんのお話/バーバラ クーニー】私も「世の中を、もっとうつくしくするために、なにかしたい」と思う。 → https://t.co/D7Pxmzo9je #bookmeter
11-05 08:22

【ジルベルトとかぜ/マリー・ホール・エッツ】これはいい本だ。ただ可哀そうだ。なぜだろう。 → https://t.co/UPdHFHuBe4 #bookmeter
11-05 08:18

【野うまになったむすめ/ポール ゴーブル】なんかこれ絶対裏がある。インディアンじゃないからわからないけど。民話ってみんなそうだ。 → https://t.co/aigCQEjH47 #bookmeter
11-05 08:16

【おはなしおはなし―アフリカ民話より/ゲイル・E. ヘイリー】おしまいおしまい → https://t.co/iyNk9w5pVJ #bookmeter
11-05 08:12

【せかい一わるいかいじゅう/パット ハッチンス】このパターン良くあるよね。だからこの子に目を向けられる人でありたい。 → https://t.co/uSsPT843gj #bookmeter
11-05 08:08

帽子の毛ぶさ 鼻下のひげ かわいい女よ ポルカの踊りよ ギター コクトー → https://t.co/MKYrXibd4f #bookmeter
11-05 06:57

11/04のツイートまとめ

ukarete_aruku

乾杯。 https://t.co/f17qlVSkt7
11-04 15:35

11/03のツイートまとめ

ukarete_aruku

地球よ これらかずかずの古傷 君のその、騎士面の 美をなすよ。 偶像 コクトー → https://t.co/6ZAL8TOenf #bookmeter
11-03 14:06

ペルシア帝国の全て #歴史に注釈 https://t.co/FSDIskz4m5
11-03 09:12

ペルシア帝国の全て #歴史に注釈 https://t.co/jGna23qMfD
11-03 09:11

ペルシア帝国の全て #歴史に注釈 https://t.co/Rio9TVOayr
11-03 09:11

京童ノ口ズサミ 歴史に注釈 ニツイテカタルノミ

歴史に注釈シリーズを始めます。

これで終わりかも知れないけど。

IMG_1568.jpg

てかってるな。

まーいいや。

縦が600かな。

ペイントで編集して。

もう少し見やすくするべきだな。

歴史に注釈をつけていきます。

注釈もついてないけど。

ペルシア帝国から。

なんか残念だった。

ダリオス1世が頑張っただけの国だった。

まー考え方によってはギリシャに反映をもたらしたのかもしれないけどさ。

それにしても残念だよね。

どうしたらいいんだろうね。

ペルシア帝国。

アケメネス朝。

ウィキが便利だよ。

地図は大体吉川弘文館に依ってるけど。

なんだろうね。

これ愉しいかもしれない。

私のワイワークにしていきたい。

マイワークか。

まーいいや。

どうでも。

なんだろうね。

疲れたし昼寝でもするかって感じ。

面白かった。

なんかこういう風にでもまとめていくのって大事だと思う。

忙しいから。

まとめていかないと世界は。

ただ受動的なものは終わった。

後は能動的にいろいろな文献を参照して

まとめていけばいいや。

ペルシア面白いと思うんだけどな。

なんかもう少し頑張ってほしかった。

A41枚にまとめるってなかなかたいへんだな。

地図とまとめと歴史をつぎ込んで。

そういうの大事だと思う。

アートとかそんな感じだし。

今後ともやっていきたい。

そして私は寝たい。

やることはいっぱいあるのだから。

ないのかもしれないけど。

ということで寝ようと思う。

なんかなー。

寝不足だ。

わからんけど。

お昼寝はもったいない気がする。

でも頭は重い。

どうしたらいいんだろうね。

困ったな。

困ったよ。

ということで。

11/02のツイートまとめ

ukarete_aruku

【書きこみ教科書詳説世界史―世界史B】やっと書き終わった!2年と15日かかった。バラバラな歴史の断片集。これから1つにまとめていくから。地理と歴史は切り離せないし、国ごとに見ていかないと意味ない… → https://t.co/inMWDvVwjY #bookmeter
11-02 06:59

【悪人礼賛―中野好夫エッセイ集 (ちくま文庫)/中野 好夫】いいこと書いてる。問題は一般受けしないことだな。一般受けしないとゴミだからな。これが資本主義だ。資本主義万歳!民主主義は衆愚政治に陥る… → https://t.co/X5ThTEBhRZ #bookmeter
11-02 06:55

【謎の漢字 - 由来と変遷を調べてみれば (中公新書)/笹原宏之 著】JISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJI… → https://t.co/dr6jBeqfa0 #bookmeter
11-02 06:50

【ラ・タ・タ・タム―ちいさな機関車のふしぎな物語 (大型絵本)/ペーター・ニクル】これはなんか含んでいるのかな。それとも私の考えすぎなのかな。わからいよ。なんか変。おかしいよ。モヤモヤしてる。そ… → https://t.co/YtnrdgcXqA #bookmeter
11-02 06:48

【3びきのくま (世界傑作絵本シリーズ)/トルストイ】これ不思議だよね。怖いよね。何がコワイのかわからないけど、トルストイだからかな。なんかありそうだから?何もないのかもしれない。アリとキリギリ… → https://t.co/UM3t3sxVU3 #bookmeter
11-02 06:45

【ガラスめだまときんのつののヤギ―ベラルーシ民話 (日本傑作絵本シリーズ)】おいらにゃ、ガラスめだまと、きんのつのがある。ひとつきすれば、いちころさ! → https://t.co/cenmgDDsaP #bookmeter
11-02 06:42

【ノースウッズの森で (たくさんのふしぎ傑作集)/大竹 英洋】バンビかわいい! → https://t.co/qkd8MVtRnf #bookmeter
11-02 06:40

【魔女ひとり (魔女のえほん)/ローラ ルーク】この「まけん」がいい味だしてる。最高だと思う。 → https://t.co/ymQpyIHZ10 #bookmeter
11-02 06:38

【やまなしもぎ (日本傑作絵本シリーズ)/平野 直】教訓は大事なんだけど、第三者である私にしかならないよね。次男の存在価値がわからない。彼は無駄に死んでいる気がするのだけれど。 → https://t.co/6uhiPDTQEQ #bookmeter
11-02 06:36

11/01のツイートまとめ

ukarete_aruku

今月も流れるように過ぎていった。案外それが幸せってことなのかもしれない。気づいたら死んでいるんだろうな。もっとこうなんかあるのかもしれないけど、ないのかもしれない。社畜って自己家畜化の最終形態だ… → https://t.co/3Acfc5Y23z #bookmeter
11-01 20:41

2017年10月の読書メーター読んだ本の数:66冊読んだページ数:8201ページナイス数:1494ナイス★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://t.co/zXYVk7tfVZ #bookmeter @bookmeterさんから
11-01 20:35

