京童ノ口ズサミ 2018年 ニツイテカタルノミ

2018年の読書メーター
読んだ本の数:457
読んだページ数:55945
ナイス数:11359

問題だらけの女性たち問題だらけの女性たち感想
これだから、女性は…。この表現技法が好き。これだから、女性は…。バカにすることで、バカになる。なんて単純なんだろう。公平、公正に見ることなんてできないんだから、無関心。興味を持つだけで偏る。グーグルに聞く。それでいいんじゃなかろうか。これだから、女性は…。
読了日:12月17日 著者:ジャッキー・フレミング
お気に入りをとじる―やさしい製本入門 (NHK趣味悠々)お気に入りをとじる―やさしい製本入門 (NHK趣味悠々)感想
思い出補正だろうが、なんだろうか、思いではすべて正しい。事実かどうかなんて関係ない。記憶こそすべてだ。記録はグーグルに任せるから。事実はグーグルが知ってる。でも私しか知らないことがある。だって私が見て、聞いて、感じたことは記録にはないから。残らないから。残らないことを大切にしたい。残ることは今後はグーグルに任せるから。OK Google 明日は何をすればいい?
読了日:12月16日 著者:
いちばんわかる手製本レッスン―手でつくる本と基本技法いちばんわかる手製本レッスン―手でつくる本と基本技法感想
すごい綺麗だし、丁寧だし、やってみたい。ものを創るのは苦手だ。だって、だって、だって。だからこそ初めてみるのはありかもしれない。本なんて、今後グーグルが全部教えてくれる、まとめてくれる、調べてくれる。でも持っててくれない。情報がすべてだとしたら本なんていらない。記録なんてグーグル任せ。それはそれでありだと思う。だけど手触りが忘れられないのだ。そんな記憶が好きなんだ。
読了日:12月16日 著者:
製本工房・美篶堂とつくる文房具---上製ノート、箱、ファイルボックス、アルバムほか13種類のステーショナリー製本工房・美篶堂とつくる文房具---上製ノート、箱、ファイルボックス、アルバムほか13種類のステーショナリー感想
買ってしまう。お金があるから。でも創るとそれは私だけのもの。そのミスが、汚れが、すべてが私だけのもの。なんなのだろうか。お金があるから、少ないロットのものを買う。それがブランドだ。だってみんな持ってない。機能は同じだ。だけど世界に100点だけ。でも創れば1点物。わからないよ、ロッテ。この世界は狂っているのだろうか。それとも私が可笑しいのだろうか。どちらかが狂っていた場合、それはすなわちどちらも狂っているのだ。
読了日:12月16日 著者:美篶堂
書物と製本術――ルリユール / 綴じの文化史書物と製本術――ルリユール / 綴じの文化史感想
お金があるから、時間があるから、人が余っているから。拘る。外側に。でもさ、今は資本主義。一点物なんていらない。大量生産、大量消費。お金を使って、経済を回す。回し続けないとやってけない。そんな世界。だからこそ惹かれるのかもしれない。思い出補正さ。所詮。だって無駄なんだもの。本の意味とは中身である。それを保持する必要はない。情報こそすべてだ!情報があれば、外見なんていらない。グーグルに聞いたら答えてくれればそれでいい。それでいいのだろうか?
読了日:12月16日 著者:野村 悠里
あなたにもできる図書の修理と製本あなたにもできる図書の修理と製本感想
本は図書館。ものはもたない。では何のために製本するのだろうか?何のための製本なのだろう?なんでわざわざ外側に拘る?中身がしっかりしていればいいのではないか?そういうことでもない?中身に見合う外側が求められている?そういうことなのだろうか。
読了日:12月16日 著者:木原正三堂開発室
手づくり製本術―自装本を楽しむ (日曜日の遊び方)手づくり製本術―自装本を楽しむ (日曜日の遊び方)感想
日曜日に作ってみようかな。中身ないけど。中身があるから外見なのかな?それとも外側だけあればいいのかな?私はカラッポだから中身のある人がいい。そうすれば、外側を作ってあげられる。守るものなんてないのだ。何をそんなに外側を作っているんだろうね。空しい世の中だ。すべては空なのだ。
読了日:12月16日 著者:岩崎 博
古典籍の装幀と造本  デザイン製本 (3)古典籍の装幀と造本  デザイン製本 (3)感想
どこにでも、こんなところに拘る?って人がいる。相容れないさ。でもそれが魅力だったりする。じゃー残業できないからそれを止める?単純にする?中身で勝負する?それは間違っていない。費用対効果を上げられる。でもそれってさ、技術の否定だよね。拘ることが質なんだから。
読了日:12月16日 著者:吉野 敏武
企業内「職人」図鑑 12 印刷・製本企業内「職人」図鑑 12 印刷・製本感想
職人なんてみんな変わってるよね。だから職人なのだから。職の人なんだから。働きすぎて自殺するより、簡単に辞められる。企業という形式が悪いのかもしれない。企業だから逃げられず、人生自体を辞めるしかない。人から離れるだけなのに。
読了日:12月16日 著者:
印刷技術基本ポイント 製本編印刷技術基本ポイント 製本編感想
製本をやってみたい。中身なんてなくてもいいんじゃない。ある人と組めばいいのだから。
読了日:12月16日 著者:
インサイドアウトサイドインサイドアウトサイド感想
不思議な魅力がある。言葉にできない。なんだろうね。この暗さなのか、なんなのか。ただ見てる。興味がないのかも。でもだからこそ惹かれる。反対から見てみたら世界は変わる。でもだから?って言ってる。見えるからなんだろう
新たな見方ってどんな意味があるのだろう。そう見えるだけなのに。ただ暖炉の前で寝転がって本を読みたい。それだけなんだ。
読了日:12月05日 著者:アンヌ=マルゴ ラムシュタイン,マティス アレギ
ジブリの教科書〈1〉風の谷のナウシカ (文春ジブリ文庫)ジブリの教科書〈1〉風の谷のナウシカ (文春ジブリ文庫)感想
内田さんがすげー平凡なことを言ってる。こんなことをしなくてはならないの?
読了日:12月05日 著者:
生きる力ってなんですか?生きる力ってなんですか?感想
船に乗ったら、人間だろうが、猫だろうが、アリだろうが、みんな同じ運命だ。おまえたちは船の一部だ。おまえたちのことではなく、船のことを第一に考えて命令を出す。それが陸軍とは違うのだ
読了日:12月05日 著者:おおたとしまさ
日本辺境論 (新潮新書)日本辺境論 (新潮新書)感想
あなたも私たちもおそらく誰もがみな体をいや心を癒しに海へ出かけて行くのでしょうね 海へと PUFFY
読了日:12月05日 著者:内田 樹
ステーショナリーマガジン 006 (エイムック 1942)ステーショナリーマガジン 006 (エイムック 1942)感想
Uniとポスタルコのボールペンが出る。ボールペンはある。ただ欲しいだけなんだ。
読了日:12月05日 著者:
あおいともだちあおいともだち感想
ぼくが そうだよ よくきたね
読了日:12月05日 著者:佐々木 マキ
あかいけいとあかいけいと感想
赤い。
読了日:12月05日 著者:佐々木 マキ
ビアンカ・オーバースタディ (角川文庫)ビアンカ・オーバースタディ (角川文庫)感想
オーバーステップが本になってる!そっちも読まなきゃ!
読了日:11月25日 著者:筒井 康隆
ひとまねこざるときいろいぼうし (岩波の子どもの本)ひとまねこざるときいろいぼうし (岩波の子どもの本)感想
おさるのジョージの真実がここに!ここから始まったんだ。すべては。猿の惑星 じぇねしす は見たことないけど、こんな感じなのかもしれない。すべてはヒトのエゴと、サルの興味なのだ。それでも私はきいろいぼうしのおじさんが好きだし、彼に憧れる。何の仕事かわからないけど、博物館にコネがあって、休日は別荘で、黄色い服に統一してて。絶対ヤバイ人だけど。そして何より、すべて金で解決してやる姿が素晴らしい。彼こそ資本主義の求めるエリートだ!私もそうならなければならない!そういうことでいいのかな。
読了日:11月25日 著者:H.A.レイ
下流志向〈学ばない子どもたち 働かない若者たち〉 (講談社文庫)下流志向〈学ばない子どもたち 働かない若者たち〉 (講談社文庫)感想
みんなで落ちればいいっていう発想が好き。こんなこと考えたことなかった。至高の存在に向かって!とか思ったこともないけど、だから落ちているのかもしれない。みんな快楽スイッチを押したいだけなのかもしれない。以前押せたボタンを捜してる。仕事で、趣味で、目覚めた朝に。奴隷に溢れてたギリシャの時代もよかったねって言われるけれど、ロボットに溢れる未来は絶望する。なぜだろう。無機質だから?今だって無機質だ。人間の喜びを交流に求めるなら。反射と割り切ってしまえば良いのかもしれない。ホルモンバランスに過ぎないのだと。
読了日:11月25日 著者:内田 樹
悩める人、いらっしゃい 内田樹の生存戦略悩める人、いらっしゃい 内田樹の生存戦略感想
都でやっていけると思ってる。独りで。だから悩んでいるのだろう。結局複数の人が集まるのも万が一のためなんだ。だから社会保障がしっかりしてしまえば、どうでもよくなる。その過渡期に生きているから悩むんだ。いずれロボットが雑務を行い、グーグルが考え、ヒトは快楽スイッチを押すだけになる。そしたら死んだも同然じゃんって思うけど、既にそうなのかもしれない。仕事が好きな人は仕事で、趣味に生きる人は趣味で。アドレナリンとノルアドレナリンのバランスだけなのかもしれない。それでもいいと思ってしまう。それが人生だと。
読了日:11月25日 著者:内田 樹
一回半ひねりの働き方 反戦略的ビジネスのすすめ (角川新書)一回半ひねりの働き方 反戦略的ビジネスのすすめ (角川新書)感想
今、私の中には「物語」がない。だから踊ってるのかもしれない。奇妙な踊りを。物語を創ろう。自分だけの今後のお話を。そしてその主人公になるんだ。まだ武器は脆い、鎧なんてない。ましてトリカブトなんて。
読了日:11月25日 著者:平川 克美
ステーショナリーマガジン 010 (エイムック 2849)ステーショナリーマガジン 010 (エイムック 2849)感想
欲しいものは見つからなかった。
読了日:11月25日 著者:
ステーショナリーマガジン 009 (エイムック 2607)ステーショナリーマガジン 009 (エイムック 2607)感想
欲しいものは見つからなかった。
読了日:11月25日 著者:
ステーショナリーマガジン 008 (エイムック 2376)ステーショナリーマガジン 008 (エイムック 2376)感想
欲しいものは見つからなかった。
読了日:11月25日 著者:
ステーショナリーマガジン 007 (エイムック 2175)ステーショナリーマガジン 007 (エイムック 2175)感想
欲しいものは見つからなかった。
読了日:11月25日 著者:
ステーショナリーマガジン 006 (エイムック 1942)ステーショナリーマガジン 006 (エイムック 1942)感想
ほしいものは見当たらなかった。
読了日:11月25日 著者:
ステーショナリーマガジン 005 (エイムック 1735)ステーショナリーマガジン 005 (エイムック 1735)感想
ポスタルコのリーガルエンビロープはクリスマスプレゼントかなー。
読了日:11月24日 著者:
日本幻想文学集成 (1)日本幻想文学集成 (1)感想
化鳥だけ。化けて出てこられても困るけど。化鳥。
読了日:11月18日 著者:泉 鏡花
ここは退屈迎えに来てここは退屈迎えに来て感想
どこも退屈なんだよね。私だって退屈だ。でも退屈も慣れてしまう。退屈でよくなってしまう。禅の世界だ。それでいいじゃん。迎えに来てもらったっていつか飽きるのだ。退屈まみれなのだ。それより部屋の掃除や、ランニングに明け暮れる人生の方が楽しいと思ってしまう。それにしても退屈だ。
読了日:11月18日 著者:山内 マリコ
きょうはよいてんききょうはよいてんき感想
いいひとでした。その一言で解決していいのか?きょうはよいてんきかもしれないけど、そうじゃない。その人だけが損をする。それがいいかわるかかわからない。私には。だって。でもそうれはいけない。とおもう。わからないけど。そうじゃない。そう思う。それはいけない。だって誰かが損をするから。天から見て。いろいろな見地から。それはいけないと思うと思うのだけど。酔ったからいいのかも。
読了日:11月17日 著者:ナニー ホグロギアン
あかいはっぱきいろいはっぱ (かがくのほん)あかいはっぱきいろいはっぱ (かがくのほん)感想
そういうことではない。どういうことかわからない。でもそうじゃない。でも赤い。素晴らしい。秋だ。素晴らしいと思う。でもすばらしい新世界は素晴らしくない。そういうこと。私は都で暮らしてる。それに満足している。ただ生きているだけだとしても。その通りだと思う。結局あかいはっぱはどうでもいいのだ。
読了日:11月17日 著者:ロイス エイラト
あかてぬぐいのおくさんと7にんのなかま (世界傑作絵本シリーズ)あかてぬぐいのおくさんと7にんのなかま (世界傑作絵本シリーズ)感想
なんの仕事でも、必要な7つ道具がある。オフィスとか、グーグルとか。どれが必要とかそういう話じゃないからね。
読了日:11月17日 著者:イ ヨンギョン
ピーターのてがみ (キーツの絵本)ピーターのてがみ (キーツの絵本)感想
エイミーは いない。
読了日:11月17日 著者:エズラ=ジャック=キーツ
長ぐつをはいたネコ (大型絵本)長ぐつをはいたネコ (大型絵本)感想
それは、人食い鬼が、なかまの鬼たちをまねくために、用意したものでしたが、鬼たちは、王さまをおそれて、お城には近よりませんでした。
読了日:11月17日 著者:シャルル ペロー
いち (しのえほん)いち (しのえほん)感想
谷川に佐野に頭おかしい。この二人で作品を創るとか、そういう次元じゃないよね。つくった編集者というか国土社だしね。すごいよね。だって信じられなくない?谷川に佐野だよ。頭おかしい。何度でもいうけど、頭おかしい。頭おかしくなかったらできないし、こんなに楽しめない。最高だ。頭おかしいよね。(笑)
読了日:11月17日 著者:谷川 俊太郎
ちびひつじ (さわってあそべるふわふわえほん)ちびひつじ (さわってあそべるふわふわえほん)感想
ちじひつじは なかなか すてきな かくればしょを みつけたね。 でも ちょっと とおくまで きすぎたようだ。
読了日:11月17日 著者:キャサリン アリソン
きのこ (フィールド・ガイド)きのこ (フィールド・ガイド)感想
いいとか、わるいとかじゃなくて、すべてキノコなんだよね。ピノコはブラックジャックだからね。キノコ。嫌いじゃないし。よく食べてるけど、ここに乗っってはいない。だってスーパーにあるのしか食べないし。しょうがないよね。キノコ。そこまで熱心になれないよ。だってスーパーでしか見ないんだもん。
読了日:11月17日 著者:菅原 光二
幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)感想
覚醒した。人間ではなくなった。では人間とはなんだ?未だ覚醒せず、へらへらと笑っている童子のような存在なのだろうか。どこもそうだけど、中間管理職は大変だよね。決裁権ないから、上にお伺い立てないといけないし、下からは突き上げを食うし。わりに合わないよね。でもそれは人間じゃないからいいのかもしれない。幼年期のままのが幸せではなかろうか。謎の踊りで狂い続ける結末よりも。
読了日:11月17日 著者:クラーク
大千世界の生き物たち大千世界の生き物たち感想
こういう新しい世界を私も創るから。
読了日:11月17日 著者:スズキ コージ
ラッセのにわでラッセのにわで感想
クガツは言ってしまった。
読了日:11月17日 著者:エルサ・ベスコフ
とこちゃんはどことこちゃんはどこ感想
カラスの人か?