京童ノ口ズサミ 10月分 ニツイテカタルノミ

10月の読書メーター
読んだ本の数:66
読んだページ数:8201
ナイス数:1494

よあけ (世界傑作絵本シリーズ)よあけ (世界傑作絵本シリーズ)感想
唐の詩人柳宗元の詩「漁翁」によっています。
読了日:10月31日 著者:ユリー・シュルヴィッツ
おしゃべりなたまごやき (日本傑作絵本シリーズ)おしゃべりなたまごやき (日本傑作絵本シリーズ)感想
このほのぼのとした絵がいいよね。さすが長新太。
読了日:10月31日 著者:寺村 輝夫
かばのベロニカかばのベロニカ感想
では、 いりぐちを こわしなさい
読了日:10月31日 著者:ロジャー・デュボアザン
やまんばのにしき (むかしむかし絵本 2)やまんばのにしき (むかしむかし絵本 2)感想
やまんばいいな。やさしいな。っていうか山の者ってそういうものだよね。
読了日:10月31日 著者:松谷 みよ子
ずどんと いっぱつ―すていぬシンプ だいかつやくずどんと いっぱつ―すていぬシンプ だいかつやく感想
逃げて逃げて逃げ切ればいい。
読了日:10月31日 著者:ジョン バーニンガム
木はいいなあ木はいいなあ感想
そしてシャベルを かたづける。
読了日:10月31日 著者:ジャニス=メイ=ユードリイ
内面からの報告書内面からの報告書感想
「地下を住処とする者達の奇妙な性質は君にも判って貰えると思う。とにかく何事にも無頓着。どんな厄介も進んで受け止め、結果がどうなろうと知った事かという顔。心配を超越し、興奮も、退屈も超越している」
読了日:10月29日 著者:ポール オースター
ガセネッタ&シモネッタガセネッタ&シモネッタ感想
読んだんだけどな。わかんねーや。やっぱちゃんと仕事してる人の本は面白い。私もこうなりたい。ちゃんと仕事して、人生を愉しむ。なんだろうね。でもさ、こうなりたくないんだよね。面白いかどうかは別として頭がクリアな時が続いてほしい。今無理やり駆動してるんだよね。それって良くないんだよね。これを疲れるっていうのかもしれない。でもこれだと何にも意味がないと思うから。気のせいなのかもしれない。困ったことだ。なんか愚痴ばっかりだな。もう少しこれはブログで書くことだよね。久々に書くか。
読了日:10月29日 著者:米原 万里
安野光雅の異端審問 (朝日文庫)安野光雅の異端審問 (朝日文庫)感想
なんかつまらんぞ。多分つまらんといっているときが愉しいのだ。なんだかなー。人生って何だろうね。成し遂げるべき目標もある。燃え尽きてはいない。やる気がある。でもさ。疲れてるんだよね。戦争ってこんな感じだと思う。レーニングラードの狙撃手もそんな感じだったし。疲れてしまうんだ。なんかよく考えたら戦争で自殺してもどうしようもないけど、企業で自殺すると怒るんだよね。不思議だね。戦争してるようなものなのに。適正が適正に判断されて、自然淘汰される。培養土の中でしか生きられないなら、それは生きているのだろうか。
読了日:10月29日 著者:安野 光雅,森 啓次郎
一流になるヤツ、二流で終わるヤツ―しのぎを削る野球界で見た「伸びるヤツ」の条件 (日文新書)一流になるヤツ、二流で終わるヤツ―しのぎを削る野球界で見た「伸びるヤツ」の条件 (日文新書)感想
一流ってなんだろうね。困ったときにぶれないこと、いつも些細なことに気をかけること、世界を飲み込む度量をつけること。それくらいは成し遂げたい。だってどこに力を入れるか、時間をかけるかの問題でしょ。時間だけが有限なんだから。お金は銀行強盗すればいいし、必要なものは奪えばいい。でも時間だけはどうしようもない。だから、一番無駄に使いたくなる。だって面白いじゃん。私は恒星のように安定していたくない。でもそれだって見方で数億光年の話をしたら不安定だ。じゃー原子にようになりたいかっていうのも別の話だな。散漫してるぜ。
読了日:10月29日 著者:橋上 秀樹
カラー図解でわかる航空管制「超」入門 安全で正確な運航の舞台裏に迫る (サイエンス・アイ新書)カラー図解でわかる航空管制「超」入門 安全で正確な運航の舞台裏に迫る (サイエンス・アイ新書)感想
ペンタゴンにぶつけるためにはこれが必須なのかな?なぜ私がこれを読もうと思ったのか理解できない。昔は空でも飛んでみようと思ったのか、支配欲が強すぎて、飛行機を支配してくれようかとでも考えていたのだろうか。世界は驚きに満ちている。でも疲れていると平坦だ。もっと疲れていないようになりたい。頭がすっきりして、世界を変えていきたい。
読了日:10月29日 著者:藤石 金彌
獺祭 天翔ける日の本の酒獺祭 天翔ける日の本の酒感想
獺祭おいしいよね。でも違いをはっきりわからないから騙されててもいいんだよね。なんとかアルコールさえ入っていなければ日本酒は何でもおいしいと思う。そして酔いたい気分の時はアルコールが入っていればなんでもいいと思う。最近お酒を控えていて人生の価値がなくなったように感じている。自律ってなんだろうね。振り切れるメーターがないのに。安全な速度で走っていて何が愉しいんだろうね。わからないよ、ロッテ。困ったことだ。それでも私はエントロピー第二法則に従って今日も掃除をするのだろう。
読了日:10月29日 著者:勝谷 誠彦
ABCの本 (安野光雅の絵本)ABCの本 (安野光雅の絵本)感想
安野さんいいね。この人でこれから攻めていきたいと思う。
読了日:10月16日 著者:安野 光雅
もりのえほん (安野光雅の絵本)もりのえほん (安野光雅の絵本)感想
そういうやつか。これでどうやって話を創ろうかって考えていたんだけど。見つからなかったな。
読了日:10月16日 著者:
せいめいのれきし―地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし (大型絵本)せいめいのれきし―地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし (大型絵本)感想
せいめいって一体なんなんだろうね。
読了日:10月16日 著者:バージニア・リー・バートン
空とぶ船と世界一のばか―ロシアのむかしばなし (大型絵本)空とぶ船と世界一のばか―ロシアのむかしばなし (大型絵本)感想
お父さんとお母さんの気持ちがわからないよ。
読了日:10月16日 著者:アーサー・ランサム
まるごとごくり! (こころのほんばこ)まるごとごくり! (こころのほんばこ)感想
では、あんたの てまを はずいてやろう。 そのまま おかの ふもとで まってると いい。 ぼくが おかの てっぺんから はしってきて、 あんたの 口の中に とびこんでやるから。
読了日:10月16日 著者:シンシア ジェイムソン
ぼくのなかのほんとうぼくのなかのほんとう感想
なぜわたしはこれを借りようと思ったのかよくわからない。まーいいさ。そういうときもあるし。
読了日:10月16日 著者:パトリシア マクラクラン
蠅の王〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)蠅の王〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)感想
どこまで寓話として読むかだよね。あんなに煙に拘っていたのに、結局なんかなー。なんかもう少し何かが煮詰まっていても良いと思った。判断が性急で、それはもしかしたら子どもだからかもしれないけど、変化球を決めて欲しかった。無人島に1つだけもっていくとしたら豪華客船かなって思う人間には合わなかっただけかも。そしてディストピア小説週間は既に終わっていてほかの作品との兼ね合いを忘れてしまっているからね。残念なことだよ。
読了日:10月15日 著者:ウィリアム ゴールディング,William Golding
恋愛を数学する (TEDブックス)恋愛を数学する (TEDブックス)感想
テッドブックっていいね。わかりやすいし、明快で、短い。テッドってそういうものだしね。最高だと思う。具体的な計算はしていないけど、私は今の時点で最良だと思う人と結ばれるのが最適停止理論によるとベストだそうだ。数式にすると味気ないけど、シンプルで、綺麗だよね。ということなので、周りをしっかり見て、アプローチしていかなければならない。私の人生設計を守り抜くために。
読了日:10月15日 著者:ハンナ・フライ
この人と結婚していいの? (新潮文庫)この人と結婚していいの? (新潮文庫)感想