読了日:11月17日 著者:松岡 享子
おふろでちゃぷちゃぷ (松谷みよ子 あかちゃんの本)おふろでちゃぷちゃぷ (松谷みよ子 あかちゃんの本)感想
まって まって いま ズボン ぬいだとこ
読了日:11月17日 著者:松谷 みよ子
あさえとちいさいいもうと (こどものとも傑作集)あさえとちいさいいもうと (こどものとも傑作集)感想
林さんの絵がいい。話もそうなんだけど、空気が好き。だからやめられない。
読了日:11月17日 著者:筒井 頼子
まっくろネリノ (世界の絵本)まっくろネリノ (世界の絵本)感想
もっと、光を!
読了日:11月17日 著者:ヘルガ=ガルラー
アイウエ王とカキクケ公 (童心社の絵本 20)アイウエ王とカキクケ公 (童心社の絵本 20)感想
こういう本が好き。新たな世界を拓いてる。
読了日:11月17日 著者:三芳 悌吉
運命の王子―古代エジプトの物語 (大型絵本)運命の王子―古代エジプトの物語 (大型絵本)感想
そのとたん、犬が、王子のうしろにしのびよりました。そして犬は王子にとびかかり、ばらばらにかみちぎると、そのかけらを、あたりいちめんにまきちらしました。
読了日:11月17日 著者:リーセ・マニケ
月とアポロとマーガレット: 月着陸をささえたプログラマー (児童図書館・絵本の部屋)月とアポロとマーガレット: 月着陸をささえたプログラマー (児童図書館・絵本の部屋)感想
好きなことをずっとやっていたい。それだけなんだ。
読了日:11月17日 著者:ディーン ロビンズ
たね どんどんたね どんどん感想
でも、きみたちは、さめた瞳で、それがどないしたんと言う。
読了日:11月06日 著者:延原 清子
エミールくんがんばる (世界の創作絵本B)エミールくんがんばる (世界の創作絵本B)感想
火星人ってタコの形してるけど、あれはあれで、身体を支えるために、骨があるんだよね。でも重力が小さいから立てるのかな。重力が小さいなかで上と下の概念ってどうやってできるのかな。何もない宇宙だと発生が進まないらしいしね。そうやって考えると縛られた人生だ。他人から創られる私は他人がいなかったら何もできないのかな。地球で生まれた私は地球がなかったらどうしようもないのかな。宇宙で得られた知見はすべて公開されているのかな。何かができなかったことを称賛できる社会でありたい。できなかった知見が得られたのから。
読了日:11月06日 著者:トミー・ウンゲラー
かぜは どこへいくの (世界の絵本)かぜは どこへいくの (世界の絵本)感想
かぜがふいているんじゃなくて、地球が回っているんだよ。
読了日:11月06日 著者:シャーロット・ゾロトウ
まきばののうふ (世界傑作絵本シリーズ)まきばののうふ (世界傑作絵本シリーズ)感想
こんな豊かな生活もトラクターと資本主義が入るまで…。悲しい世の中だ。
読了日:11月06日 著者:イルセ・プルーム
もぐらのモリスさん おうちにかえりたい!もぐらのモリスさん おうちにかえりたい!感想
みんな!ただいま!
読了日:11月06日 著者:ジャーヴィス
シロクマのしゅくだいシロクマのしゅくだい感想
クジラを呼ぶ声は、まだ習得していない。
読了日:11月06日 著者:ティラ・ヒーダー
ドールハウス教本vol.5「小島隆雄 男の隠れ家」 (亥辰舎BOOK ドールハウス教本)ドールハウス教本vol.5「小島隆雄 男の隠れ家」 (亥辰舎BOOK ドールハウス教本)感想
これぞ趣味だと思う。こういう趣味を持ちたい。
読了日:11月06日 著者:小島 隆雄
プラダを着た悪魔プラダを着た悪魔感想
好きなことをやってる人間がやっぱり世界を引っ張っていくと思うし、好きなことをやれてない人間が引っ張られていくのだと思う。そこまでの熱意があるかどうか。私は何もしたくないという熱意があるから、何もしないだけ。って言い訳すればいいのかな。快楽を味わえるスイッチがあれば押し続けるだけ。自分で作る快楽なんてたかが知れていると思うから。それは良くないと思う。
読了日:10月28日 著者:ローレン・ワイズバーガー
トリフィド時代 (食人植物の恐怖)【新訳版】 (創元SF文庫)トリフィド時代 (食人植物の恐怖)【新訳版】 (創元SF文庫)感想
目が見えなくなった世界でどうやって生きるのか。そりゃーまずはコンビニを抑えるよね。そして棒切れを支えにして、部屋に閉じこもるしかないのか。結構簡単に絶望してしまうな。こんなに視覚に頼っている人生だからな。やっぱりお酒を飲んで、飛び降り自殺が幸せなのかもしれない。目が見えないと生きる価値がないとか考えてしまうよね。目が見えないだけなのに。
読了日:10月28日 著者:ジョン・ウィンダム
自分とは違った人たちとどう向き合うか ―難民問題から考える―自分とは違った人たちとどう向き合うか ―難民問題から考える―感想
せっかく書いた感想がどっか行っちゃった…。
読了日:10月28日 著者:ジグムント・バウマン,伊藤茂
歓待について (ちくま学芸文庫)歓待について (ちくま学芸文庫)感想
受け入れることはできないよ。どうなんだろうね。自分をどこで区切るか。村単位なら、日本で見るか、地球とするか。どうしたってどこかで他人が出てくる。免疫だって同じ考え方だし、じゃーアメーバみたいにすべてが同じになれるわけではない。存在自体を認めてやる程度にとどめるしかできないのかもしれない。
読了日:10月28日 著者:アンヌ デュフールマンテル,ジャック デリダ
シニガミさんシニガミさん感想
病気になった家畜を食べたオオカミが死ぬならば、時々病気を発生させて敵を殺すことだってできるよね。なんかこれは新しい見方だと思う。全体のために、少数が犠牲になる。私が犠牲になるのは嫌だが、誰かが死ぬのはしょうがない。そういうものなのだろうか。
読了日:10月28日 著者:宮西 達也
がっこうだって どきどきしてるがっこうだって どきどきしてる感想
視点を変えればなんだってそうだよね。
読了日:10月28日 著者:アダム・レックス
ラーマーヤナ 1 (東洋文庫 376)ラーマーヤナ 1 (東洋文庫 376)感想
この不貞な女を森に連行し、首を刎ねよ
読了日:10月19日 著者:ヴァールミーキ
『ふわふわ』谷川俊太郎+工藤直子 対談集 (SWITCH LIBRARY)『ふわふわ』谷川俊太郎+工藤直子 対談集 (SWITCH LIBRARY)感想
誕生、性交、死、それがすべてだ、それがすべてだ
読了日:10月19日 著者:谷川 俊太郎,工藤 直子
きいちごだより (日本傑作絵本シリーズ)きいちごだより (日本傑作絵本シリーズ)感想
きいちごは苦手だなー。
読了日:10月19日 著者:岸田 衿子
かぼちゃおじさんと わがままつる草かぼちゃおじさんと わがままつる草感想
どういう話だ。結局つる草はなんだったの?心をかき乱されただけ。
読了日:10月19日 著者:マーガレット マーヒー
魔女に会った (たくさんのふしぎ傑作集)魔女に会った (たくさんのふしぎ傑作集)感想
魔女裁判もわからないよね、女性の立場が向上して、「出る杭は打たれ」ただけかもしれない。全力で潰しにいっただけかもしれない。教会のために。あるいは本当にいたのかもしれない。たしかにおばあちゃんの撫でる手は魔法を使えてた。
読了日:10月19日 著者:角野 栄子
お城の魔女 (魔女の本棚)お城の魔女 (魔女の本棚)感想
うん。
読了日:10月19日 著者:ルース チュウ
とくべつな いちにち (世界の絵本(新))とくべつな いちにち (世界の絵本(新))感想
おおかみの かおです。
読了日:10月19日 著者:イヴォンヌ・ヤハテンベルフ
ゆきのひのホネホネさん (こどものとも傑作集)ゆきのひのホネホネさん (こどものとも傑作集)感想
ホネである意味がわからない。
読了日:10月19日 著者:にしむら あつこ
でる でる でるぞでる でる でるぞ感想
勝手に始まって勝手に終わった。
読了日:10月19日 著者:高谷 まちこ
ソローニュの森 (シリーズ ケアをひらく)ソローニュの森 (シリーズ ケアをひらく)感想
精神を病んだ方が、人間らしい生活をしているのかもしれない。まともな精神ならこんな都会生活できないでしょ。
読了日:10月14日 著者:田村 尚子
かたつむりタクシー (幼児絵本シリーズ)かたつむりタクシー (幼児絵本シリーズ)感想
おかあさんはなぜ一緒にいかない。
読了日:10月14日 著者:たむら しげる
おいぬさま (MOEのえほん)おいぬさま (MOEのえほん)感想
京極さんのが読みたかったのに、そっちは図書館になかった。しょうがないよね。おいぬさまなんだから。
読了日:10月14日 著者:荒戸 里也子
ねむりひめねむりひめ感想
今の時代、100年も経ってたら別世界だよね。
読了日:10月14日 著者:リンダ・ジェニングス
ビークル ゆめのこどものおはなし (海外秀作絵本)ビークル ゆめのこどものおはなし (海外秀作絵本)感想
忙しいしね。夢なんて追ってる余裕はないんだよ。
読了日:10月14日 著者:ダン・サンタット
よーく かんがえるカエルくん (福音館の単行本)よーく かんがえるカエルくん (福音館の単行本)感想
らくがきマスターになったらこういうの書きたい。
読了日:10月14日 著者:いわむら かずお
まだ かんがえるカエルくん (福音館の単行本)まだ かんがえるカエルくん (福音館の単行本)感想
マンガと絵本の違いってなんだろうね?
読了日:10月14日 著者:いわむら かずお
かんがえるカエルくん (福音館の単行本)かんがえるカエルくん (福音館の単行本)感想
考えるって難しい。
読了日:10月14日 著者:いわむら かずお
さあ、気ちがいになりなさい (ハヤカワ文庫SF)さあ、気ちがいになりなさい (ハヤカワ文庫SF)感想
どれを読んでも星新一にしか見えないっていう素晴らしさ。そういう自分の世界を切り拓いた人間になりたいと思う。だれが見てもコイツにしか見えないやつってやつに。
読了日:10月13日 著者:フレドリック ブラウン
アリスのことば学2 -鏡の国のプリズムアリスのことば学2 -鏡の国のプリズム感想
凝った場所が悪い。構成もわかりにくいし、なにやってるかわからないし、自分の好き勝手書いてる。しょうがないよね。大学のセンセイなんだから。わかることをわかりにくく説明するのが仕事なんだから。たぶんこれもセンセイの授業の教科書で儲けているんだよね。パワポでわかりにくく改めて説明してさ。しょうがないよね。営利機関に成り下がった大学なんだから。
読了日:10月13日 著者:稲木昭子/沖田知子
こどもとおとなスクランブル・ノートこどもとおとなスクランブル・ノート感想
やはり五味太郎。何がいいのだろうね。この感じ。失ってはいけない何かだと思う。毎日の退屈。繰り返し。そして退廃。私は一体何をしているのだろうか。
読了日:10月13日 著者:五味 太郎
白い馬白い馬感想
結局意味がわからないんだよね。なんでいいのか。何がいいのか。どこがいいのか。さっぱりだよ。でもいいんだよ。それだけなんだよね。それがコワイ。なんでわからないんだろうね。理解できないんだろうね。立ち尽くすだけなんだろうね。私は何をやっているのだろうか?絵本を眺めて。そして眺めて。そして眺めるだけしかできないんだろうね。東京国立博物館だっけ?しょうがないな。
読了日:10月12日 著者:東山 魁夷,松本 猛
むかしむかし とらとねこは… (日本傑作絵本シリーズ)むかしむかし とらとねこは… (日本傑作絵本シリーズ)感想
でもなぜ、食べようと思ったのだろうか?わざわざ。教わった縁などないのだろうか?そこまで熱心だったのに。食べたかっただけなのだろうか?
読了日:10月12日 著者:大島 英太郎
ぽんちんぱん (0.1.2.えほん)ぽんちんぱん (0.1.2.えほん)感想
ぱんちんぱんだと思ったらぽんちんぱんなのね。わからないよね。チンパンジーやらポンチやらちんぽやらいろいろ交じっているから。
読了日:10月12日 著者:柿木原政広
ふわふわ (講談社文庫)ふわふわ (講談社文庫)感想
こちとら、ハルキだぜ~。
読了日:10月12日 著者:村上 春樹,安西 水丸
もっと かんがえるカエルくん (福音館の単行本)もっと かんがえるカエルくん (福音館の単行本)感想
考えるってその時は意味がないように思えるけど、考えた結果がいまであって、いまが考えてないようであるなら、しばらく先も考えてないくて、だから、今考えないと、いつまでたっても考えなくて、考えなくたって良くなるんだよね。
読了日:10月12日 著者:いわむら かずお
ふわふわさんぽふわふわさんぽ感想
紙飛行機を飛ばしたくなる。
読了日:10月12日 著者:しんぐうすすむ
ながいかみのラプンツェル (世界傑作絵本シリーズ)ながいかみのラプンツェル (世界傑作絵本シリーズ)感想
へいっ、 いとしい おくがたを つれにきたね。 だが、 かわいい ことりは、 もう すに いないわい。 もう うたもうたわないわい。 ねこが、 たべちゃったのさ。 そのねこが、 こんどは おまえの めを ひっかくぞ!
読了日:10月12日 著者:グリム
どうするジョージ!どうするジョージ!感想
内弁慶で最悪じゃん!どうするジョージ!