海外にもっと具体的で面白く同じこと書いてる人がいる。この人はゴミだ。結婚しなきゃ。目的の手段化だよね。なんのために結婚するのかもう一度考えなきゃ。子孫繁栄?家事の分担?帰ってきたときの安心感?それとも義務感?難しいよね。絶望の始まりだと思うし、負担の増大で、それを守り抜く覚悟を決めることだしね。大変だ。
読了日:10月15日 著者:石井 希尚
わたしがラクするモノ選び―OURHOMEわたしがラクするモノ選び―OURHOME感想
なんかね。こういう感じになってるんだけどさ。もっとどうしたいとかあるからね。世界って怖いわ。どうなっちゃうんだろうって。さーもう少し整理して何もないようにしたいと思う。
読了日:10月15日 著者:Emi
OURHOME ~子どもと一緒にすっきり暮らす~ (美人開花シリーズ)OURHOME ~子どもと一緒にすっきり暮らす~ (美人開花シリーズ)感想
この人いいよね。こういう生活を私もしたい。だから順調に進んでいると思う。このまま進んでいけばいいと思う。ただ問題はやぱりフローリングそのままって綺麗だけど汚れは目立つね。すぐクイックルワイパーすればいいんだけどさ。なんだかね。いろいろなくなって、逆に快適なんだけど、ちょっと怖くなるよね。闇が恐ろしいのと同じでさ。何にもなくなるとどうなっちゃうんだろうって。
読了日:10月15日 著者:Emi
子どもと一緒にこんなこと。 ~あそびと暮らしと部屋づくりのアイデア~ (OURHOME)子どもと一緒にこんなこと。 ~あそびと暮らしと部屋づくりのアイデア~ (OURHOME)感想
私の部屋もこんな感じになるのだろうなって感じの本だった。これじゃないや。感想書くやつ間違えた。まーいいや。
読了日:10月15日 著者:Emi
美しい数になった海のいきもの図鑑美しい数になった海のいきもの図鑑感想
海って素晴らしいと思う。ただ数十年後には壊滅的だけど。どうしたらいいんだろうね。エゴとの闘い。私との闘いすら負けているのに海の保護なんてできるのかな。できなかったらどうなるのかの予測はあるけど、できたってね。現状維持って何だろうね。生命維持装置と同じだよね。いつかは死ぬのだ。それが早いか遅いかの違いだけ。みんなそれぞれ意見が違うからね。困ったものだ。私は傍観するのだろう。そして荒れ果てた世界を前に絶望するのだ。
読了日:10月15日 著者:デビッド・マクリマン
森のおくから―むかし、カナダであったほんとうのはなし森のおくから―むかし、カナダであったほんとうのはなし感想
人間も動物だしな。圧倒的な力の前では無力だ。
読了日:10月15日 著者:レベッカ ボンド
魔術師ガザージ氏の庭で魔術師ガザージ氏の庭で感想
アヒルに変わったのか?それとも寝過ごしただけなのか?っていうかお前は誰だ?どういう関係だ?誰から招待状を貰った?っていうかこれ何?明日はすぐそこだ。困ったことだ。こういう無意味なことを考えている時間がない。私はもうねなければならない。残念だ。明日はきっと忙しい。
読了日:10月12日 著者:クリス・ヴァン・オールズバーグ
くらやみのなかのゆめくらやみのなかのゆめ感想
でも、クリスはかわりました。
読了日:10月12日 著者:クリス ハドフィールド,ザファンブラザーズ
ベンの見た夢 (The Best 村上春樹の翻訳絵本集)ベンの見た夢 (The Best 村上春樹の翻訳絵本集)感想
2重になってるぞ。気をつけろ。僕はもうねむい。少し寝ることにするよ。
読了日:10月12日 著者:クリス ヴァン・オールズバーグ
まさ夢いちじく (The Best 村上春樹の翻訳絵本集)まさ夢いちじく (The Best 村上春樹の翻訳絵本集)感想
村上春樹読んじゃったよ。くそー。面白かった。やられたよ。
読了日:10月12日 著者:クリス・ヴァン・オールズバーグ
パパにつける薬パパにつける薬感想
読書っていう行為は一体なんなんだろうね。これは読んだことになるのだろうか、それとも眺めただけ?そしてどうなったら読んだことになるの?読んでないけど、ゾーヴァ最高だよ。でもそんなことをいう相手がいないんだよ。そしたら読んだことになるのかな?誰もいない森で叫んだら、叫んだことになるのかな?世界って難しいよね。
読了日:10月12日 著者:A. ハッケ
ペンギンの音楽会ペンギンの音楽会感想
何が違うんだろうね。クズだよ。頑張ってるほうなんだけど。三浦さんのあとに読むとダメだね。一言一言が目につく、鼻につく。なんでだろうね。日本語って読まなくてもわかるんだよね。それが魅力だと思うし、それが深い理由なんだと思う。だってねー。難しいよね。逃げちゃいけないと思うこういうの大事だから。
読了日:10月12日 著者:エルケ ハイデンライヒ
ヌレエフの犬―あるいは憧れの力ヌレエフの犬―あるいは憧れの力感想
何も言えないよ。だって読んでいないんだもん。でも少し触るだけで良い訳だなってわかる三浦さんが素晴らしいと思う。どうしたらいいんだろうね。長時間残業とか、私の実力不足とか。そしてこうやって書いて面倒を避けようと思う心とか。残業はいいんだよ、いけないのは私がやれると予想してできなかったときなんだよね。憧れの力は偉大だよ。
読了日:10月12日 著者:エルケ ハイデンライヒ
プラリネク―あるクリスマスの物語プラリネク―あるクリスマスの物語感想
三浦さんいいね。訳。さすがだと思う。なかなかいないよ。こういう人。惹き付ける何かを持ってる。珍しいよね。こういう人基調だと思う。大事に広くやってほしい。でもそういう人に限って仕事を選ぶのか、仕事が選ぶのかわからないけど、寡作だよね。しょうがないよね。だっていい言葉は考えないといけないから。
読了日:10月12日 著者:アクセル ハッケ
ちいさなちいさな王様ちいさなちいさな王様感想
ゾーヴァ最高だ。今回日本語もすごいうまいし。最高だ。いうことない。問題は私にこれを読み切る集中力がないということだ。
読了日:10月12日 著者:アクセル ハッケ
死すべき定め――死にゆく人に何ができるか死すべき定め――死にゆく人に何ができるか感想
人が死ぬのはしょうがない。定めなんだから。諦めなきゃ。どこで?どうなったら腹をくくるんだろうね。そんなお話。私は延命治療は無理だなー。そして医者による自殺幇助も認める。生きることは健康であることだと思いから。健康で文化的な最低限度の生活じゃなかったら生きてる価値ないよね。でも死神さんと仲良くはやってけないと思う。私の問題でも難しいのにそれが親族になったらやってられないよね。やっていかなくちゃいけないんだけどさ。どうしたらいいんだろうね。どうしたい?って訊きにくいのが問題だよね。そろそろ死んでみる?
読了日:10月11日 著者:アトゥール・ガワンデ
少年のころ (FOR YOU 絵本コレクションY.A.)少年のころ (FOR YOU 絵本コレクションY.A.)感想
「先生、先生のいちばんつらかったときの思い出って どんなんですか?」「どうしてそんなこときくのかね」「ちょっと比べてみようとおもったんです。僕の身に今、起きてることと」
読了日:10月11日 著者:那須田 淳,杉浦 範茂
ゾーヴァの箱舟ゾーヴァの箱舟感想
何がいいんだろうね。わからないよね。こういうのを好きっていうんだと思う。あくまでも恋ではないようだ。残念だな。
読了日:10月11日 著者:
ミヒャエル・ゾーヴァの世界ミヒャエル・ゾーヴァの世界感想
こういう仕事をしたいと思う。誰にも邪魔されずに。私の時間が私がうまく進まないせいで終わってしまった。私のせいなんだけど。なんだかなー。って感じ。終わらない。最近。諦めたから?それとも一人でやっているからかな。難しいよね。
読了日:10月11日 著者:ミヒャエル・ゾーヴァ
ミヒャエル・ゾーヴァの仕事ミヒャエル・ゾーヴァの仕事感想
何がいいのかわからないからいいんだろうね。言葉も適格だし。無駄がない。そして絵には深さがある。2次元じゃないからね。たぶん5次元くらい隠れてる。世界ってそんなもんだと思う。って思わせてくれた本。なんてすばらしいんだろう。今後もこのまま続けてほしい。そして「素晴らしい」は良いのだけれど、「すばらしい」は「すばらしい新世界」を思い起こすから嫌いな言葉になってしまっていることをここで明らかにした。世界ってわからないな。
読了日:10月10日 著者:ミヒャエル・ゾーヴァ
黒猫ネロの帰郷黒猫ネロの帰郷感想
ネロっていい名前だよね。いろんなところで使われている。そういう話じゃないよね。どういう話なんだろうね。これ読んでいない本について堂々と語っているからね。絵だけが頼りだ。これってすごい面白いチャレンジだと思う。読まずに堂々とここに感想を書いてそれがどうにかなったら世界ってなんなんだろうねってなるよね。今度時間があったらやろうかな。時間がないからやらないんだろうね。何がしたいんだろうね。そろそろお酒飲んで寝るかな。
読了日:10月10日 著者:エルケ ハイデンライヒ
キリンと暮らす クジラと眠るキリンと暮らす クジラと眠る感想
もう少し(かなり)早くに知っていたらハマったのは確実なんだよ。でもいまこれを読み込む時間とか、集中力とか、退屈な日々に耐えうる何かが私にはないから絵を眺めて流れていくんだよ。これではいけないと自分に言いきかせながら。
読了日:10月10日 著者:アクセル ハッケ
怖るべき天才児怖るべき天才児感想
なんか最近本を読めてない。しっかりと読み込むことができていない。ただ流れていく毎日だ。だからこれも恐ろしく流れている。面白いんだろうな。絵が最高だから。
読了日:10月10日 著者:リンダ キルト
お皿監視人 あるいはお天気を本当にきめているのはだれかお皿監視人 あるいはお天気を本当にきめているのはだれか感想
文字が多い=訳者の技量が出る。訳者の技能が低い=読む気がない。よてゾーヴァの絵を眺めるだけになってしまう。これだったら絵本の方が幸せだろう。互いに。
読了日:10月10日 著者:ハンス ツィッパート
社会はなぜ左と右にわかれるのか――対立を超えるための道徳心理学社会はなぜ左と右にわかれるのか――対立を超えるための道徳心理学感想
副題がミスってるよね。まー訳が死んでるし。元が腐ってるからしょうがないんだけど。これがもしかしたら私の主義と異なっているからかもしれない。象がこれが嫌いなのだ。だから乗り手の私はどうにか否定しようとしているだけなのだろう。だって、コイツは〇〇を肯定し、△△を非難し、××を受け入れるんだぜ!信じられねーよ。っていうのを乗り越えられてないから。この作者はゴミなんだろう。残念だ。
読了日:10月10日 著者:ジョナサン・ハイト
コインロッカー・ベイビーズ(下) (講談社文庫)コインロッカー・ベイビーズ(下) (講談社文庫)感想
わからなかった。もっと盛り上がるんだと思った。人から勧められたとき。すごい面白そうだった。だから退屈な前半を超えて、追いつけない中盤を抜けて来たのに。拍子抜けの最後だった。明日これを返すときになんて言って返せばいいんだろう。私には合わなかったかな。それともつまらなかった。君の勧めはもういいよ。それともすごく面白かった!かな。
読了日:10月10日 著者:村上 龍
コインロッカー・ベイビーズ(上) (講談社文庫)コインロッカー・ベイビーズ(上) (講談社文庫)感想
なんだろうね。これ。もっとこうなんというか暴れてもいいと思う。この中途半端な感じから後半の大きなうねりに繋がっていくのかな。繋がらなかったから書いてるんだけど。この世界設定を私は受け入れられなかった。よってこの世界に私はいない。よってこの話は話でしかない。
読了日:10月10日 著者:村上 龍
これは経費で落ちません!  ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)感想
200円の駐車料金か108円のこれか。大きな問題だ。そしてこれは経費で落ちない。困ったことだ。面白くなかったのに。途中で止めたのだ。だって読みにくいし、楽しくないし、先が見たくないし。女性の名前がすべて子で誰が誰かわからないよ。特徴がないんだよ。思い描けないよ。貴女は誰?どうでもよくなるよね。これがラノベか!これがラノベなら私にラノベはいらない。面白い必要はない。ただ誰が誰かわかった上で読みたいよね。頭の中で躍動的に動いてほしいよね。
読了日:10月10日 著者:青木 祐子
ハリス・バーディックの謎 (The Best 村上春樹の翻訳絵本集)ハリス・バーディックの謎 (The Best 村上春樹の翻訳絵本集)感想
五つ目は結局フランスでみつかった。
読了日:10月10日 著者:クリス・ヴァン・オールズバーグ
名前のない人 (The Best 村上春樹の翻訳絵本集)名前のない人 (The Best 村上春樹の翻訳絵本集)感想
”名前”のない”人” 難しい問題だよね。何が名前で何が人かなんて。
読了日:10月10日 著者:村上 春樹,Chris Van Allsburg,クリス・ヴァン・オールズバーグ
白鳥湖白鳥湖感想
絵本と童話の違いってなんだっけ?言葉なんているのかな。
読了日:10月10日 著者:マーク・ヘルプリン
ゆめのおはなし (BOOKS FOR CHILDREN)ゆめのおはなし (BOOKS FOR CHILDREN)感想
突き放した絵が大好きだ。
読了日:10月10日 著者:クリス・ヴァン オールズバーグ
耳をすませば (世界の子どもライブラリー)耳をすませば (世界の子どもライブラリー)感想
ひとりぼっち おそれずに 生きようと 夢 みてた さみしさ 押し込めて 強い自分を 守っていこ
読了日:10月10日 著者:エルケ ハイデンライヒ
クマの名前は日曜日クマの名前は日曜日感想
あああぁ!
読了日:10月10日 著者:アクセル ハッケ
エスターハージー王子の冒険 (児童図書館・文学の部屋)エスターハージー王子の冒険 (児童図書館・文学の部屋)感想
壊すなら、壁なんて最初から作らなきゃいいのにさ
読了日:10月10日 著者:イレーネ ディーシェ,ハンス・マグヌス エンツェンスベルガー
魔法のホウキ (The Best 村上春樹の翻訳絵本集)魔法のホウキ (The Best 村上春樹の翻訳絵本集)感想
これいいね。春樹はいい目をしている。それを見つけた私もいい目をしているといいな。
読了日:10月01日 著者:クリス・ヴァン・オールズバーグ
ぜったいひとつだからね (チャーリーとローラ)ぜったいひとつだからね (チャーリーとローラ)感想
これ難しい。
読了日:10月01日 著者:ローレン チャイルド
ビロードのうさぎビロードのうさぎ感想
私のうさぎは元気でやっているだろうか、それとも部屋の奥で眠っているのだろうか。
読了日:10月01日 著者:マージェリィ・W. ビアンコ
しあわせな いぬに なるには: にんげんには ないしょだよ! (児童書)しあわせな いぬに なるには: にんげんには ないしょだよ! (児童書)感想
幸せってなんだっけ?
読了日:10月01日 著者:ジョー ウィリアムソン
ぼくのおじいちゃんぼくのおじいちゃん感想
この子一番怖いと思う。幸せってなんだっけ?捉え方の問題ではある気がする。でもお隣さんをどうしたいの?
読了日:10月01日 著者:カタリーナ・ソブラル
顔ニモマケズ ―どんな「見た目」でも幸せになれることを証明した9人の物語顔ニモマケズ ―どんな「見た目」でも幸せになれることを証明した9人の物語感想
幸せってなんだっけ?それに答えてくれていたのなら素晴らしい作品だったと思う。劣等感ニモマケズとか無能ニモマケズとかどうでもよくね?もう一度だけ言うよ、幸せってなんだっけ?
読了日:10月01日 著者:水野 敬也
エーリカ あるいは生きることの隠れた意味エーリカ あるいは生きることの隠れた意味感想
その年はずっと、狂ったみたいに働いた。そしてクリスマス直前には精神的に空っぽ、燃え尽き、回復できないと感じていた。お金はたくさん稼いだが、いやな年だった。まるで生活するのを忘れてしまったかのようだった。
読了日:10月01日 著者:エルケ ハイデンライヒ
ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)感想
これ読んでくれる人と結婚したい。
読了日:10月01日 著者:ジョン グレイ
歩くのがもっと楽しくなる 旅ノート・散歩ノートのつくりかた歩くのがもっと楽しくなる 旅ノート・散歩ノートのつくりかた感想
絶望的にノートが取れないから。思い出ってiphoneで十分でしょ。写真さえまとめきれないのに…。思い残すことなく生きてるから!
読了日:10月01日 著者:奥野 宣之
使ってみたい映画の英語 男の名セリフを味わう使ってみたい映画の英語 男の名セリフを味わう感想
I'll make him an offer he can't refuse 日本語にするとどれも陳腐だ。
読了日:10月01日 著者:藤枝 善之
「戦う自分」をつくる13の成功戦略「戦う自分」をつくる13の成功戦略感想
いい本なんだと思うよ。私の準備ができていない。
読了日:10月01日 著者:ジョン・C. マクスウェル