読了日:10月10日 著者:クリス ホートン
フワフワフワフワ感想
この雑な感じが好き。
読了日:10月10日 著者:おおなり 修司,高畠 那生
へろへろおじさん (こどものとも絵本)へろへろおじさん (こどものとも絵本)感想
教訓やらなんやらをすべて棄て去って、ありのままのおじさんを描いている。なんだこれ。大好きだ。
読了日:10月10日 著者:佐々木 マキ
文房具のやすみじかん (福音館の科学シリーズ)文房具のやすみじかん (福音館の科学シリーズ)感想
古い絵だと思ったら、フリクションが出て来た。2016年だった。
読了日:10月10日 著者:土橋 正
やんちゃなサルとしずかなパンダ (児童図書館・絵本の部屋)やんちゃなサルとしずかなパンダ (児童図書館・絵本の部屋)感想
そよ風よさやさやふかれ、あらしの時は強いまもり手。あつい日ざしはやわらげて、木もれ日をふらせてくれる。ミツのようにあまくやさしく、わたしの体をつくりだす。竹やぶよ、竹やぶよ、あなたとわたしは、ひとつのもの 何も解決していない。
読了日:10月10日 著者:アントニア バーバー
イーダ:美しい化石になった小さなサルのものがたりイーダ:美しい化石になった小さなサルのものがたり感想
化石とか苦手。おもしろさがわからない。何が何なんだろうね。生きてる方が素晴らしい。
読了日:10月10日 著者:ヨルン フールム,エステル ヴァン・フルセン,トルシュタイン ヘレヴェ
天女の里がえり―中国のむかしばなし (大型絵本)天女の里がえり―中国のむかしばなし (大型絵本)感想
あなたの羽衣は、ここにあります。返してほしかったら、どうか妻になってください。
読了日:10月10日 著者:君島 久子
おじいちゃんにあいに (えほんライブラリー)おじいちゃんにあいに (えほんライブラリー)感想
日本でも秋は終わったのだ。
読了日:10月10日 著者:ハンス・ピーターソン
くらべる東西くらべる東西感想
東西で分けるとその間があるし、さらに南北が出てくる。でも比べていくと同じなところが多いし、逆に「おんなじ東西」とかありだと思う。エレベーターに乗るのは同じ。でも東西で左右に分かれる。素晴らしくどうでもいい話だな。
読了日:10月09日 著者:おかべ たかし
小さな暮らしのすすめ小さな暮らしのすすめ感想
このラインで満足している自分に満足できるかだよね。このラインは自分が望んだものなんだって。
読了日:10月09日 著者:
就職先は森の中―インタープリターという仕事就職先は森の中―インタープリターという仕事感想
これからまた環境の仕事が増えてくるかは世界が余裕を取り戻せるかにかかってると思う。
読了日:10月09日 著者:川嶋 直
なにのせる?なにのせる?感想
プリンの上にクッキーまでは大丈夫だったけど、さすがにその上にパンケーキはないわ。
読了日:10月09日 著者:鹿児島 睦,ギャラリーフェブ
わかってほしいわかってほしい感想
過渡期だからしょうがないよね。もうすぐ誰とも話さない時代がくる。完全に個別になってしまえばこんなこと起きないから。
読了日:10月09日 著者:MOMO
わたしのそばできいていてわたしのそばできいていて感想
うまい話だ。
読了日:10月09日 著者:リサ・パップ
ネズミあなのネコの物語ネズミあなのネコの物語感想
いい話だ。
読了日:10月09日 著者:アントーニャ バーバ
シニガミさん〈2〉シニガミさん〈2〉感想
パッセンジャーズかな?って読んでいたけど、やっぱり宮西さんらしい話だった。
読了日:10月09日 著者:宮西 達也
おばけのジョージー ともだちをたすけるおばけのジョージー ともだちをたすける感想
まー勝手にやってくれって話ですね。
読了日:10月09日 著者:ロバート ブライト
おだんごころころ (子どもがはじめてであう民話 10)おだんごころころ (子どもがはじめてであう民話 10)感想
ねずみじゃなかった。お地蔵様だった。最初の心構えが不思議だ。
読了日:10月09日 著者:大川 悦生
雨がふったら、どこへいく? (児童図書館・絵本の部屋)雨がふったら、どこへいく? (児童図書館・絵本の部屋)感想
なんかすごい惜しい、なんでだろう?何かが足りない。あるいは過剰。わからないよ。
読了日:10月07日 著者:ゲルダ ミューラー
さよならエルマおばあさんさよならエルマおばあさん感想
わたしの目のなかに きみの目が写り込む きみの目のなかにも わたしが写るなんて 「雲ゆき」クラムボン
読了日:10月07日 著者:大塚 敦子
まほうつかいのむすめまほうつかいのむすめ感想
西洋と東洋の融合。愛と自由だけはって、魔法使いもかわいそうだよね。すべて本に書いてあると信じてしまった。方法論が違うだけかもしれない。永遠の命が手に入れば、すべて解決する。でももしかしたら今を真剣に生きれば、それは永遠である。魔法使いもわかってたんだと思う。いつか自由を求めることを。もともとお金があるから育てただけだし。しょうがないのかな。
読了日:10月07日 著者:アントニア バーバー
あまがえるぴょん (自然きらきら)あまがえるぴょん (自然きらきら)感想
水際にいる方が原始的なカエルかと思ったけど、そんなことはないみたいだ。カエルについての本ってなかなか見てないよね。
読了日:10月07日 著者:七尾 純,久保 秀一
ねこのオーランドー (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)ねこのオーランドー (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)感想
仕事をしっかりしてるから、休日が愉しい。こんな風になりたい。
読了日:10月07日 著者:キャスリーン・ヘイル
60秒のきせき: 子ネコがつくったピアノ曲 (児童図書館・絵本の部屋)60秒のきせき: 子ネコがつくったピアノ曲 (児童図書館・絵本の部屋)感想
愉しいな。
読了日:10月07日 著者:レズリア ニューマン
光の旅 かげの旅 (絵本の部屋―しかけ絵本の本棚)光の旅 かげの旅 (絵本の部屋―しかけ絵本の本棚)感想
すげーなこれ。
読了日:10月07日 著者:アン・ジョナス
消尽したもの消尽したもの感想
それは、いま。
読了日:10月06日 著者:ジル ドゥルーズ,サミュエル ベケット
ツリーハウスがほしいならツリーハウスがほしいなら感想
無限の今を生きてみる。
読了日:10月06日 著者:カーター ヒギンズ
きょうりゅうたちのクリスマス (世界の絵本コレクション)きょうりゅうたちのクリスマス (世界の絵本コレクション)感想
どちらかというと人形な。
読了日:10月06日 著者:ジェイン ヨーレン
もしも…もしも…感想
おとうとなんて いらないわ。
読了日:10月06日 著者:神沢 利子
あのひのクジラあのひのクジラ感想
……みつかるよね。
読了日:10月06日 著者:ベンジー デイヴィス
水は、 (ランドセルブックス)水は、 (ランドセルブックス)感想
空を駆け巡りたい。
読了日:10月06日 著者:山下 大明
ぼくに まかせて!ぼくに まかせて!感想
まだまかせて!って言えない。
読了日:10月06日 著者:デイヴィッド・ウィーズナー
水わく丘―イバラード博物誌〈5〉水わく丘―イバラード博物誌〈5〉感想
こんな世界を私も創りあげたい。そして表現してみたい。
読了日:10月03日 著者:井上 直久
ジパングの岸辺―イバラード博物誌 3ジパングの岸辺―イバラード博物誌 3感想
この世界は最高だ。ずっと逃げ込んでいたい。
読了日:10月03日 著者:井上 直久
魔女にとられたハッピーエンド魔女にとられたハッピーエンド感想
6本の指に気が取られて話が進まない。その指の形じゃ物がつかめないよ。対向指になってないよ。しかも絵でつかんでないよ。抑えてるだけだよ。
読了日:10月03日 著者:キャロル・アン ダフィ
星をかった日星をかった日感想
星をかった日、星を買われた日、星を捨てた日、星に見切りをつけた日、いろんな日だね。
読了日:09月28日 著者:井上 直久
電信柱と妙な男電信柱と妙な男感想
箱男!
読了日:09月28日 著者:小川 未明
おつきさま―「グリム童話」よりおつきさま―「グリム童話」より感想
この素晴らしく、絵と文がずれているのは何か意図があるのかな?すごい不思議。意味わからん。
読了日:09月28日 著者:篠原 一郎,本下 いづみ
王さまとよごれた足王さまとよごれた足感想
こうして、新天地で在庫のクツを携えたサラリーマンは高い営業成績を得ることができましたとさ。テッテン パラリノ フー
読了日:09月28日 著者:サリー・ポム クレイトン
ヒト ニ ツイテ (シリーズ子どもたちへ)ヒト ニ ツイテ (シリーズ子どもたちへ)感想
ヒト ハ キョウモ シゴト スル
読了日:09月28日 著者:五味 太郎
ロシアのわらべうたロシアのわらべうた感想
ちと、厳しい。
読了日:09月28日 著者:
うみにはいっぱい―イギリス詩集うみにはいっぱい―イギリス詩集感想
それどころか、地球まるごとのみこんで 宇宙空間にすっとびだし、 地球のやつがふさぎこんで 回ってる 太陽のまわりを泳いで やつがろうかと、思うこともある
読了日:09月28日 著者:
絵本があってよかったな絵本があってよかったな感想
ともだちやの人だ。なんか人を取り違えてた。だからなんか不思議だなって思ったんだ。まー別に誰だっていいんだけど。
読了日:09月27日 著者:内田 麟太郎
ブスのたしなみブスのたしなみ感想
ブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブス ブスブスブスってすごいよ!別にブスだっていいじゃんとはならない。飽きる位にこけおどし。ブスって大変だねってならない。飽きる位に貶してる。ブスね。
読了日:09月27日 著者:カレー沢 薫
WitchenWitchen感想
ひさびさにスズキコージの本気を見た。こういうの好き。よくわからないから。何がいいんだろうね?いいとかわるいとかそういうことでもないと思うけど、何が何だかよくわからないよね。そういう混沌状態に引きずりこまれるからね。こういうのは電子書籍には出来ないと思う。この重さ、厚さ、そしてこの空間。やめられないよね。記念すべき4500冊目!
読了日:09月26日 著者:
ラクガキ・マスター 描くことが楽しくなる絵のキホンラクガキ・マスター 描くことが楽しくなる絵のキホン感想
線と円と立方体と楕円と。練習しようと思う。改めて。時間を作って。暇つぶしに。そして漫画家になるんだ。
読了日:09月26日 著者:寄藤文平
てぶくろくんてぶくろくん感想
うん…。
読了日:09月26日 著者:佐々木マキ
たぬきのぬーたんたぬきのぬーたん感想
つかれるね ってそれだけかよ。
読了日:09月26日 著者:佐々木 マキ
かたつむりみつけたかたつむりみつけた感想
これで訳っていう方も方だし、五味さんだからできることでもあるだろうし、それはそれで、何が何だか、素晴らしい。
読了日:09月26日 著者:トミー・ウンゲラー
いとしのロベルタいとしのロベルタ感想
なんかすげー。この文。この絵。そしてオチ。なんだろう、この魅力。ああ、いとしのロベルタ!
読了日:09月26日 著者:佐々木 マキ
ドングリ・ドングラドングリ・ドングラ感想
もっと運ばれる感が欲しいとこだけど。あるいは年々の侵略とか。
読了日:09月26日 著者:コマヤスカン
てんを おしあげた はなし 中国チワン族のおはなし 620号 (こどものとも)てんを おしあげた はなし 中国チワン族のおはなし 620号 (こどものとも)感想
今は、ロケットを飛ばしてさらに拡げようとしてるしね。どんどんやればいいと思う。
読了日:09月26日 著者:牧野夏子
標本箱〈日記篇〉標本箱〈日記篇〉感想
よくわからんかった。
読了日:09月26日 著者:たむら しげる
所有せざる人々 (ハヤカワ文庫SF)所有せざる人々 (ハヤカワ文庫SF)感想
中途半端だった。二兎を追ったせいで主題があるとすればブレてる。間延びしてる。冗長だ。アップルとペンがあってもアッポーペンになってない。
読了日:09月25日 著者:アーシュラ・K・ル・グィン
決定版 邪馬台国の全解決決定版 邪馬台国の全解決感想
九州だってさ。
読了日:09月24日 著者:孫 栄健
ぼくの ともだち おつきさま (世界の絵本(新))ぼくの ともだち おつきさま (世界の絵本(新))感想
架空社いいね!いい本出してるよ。HPないけど。
読了日:09月24日 著者:アンドレ・ダーハン,きたやま ようこ
月夜の子うさぎ (おはなし広場)月夜の子うさぎ (おはなし広場)感想
きつねに喰われた。
読了日:09月24日 著者:いわむら かずお
はずかしがりやのおつきさん (こどものとも700号記念コレクション20)はずかしがりやのおつきさん (こどものとも700号記念コレクション20)感想
みんな見上げてるしね。
読了日:09月24日 著者:スズキ コージ
おつきさんどうしたの (岩波の子どもの本)おつきさんどうしたの (岩波の子どもの本)感想
あひるがうるさいの。
読了日:09月24日 著者:エドナ・ミッチェル プレストン
ねむいねむいねずみとおつきさまねむいねむいねずみとおつきさま感想
ねむいね。
読了日:09月24日 著者:佐々木 マキ
でてきたよでてきたよ感想
カバからカバン。
読了日:09月24日 著者:佐々木 マキ
どろぼうたちのよるどろぼうたちのよる感想
豆のスープ
読了日:09月24日 著者:佐々木 マキ
どろんこライオン (おはなしパレード)どろんこライオン (おはなしパレード)感想
メランコリー。
読了日:09月24日 著者:佐々木 マキ
エンダーのゲーム (ハヤカワ文庫 SF (746))エンダーのゲーム (ハヤカワ文庫 SF (746))感想
彼らは知っていたよ、エンダー、そして彼らは、どのみち、行ったのだ。彼らは、それがなんのためなのか知っていたのだよ
読了日:09月19日 著者:オースン・スコット・カード
かわいい江戸絵画かわいい江戸絵画感想
そういえば最近美術館へ行っていない。そろそろ行かねば。
読了日:09月19日 著者:
へんなどうぶつ みつけたよへんなどうぶつ みつけたよ感想
発見・報告 佐々木マキ こういう発想が好き。
読了日:09月19日 著者:佐々木 マキ
あそぼうよセイウチあそぼうよセイウチ感想
しょうがないよね。
読了日:09月19日 著者:佐々木 マキ
とりどりのとり (おはなし広場)とりどりのとり (おはなし広場)感想
男性だって!
読了日:09月19日 著者:佐々木 マキ
飛びたかった人たち (たくさんのふしぎ傑作集)飛びたかった人たち (たくさんのふしぎ傑作集)感想
ワシの羽根で作った翼に、ニワトリの羽根が少しまじっていたからだ
読了日:09月19日 著者:佐々木 マキ
おなかが すいたおなかが すいた感想
きつねの目が好き。
読了日:09月19日 著者:佐々木マキ
おとうさんですよおとうさんですよ感想
なんだそれ。
読了日:09月19日 著者:佐々木 マキ
TEDトーク  世界最高のプレゼン術 【実践編】TEDトーク  世界最高のプレゼン術 【実践編】感想
映像を見ないと意味ないね。
読了日:09月17日 著者:ジェレミー・ドノバン
ロデリック:(または若き機械の教育) (ストレンジ・フィクション)ロデリック:(または若き機械の教育) (ストレンジ・フィクション)感想
私の訳は独創的で、素敵でしょっていう感じにイライラを隠せない。ってか面白くない。なんでだろ?SFってこんな投げやりだったっけ?
読了日:09月17日 著者:ジョン・スラデック
星の使者―ガリレオ・ガリレイ星の使者―ガリレオ・ガリレイ感想
ガリレオの考えは間違っているからしょうがないよね。地球の周りを星が回っているんだから。
読了日:09月17日 著者:ピーター シス
りんご ─津軽 りんご園の1年間 (福音館の科学シリーズ)りんご ─津軽 りんご園の1年間 (福音館の科学シリーズ)感想
全自動化すると、生き物って一体なんだ?ってなるよね。
読了日:09月17日 著者:叶内 拓也
ぼくがとぶぼくがとぶ感想
このぶん回した発想とほのぼのとした絵が好き。
読了日:09月17日 著者:佐々木 マキ
あんたがサンタ?あんたがサンタ?感想
それでもサンタ。
読了日:09月17日 著者:佐々木 マキ
TEDトーク 世界最高のプレゼン術TEDトーク 世界最高のプレゼン術感想
疲れていて見習えない。
読了日:09月17日 著者:ジェレミー・ドノバン
つらい時は「やってらんな~い」て叫べばいいのよ (宝島社文庫)つらい時は「やってらんな~い」て叫べばいいのよ (宝島社文庫)感想
叫んだって変わらないけど。
読了日:09月17日 著者:水無 昭善
ハンバーガグー!ハンバーガグー!感想
こっちが1冊目かと思ったら2冊目。編集能力が落ちてる。雑なつくりだぞ。
読了日:09月17日 著者:てぃ先生
超恋愛論超恋愛論感想
いい人は流し読みでも入ってくる。流れがあるから。下手な人は入ってこない。つっかえるから。
読了日:09月17日 著者:吉本 隆明
風に吹かれて豆腐屋ジョニー (セオリーBOOKS)風に吹かれて豆腐屋ジョニー (セオリーBOOKS)感想
ブルーオーシャンだ!