読書メーター

10/31のツイートまとめ

ukarete_aruku

【よあけ (世界傑作絵本シリーズ)/ユリー・シュルヴィッツ】唐の詩人柳宗元の詩「漁翁」によっています。 → https://t.co/cJ2styJ5Se #bookmeter
10-31 07:50

【おしゃべりなたまごやき (日本傑作絵本シリーズ)/寺村 輝夫】このほのぼのとした絵がいいよね。さすが長新太。 → https://t.co/STETUxIfk4 #bookmeter
10-31 07:48

【かばのベロニカ/ロジャー・デュボアザン】では、 いりぐちを こわしなさい → https://t.co/mWeWB0HuHg #bookmeter
10-31 07:45

【やまんばのにしき (むかしむかし絵本 2)/松谷 みよ子】やまんばいいな。やさしいな。っていうか山の者ってそういうものだよね。 → https://t.co/iZSGkqPw99 #bookmeter
10-31 07:03

【ずどんと いっぱつ―すていぬシンプ だいかつやく/ジョン バーニンガム】逃げて逃げて逃げ切ればいい。 → https://t.co/0SzAzUBZxs #bookmeter
10-31 06:58

【木はいいなあ/ジャニス=メイ=ユードリイ】そしてシャベルを かたづける。 → https://t.co/6EhCZgz4em #bookmeter
10-31 06:54

その正体を現して いまこの水に留るは 世を欺いて生きたもの。 死をあざけってやるために いま裏がえしにして見せる 手袋の指同様に。 ナルシスの墓 コクトー コクトー詩集 → https://t.co/IOkFRx5sVA #bookmeter
10-31 05:58

自己紹介

ルノワール:帽子の女

魚京童!
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
魚京京童=魚京童

鯨に惹かれた

都に棲む(ひそむ)

口さがない無頼の若者


思うがままに書いております。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
24節72候
立春
 東風解凍
 黄鶯睍睆
 魚上氷

雨水
 土脉潤起
 霞始靆
 草木萠動

啓蟄
 蟄虫啓戸
 桃始笑
 菜虫化蝶

春分
 雀始巣
 桜始開
 雷乃発声

清明
 玄鳥至
 鴻雁北
 虹始見

穀雨
 葭始生
 霜止出苗
 牡丹華

立夏
 蛙始鳴
 蚯蚓出
 竹笋生

小満
 蚕起食桑
 紅花栄
 麦秋至

芒種
 螳螂生
 腐草為蛍
 梅子黄

夏至
 乃東枯
 菖蒲華
 半夏生

小暑
 温風至
 蓮始開
 鷹乃学習

大暑
 桐始結花
 土潤溽暑
 大雨時行

立秋
 涼風至
 寒蝉鳴
 蒙霧升降

処暑
 綿柎開
 天地始粛
 禾乃登

白露
 草露白
 鶺鴒鳴
 玄鳥去

秋分
 雷乃収声
 蟄虫坏戸
 水始涸

寒露
 鴻雁来
 菊花開
 蟋蟀在戸

霜降
 霜始降
 霎時施
 楓蔦黄

立冬
 山茶始開
 地始凍
 金盞香

小雪
 虹蔵不見
 朔風払葉
 橘始黄

大雪
 閉塞成冬
 熊蟄穴
 鱖魚群

冬至
 乃東生
 麋角解
 雪下出麦

小寒
 芹乃栄
 水泉動
 雉始雊

大寒
 款冬華
 水沢腹堅
 鶏始乳
君死にたまふことなかれ
あゝをとうとよ、君を泣く、

君死にたまふことなかれ、

末に生れし君なれば

親のなさけはまさりしも、

親は刃をにぎらせて

人を殺せとをしへしや、

人を殺して死ねよとて

二十四までをそだてしや。


堺の街のあきびとの

舊家をほこるあるじにて

親の名を繼ぐ君なれば、

君死にたまふことなかれ、

旅順の城はほろぶとも、

ほろびずとても、何事ぞ、

君は知らじな、あきびとの

家のおきてに無かりけり。


君死にたまふことなかれ、

すめらみことは、戰ひに

おほみづからは出でまさね、

かたみに人の血を流し、

獸の道に死ねよとは、

死ぬるを人のほまれとは、

大みこゝろの深ければ

もとよりいかで思されむ。


あゝをとうとよ、戰ひに

君死にたまふことなかれ、

すぎにし秋を父ぎみに

おくれたまへる母ぎみは、

なげきの中に、いたましく

わが子を召され、家を守り、

安しと聞ける大御代も

母のしら髮はまさりぬる。


暖簾のかげに伏して泣く

あえかにわかき新妻を、

君わするるや、思へるや、

十月も添はでわかれたる

少女ごころを思ひみよ、

この世ひとりの君ならで

あゝまた誰をたのむべき、

君死にたまふことなかれ。
雨ニモマケズ

雨ニモマケズ

風ニモマケズ

雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ

丈夫ナカラダヲモチ

慾ハナク

決シテ瞋ラズ

イツモシヅカニワラッテヰル

一日ニ玄米四合ト

味噌ト少シノ野菜ヲタベ

アラユルコトヲ

ジブンヲカンジョウニ入レズニ

ヨクミキキシワカリ

ソシテワスレズ

野原ノ松ノ林ノ蔭ノ

小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ

東ニ病気ノコドモアレバ

行ッテ看病シテヤリ

西ニツカレタ母アレバ

行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ

南ニ死ニサウナ人アレバ

行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ

北ニケンクヮヤソショウガアレバ

ツマラナイカラヤメロトイヒ

ヒデリノトキハナミダヲナガシ

サムサノナツハオロオロアルキ

ミンナニデクノボートヨバレ

ホメラレモセズ

クニモサレズ

サウイフモノニ

ワタシハナリタイ
百人一首
秋の田の
かりほの庵の
とまをあらみ
我が衣手は
露にぬれつつ      
 1 天智天皇

春過ぎて
夏来にけらし
白妙の
衣干すてふ
天の香具山          
 2 持統天皇

あしびきの
山鳥の尾の
しだり尾の
ながながし夜を
ひとりかもねむ    
 3 柿本人丸

田子の浦に
うち出てみれば
白妙の
富士のたかねに
雪は降りつつ     
 4 山辺赤人

奥山に
紅葉踏み分け
鳴く鹿の
声聞くときぞ
秋はかなしき        
 5 猿丸大夫

かささぎの
渡せる橋に
おく霜の
白きを見れば
夜ぞ更けにける      
 6 中納言家持

天の原
ふりさけみれば
春日なる
三笠の山に
いでし月かも        
 7 阿倍仲麻呂

我が庵は
都のたつみ
しかぞ住む
世をうぢ山と
人はいふなり       
 8 喜撰法師

花の色は
移りにけりな
いたづらに
我が身世にふる
ながめせしまに    
 9 小野小町

これやこの
行くも帰るも
別れつつ
知るも知らぬも
逢坂の関       
 10 蝉丸

和田の原
八十島かけて
漕ぎ出ぬと
人にはつげよ
あまのつりぶね     
 11 参議篁

あまつ風
雲の通ひ路
吹きとぢよ
乙女の姿
しばしとどめむ        
 12 僧正遍昭

つくばねの
峰より落つる
みなの川
恋ぞつもりて
淵となりける      
 13 陽成院

陸奥の
しのぶもぢずり
誰ゆゑに
乱れそめにし
我ならなくに       
 14 河原左大臣

君がため
春の野に出て
若菜つむ
我が衣手に
雪はふりつつ        
 15 光孝天皇

立ち別れ
いなばの山の
峰におふる
まつとしきかば
今帰りこむ      
 16 中納言行平

ちはやぶる
神代もきかず
龍田川
からくれなゐに
水くぐるとは      
 17 在原業平朝臣

住の江の
岸による波
よるさへや
夢の通ひ路
人めよくらむ        
 18 藤原敏行朝臣

難波がた
短き葦の
ふしの間も
逢はでこの世を
過してよとや       
 19 伊勢

わびぬれば
今はた同じ
難波なる
身をつくしても
逢はむとぞ思ふ     
 20 元良親王

今こむと
いひしばかりに
長月の
有明の月を
待ちいでつるかな      
 21 素性法師

吹くからに
秋の草木の
しほるれば
むべ山風を
嵐といふらむ       
 22 文屋康秀

月みれば
千々に物こそ
悲しけれ
我が身ひとつの
秋にはあらねど     
 23 大江千里

このたびは
幣もとりあへず
手向山
紅葉の錦
神のまにまに        
 24 菅家

名にしおはば
逢坂山の
さねかづら
人に知られで
くるよしもがな     
 25 三条右大臣

小倉山
峰の紅葉ば
心あらば
今ひとたびの
みゆきまたなむ        
 26 貞信公

みかの原
わきて流るる
泉河
いつ見きとてか
恋しかるらむ        
 27 中納言兼輔

山里は
冬ぞ寂しさ
まさりける
人めも草も
かれぬと思へば        
 28 源宗干朝臣

心あてに
折らばや折らむ
初霜の
おきまどはせる
白菊の花        
 29 凡河内躬恒

有明の
つれなく見えし
別れより
暁ばかり
うきものはなし        
 30 壬生忠岑

朝ぼらけ
有明の月と
見るまでに
吉野の里に
降れる白雪         
 31 坂上是則

山川に
風のかけたる
しがらみは
流れもあへぬ
紅葉なりけり       
 32 春道列樹

ひさかたの
光のどけき
春の日に
しづ心なく
花の散るらむ        
 33 紀友則

誰をかも
知る人にせむ
高砂の
松も昔の
友ならなくに          
 34 藤原興風

人はいさ
心も知らず
故郷は
花ぞ昔の
かに匂ひける
 35 紀貫之

夏の夜は
まだ宵ながら
明けぬるを
雲のいづくに
月宿るらむ       
 36 清原深養父

白露に
風の吹きしく
秋の野は
つらぬきとめぬ
玉ぞ散りける       
 37 文屋朝康

忘らるる
身をば思はず
誓ひてし
人の命の
惜しくもあるかな       
 38 右近

浅茅生の
小野の篠原
忍ぶれど
あまりてなどか
人の恋しき        
 39 参議等

忍ぶれど
色に出にけり
わが恋は
物や思ふと
人の問ふまで        
 40 平兼盛

恋すてふ
我が名はまだき
立ちにけり
人知れずこそ
思ひ初めしか     
 41 壬生忠見

契りきな
かたみに袖を
しぼりつつ
末の松山
波こさじとは        
 42 清原元輔

あひ見ての
後の心に
くらぶれば
昔は物も
思はざりけり         
 43 権中納言敦忠

逢ふ事の
絶えてしなくは
中々に
人をも身をも
恨みざらまし       
 44 中納言朝忠

あはれとも
いふべき人は
思ほえで
身のいたづらに
なりぬべきかな    
 45 謙徳公

由良の戸を
渡る舟人
かぢを絶え
行くへも知らぬ
恋の道かな       
 46 曾禰好忠

八重葎
しげれる宿の
寂しきに
人こそ見えね
秋は来にけり        
 47 恵慶法師

風をいたみ
岩うつ波の
をのれのみ
くだけて物を
思ふころかな      
 48 源重之

みかきもり
衛士のたく火の
夜は燃え
昼は消えつつ
物をこそ思へ     
 49 大中臣能宣

君がため
惜しからざりし
命さへ
長くもがなと
思ひぬるかな       
 50 藤原義孝

かくとだに
えやはいぶきの
さしも草
さしも知らじな
燃ゆる思ひを    
 51 藤原実方朝臣

明けぬれば
くるるものとは
知りながら
なほうらめしき
朝ぼらけかな   
 52 藤原道信朝臣

嘆きつつ
ひとりぬる夜の
明くるま
いかに久しき
ものとかはしる     
 53 右大将道綱母

わすれじの
行末までは
かたければ
けふをかぎりの
命ともがな      
 54 儀同三司母

滝の音は
絶えて久しく
なりぬれど
名こそ流れて
なほ聞こえけれ     
 55 大納言公任

あらざらむ
この世のほかの
思ひ出に
今ひとたびの
逢ふ事もがな     
 56 和泉式部

めぐり逢ひて
見しやそれとも
わかぬまに
雲がくれにし
夜半の月影    
 57 紫式部

有馬山
いなのささ原
風吹けば
いでそよ人を
忘れやはする        
 58 大弐三位

やすらはで
ねなまし物を
さよ更けて
かたぶくまでの
月を見しかな    
 59 赤染衛門

大江山
いくのの道の
遠ければ
まだふみもみず
天の橋立         
 60 小式部内侍

いにしへの
奈良の都の
八重桜
けふ九重に
匂ひぬるかな         
 61 伊勢大輔

夜をこめて
鳥の空音は
はかるとも
よに逢坂の
関はゆるさじ       
 62 清少納言

今はただ
思ひ絶えなむ
とばかりを
人づてならで
いふよしもがな     
 63 左京大夫道雅

朝ぼらけ
宇治の川ぎり
絶えだえに
あらはれわたる
瀬々の網代木     
 64 権中納言定頼
恨みわび
ほさぬ袖だに
ある物を
恋にくちなん
名こそ惜しけれ      
 65 相模

もろともに
あはれと思へ
山桜
花よりほかに
知る人もなし        
 66 大僧正行尊

春の夜の
夢ばかりなる
手枕に
かひなくたたむ
名こそ惜しけれ      
 67 周防内侍

心にも
あらでうき世にに
ながらへば
恋しかるべき
夜半の月かな     
 68 三条院

嵐吹く
三室の山の
紅葉ばは
龍田の川の
錦なりけり           
 69 能因法師

寂しさに
宿を立ち出て
ながむれば
いづくも同じ
秋の夕暮れ       
 70 良暹法師

夕されば
門田の稲葉
おとづれて
あしのまろやに
秋風ぞ吹く       
 71 大納言経信

音に聞く
たかしの浜の
あだ波は
かけじや袖の
ぬれもこそすれ    
 72 祐子内親王家紀伊

高砂の
尾上の桜
咲きにけり
とやまの霞
たたずもあらなむ        
 73 前中納言匡房

うかりける
人をはつせの
山おろしよ
はげしかれとは
祈らぬ物を     
 74 源俊頼朝臣

契りおきし
させもが露を
命にて
あはれことしの
秋もいぬめり      
 75 藤原基俊

和田の原
漕ぎ出てみれば
ひさかたの
雲ゐにまがふ
沖つ白波 
 76 法性寺入道前関白太政大臣

瀬をはやみ
岩にせかるる
滝川の
われてもすゑに
逢はむとぞ思ふ     
 77 崇徳院

淡路島
かよふ千鳥の
鳴く声に
いく夜ねざめぬ
須磨の関守        
 78 源兼昌

秋風に
たなびく雲の
絶え間より
もれいづる月の
かげのさやけさ     
 79 左京大夫顕輔

長からむ
心も知らず
黒髪の
乱れてけさは
物をこそ思へ         
 80 待賢門院堀河

ほととぎす
鳴きつるかたを
ながむれば
ただ有明の
月ぞ残れる     
 81 後徳大寺左大臣

思ひわび
さても命は
ある物を
うきにたへぬは
涙なりけり        
 82 道因法師

世の中よ
道こそなけれ
思ひ入る
山の奥にも
鹿ぞ鳴くなる      
 83 皇太后宮大夫俊成

ながらへば
またこのごろや
しのばれむ
うしと見し世ぞ
いまは恋しき   
 84 藤原清輔朝臣

よもすがら
物思ふころは
明けやらぬ
閨のひまさへ
つれなかりけり    
 85 俊恵法師

嘆けとて
月やは物を
思はする
かこちがほなる
我が涙かな        
 86 西行法師

村雨の
露もまだひぬ
まきの葉に
霧立ちのぼる
秋の夕暮れ        
 87 寂蓮法師

難波江の
葦のかりねの
ひとよゆゑ
身をつくしてや
恋わたるべき     
 88 皇嘉門院別当

玉の緒よ
絶えなば絶えね
ながらへば
忍ぶることの
よわりもぞする    
 89 式子内親王

見せばやな
雄島のあまの
袖だにも
ぬれにぞぬれし
色はかはらず     
 90 殷富門院大輔

きりぎりす
鳴くや霜夜の
さむしろに
衣かたしき
ひとりかもねむ  
 91 後京極摂政太政大臣

我が袖は
しほひに見えぬ
沖の石の
人こそしらね
かわくまもなし     
 92 二条院讃岐

世の中は
常にもがもな
なぎさ漕ぐ
あまのをぶねの
綱手かなしも     
 93 鎌倉右大臣

み吉野の
山の秋風
さよ更けて
故郷寒く
衣うつなり           
 94 参議雅経

おほけなく
うき世の民に
おほふかな
我が立つ杣に
墨染めの袖      
 95 前大僧正慈円

花さそふ
嵐の庭の
雪ならで
ふり行くものは
我が身なりけり      
 96 入道前大政大臣

こぬ人を
まつほの浦の
夕なぎに
焼くやもしほの
身もこがれつつ     
 97 権中納言定家

風そよぐ
ならの小川の
夕暮れは
みそぎぞ夏の
しるしなりける      
 98 従二位家隆

人もをし
人も恨めし
あぢきなく
世を思ふゆゑに
物思ふ身は       
 99 後鳥羽院

百敷や
古き軒端の
しのぶにも
なほあまりある
昔なりけり       
 100 順徳院
2013.08.20からの人数
2013.01.15から
6727名様に
訪れて頂いています。
それ以前は神のみぞ知る。

アクセス解析の結果と
値が若干違うのは
なぜでしょうか…。
カテゴリ
コメント
皆様のメッセージ
お待ちしております。
管を巻いても、愚痴をダレても
私は必死に答えます。

どんなに無駄だと思っても
私は貴方とおしゃべりしたい!