読了日:09月17日 著者:伊藤 信吾
世界で1000年生きている言葉 (PHP文庫)世界で1000年生きている言葉 (PHP文庫)感想
響かないときもある。
読了日:09月17日 著者:田中 章義
依存症がとまらない (講談社文庫)依存症がとまらない (講談社文庫)感想
依存症でもかまわない。
読了日:09月16日 著者:衿野 未矢
地球月光浴地球月光浴感想
満月の下でうつらうつらしたい。
読了日:09月16日 著者:石川 賢治
Little Cloud (Picture Puffins)Little Cloud (Picture Puffins)感想
英語だし。訳わかんねーし。
読了日:09月16日 著者:Eric Carle
ちか100かいだてのいえちか100かいだてのいえ感想
最初から潜った方が…。
読了日:09月16日 著者:いわいとしお
うきわねこうきわねこ感想
ドラゴン食べたかったな。
読了日:09月16日 著者:蜂飼 耳
デブの帝国―いかにしてアメリカは肥満大国となったのかデブの帝国―いかにしてアメリカは肥満大国となったのか感想
肥満がまずいという考えがまずいのかもしれない。肥満なんてブルーオーシャンだ。じゃんじゃん薬を使えるし、ダイエットという名目で食事から運動、あらゆる資本を投入できる。なんてすばらしい世界。無限に拡大しなければならない資本主義の福音だ!それで儲かるならどうでもいいよね、他人が太ってるとか。お金になるし。素晴らしい新世界だ。とことんやってもらいたい。
読了日:09月16日 著者:グレッグ・クライツァー
皿洗いするの、どっち? 目指せ、家庭内男女平等!皿洗いするの、どっち? 目指せ、家庭内男女平等!感想
諦めるしかないよね。妥協の産物として生きるか、グーグルと生きるか。グーグルと生きた方が幸せなのかもしれない。脳内麻薬でごまかして、人工授精で勝手に殖えて。働かなくよくなったら、自由になれるのかな、それとも墜ちて死ぬだけなのかな。皿を使わなければいいんだよね。結局。
読了日:09月16日 著者:山内マリコ
悪魔と私の微妙な関係悪魔と私の微妙な関係感想
ぐずぐず。なんか下手だよね。もっとしゅっとすると思うんだけど。無駄が多い。何かが足りないのか、多いのか。
読了日:09月16日 著者:平山 瑞穂
幻想の地誌学―空想旅行文学渉猟 (ちくま学芸文庫)幻想の地誌学―空想旅行文学渉猟 (ちくま学芸文庫)感想
お前は何がしたい?
読了日:09月16日 著者:谷川 渥
ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)感想
やる気になったら潰しにかからないと。大雑把だけど、方向性が明確になった。細かい資料と時間を確保してブルーオーシャンを泳ぎに行くから。
読了日:09月15日 著者:W・チャン・キム,レネ・モボルニュ
だれも知らないサンタの秘密だれも知らないサンタの秘密感想
小人の善意の無駄遣い
読了日:09月14日 著者:アラン スノウ
フランクリンの空とぶ本やさんフランクリンの空とぶ本やさん感想
でもその本は町から奪ったものでした。
読了日:09月14日 著者:ジェン・キャンベル
セコイア (福音館の科学シリーズ)セコイア (福音館の科学シリーズ)感想
いざ、ハイペリオンの森へ。
読了日:09月14日 著者:ジェイソン・チン
てんこうせいはワニだった! (こぐまのどんどんぶんこ)てんこうせいはワニだった! (こぐまのどんどんぶんこ)感想
ワニの気持ちが書かれてないけど、どうなんだろうね?ニンゲンに合わせるなんて。
読了日:09月14日 著者:おの りえん
生まれた時からアルデンテ生まれた時からアルデンテ感想
言葉がいい、表現がいい、最高だ。なんでこんなに面白いのだろうか。
読了日:09月13日 著者:平野 紗季子
あたらしいともだちあたらしいともだち感想
ここは国境の町だからいい、芸術に国境はないはずだから
読了日:09月13日 著者:トミー ウンゲラー
月のかがく月のかがく感想
望遠鏡で眺めてみたいな。
読了日:09月13日 著者:えびな みつる
つきとあそぼう (至光社国際版絵本)つきとあそぼう (至光社国際版絵本)感想
最近、見上げてないな。
読了日:09月13日 著者:内藤 初穂
まんまるおつきみお月さま (児童図書館・絵本の部屋)まんまるおつきみお月さま (児童図書館・絵本の部屋)感想
そんな気分になれない。
読了日:09月13日 著者:アン ハンター
夜をつけよう夜をつけよう感想
あかりを消したんじゃない。 夜をつけただけのこと。
読了日:09月13日 著者:レイ・ブラッドベリ
ほぉ…、ここが ちきゅうの ほいくえんかほぉ…、ここが ちきゅうの ほいくえんか感想
あの頃が懐かしい。
読了日:09月11日 著者:てぃ先生
さるが いっぴきさるが いっぴき感想
またいっぴき
読了日:09月11日 著者:MAYA MAXX
骨格診断×パーソナルカラー 本当に似合うBestアイテム事典骨格診断×パーソナルカラー 本当に似合うBestアイテム事典感想
自分では決められない。
読了日:09月11日 著者:二神弓子
おおきなおとしもの (ほるぷ海外秀作絵本)おおきなおとしもの (ほるぷ海外秀作絵本)感想
せっかくいい夢見てたのに。
読了日:09月11日 著者:H.C. アンデルセン,ジャン ウォー
あほろくの川だいこ (ポプラ社の創作絵本 6)あほろくの川だいこ (ポプラ社の創作絵本 6)感想
上流の方でも同じことしてたのかな。
読了日:09月11日 著者:岸 武雄
105にんのすてきなしごと105にんのすてきなしごと感想
だんだん、だんだん明らかになっていくこの感じ好きだな。
読了日:09月11日 著者:カーラ カスキン
この計画はひみつですこの計画はひみつです感想
私は何も知らなかった。ただ雇われただけなんだ。っていえばいいからね。1人を殺すと死刑だけど、何十万人殺すと英雄だからね。償うことなんかできないよね。
読了日:08月30日 著者:ジョナ ウィンター
タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫SF)タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫SF)感想
なんかまとまりに欠けてた。ストーンヘンジの役割がそういうことだっていいんじゃない?なんか乱れてると思う。もっと話の流れに緩急があってもいいと思うけど。グダグダしてた。そして読書量というか速度がダダ落ち。飽きちゃうよね。
読了日:08月27日 著者:カート・ヴォネガット・ジュニア
ふきまんぶく (田島征三)ふきまんぶく (田島征三)感想
探検したいよね。
読了日:08月27日 著者:田島 征三
ちからたろう (むかしむかし絵本 (5))ちからたろう (むかしむかし絵本 (5))感想
怪物だったら人身御供をしても問題ないんだよね?人が敵わないから人を差し出す。なんで動物ではダメなんだろうね?
読了日:08月27日 著者:いまえ よしとも
わたし (かがくのとも絵本)わたし (かがくのとも絵本)感想
でも、わたし。
読了日:08月27日 著者:谷川 俊太郎
ゆきむすめ (こどものとも絵本)ゆきむすめ (こどものとも絵本)感想
だいたい忘れるんだよね、貴方がどんな特徴かって。私は覚えているようにしたい。
読了日:08月27日 著者:内田 莉莎子
ザトウクジラザトウクジラ感想
のんびり過ごしたいと思う。でもすぐ飽きるんだよね。きっと。
読了日:08月27日 著者:ヨハンナ・ジョンストン
くんちゃんとにじくんちゃんとにじ感想
なんぜ虹って虫編なんだろうね?
読了日:08月27日 著者:ドロシー・マリノ
スーザンのかくれんぼ (世界の絵本)スーザンのかくれんぼ (世界の絵本)感想
絵がいいね。
読了日:08月27日 著者:ルイス スロボドキン
デタラメ研究所 (月刊たくさんのふしぎ2018年8月号)デタラメ研究所 (月刊たくさんのふしぎ2018年8月号)感想
デタラメ、デラタメ、デメタラ、デラメタ、タラメデ、タテラメ、タメラデ…頭がぐちゃぐちゃしてきた。
読了日:08月27日 著者:小波秀雄
こうしてイギリスから熊がいなくなりましたこうしてイギリスから熊がいなくなりました感想
デイヴィット・ロバーツの絵が好き。火打箱も好きだったけど、なんかこの熊がいい。絵がいい人は大体本もいい。作者が好きだから、絵を選ぶのか、絵が好きだから、作者を選ぶのかわからないけどさ。
読了日:08月26日 著者:ミック・ジャクソン
昔のグルメガイドで東京おのぼり観光昔のグルメガイドで東京おのぼり観光感想
展開が同じに見える。なんか後少しスパイスをかけるだけだと思うんだけどなー。単調。私が疲れているだけかもしれない。出オチなんだよね。その後のひねりがない。私には対応案がないんだけど。
読了日:08月26日 著者:地主 恵亮
だれか、ふつうを教えてくれ! (よりみちパン!セ)だれか、ふつうを教えてくれ! (よりみちパン!セ)感想
この人の考え方が好き。片手のない人と野球をしても面白くないんだよ。特別ルールを作ったら、それは野球じゃない。そんなんだから、一緒にやれない。しょうがないよね。だから離れて暮らす、断絶する。しょうがないよね。しょうがないのかな?分かり合えないよ、だって腕があるんだもん。そして面倒だもん。なんでわざわざ、費用対効果が合わないよ。ここは資本主義の国。そして、ここは資本主義の国。
読了日:08月26日 著者:倉本 智明
シャバはつらいよ (一般書)シャバはつらいよ (一般書)感想
でも死ぬよりはまし。
読了日:08月26日 著者:大野 更紗
怠惰への讃歌 (平凡社ライブラリー)怠惰への讃歌 (平凡社ライブラリー)感想
やっぱり読んでた。
読了日:08月26日 著者:バートランド ラッセル
封神演義〈下〉降魔封神の巻封神演義〈下〉降魔封神の巻感想
中国のアメコミ!たくさんヒーローが出て来て、敵がばったばった死んで、最後は正義が勝つ!なんてすばらしい世界なのだろうか!
読了日:08月24日 著者:許 仲琳
封神演義〈中〉仙人大戦の巻封神演義〈中〉仙人大戦の巻感想
中国のアメコミ!たくさんヒーローが出て来て、敵がばったばった死んで、最後は正義が勝つ!なんてすばらしい世界なのだろうか!
読了日:08月24日 著者:許 仲琳
軽装版 封神演義(上) 妖姫乱国の巻 (軽装版偕成社ポッシュ)軽装版 封神演義(上) 妖姫乱国の巻 (軽装版偕成社ポッシュ)感想
中国のアメコミ!たくさんヒーローが出て来て、敵がばったばった死んで、最後は正義が勝つ!なんてすばらしい世界なのだろうか!
読了日:08月24日 著者:許 仲琳
はてなし世界の入口 (たくさんのふしぎ傑作集)はてなし世界の入口 (たくさんのふしぎ傑作集)感想
やはり森毅は面白い!
読了日:08月24日 著者:森 毅,木幡 寛
巣箱のなかで巣箱のなかで感想
楽しいしいい本だ

読了日:08月24日 著者:鈴木 まもる
沖釣り漁師のバート・ダウじいさん―昔話ふうの海の物語沖釣り漁師のバート・ダウじいさん―昔話ふうの海の物語感想
いいんじゃない
読了日:08月24日 著者:ロバート・マックロスキー
せかいのはてってどこですか? (1979年)せかいのはてってどこですか? (1979年)感想
井戸が枯れなきゃ、知らなかった世界がある。でも枯れずに死ねたのかもしれない。どっちが幸せかわかんねーな。
読了日:08月19日 著者:アルビン・トレッセルト
ハーメルンのふえふき―ドイツの伝説ハーメルンのふえふき―ドイツの伝説感想
お金を払っていたら万事解決だったのだろうか?
読了日:08月19日 著者:
子供の十字軍子供の十字軍感想
ちょうど戦争終わった時期だしね。
読了日:08月19日 著者:ベルトルト ブレヒト
まほうつかいのノナばあさんまほうつかいのノナばあさん感想
まほうなんかいらない。スパゲッティさえあれば。
読了日:08月19日 著者:トミー・デ・パオラ
うさぎのみみはなぜながい (日本傑作絵本シリーズ)うさぎのみみはなぜながい (日本傑作絵本シリーズ)感想
祈ったから。
読了日:08月19日 著者:北川 民次
なつかしの理科室―今でも手に入る理科教材154なつかしの理科室―今でも手に入る理科教材154感想
出版社のレベルが落ちたのか、たいしたことない人が本を書くようになった。

読了日:08月19日 著者:高井 ジロル
五行でわかる日本文学 英日狂演滑稽五行詩(リメリック)五行でわかる日本文学 英日狂演滑稽五行詩(リメリック)感想
しばっちゃん良かった。
読了日:08月19日 著者:ロジャー・パルバース
絵本BOOKEND〈2018〉絵本BOOKEND〈2018〉感想
会員になろうかな。
読了日:08月19日 著者:
縄文力で生き残れ: 縄文意識高い系ビジネスパーソンの華麗なる狩猟採集的仕事術100 (縄文ZINE Books)縄文力で生き残れ: 縄文意識高い系ビジネスパーソンの華麗なる狩猟採集的仕事術100 (縄文ZINE Books)感想
大したことない人だ。
読了日:08月19日 著者:望月 昭秀
死ぬ気まんまん死ぬ気まんまん感想
私も死ねば【いい人だったね」と皆思ってくれるのだろうか。
読了日:08月18日 著者:佐野 洋子
ハーフィズ詩集 (東洋文庫)ハーフィズ詩集 (東洋文庫)感想
2か月読み続けた。何を得られたのだろうか?酒と女とそして…。浸っているだけでいいのではないか?なぜ世界は変革するのだろうか?このままでいいじゃないか?なぜKAIZENするのだろうか?お金があった方がいいのだろうか?青い空と穏やかな昼寝。それに勝る何かがあるのだろうか?私はなぜあくせく働いているのだろうか?何してるんだろう?何やってるんだろう?こんなところで。お金なんか何になる?昼寝の心地よさに勝るのだろうか?適宜働き、休む。そのサイクルを壊さないでほしい。そんなことは無理なのだろう。
読了日:08月18日 著者:ハーフィズ
西東詩集 (岩波文庫)西東詩集 (岩波文庫)感想
ハーフィスから帰ってきたけど、やっぱり硬いよね。訳が。岩波だからかな。もう少し柔らかくていいと思うんだけど。酒と女とそれから神と。
読了日:06月10日 著者:ゲーテ
ムカつく相手を一発で黙らせるオトナの対話術ムカつく相手を一発で黙らせるオトナの対話術感想
図書館の本で久々に読みこまれた本を読んだ。これはやっぱりすごい良い本だ。「やまびこトーク」「語りえぬものに対する沈黙」「簡単な感嘆」「褒めちぎる」まだ私にはできてない部分があるけどね。だって相手を馬鹿にするって苦手だし。貴方はゴミですね。なんてまだ言えない。
読了日:06月10日 著者:バルバラ・ベルクハン
ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』を読む (ちくま学芸文庫)ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』を読む (ちくま学芸文庫)感想
哲学は言語学に成り下がった。ずっとそう思っていた。論地哲学論考で哲学は終わったのだと。違うらしい。ウィトゲンシュタイン自身も後期の作品で否定したらしい。では私も哲学を始めなければならない。言語学ではないのだから。新しい哲学を進めなければならない。私が人間であるために。
読了日:06月10日 著者:野矢 茂樹
「働きたくない」というあなたへ「働きたくない」というあなたへ感想
どうせすぐ、働かなくてよくなる。働かない新人類がでてきているだけ。昔は貴族、今はニート。貴族から科学は発達し、自由人から哲学が出て来たけど、働かなくても今は脳内麻薬で刺激を貰える。どれが生きることなのだろうか。信じる神さまが違うだけなのかもしれない。絶対わかりあえない。
読了日:06月08日 著者:山田ズーニー
満月の夜のさんぽ満月の夜のさんぽ感想
やっぱりこういうのを書ける人は研究者なんだな。研究者でもない限り満月の夜に散歩しようと思わないんだな。私も散歩しようと思う。研究者にはなれないけど。
読了日:06月08日 著者:フランシス・ハマーストロム
みる (五感のえほん8)みる (五感のえほん8)感想
子供のころ、自然にやっていることは、大人になるにつれて、意識しないとやれなくなる。視野が狭くなる。ワクワクしなくなる。ただ生きてる。「み」ていない。
読了日:06月08日 著者:谷川 俊太郎
地図絵本 世界の食べもの地図絵本 世界の食べもの感想
資料だから信じるしかない。でも理由があれば頭に残る。そういう本が好きだ。だからこれは嫌いだ。グーグル先生に聞けばいいことなんて意味がない。本はなぜここでこの穀物なのか、魚介類なのかを考えなければならないと思う。
読了日:06月08日 著者:
うちゅう せいざ (ふしぎがわかるしぜん図鑑)うちゅう せいざ (ふしぎがわかるしぜん図鑑)感想
うちゅうは遠すぎて苦手だ。手に入らないから。
読了日:06月08日 著者:
ふしぎな銀の木 スリランカの昔話 (世界傑作絵本シリーズ)ふしぎな銀の木 スリランカの昔話 (世界傑作絵本シリーズ)感想
最愛のものを殺めなければ、欲しいものは手に入らないのだろうか?そこまでしてほしいのは、他人の幸せ。まるで「青い鳥」だ。私には殺せるのだろうか?生き返るのを信じて。
読了日:06月08日 著者:
動物になって生きてみた動物になって生きてみた感想
信念が弱い、冗長だ。私は動物だから、動物になって生きる意味がわからない。訳が悪いだけなのかもしれない。たぶん表現者ではないのだ。大いなる自己満足の世界なのかもしれない。後々のハンティングには大いに役に立ったのだろう。どこが好きなのか、どこが隙なのか、どこを剝くのかよく知れたのだから。
読了日:06月05日 著者:チャールズ フォスター
実は猫よりすごく賢い鳥の頭脳実は猫よりすごく賢い鳥の頭脳感想
全般的に目を見ていて、互いに理解できるとは到底思えないけど、こちらに興味があるのはすごいよくわかる。特にカラスが最高だ。特に若いやつ。たぶんきっとそいつはオスで、左側からこちらを覗いてる。
読了日:06月05日 著者:ネイサン・エメリー
十歳までに読んだ本十歳までに読んだ本感想
そのときひとりでいいからすきなひとがいるといいな そのひとはもうしんでてもいいから どうしてもわすれられないおもいでがあるといいな どこからかうみのにおいがしてくる でもわたしはきっとうみよりももっととおくへいける 「とおく」谷川俊太郎
読了日:06月05日 著者:西 加奈子,益田 ミリ,棚橋 弘至,杏,ミムラ
におい―基礎知識と不快対策・香りの活用―におい―基礎知識と不快対策・香りの活用―感想
視覚や聴覚、嗅覚、味覚、触覚をすべて失ったとしても、それは人間だといえるのだろうか。我思う、我ありなのだろうか?何も感じられないのに。
読了日:06月05日 著者:楢崎 正也
ほねはおれますくだけます (かこさとし からだの本)ほねはおれますくだけます (かこさとし からだの本)感想
まじめな話にもってくのは最後の一行とかでいいんだけど。こんなに面白いタイトルなのに残念だ。
読了日:06月05日 著者:かこ さとし
こどもってね……こどもってね……感想
良い訳だ。
読了日:06月05日 著者:ベアトリーチェ・アレマーニャ
木を植えた人木を植えた人感想
私も植えるから。
読了日:06月03日 著者:ジャン ジオノ
ハーメルンの笛ふきハーメルンの笛ふき感想
道化よ、お前は何が欲しい?
読了日:06月03日 著者:サラ コリン,ステファン コリン
となかいはなぜサンタのそりをひく? (大型絵本)となかいはなぜサンタのそりをひく? (大型絵本)感想
仲間のため。
読了日:06月03日 著者:モー プライス
からすたろうからすたろう感想
違う者を恐れる。しかしまったく同じにはなれない。そこが難しい。そこが課題だ。
読了日:06月03日 著者:八島 太郎
発明家になった女の子 マッティ発明家になった女の子 マッティ感想
相手の心が読めると考えるか、共有すると考えるか。
読了日:06月03日 著者:エミリー・アーノルド マッカリー
もりのおきゃくさま―「三びきのくま」のさかさまのおはなしもりのおきゃくさま―「三びきのくま」のさかさまのおはなし感想
元ネタを読んだ気がするけど…。
読了日:06月03日 著者:ブリントン タークル
ワイルドスミスのABC (ブライアン・ワイルドスミス作品選)ワイルドスミスのABC (ブライアン・ワイルドスミス作品選)感想
どうでもいいけど縦横逆なんだよね。
読了日:06月03日 著者:ブライアン・ワイルドスミス
さかさ町さかさ町感想
突っ切って考えてみる。そしたら新しい世界が見えるから。
読了日:06月03日 著者:F.エマーソン・アンドリュース
おつきさまのうた (えほんのぼうけん68)おつきさまのうた (えほんのぼうけん68)感想
うん、この空気がよい。
読了日:06月03日 著者:なかじま かおり
ハーフィズ詩集 (東洋文庫)ハーフィズ詩集 (東洋文庫)感想
世は酒と酒を飲む美女に満ちている 心を乱すのは賢明でない 安らぎを求め、酒壺を持ち来たれ
読了日:06月03日 著者:ハーフィズ
東工大講義 生涯を賭けるテーマをいかに選ぶか東工大講義 生涯を賭けるテーマをいかに選ぶか感想
目の前の雑務で精一杯、気づいたら生涯をかけてるだと思う。テーマなんか選べない。気づいたら選んでる。抜け出せない未来だ。まるで「砂の女」だな。
読了日:06月02日 著者:最相 葉月
くらべる世界くらべる世界感想
そして比べられなくなる。絶望の未来だ。
読了日:06月02日 著者:山出 高士,おかべ たかし
それを愛とまちがえるから (中公文庫)それを愛とまちがえるから (中公文庫)感想
結局わからないんだよ。
読了日:06月02日 著者:井上 荒野
発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ感想
2匹目のどじょうがいなかっただけさ。
読了日:06月02日 著者:小倉ヒラク
ゆっくりがいっぱい!ゆっくりがいっぱい!感想
はらぺこあおむしだ!なまけものに私もなりたい。
読了日:06月02日 著者:エリック カール
ゆらゆらばしのうえで (日本傑作絵本シリーズ)ゆらゆらばしのうえで (日本傑作絵本シリーズ)感想
外界の影響がまったくなかった。あるべきだと思う。
読了日:06月02日 著者:きむら ゆういち
だいじょうぶだよ、ゾウさんだいじょうぶだよ、ゾウさん感想
これは凄い。私もいずれ橋を直すのだろう、そして自ら渡るのだろう。いずれ、いずれと先延ばしにするのだろう。それが人生だ。
読了日:06月02日 著者:ローレンス ブルギニョン
クリムトと猫クリムトと猫感想
確かに黄金だ。
読了日:06月02日 著者:ベレニーチェ カパッティ
あおい目のこねこ (世界傑作童話シリーズ)あおい目のこねこ (世界傑作童話シリーズ)感想
この世界が理解できない。すべてが予定調和で怖いのだけれど、怖くないのかな。こんな世界の方が怖ろしいけど。
読了日:06月02日 著者:エゴン・マチーセン
なぜ働くのか (TEDブックス)なぜ働くのか (TEDブックス)感想
私も20人に交じって針を作っている。労働の対価としてお金を得るため。でも明日には機械に代わる仕事。哲学は言語学になってしまって、それを打破する人が現れていないから、仕事はお金じゃない!って突っぱねることができなくなってる。蝕まれる生活、抜けない砂地獄。だから一発逆転の戦争を望むのだ。そしてアウシュビッツへ運ぶのさ。皆の者、アイヒマンになろう!
読了日:06月02日 著者:バリー・シュワルツ
だれのための仕事―労働VS余暇を超えて (21世紀問題群ブックス (9))だれのための仕事―労働VS余暇を超えて (21世紀問題群ブックス (9))感想
分かりやすい鷲田は鷲田じゃないと思う。ヘンチクリンな文章で常に現代文の番人を務めていてほしい。昔はわかりやすかったし、気鋭だったんだな。感慨に耽ってしまうなんて…。やっぱり大学教授は違う。わかりやすいことをむずかしく、むずかしいことはおしえない。
読了日:06月02日 著者:鷲田 清一
あなたを選んでくれるもの (新潮クレスト・ブックス)あなたを選んでくれるもの (新潮クレスト・ブックス)感想
変わった人が変わった人を変わった視線で綴じた本。この見方は好きだよ。
読了日:06月02日 著者:ミランダ ジュライ
さるのオズワルドさるのオズワルド感想
くどい。
読了日:06月02日 著者:エゴン マチーセン
パパの大飛行 (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)パパの大飛行 (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)感想
そこまでの征服欲が見当たらない。私は何のために戦っているのだろうか。
読了日:06月02日 著者:アリス プロヴェンセン,マーティン プロヴェンセン
アラネア―あるクモのぼうけん (大型絵本 (33))アラネア―あるクモのぼうけん (大型絵本 (33))感想
まるで かべにぶつけたときの くさったみかんそっくりに。
読了日:06月02日 著者:J.ワグナー
わゴムはどのくらいのびるかしら?わゴムはどのくらいのびるかしら?感想
谷に住みたい。ムーミンだな。
読了日:06月02日 著者:マイク サーラー
おりょうりとうさんおりょうりとうさん感想
お料理のたのしみは、たべたいものを、自分で作ってたべられる、たのしみです。
読了日:06月02日 著者:さとう わきこ
退屈の小さな哲学 (集英社新書)退屈の小さな哲学 (集英社新書)感想
新書はときどき当たる。それがこれ。すげー良かった。退屈だから。私の人生が退屈だ。やりがいがあるけど退屈だ。なんでだろうって考えてみても退屈だ。退屈に答えなんかないから。退屈だ。でもどうしようもない。退屈だ。アー退屈だ、退屈だ。やることがあっても退屈だ。嫌なもんだな、退屈だ。退屈だ、退屈だ、退屈だ。どうしようもないんだな。
読了日:05月28日 著者:ラース スヴェンセン
くさる (かがくのとも傑作集)くさる (かがくのとも傑作集)感想
仕事にくさってる。人間としてくさってるからな。動物としてくさってる。生き物としてくさってる。難しいな。
読了日:05月28日 著者:なかの ひろたか
ふしぎなえ (安野光雅の絵本)ふしぎなえ (安野光雅の絵本)感想
あんちゃんやっぱりおもしろい。
読了日:05月28日 著者:
空のひしゃく北斗七星 (大型絵本―かがくとなかよし)空のひしゃく北斗七星 (大型絵本―かがくとなかよし)感想
絵はいいんだけど、すげー難しい。だって地球が球体だっていうんだぜ!
読了日:05月28日 著者:E.C. クラップ
ロバのおうじロバのおうじ感想
なんだかなー。私も一芸磨かなきゃ。
読了日:05月28日 著者:グリム兄弟,M.ジーン・クレイグ
フランシスのいえでフランシスのいえで感想
家で何かあったわけではなく、家出だった。
読了日:05月28日 著者:ラッセル・ホーバン
口誦 ドイツ詩集口誦 ドイツ詩集感想
生きててよかった。
読了日:05月26日 著者:
愛することができる人は幸せだ愛することができる人は幸せだ感想
私は幸せなのだろうか。幸せになりたいのだろうか。幸せになれるのだろうか。幸せになりたい。
読了日:05月25日 著者:ヘルマン ヘッセ
ぴかくんめをまわすぴかくんめをまわす感想
ピカドン
読了日:05月25日 著者:松居 直
三びきのこぶた三びきのこぶた感想
山田さんの絵がいい。瀬田さんの訳がいい。こういう本が好き。
読了日:05月25日 著者:山田 三郎
おとなしい めんどりおとなしい めんどり感想
なんで一緒に生きているんだろう。
読了日:05月25日 著者:ポール ガルドン
もしもまほうがつかえたら (センダックの絵本)もしもまほうがつかえたら (センダックの絵本)感想
そうか、センダックか。トランプに負けて素直にけらいになるところが日本と違うよね。
読了日:05月25日 著者:ロバート・グレイブス
ジャムつきパンとフランシスジャムつきパンとフランシス感想
最近ずっとコンビニ弁当だ。
読了日:05月25日 著者:ラッセル・ホーバン,リリアン・ホーバン,まつおかきょうこ
ジェームズ、わたしを撮って!―ハーレムの「輝き」を撮り続けた黒人写真家ジェームズ、わたしを撮って!―ハーレムの「輝き」を撮り続けた黒人写真家感想
結局撮影できる人は凄いのは当たり前で、それに光を当てられる人に私はなりたい。
読了日:05月25日 著者:アンドレア・J. ローニー
海中を飛ぶ鳥 海鳥たちのくらし (月刊たくさんのふしぎ2018年5月号)海中を飛ぶ鳥 海鳥たちのくらし (月刊たくさんのふしぎ2018年5月号)感想
未だに空を飛ぶ感覚がつかめない。
読了日:05月25日 著者:寺沢孝毅
くらやみのゾウ―ペルシャのふるい詩から― (児童図書館・絵本の部屋)くらやみのゾウ―ペルシャのふるい詩から― (児童図書館・絵本の部屋)感想
「人びとが暗やみの中で、あかりのともったろうそくを手にしていれば、ちがう意見を言い立てることもなかっただろう」
読了日:05月15日 著者:ミナ ジャバアービン
キャッツ―ボス猫・グロウルタイガー絶体絶命キャッツ―ボス猫・グロウルタイガー絶体絶命感想
努力は認める。でも読みにくい。声に出してみてほしい。
読了日:05月15日 著者:T.S. エリオット
バナナじけんバナナじけん感想
まちへ向かってどうするのかな?動物園に?それともサーカスへ?