本欄で回答させて頂きます。
載せては困る方は
申し訳ありませんが
鍵をかけるか一言お願いします。
検索フォーム
二条河原落書

此頃都ニハヤル物

 

夜討 強盗 謀綸旨

 

召人 早馬 虚騒動

 

生頸 還俗 自由出家

 

俄大名 迷者

 

安堵 恩賞 虚軍

 

本領ハナルヽ訴訟人

 

文書入タル細葛

 

追従 讒人 禅律僧

 

下克上スル成出者

 

器用ノ堪否沙汰モナク

 

モルル人ナキ決断所

 

キツケヌ冠上ノキヌ

 

持モナラハヌ杓持テ

 

内裏マシワリ珍シヤ

 

賢者カホナル伝奏ハ

 

我モ我モトミユレトモ

 

巧ナリケル詐ハ

 

ヲロカナルニヤヲトルラム

 

為中美物 ニアキミチテ

 

マナ板烏帽子ユカメツヽ

 

気色メキタル京侍

 

タソカレ時ニ成ヌレハ

 

ウカレテアリク色好

 

イクソハクソヤ数不知

 

内裏ヲカミト名付タル

 

人ノ妻鞆ノウカレメハ

 

ヨソノミル目モ心地アシ

 

尾羽ヲレユカムエセ小鷹

 

手コトニ誰モスエタレト

 

鳥トル事ハ更ニナシ

 

鉛作ノオホ刀

 

太刀ヨリオホキニコシラヘテ

 

前サカリニソ指ホラス

 

ハサラ扇ノ五骨

 

ヒロコシヤセ馬薄小袖

 

日銭ノ質ノ古具足

 

関東武士ノカコ出仕

 

下衆上臈ノキハモナク

 

大口ニキル美精好

 

鎧直垂猶不捨

 

弓モ引ヱヌ犬追物

 

落馬矢数ニマサリタリ

 

誰ヲ師匠トナケレトモ

 

遍ハヤル小笠懸

 

事新キ風情也

 

京鎌倉ヲコキマセテ

 

一座ソロハヌエセ連歌

 

在々所々ノ歌連歌

 

点者ニナラヌ人ソナキ

 

譜第非成ノ差別ナク

 

自由狼藉ノ世界也

 

犬田楽ハ関東ノ

 

ホロフル物ト云ナカラ

 

田楽ハナヲハヤル也

 

茶香十炷ノ寄合モ

 

鎌倉釣ニ有鹿ト

 

都ハイトヽ倍増ス

 

町コトニ立篝屋ハ

 

荒涼五間板三枚

 

幕引マワス役所鞆

 

其数シラス満々リ

 

諸人ノ敷地不定

 

半作ノ家是多シ

 

去年火災ノ空地共

 

クソ福ニコソナリニケレ

 

適ノコル家々ハ

 

点定セラレテ置去ヌ

 

非職ノ兵仗ハヤリツヽ

 

路次ノ礼儀辻々ハナシ

 

花山桃林サヒシクテ

 

牛馬華洛ニ遍満ス

 

四夷ヲシツメシ鎌倉ノ

 

右大将家ノ掟ヨリ

 

只品有シ武士モミナ

 

ナメンタラニソ今ハナル

 

朝ニ牛馬ヲ飼ナカラ

 

夕ニ賞アル功臣ハ

 

左右ニオヨハヌ事ソカシ

 

サセル忠功ナケレトモ

 

過分ノ昇進スルモアリ

 

定テ損ソアルラント

 

仰テ信ヲトルハカリ

 

天下一統メズラシヤ

 

御代ニ生テサマザマノ

 

事ヲミキクゾ不思議ナル

 

京童ノ口ズサミ

 

十分ノ一ヲモラスナリ

 
クジラの分類

真核生物ドメイン

動物界

脊索動物門

哺乳綱

クジラ目(14科40属86種)

 

ヒゲクジラ亜目
(4科6属14種)

 

セミクジラ科

 セミクジラ

タイセイヨウセミクジラ

 ミナミセミクジラ

 

コセミクジラ科

 コセミクジラ

 

ナガスクジラ科

 シロナガスクジラ

 ナガスクジラ

 イワシクジラ

 ニタリクジラ

 ツノシマクジラ

 ミンククジラ

 クロミンククジラ

 ザトウクジラ

 

コククジラ科

 コククジラ

 

ハクジラ亜目

(10科34属72種)

 

マッコウクジラ科

 マッコウクジラ

 

コマッコウクジラ科

 コマッコウ

 オガワコマッコウ

 

カワイルカ科

 インドカワイルカ

 

ヨウスコウカワイルカ科

 ヨウスコウカワイルカ

 

ラプラタカワイルカ科

 ラプラタカワイルカ

 

アマゾンカワイルカ科

 アマゾンカワイルカ

 

イッカク科

 シロイルカ

 イッカク

 

ネズミイルカ科

 スナメリ

 メガネイルカ

 ネズミイルカ

 コガシラネズミイルカ

 コハリイルカ

 イシイルカ

 

マイルカ科

 イロワケイルカ

 チリイロワケイルカ

 コシャチイルカ

 セオオアリイルカ

 マイルカ

 ハセイルカ

 ユメゴンドウ

 コビレゴンドウ

 ヒレナガゴンドウ

 ハナゴンドウ

 サラワクイルカ

 タイセイヨウカマイルカ

 ハナジロカマイルカ

 ミナミカマイルカ

 ダンダラカマイルカ

 ハラジロカマイルカ

 カマイルカ

 セミイルカ

 シロハラセミイルカ

 シャチ

 カワゴンドウ

 和名未定w

 カズハゴンドウ

 オキゴンドウ

 コビトイルカ

 和名未定w

 シナウスイロイルカ

 アフリカウスイロイルカ

 マダライルカ

 クリーメンイルカ

 スジイルカ

 タイセイヨウマダライルカ

 ハシナガイルカ

 シワハイルカ

 ハンドウイルカ

 ミナミハンドウイルカ

 

アカボウクジラ科

 ミナミツチクジラ

 ツチクジラ

 キタトックリクジラ

 ミナミトックリクジラ

 ロングマンオウギハクジラ

 ヨーロッパオウギハクジラ

 タイヘイヨウオウギハクジラ

 ハッブスオウギハクジラ

 コブハクジラ

 ジェルヴェオウギハクジラ

 ミナミオウギハクジラ

 イチョウハクジラ

 ニュージーランドオウギハクジラ

 ヒモハクジラ

 アカボウモドキ

 オウギハクジラ

 和名未定w

 ペルーオウギハクジラ

 和名未定w

 タスマニアクチバシクジラ

 アカボウクジラ

  

日本近海に棲息?
見つかった種(水族館を除く)