読了日:05月15日 著者:高畠 那生
赤ずきん (岩波の子どもの本)赤ずきん (岩波の子どもの本)感想
最後にかりうどがオオカミのかわを剥ぐけどさ、おなかに石をみんなで詰め込んだのはいやがらせ?結構ひどいことをやてるよね。死ぬのがわかっててやるってどうなんだろうね?
読了日:05月15日 著者:グリム,Bernadette Watts
飛行機しゅっぱつ! (ランドセルブックス)飛行機しゅっぱつ! (ランドセルブックス)感想
この辺自動化進んでないよね。
読了日:05月15日 著者:鎌田 歩
クイズ どうぶつの手と足 (みるずかん・かんじるずかん―金の本)クイズ どうぶつの手と足 (みるずかん・かんじるずかん―金の本)感想
河合雅雄がすごいのは、絵本にしっかり手足の区別を載せていることだ。やっぱり違うよね。それだけで、学術書の入門になる絵本に早変わり。一つ一つの解説に意味があるから。
読了日:05月15日 著者:河合 雅雄
パウル・ツェラン詩文集パウル・ツェラン詩文集感想
これだからドイツ文学は
読了日:05月12日 著者:パウル ツェラン
幸せではないが、もういい (『新しいドイツの文学』シリーズ)幸せではないが、もういい (『新しいドイツの文学』シリーズ)感想
題名以上でも以下でもない。「幸せではないが、もういい」のだ。絶対よくないと思う。
読了日:05月07日 著者:ペーター ハントケ
仕事は99%気配り (朝日新書)仕事は99%気配り (朝日新書)感想
改めてその通りだと思う。気配りもこちらの余裕に影響されるから余裕を持ちたい。
読了日:05月07日 著者:川田 修
働くということ - グローバル化と労働の新しい意味 (中公新書)働くということ - グローバル化と労働の新しい意味 (中公新書)感想
私は何をしたいのだろうか?
読了日:05月07日 著者:ロナルド・ドーア
働くって何だ―30のアドバイス (岩波ジュニア新書)働くって何だ―30のアドバイス (岩波ジュニア新書)感想
なんだこれ。
読了日:05月07日 著者:森 清
「働き方」の教科書:「無敵の50代」になるための仕事と人生の基本「働き方」の教科書:「無敵の50代」になるための仕事と人生の基本感想
お金、やりがい、自己実現。でもさ、それが生きることなんじゃない?
読了日:05月07日 著者:出口治明
20代のための「キャリア」と「仕事」入門 (講談社現代新書)20代のための「キャリア」と「仕事」入門 (講談社現代新書)感想
入門だからゴミみたいな質問にゴミみたいな答えが載ってる。
読了日:05月07日 著者:塩野 誠
会社が正論すぎて、働きたくなくなる 心折れた会社と一緒に潰れるな (講談社+α新書)会社が正論すぎて、働きたくなくなる 心折れた会社と一緒に潰れるな (講談社+α新書)感想
で?
読了日:05月07日 著者:細井 智彦
リアさんて、どんなひと?―― ノンセンスの贈物リアさんて、どんなひと?―― ノンセンスの贈物感想
英語を併記して。
読了日:05月06日 著者:エドワード・リア
和の文化をうけつぐ日本の伝統もよう〈1〉植物・動物のもよう―桜・千鳥ほか和の文化をうけつぐ日本の伝統もよう〈1〉植物・動物のもよう―桜・千鳥ほか感想
なんか今一つ。
読了日:05月06日 著者:
かえるの王女―ロシアのむかしばなしかえるの王女―ロシアのむかしばなし感想
長い。
読了日:05月06日 著者:タチャーナ・マーヴリナ
こねこのぴっち (大型絵本)こねこのぴっち (大型絵本)感想
同じ系統だった。
読了日:05月06日 著者:ハンス・フィッシャー
しりたがりやのちいさな魚のお話しりたがりやのちいさな魚のお話感想
海だよね?
読了日:05月06日 著者:エルサ・ベスコフ
おふろばをそらいろにぬりたいな (岩波の子どもの本)おふろばをそらいろにぬりたいな (岩波の子どもの本)感想
いつもどこかに狂気があるよね。
読了日:05月06日 著者:ルース クラウス
まっくろネリノ (世界の絵本)まっくろネリノ (世界の絵本)感想
自分の土俵に持ち込めばいいだけさ。
読了日:05月06日 著者:ヘルガ=ガルラー
たんじょうび (世界傑作絵本シリーズ)たんじょうび (世界傑作絵本シリーズ)感想
疲れた。
読了日:05月06日 著者:ハンス・フィッシャー
桃紅一〇五歳 好きなものと生きる桃紅一〇五歳 好きなものと生きる感想
このゆったりとした流れは一体なんなのだろうか?
読了日:04月29日 著者:篠田 桃紅
神さまが…神さまが…感想
するとシーラは答えた 「死になさい」 シーラは頭のいい子 いつだって的確なアドバイスを言ってくれた 神さまはその忠告どおり 神さまでいることをやめてみた
読了日:04月29日 著者:シンシア ライラント
わたしは名前がない。あなたはだれ? エミリー・ディキンスン詩集わたしは名前がない。あなたはだれ? エミリー・ディキンスン詩集感想
あんまり好きにはなれなかった。なんかのどの奥に何かが詰まってる。
読了日:04月29日 著者:エミリー・ディキンスン
洪水のあとで―ノアたちのその後洪水のあとで―ノアたちのその後感想
なんか変。
読了日:04月29日 著者:アーサー ガイサート
魚にのまれたヨナのおはなし (リトルベル)魚にのまれたヨナのおはなし (リトルベル)感想
なんか不思議。
読了日:04月29日 著者:ピーター スピアー
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)感想
なんかコワイ。
読了日:04月29日 著者:エリノア・ランダー・ホロウィッツ
こんにちはトラクター・マクスくん  (大型絵本)こんにちはトラクター・マクスくん (大型絵本)感想
機械に負けたと考えるかシフトしたと考えるか。大きな波にずっと乗っていかないといけないからね。
読了日:04月29日 著者:ビネッテ・シュレーダー
くさはらのこびと (世界傑作絵本シリーズ―スイスの絵本)くさはらのこびと (世界傑作絵本シリーズ―スイスの絵本)感想
文字が多い。
読了日:04月29日 著者:エルンスト・クライドルフ
せかいいちうつくしいぼくの村 (えほんはともだち)せかいいちうつくしいぼくの村 (えほんはともだち)感想
この としの ふゆ、 むらは せんそうで はかいされ、 いまは もう ありません。
読了日:04月29日 著者:小林 豊
青い花のじゅうたん―テキサス州のむかしばなし (児童図書館・絵本の部屋)青い花のじゅうたん―テキサス州のむかしばなし (児童図書館・絵本の部屋)感想
これで雨が降らなかったらただの犠牲。勝手な行動。結果が伴わなければ意味がないならだれも行動なんてしなくなる。
読了日:04月29日 著者:トミー デパオラ
月刊 たくさんのふしぎ 風はどこからくるのだろう 1990年 04月号(第61号) [雑誌]月刊 たくさんのふしぎ 風はどこからくるのだろう 1990年 04月号(第61号) [雑誌]感想
地球が回っているから。
読了日:04月29日 著者:
いろいろな地図で考えてみよう (地図っておもしろい!)いろいろな地図で考えてみよう (地図っておもしろい!)感想
何を考えようか。
読了日:04月29日 著者:
スティーヴィー・スミス詩集 (新・世界現代詩文庫)スティーヴィー・スミス詩集 (新・世界現代詩文庫)感想
この人が好きだ。捉え方が好きだ。見方が好きだ。何がいいのか言葉にできない。言葉にできたら、嫌いになってしまうから。
読了日:03月30日 著者:スティーヴィー スミス
サメってさいこう!サメってさいこう!感想
最近、こういうニッチな絵本が増えたよね。分類から種名まで書いてあって、偏った知識が好きな子供が増えているのか、偏った大人が増えているのか。あるいは尖らないと買ってもらえないのか、サメの話なのに常に人間の物語。
読了日:03月30日 著者:オーウェン・デイビー
春/はる春/はる感想
そして うららかな 春
読了日:03月30日 著者:五味 太郎
ねずみとくじら (評論社の児童図書館・絵本の部屋)ねずみとくじら (評論社の児童図書館・絵本の部屋)感想
言葉が多い。絵が良いのだから、もっと無駄を省けばいいのに。瀬田さんの訳にしても冗長だ。
読了日:03月30日 著者:ウィリアム・スタイグ
キュビスムって、なんだろう? (図鑑:はじめてであう世界の美術)キュビスムって、なんだろう? (図鑑:はじめてであう世界の美術)感想
最近絵画とか見てないし、なんかただ生きてるし、死んだも同然だな。心が洗われよう。
読了日:03月30日 著者:
巨人の花よめ (世界のむかしばなし絵本シリーズ)巨人の花よめ (世界のむかしばなし絵本シリーズ)感想
ただ嫁に欲しいって言っただけだよね?搾り取って、裏切り、殺す必要はある?ヒトだよね、やっぱり。利用できるものは利用する。そして使い捨て。だからこそスウェーデンの人は変わろうと今努力しているのかもしれない。
読了日:03月30日 著者:菱木晃子
モダニズムって、なんだろう? (図鑑:はじめてであう世界の美術)モダニズムって、なんだろう? (図鑑:はじめてであう世界の美術)感想
名前を付けられて、縛られる。名前がないと呼べないから。芸術家の人はそれでいいのかな?新しい表現を見出したと思ったらそれは既に過去。あるいはただの類型。そんなことでいいのかな。
読了日:03月30日 著者:
ぼくらはごりらぼくらはごりら感想
これアマゾンにないのかな?登録しなくちゃいけないのかな?
読了日:03月30日 著者:小風 さち
トラベッド (福音館創作童話シリーズ)トラベッド (福音館創作童話シリーズ)感想
自己実現の欲求で止まっているけど、まだ満たされていない。
読了日:03月30日 著者:角野 栄子
旅の絵本 (安野光雅の絵本)旅の絵本 (安野光雅の絵本)感想
わたしはどこにいるのだろう?どこにいきたいのだろう?どこからきたのだろう?わからないよ。それでもまっすぐ歩いていくのだと思う。もう一杯お酒をいただこうかな。
読了日:03月27日 著者:
あなはほるもの おっこちるとこ―ちいちゃいこどもたちのせつめい (岩波の子どもの本)あなはほるもの おっこちるとこ―ちいちゃいこどもたちのせつめい (岩波の子どもの本)感想
よるは ながめていると いろんなものが みえてることを ゆめって いうんだよ
読了日:03月27日 著者:ルース クラウス
金のニワトリ (岩波の子どもの本)金のニワトリ (岩波の子どもの本)感想
すげー長い。ってかむずい。でもいいたいことはわからない。誰が幸せになったの?不幸なの?野望を打ち破ったけど、それは幸せの一歩につながったのかな?難しいところだ。ニワトリ飼いたい。屋根の上でコケコッコー言ってほしい。そう、ひつじのショーンのように。
読了日:03月27日 著者:エレーン ポガニー
ゆうびん・手紙のひみつをたんけん! (おもしろい! 楽しい! うれしい! 手紙)ゆうびん・手紙のひみつをたんけん! (おもしろい! 楽しい! うれしい! 手紙)感想
いずれメールに代わるモノ
読了日:03月27日 著者:スギヤマ カナヨ
へそとり  ごろべえ (復刊傑作絵本 ことばと詩のえほん)へそとり ごろべえ (復刊傑作絵本 ことばと詩のえほん)感想
哺乳類の否定かな?カミナリ様もそうだけど、へそが取られて困ることって実際なんなの?母親との繋がり?卵から生まれた証明?実際いらないよね。
読了日:03月27日 著者:赤羽 末吉
つきのぼうや (世界傑作絵本シリーズ)つきのぼうや (世界傑作絵本シリーズ)感想
イルカ、ゾウ、チンパンジー。共通するのは鏡に書いた落書きを消そうとすること。ツキも所詮その程度か。
読了日:03月27日 著者:イブ・スパング・オルセン
日本の戦争と動物たち〈1〉戦場に連れていかれた動物たち日本の戦争と動物たち〈1〉戦場に連れていかれた動物たち感想
イルカ爆弾が載ってなかった。あれはアメリカ軍だっけ?
読了日:03月26日 著者:東海林 次男
お仕事ナビ〈13〉ライフラインを支える仕事―発電所・高速道路・水道局・清掃工場 (キャリア教育支援ガイド)お仕事ナビ〈13〉ライフラインを支える仕事―発電所・高速道路・水道局・清掃工場 (キャリア教育支援ガイド)感想
電源開発の佐藤さんやべー。記載されてる1日が20日続いたら残業時間100時間を軽く超える!現実を載せた方が親切か、騙した方が親切なのかわからないな。
読了日:03月26日 著者:
しくみがまるわかり! 骨のビジュアル図鑑しくみがまるわかり! 骨のビジュアル図鑑感想
何も出て来なかったのがね。
読了日:03月24日 著者:ベン・モーガン,スティーブ・パーカー
うちゅうはきみのすぐそばに (福音館の科学シリーズ)うちゅうはきみのすぐそばに (福音館の科学シリーズ)感想
だからこそ這いつくばって生きるのだ。
読了日:03月24日 著者:いわや けいすけ
みるなのくら (日本傑作絵本シリーズ)みるなのくら (日本傑作絵本シリーズ)感想
見なけりゃ林の中で呆けたように騙されて生きていたんだね。どっちがいいのかな。夢の中で幸せな地獄と起きていて不幸な天国と。
読了日:03月24日 著者:おざわ としお
はるにれ (日本傑作絵本シリーズ)はるにれ (日本傑作絵本シリーズ)感想
根本でお昼寝するんだ。
読了日:03月24日 著者:
おかあさんとさくらの木おかあさんとさくらの木感想
これなんかすごく怖い。
読了日:03月24日 著者:柴 わらし
歯いしゃのチュー先生 (児童図書館・絵本の部屋)歯いしゃのチュー先生 (児童図書館・絵本の部屋)感想
捕まえりゃいいのに。
読了日:03月24日 著者:ウィリアム スタイグ
おひゃくしょうとえんまさま(中国民話) (「こどものとも」人気作家のかくれた名作10選)おひゃくしょうとえんまさま(中国民話) (「こどものとも」人気作家のかくれた名作10選)感想
どうもりのじいさんは何者なの?
読了日:03月24日 著者:君島 久子
へびのクリクターへびのクリクター感想
たぶんこうふう母親だから、むすこはブラジルでヘビの研究をしているのだと思う。
読了日:03月23日 著者:トミー・ウンゲラー
まんげつのよるまでまちなさいまんげつのよるまでまちなさい感想
読んでた。
読了日:03月23日 著者:マーガレット・ワイズ・ブラウン
ロバのシルベスターとまほうのこいし (評論社の児童図書館・絵本の部屋)ロバのシルベスターとまほうのこいし (評論社の児童図書館・絵本の部屋)感想
圧倒的な閑暇に身を任せて呆然としたい。
読了日:03月23日 著者:ウィリアム・スタイグ
雨、あめ (児童図書館・絵本の部屋)雨、あめ (児童図書館・絵本の部屋)感想
大雨の中、疾走したい。
読了日:03月23日 著者:ピーター・スピアー
はけたよはけたよ (創作えほん 3)はけたよはけたよ (創作えほん 3)感想
バランスか。
読了日:03月23日 著者:神沢 利子
月のしかえし月のしかえし感想
オオカミになりたい。
読了日:03月23日 著者:ジョーン エイキン
どれがぼくか わかる? (世界の絵本)どれがぼくか わかる? (世界の絵本)感想
わかんねーよ。
読了日:03月23日 著者:カーラ=カスキン
風さん風さん感想
花粉を飛ばさないでおくれ
読了日:03月23日 著者:ジビュレ・フォン オルファース
ちょうちょのくにちょうちょのくに感想
貴族で、修道院で、心がここに在らず、こんな世界を飛び回っていたのかもしれない。縛られるのもまた一興。
読了日:03月17日 著者:ジビュレ・フォン・オルファース
ゆきのおしろへゆきのおしろへ感想
「かえってきたのね マリーレンちゃん!」って帰ってこない選択肢もあったかのような。宗教画だからかなー。怖いんだけど。
読了日:03月17日 著者:ジビュレ・フォン オルファース
森のおひめさま森のおひめさま感想
読めば読むほど、見れば見るほど、裏があるような絵にしか見えない。なぜだろうか。こんなにふんわりした訳なのに、それがしっくりこない。そこに違和感がある。だから魅力に見える。
読了日:03月17日 著者:ジビュレ・フォン オルファース
うさぎのくにへうさぎのくにへ感想
「うさぎのくにへ」行ったはずなのに、気づいたら訳者の人からシュタイナーの国へ行っていた。何かが弾ける音がした。
読了日:03月17日 著者:ジビュレ・フォン・オルファース
根っこのこどもたち目をさます根っこのこどもたち目をさます感想
「ねっこぼっこ」の方が訳が上手い。絵に合っている。幸せな気持ちになれる。能力の差が出るってつらいものだな。これほどまでの差を見せつけらるとは。見えなければ幸せだったのに。
読了日:03月17日 著者:ヘレン・ディーン フィッシュ
愛された人形たち愛された人形たち感想
私のウサギちゃんの名前はなんだったっけ?
読了日:03月17日 著者:市川 里美
あかいチョウチョあかいチョウチョ感想
たぶんこういう子が「バッタを倒しにアフリカへ」行くんだと思う。
読了日:03月17日 著者:市川 里美
お祭りにいけなかったもみの木お祭りにいけなかったもみの木感想
不思議な感覚。死んで華を咲かすって。
読了日:03月17日 著者:市川 里美
いい子になれって いわないでいい子になれって いわないで感想
こういう何か一つでも好きな事がないと生きていくのが大変だからな。
読了日:03月17日 著者:M.P. ダニノス
アフリカへいったクマアフリカへいったクマ感想
大型食肉目としてのクマの地位にならライオンがいるしね。サバンナという環境では動きが敏捷である必要があるし。私もキリンの背に乗って走りたい。
読了日:03月17日 著者:市川 里美
プレヴェール詩集 (岩波文庫)プレヴェール詩集 (岩波文庫)感想
すごい良かった。なんか幸せな気持ちになれた。生きていきたいと思った。この人の毒が好き。チクっと刺す感じ。私もこうありたいと思った。言葉って素敵だ。私も言葉を追求したい。
読了日:03月16日 著者:ジャック・プレヴェール
ジブリの教科書〈1〉風の谷のナウシカ (文春ジブリ文庫)ジブリの教科書〈1〉風の谷のナウシカ (文春ジブリ文庫)感想
映画はどうでもいいよ。漫画について論じたい。
読了日:03月16日 著者:
ねっこぼっこねっこぼっこ感想
この人もう少し探そうと思う。
読了日:03月16日 著者:ジビュレ・フォン オルファース
春のうたがきこえる春のうたがきこえる感想
野原でお昼寝してみたい
読了日:03月16日 著者:市川 里美
ちのはなし (かがくのとも絵本)ちのはなし (かがくのとも絵本)感想
血。
読了日:03月16日 著者:堀内 誠一
やこうれっしゃ (こどものとも傑作集)やこうれっしゃ (こどものとも傑作集)感想
背中がバキバキになりそうで無理。
読了日:03月16日 著者:西村 繁男
トラー木にのぼる (クマのプーさんえほん (11))トラー木にのぼる (クマのプーさんえほん (11))感想
イーヨー
読了日:03月16日 著者:A.A.ミルン
くまくんのおともだち (世界傑作童話シリーズ―はじめてよむどうわ 3)くまくんのおともだち (世界傑作童話シリーズ―はじめてよむどうわ 3)感想
モーリスセンダックか。かいじゅうたちのいるところだな。クマだってかいじゅうだし。
読了日:03月16日 著者:E.H.ミナリック
ねずみじょうどねずみじょうど感想
きっと変換価値が異なるんだな。
読了日:03月16日 著者:瀬田 貞二
ペトラルカ 無知について (岩波文庫)ペトラルカ 無知について (岩波文庫)感想
私をバカにするやつは許さないぞ!って気持ちが前面にでてて清々しい。「わたしは無学だが善良な人間。」私は賢いぞ。みんなそう言ってる。でもお前たちは私をバカにする。そんなこと許さないぞ!でもいいもん。無学だもん。でも善良だから。善良こそすべてだから。だってセネカも言ってるし。とかなんかすげー幼稚園児。なんかすげー幼稚園児。そういってる私はなんだろうって思うけど、この人すごい。やっぱり60歳で一周して赤ちゃんに戻ったからかな。なんかすげー知ってる知識だけでこんなに風に、私をバカにするやつは許さないぞ!
読了日:03月16日 著者:ペトラルカ
「牛が消えた村」で種をまく: 「までい」な村の仲間とともに (それでも「ふるさと」)「牛が消えた村」で種をまく: 「までい」な村の仲間とともに (それでも「ふるさと」)感想
しょうがないよね。科学技術の勝利なんだから。欲しいものがすぐに手にはいるなら、それなりの対価を払わなきゃ。リスクを取らなきゃリターンはないでしょ。誰かが払うんだよ。私じゃないことを祈るだけ。しょうがないよね。資本主義なんだし。何が嫌だって自分の生まれたという時点で生まれた世界から出る自由がないんだよね。最初から縛られている。でもさ。適者生存がそもそものルールなんだから何をしたって生きのりゃなきゃ。なんのために生きてるんだろうか。その質問に意味がないのかな。いわゆる言葉遊びさ。
読了日:03月11日 著者:
おにぎり (幼児絵本シリーズ)おにぎり (幼児絵本シリーズ)感想
食べたいな。
読了日:03月11日 著者:平山 英三
「三十歳までなんか生きるな」と思っていた「三十歳までなんか生きるな」と思っていた感想
やっぱこういう人好き。私には時間がないから。実力がないから。野望があるから。困ったな。このままだと順調に世界が変わってしまう。
読了日:03月11日 著者:保坂 和志
異端教祖株式会社 (白水Uブックス)異端教祖株式会社 (白水Uブックス)感想
日本語で書いてあると思うんだけど、さっぱりわからなかった。まだまだ私は普通なのかもしれない。シュールリアリズムって形而上学だよね。デカルト哲学に書いてあったけど、ウィキペディアには載ってない…。実学を超えたところにある。ロシアの誰かも超人って人を超えた存在を希求していたけどさ、超えたか、ずれたか、はずれたかなんてわからないよね。勝手な判断で狂わせるな!って思うし。世界ってそういうものなのかもしれない。だからこれからオキシクリーンで漂白するんだ。
読了日:03月11日 著者:ギヨーム アポリネール
さかさま (安野光雅の絵本)さかさま (安野光雅の絵本)感想
さかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかさ
読了日:03月04日 著者:安野 光雅
二ひきのこぐま二ひきのこぐま感想
これすげーな。
読了日:03月04日 著者:イーラ
ものいうほねものいうほね感想
こんにちわ。
読了日:03月04日 著者:ウィリアム・スタイグ
せんろはつづくよ (岩波の子どもの本)せんろはつづくよ (岩波の子どもの本)感想
そうか、太平洋か!
読了日:03月04日 著者:マーガレット・ワイズ ブラウン
おやすみ みみずく (ハッチンスの絵本)おやすみ みみずく (ハッチンスの絵本)感想
私も眠いや。
読了日:03月04日 著者:パット=ハッチンス
そのやり方では、もう部下はついてこない!  指導・育成の新ルール33そのやり方では、もう部下はついてこない! 指導・育成の新ルール33感想
大丈夫、今までもついてきた人いないでしょ。
読了日:03月04日 著者:伊東 明
じてんしゃにのるひとまねこざる (大型絵本)じてんしゃにのるひとまねこざる (大型絵本)感想
黄色い帽子のおじさんはジョージが家にいなかったのにサーカスに来ている事実って指摘してはいけない気がする。
読了日:03月04日 著者:H.A.レイ
おさるのジョージパンケーキをつくるおさるのジョージパンケーキをつくる感想
黄色い帽子のおじさんになりたい。
読了日:03月04日 著者:
きちょうめんななまけものきちょうめんななまけもの感想
見えてるときだけなまけもの
読了日:03月04日 著者:ねじめ 正一
デカルトの哲学デカルトの哲学感想
全ては波なんだ!
読了日:03月04日 著者:小泉 義之
人を動かす 新装版人を動かす 新装版感想
人と会えば有効だ。人と会えないなら無用だ。人と会おうと思う。間違っている諸先輩方を反例に動かして行こう。ってかわかりやすく失敗していて面白い。動いたかどうかで判断できるから活かしやすいと思う。
読了日:03月04日 著者:デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博
紙の民紙の民感想
断片的で、惹かれる言葉に満ちている。
読了日:03月04日 著者:サルバドール プラセンシア
家族を笑顔にする パパ入門ガイド家族を笑顔にする パパ入門ガイド感想
子育てに参加してなかったのは支える人がいたから。今は誰もいないからやらなくちゃいけない。育てるっていうのもなんか不思議だな。
読了日:02月24日 著者:ファザーリングジャパン
地球の子どもたちから、大人たちへの手紙地球の子どもたちから、大人たちへの手紙感想
間違ってはいないんだよ、誰も。でもそうじゃない。その意見の言い方では世界が変わらない。だって変わっていないだろ?世界はだんだん悪くなってるし、それはしょうがない。どうしたい?私はこのままでも構わない。だってしょうがない。私には変える気がない。だって無理だもの。世界を動かすなら動かせる範囲に留めるべきだって学んだから。私には変えられない。残念ながら。もし貴方ができるならお願い。もっとよりよい世界に変えてほしい。私の変わりに。
読了日:02月23日 著者:ローラン コルヴェジエ
雪原の勇者―ノルウェーの兵士ビルケバイネルの物語雪原の勇者―ノルウェーの兵士ビルケバイネルの物語感想
さっぱりわからんよ。でもそんな世界も悪くないと思ったことだけは事実だ。
読了日:02月23日 著者:リーザ ルンガ‐ラーセン
「普通の女の子」として存在したくないあなたへ。 (幻冬舎文庫)「普通の女の子」として存在したくないあなたへ。 (幻冬舎文庫)感想
ただただ残念なことは私が「普通の女の子」として存在しても問題はないということだ。
読了日:02月15日 著者:村上 龍
より少ない生き方 ものを手放して豊かになるより少ない生き方 ものを手放して豊かになる感想
すごいいい感想がかけていた。逃がした魚は大きい。ただ残念でならない。きっとCIAの陰謀だ。
読了日:02月15日 著者:ジョシュア・ベッカー
ディラン・トマス詩集 (双書・20世紀の詩人 11)ディラン・トマス詩集 (双書・20世紀の詩人 11)感想
これはあんまり読んではいけない本だ。飲み込まれてしまう。
読了日:02月15日 著者:ディラン・トマス
12種類の氷12種類の氷感想
たぶん傍を楽にするのに疲れていてこういう本が身に染みる。こんなゆったり暮らしてみたい。暮らしたら忙しい方がいいっていうんだけれど。いいなあ。私には今、欲しいものがない。
読了日:02月15日 著者:エレン・ブライアン オベッド
地蔵さまと私 (月刊たくさんのふしぎ2018年1月号)地蔵さまと私 (月刊たくさんのふしぎ2018年1月号)感想
神さまがいて仏さまがいて地蔵さまがいて観音さまがいて未だに違いがわからないし、多分ぜんぶ一緒くたなんだけど私のすべてを特定の神さまが握っているよりは、私の部分部分をそれぞれの〇〇さまが握っている方が…。違うな。いいたいことはそうじゃない。
読了日:02月15日 著者:田沼 武能
もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)感想
なにがいいのかさっぱりだけど、言葉だけしゃべっているとハマる。
読了日:02月15日 著者:谷川 俊太郎
バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)感想
作ってるけど、ぶれてるけど、乗っかれば愉しい。ただ波が🌊だから、穏やかになったら読みやすいし、色々知れるし、もっと読みたくなると思う。一歩引くだけだと思う。
読了日:02月13日 著者:前野ウルド浩太郎
あさがくるまえにあさがくるまえに感想
すげー今回全部当たりだった。なんでだろうか。最近運がこちらを向いている。この波に乗っていきたい。
読了日:02月11日 著者:ジョイス・シドマン
ロージーのおさんぽ (ハッチンスの絵本)ロージーのおさんぽ (ハッチンスの絵本)感想
なんでこんなに不機嫌そうなロージーなんだろうか。
読了日:02月11日 著者:パット=ハッチンス
わたしとあそんで (世界傑作絵本シリーズ)わたしとあそんで (世界傑作絵本シリーズ)感想
だれか あそんで
読了日:02月11日 著者:マリー・ホール・エッツ
おうしのアダムがおこりだすとおうしのアダムがおこりだすと感想
うしっていいよね。
読了日:02月11日 著者:アストリッド リンドグレーン
群像 2018年 03 月号 [雑誌]群像 2018年 03 月号 [雑誌]感想
本谷さんを読みに。あの感じが戻ってきてる。実はこの世界の脇には大きな穴が開いていて、こちらに手を伸ばしているあの感じ。レールの上を走っているけど、ちょっとそれると未知の世界。道=未知であり、意味もなく緊張するあの感じ。少し冗長だけど、作っているけど、わざとらしさに隠れてる。なんかうまく言えてない。だから好きなのだと思う。断言できるってことは自分の中のものだから、そんな本読んでも意味がない。意味はあるけど、そんな気分じゃない。忙しさにかまけて忘れていた、あの感じ。世界はきっとずっとの綱渡りだ。
読了日:02月11日 著者:
フランシス・ジャム詩集 (岩波文庫)フランシス・ジャム詩集 (岩波文庫)感想
なぜ惹かれるのだろうか。私にはまだ言葉が足りなさすぎる。
読了日:02月10日 著者:フランシス・ジャム
朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」―――睡眠専門医が教えるショートスリーパー入門朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」―――睡眠専門医が教えるショートスリーパー入門感想
睡眠時間を削ってまでやりたいことがある人が羨ましい。私は寝ることがすべてだ。傍を楽にしているか、寝ているかのどちらかだから。そう思いこんでいるだけだろうか。
読了日:01月31日 著者:坪田 聡
Last Trapper 最後の狩人 (世界の絵本コレクション)Last Trapper 最後の狩人 (世界の絵本コレクション)感想
大都会万歳。私には生きられない世界。欲しいものが明日には届き、常に温かいベッドと帰って寝るだけの仕事。なにやってるんだろうか。
読了日:01月31日 著者:ニコラ ヴァニエ
じごくのそうべえ (童心社の絵本)じごくのそうべえ (童心社の絵本)感想
結局一芸をもって人生を愉しめばいいんだよね。
読了日:01月31日 著者:田島 征彦
あめのひ (世界傑作絵本シリーズ・アメリカの絵本)あめのひ (世界傑作絵本シリーズ・アメリカの絵本)感想
あめのひは嫌いだ。
読了日:01月31日 著者:ユリー・シュルヴィッツ
おやゆびこぞう―グリム童話おやゆびこぞう―グリム童話感想
なにいってんだい。あんたは、たらふくたべたろう。ぼくだって、ゆかいに やりたいのさ
読了日:01月31日 著者:グリム
かずあそびウラパン・オコサ (絵本・こどものひろば)かずあそびウラパン・オコサ (絵本・こどものひろば)感想
あたまがぐっちゃぐちゃになるから苦手。
読了日:01月31日 著者:谷川 晃一
世界はまるい世界はまるい感想
またここに帰ってくる。言葉を突き詰めるとここにくるのかもしれない。
読了日:01月31日 著者:ガートルード・スタイン
酒呑童子 (日本の物語絵本)酒呑童子 (日本の物語絵本)感想
鬼の生存権の侵害だよね。
読了日:01月25日 著者:川村 たかし
ゼラルダと人喰い鬼 (評論社の児童図書館・絵本の部屋)ゼラルダと人喰い鬼 (評論社の児童図書館・絵本の部屋)感想
これはどういう意味なの?