IWC(International Whaling Commission)の2012年のデータより

源氏文字鎖


源氏のすぐれてやさしきは

はかなく消えし桐壺

よそにも見えし帚木

われから音に鳴く空蝉

休らう道の夕顔

若紫の色毎に

匂う末摘花の香に

錦と見えし紅葉賀

風を厭いし花宴

結びかけたる

賢木の枝におく霜は

花散里の時鳥

須磨の恨みに沈みにし

忍びて通う明石潟

たのめしあとの澪標

繁き蓬生露深み

水に関屋の影映し

知らぬ絵合おもしろや

宿に絶えせぬ松風

もの憂き空の薄雲

世は朝顔の花の露

ゆかり求めし乙女子

かけつつ頼む玉鬘

臈たき春の初音の日

開くる花に舞う胡蝶

深きの思いこそ

その懐かしき常夏

遣水涼し篝火

野分の風に吹き迷い

日影雲らぬ行幸には

花も窶るる藤袴

槙の柱は忘れしを

折る梅枝の匂う宿

解けにし藤裏葉かな

なにとて摘みし若菜かも

森の柏木楢の葉よ

横笛の音はおもしろや

宿の鈴虫声も憂く

暗き夕霧秋深み

御法を悟りし磯の蜑

の世の程もなく

雲隠にし夜半の月

聞く名も匂宮兵部卿

うつろう紅梅色深し

忍ぶ節なる竹河

八十宇治川の橋姫

逃れ果てにし椎本

共に結びし総角

春を忘れぬ早蕨

元の色なる宿木

宿りとめ来し東屋

法の名も浮舟の中

契りの果ては蜻蛉

己が住まいの手習

儚かりける夢浮橋

年号
645 ~ 650 大化

650 ~ 654 白雉

686        朱鳥

 この間歴史なし

701 ~ 704 大宝

704 ~ 708 慶雲

708 ~ 715 和銅

715 ~ 717 霊亀

717 ~ 724 養老

724 ~ 729 神亀

729 ~ 749 天平

749 ~ 757 天平勝宝

757 ~ 765 天平宝字

765 ~ 767 天平神護

767 ~ 770 神護景雲

770 ~ 780 宝亀

781 ~ 782 天応

782 ~ 806 延暦

806 ~ 810 大同

810 ~ 824 弘仁

824 ~ 834 天長

834 ~ 848 承和

848 ~ 851 嘉祥

851 ~ 854 仁寿

854 ~ 857 斉衡

857 ~ 859 天安

859 ~ 877 貞観

877 ~ 885 元慶

885 ~ 889 仁和

889 ~ 898 寛平

898 ~ 901 昌泰

901 ~ 923 延喜

923 ~ 931 延長

931 ~ 938 承平

938 ~ 947 天慶

947 ~ 957 天暦

957 ~ 961 天徳

961 ~ 964 応和

964 ~ 968 康保

968 ~ 970 安和

970 ~ 973 天禄

973 ~ 976 天延

976 ~ 978 貞元

978 ~ 983 天元

983 ~ 985 永観

985 ~ 987 寛和

987 ~ 989 永延

989 ~ 990 永祚

990 ~ 995 正暦

995 ~ 999 長徳

999 ~ 1004 長保

1004 ~ 1012 寛弘

1012 ~ 1017 長和

1017 ~ 1021 寛仁

1021 ~ 1024 治安

1024 ~ 1028 万寿

1028 ~ 1037 長元

1037 ~ 1040 長暦

1040 ~ 1044 長久

1044 ~ 1046 寛徳

1046 ~ 1053 永承

1053 ~ 1058 天喜

1058 ~ 1065 康平

1065 ~ 1069 治暦

1069 ~ 1074 延久

1074 ~ 1077 承保

1077 ~ 1081 承暦

1081 ~ 1084 永保

1084 ~ 1087 応徳

1087 ~ 1094 寛治

1094 ~ 1096 嘉保

1096 ~ 1097 永長

1097 ~ 1099 承徳

1099 ~ 1104 康和

1104 ~ 1106 長治

1106 ~ 1108 嘉承

1108 ~ 1110 天仁

1110 ~ 1113 天永

1113 ~ 1118 永久

1118 ~ 1120 元永

1120 ~ 1124 保安

1124 ~ 1126 天治

1126 ~ 1131 大治

1131 ~ 1132 天承

1132 ~ 1135 長承

1135 ~ 1141 保延

1141 ~ 1142 永治

1142 ~ 1144 康治

1144 ~ 1145 天養

1145 ~ 1151 久安

1151 ~ 1154 仁平

1154 ~ 1156 久寿

1156 ~ 1159 保元

1159 ~ 1160 平治

1160 ~ 1161 永暦

1161 ~ 1163 応保

1163 ~ 1165 長寛

1165 ~ 1166 永万

1166 ~ 1169 仁安

1169 ~ 1171 嘉応

1171 ~ 1175 承安

1175 ~ 1177 安元

1177 ~ 1181 治承

1181 ~ 1182 養和

1182 ~ 1185 寿永

1184 ~ 1185 元暦

1185 ~ 1190 文治

1190 ~ 1199 建久

1199 ~ 1201 正治

1201 ~ 1204 建仁

1204 ~ 1206 元久

1206 ~ 1207 建永

1207 ~ 1211 承元

1211 ~ 1213 建暦

1213 ~ 1219 建保

1219 ~ 1222 承久

1222 ~ 1224 貞応

1224 ~ 1225 元仁

1225 ~ 1227 嘉禄

1227 ~ 1229 安貞

1229 ~ 1232 寛喜

1232 ~ 1233 貞永

1233 ~ 1234 天福

1234 ~ 1235 文暦

1235 ~ 1238 嘉禎

1238 ~ 1239 暦仁

1239 ~ 1240 延応

1240 ~ 1243 仁治

1243 ~ 1247 寛元

1247 ~ 1249 宝治

1249 ~ 1256 建長

1256 ~ 1257 康元

1257 ~ 1259 正嘉

1259 ~ 1260 正元

1260 ~ 1261 文応

1261 ~ 1264 弘長

1264 ~ 1275 文永

1275 ~ 1278 建治

1278 ~ 1288 弘安

1288 ~ 1293 正応

1293 ~ 1299 永仁

1299 ~ 1302 正安

1302 ~ 1303 乾元

1303 ~ 1306 嘉元

1306 ~ 1308 徳治

1308 ~ 1311 延慶

1311 ~ 1312 応長

1312 ~ 1317 正和

1317 ~ 1319 文保

1319 ~ 1321 元応

1321 ~ 1324 元亨

1324 ~ 1326 正中

1326 ~ 1329 嘉暦

1331 ~ 1332 元徳

1332 ~ 1333 正慶

1334 ~ 1338 建武

1338 ~ 1342 暦応

1342 ~ 1345 康永

1345 ~ 1350 貞和

1350 ~ 1352 観応

1352 ~ 1356 文和

1356 ~ 1361 延文

1361 ~ 1362 康安

1362 ~ 1368 貞治

1368 ~ 1375 応安

1375 ~ 1379 永和

1379 ~ 1381 康暦

1381 ~ 1384 永徳

1384 ~ 1387 至徳

1387 ~ 1389 嘉慶

1389 ~ 1390 康応

1390 ~ 1394 明徳

1394 ~ 1428 応永

1428 ~ 1429 正長

1429 ~ 1441 永享

1441 ~ 1444 嘉吉

1444 ~ 1449 文安

1449 ~ 1452 宝徳

1452 ~ 1455 享徳

1455 ~ 1457 康正

1457 ~ 1460 長禄

1460 ~ 1466 寛正

1466 ~ 1467 文正

1467 ~ 1469 応仁

1469 ~ 1487 文明

1487 ~ 1489 長享

1489 ~ 1492 延徳

1492 ~ 1501 明応

1501 ~ 1504 文亀

1504 ~ 1521 永正

1521 ~ 1528 大永

1528 ~ 1532 享禄

1532 ~ 1555 天文

1555 ~ 1558 弘治

1558 ~ 1570 永禄

1570 ~ 1573 元亀

1573 ~ 1592 天正

1592 ~ 1596 文禄

1596 ~ 1615 慶長

1615 ~ 1624 元和

1624 ~ 1644 寛永

1644 ~ 1648 正保

1648 ~ 1652 慶安

1652 ~ 1655 承応

1655 ~ 1658 明暦

1658 ~ 1661 万治

1661 ~ 1673 寛文

1673 ~ 1681 延宝

1681 ~ 1684 天和

1684 ~ 1688 貞享

1688 ~ 1704 元禄

1704 ~ 1711 宝永

1711 ~ 1716 正徳

1716 ~ 1736 享保

1736 ~ 1741 元文

1741 ~ 1744 寛保

1744 ~ 1748 延享

1748 ~ 1751 寛延

1751 ~ 1764 宝暦

1764 ~ 1772 明和

1772 ~ 1781 安永

1781 ~ 1789 天明

1789 ~ 1801 寛政

1801 ~ 1804 享和

1804 ~ 1818 文化

1818 ~ 1830 文政

1830 ~ 1844 天保

1844 ~ 1848 弘化

1848 ~ 1854 嘉永

1854 ~ 1860 安政

1860 ~ 1861 万延

1861 ~ 1864 文久

1864 ~ 1865 元治

1865 ~ 1868 慶応

1868 ~ 1912 明治

1912 ~ 1926 大正

1926 ~ 1989 昭和

1989 ~      平成