読了日:01月25日 著者:トミー・ウンゲラー
鬼ぞろぞろ (赤羽末吉の絵本)鬼ぞろぞろ (赤羽末吉の絵本)感想
流石ぽっぺん先生!うまくかわした。
読了日:01月25日 著者:舟崎 克彦
神の道化師神の道化師感想
何も言えない。
読了日:01月25日 著者:トミー・デ・パオラ
ダチョウのくびはなぜながい?―アフリカのむかしばなしダチョウのくびはなぜながい?―アフリカのむかしばなし感想
ラマルクの説によると、そう望んだから。
読了日:01月25日 著者:ヴァーナ アーダマ
せかいいち おいしいスープ (大型絵本)せかいいち おいしいスープ (大型絵本)感想
がらがらどんの人だ!面白いわけだ。
読了日:01月25日 著者:マーシャ・ブラウン
いわしくんいわしくん感想
大羽鰯の大漁だ 浜は祭りのようだけど、 海の中では何万の 鰯の弔いするだろう
読了日:01月25日 著者:菅原 たくや
年はとるな (文春文庫 つ 11-24)年はとるな (文春文庫 つ 11-24)感想
頑張る前にこれを読むといいんだよね。気が抜けるから。ニッチな世界を独占してるよね。北大路先生と対談してほしい。
読了日:01月24日 著者:土屋 賢二
HUNTER×HUNTER ハンター×ハンター  コミック1-34巻 セットHUNTER×HUNTER ハンター×ハンター コミック1-34巻 セット感想
20巻くらいからだけど。頭痛い。
読了日:01月21日 著者:冨樫義博
封神演義 全23巻完結 (ジャンプ・コミックス) [マーケットプレイスセット]封神演義 全23巻完結 (ジャンプ・コミックス) [マーケットプレイスセット]感想
今は無料で全部読めるんだね。昔はブックオフで立ち読みだったけど、ベッドで微睡むことができる。時代の流れって恐ろしい。
読了日:01月21日 著者:藤崎 竜
ヴェルレーヌ詩集 (新潮文庫)ヴェルレーヌ詩集 (新潮文庫)感想
よかったよ。
読了日:01月18日 著者:ヴェルレーヌ
人生を変えてくれたペンギン 海辺で君を見つけた日人生を変えてくれたペンギン 海辺で君を見つけた日感想
学校の現地スタッフは私を変なイギリス人(エル・ロコ・イングレス)と呼んでいたそうだ。ばかにしていたわけではなく、とまどいながらも面白がっていたのだろう。
読了日:01月18日 著者:トム・ミッチェル
新装版 封神演義 ナージャと りゅうおう (講談社の創作絵本)新装版 封神演義 ナージャと りゅうおう (講談社の創作絵本)感想
死んだり生き返ったり大変だな。漫画読みたい。この本の紙がいい。なんか違う。面白い。
読了日:01月18日 著者:唐 亜明
月はどうしてできたか―グリム童話より (評論社の児童図書館・絵本の部屋)月はどうしてできたか―グリム童話より (評論社の児童図書館・絵本の部屋)感想
最初の自己紹介が気になる。ほんとは何かに活用されているはずだ。せっかく名乗り出たのに意味がないとはグリムではない。
読了日:01月18日 著者:ジェームズ・リーブズ
かぞくのヒミツかぞくのヒミツ感想
それから、石ころコレクションをみせてもらって、
読了日:01月18日 著者:イソール
ハシビロコウのはっちゃん (ひまわりえほんシリーズ)ハシビロコウのはっちゃん (ひまわりえほんシリーズ)感想
サッちゃんはね サチコっていうんだ ほんとはね
読了日:01月14日 著者:よしだ あつこ
自分のついた噓を真実だと思い込む人 (朝日新書)自分のついた噓を真実だと思い込む人 (朝日新書)感想
それは嘘ではない。
読了日:01月14日 著者:片田珠美
隠れアスペルガーという才能 (ベスト新書)隠れアスペルガーという才能 (ベスト新書)感想
嫌いな人はずっと嫌いだし、好きな人は嫌いになる。無関心が一番だ。
読了日:01月14日 著者:吉濱 ツトム
電通「鬼十則」 (PHP文庫)電通「鬼十則」 (PHP文庫)感想
作者が電通ですらないっていう…。
読了日:01月14日 著者:植田 正也
めざめるめざめる感想
これすごいいい!最高だと思う。結局言葉にできてないけど。
読了日:01月14日 著者:阿部 海太
今こそアーレントを読み直す (講談社現代新書)今こそアーレントを読み直す (講談社現代新書)感想
アーレントについてまとめることで、アーレントの目指した世界から遠ざかる矛盾。私もハンナのようになりたいから。でも現実はアイヒマンのようにユダヤ人を運搬してる。
読了日:01月14日 著者:仲正 昌樹
穴  HOLES (講談社文庫)穴 HOLES (講談社文庫)感想
私も毎日穴を掘ってる。目的はわからない。でも創ることはできる。
読了日:01月14日 著者:ルイス・ サッカー
深い穴に落ちてしまった深い穴に落ちてしまった感想
だから穴に落ちたと思おう。
読了日:01月11日 著者:イバン・レピラ
あべ弘士の生きものがたり カワセミとヒバリとヨタカ: ぴっかぴかえほんあべ弘士の生きものがたり カワセミとヒバリとヨタカ: ぴっかぴかえほん感想
とりも とりどり。
読了日:01月11日 著者:あべ 弘士
あな (こどものとも傑作集)あな (こどものとも傑作集)感想
なかなか いい あなが できたな
読了日:01月11日 著者:谷川 俊太郎
なまけ者のさとり方 PHP文庫なまけ者のさとり方 PHP文庫感想
もしかしたら、何かしらの宗教や指導者だったりする人は結局こういうさとりの境地に達するのかもしれない。そして周りがもてはやして、今の世の中になっているのだろう。だから私ができるのは愛することだけだ。感化されることだけだ。閑暇に身を任せて、怠けるだけなのだ。最後に一番大事なことを「私はなまけ者です」
読了日:01月08日 著者:タデウス・ゴラス
生きる職場 小さなエビ工場の人を縛らない働き方生きる職場 小さなエビ工場の人を縛らない働き方感想
パートさんはそうだよね。でもさ、正社員はどうしようもないよね。人数が少ないから?やることが限られているから?間違ってはいないし、成功例なんだろうけど、敷衍しにくいよね。縛られた方が自由なこともあるのだろう。すべてが自由だと自分で決めなきゃいけないから私は嫌いだ。
読了日:01月07日 著者:武藤北斗
「めんどくさい」がなくなる台所「めんどくさい」がなくなる台所感想
別にめんどくさくないことに気づいた。
読了日:01月07日 著者:足立 洋子
木はいいなあ木はいいなあ感想
伐採してくれる。
読了日:01月07日 著者:ジャニス=メイ=ユードリイ
ギルガメシュ王のたたかい (大型絵本)ギルガメシュ王のたたかい (大型絵本)感想
イシュタールはなんなの?
読了日:01月07日 著者:ルドミラ・ゼーマン
いぬとかりゅうどいぬとかりゅうど感想
難しいね。肉や魚に大豆に野菜。彼らに情けをかけたら生きていけない。
読了日:01月07日 著者:ブライアン ワイルドスミス
あたし、ねむれないの (世界の絵本)あたし、ねむれないの (世界の絵本)感想
だったら、起きていればいい。
読了日:01月07日 著者:カイ=ベックマン
彼の手は語りつぐ彼の手は語りつぐ感想
AIが奴隷になったら幸せになれるのかな?
読了日:01月07日 著者:パトリシア ポラッコ
ベンチマーキング入門(新版ベンチマーキングとは何か)―ベストプラクティスの追求とナレッジマネジメントの実現ベンチマーキング入門(新版ベンチマーキングとは何か)―ベストプラクティスの追求とナレッジマネジメントの実現感想
わからん。
読了日:01月07日 著者:高梨 智弘
ベンチマーキングがわかる本ベンチマーキングがわかる本感想
一言で書けよ。
読了日:01月07日 著者:日本能率協会
深海のYrr 〈下〉  (ハヤカワ文庫 NV シ 25-3)深海のYrr 〈下〉 (ハヤカワ文庫 NV シ 25-3)感想
大丈夫、人間そろそろ滅びるから。
読了日:01月05日 著者:フランク・シェッツィング
深海のYrr 〈中〉  (ハヤカワ文庫 NV シ 25-2)深海のYrr 〈中〉 (ハヤカワ文庫 NV シ 25-2)感想
大丈夫、次はエネルギーを深海に求めるから。
読了日:01月05日 著者:フランク・シェッツィング
深海のYrr 〈上〉  (ハヤカワ文庫 NV シ 25-1)深海のYrr 〈上〉 (ハヤカワ文庫 NV シ 25-1)感想
大丈夫、現実に深海の流れは止まるから。
読了日:01月05日 著者:フランク・シェッツィング
地獄の季節 (岩波文庫)地獄の季節 (岩波文庫)感想
意味がわかるの意味ってなんだろうね。
読了日:01月05日 著者:ランボオ
アイデアのつくり方アイデアのつくり方感想
間違ってはいない。ただ、そうじゃない。
読了日:01月05日 著者:ジェームス W.ヤング
脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 (幻冬舎新書)脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 (幻冬舎新書)感想
出し続ける方法は書かれていなかった。
読了日:01月05日 著者:中野 信子
すべての疲労は脳が原因 (集英社新書 829I)すべての疲労は脳が原因 (集英社新書 829I)感想
脳が原因だからこうすれば疲れないっていう方法を教授するものではなかった。
読了日:01月05日 著者:梶本 修身
仕掛学仕掛学感想
気づかないうちに進むっていいよね。私もそういう仕掛けを今後かけていくから。
読了日:01月05日 著者:松村 真宏
「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書)「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書)感想
幻想に囚われた方が幸せなことが多い。
読了日:01月05日 著者:森博嗣
広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由―フェルミのパラドックス広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由―フェルミのパラドックス感想
ジョディ・フォスターすごい好き。
読了日:01月05日 著者:スティーヴン ウェッブ
斜線 方法としての対角線の科学 (講談社学術文庫)斜線 方法としての対角線の科学 (講談社学術文庫)感想
突っ切ってやる。
読了日:01月05日 著者:ロジェ・カイヨワ

読書メーター

京童ノ口ズサミ 12月分 ニツイテカタルノミ

12月の読書メーター
読んだ本の数:17
読んだページ数:2342
ナイス数:574

問題だらけの女性たち問題だらけの女性たち感想
これだから、女性は…。この表現技法が好き。これだから、女性は…。バカにすることで、バカになる。なんて単純なんだろう。公平、公正に見ることなんてできないんだから、無関心。興味を持つだけで偏る。グーグルに聞く。それでいいんじゃなかろうか。これだから、女性は…。
読了日:12月17日 著者:ジャッキー・フレミング
お気に入りをとじる―やさしい製本入門 (NHK趣味悠々)お気に入りをとじる―やさしい製本入門 (NHK趣味悠々)感想
思い出補正だろうが、なんだろうか、思いではすべて正しい。事実かどうかなんて関係ない。記憶こそすべてだ。記録はグーグルに任せるから。事実はグーグルが知ってる。でも私しか知らないことがある。だって私が見て、聞いて、感じたことは記録にはないから。残らないから。残らないことを大切にしたい。残ることは今後はグーグルに任せるから。OK Google 明日は何をすればいい?
読了日:12月16日 著者:
いちばんわかる手製本レッスン―手でつくる本と基本技法いちばんわかる手製本レッスン―手でつくる本と基本技法感想
すごい綺麗だし、丁寧だし、やってみたい。ものを創るのは苦手だ。だって、だって、だって。だからこそ初めてみるのはありかもしれない。本なんて、今後グーグルが全部教えてくれる、まとめてくれる、調べてくれる。でも持っててくれない。情報がすべてだとしたら本なんていらない。記録なんてグーグル任せ。それはそれでありだと思う。だけど手触りが忘れられないのだ。そんな記憶が好きなんだ。
読了日:12月16日 著者:
製本工房・美篶堂とつくる文房具---上製ノート、箱、ファイルボックス、アルバムほか13種類のステーショナリー製本工房・美篶堂とつくる文房具---上製ノート、箱、ファイルボックス、アルバムほか13種類のステーショナリー感想
買ってしまう。お金があるから。でも創るとそれは私だけのもの。そのミスが、汚れが、すべてが私だけのもの。なんなのだろうか。お金があるから、少ないロットのものを買う。それがブランドだ。だってみんな持ってない。機能は同じだ。だけど世界に100点だけ。でも創れば1点物。わからないよ、ロッテ。この世界は狂っているのだろうか。それとも私が可笑しいのだろうか。どちらかが狂っていた場合、それはすなわちどちらも狂っているのだ。
読了日:12月16日 著者:美篶堂
書物と製本術――ルリユール / 綴じの文化史書物と製本術――ルリユール / 綴じの文化史感想
お金があるから、時間があるから、人が余っているから。拘る。外側に。でもさ、今は資本主義。一点物なんていらない。大量生産、大量消費。お金を使って、経済を回す。回し続けないとやってけない。そんな世界。だからこそ惹かれるのかもしれない。思い出補正さ。所詮。だって無駄なんだもの。本の意味とは中身である。それを保持する必要はない。情報こそすべてだ!情報があれば、外見なんていらない。グーグルに聞いたら答えてくれればそれでいい。それでいいのだろうか?
読了日:12月16日 著者:野村 悠里
あなたにもできる図書の修理と製本あなたにもできる図書の修理と製本感想
本は図書館。ものはもたない。では何のために製本するのだろうか?何のための製本なのだろう?なんでわざわざ外側に拘る?中身がしっかりしていればいいのではないか?そういうことでもない?中身に見合う外側が求められている?そういうことなのだろうか。
読了日:12月16日 著者:木原正三堂開発室
手づくり製本術―自装本を楽しむ (日曜日の遊び方)手づくり製本術―自装本を楽しむ (日曜日の遊び方)感想
日曜日に作ってみようかな。中身ないけど。中身があるから外見なのかな?それとも外側だけあればいいのかな?私はカラッポだから中身のある人がいい。そうすれば、外側を作ってあげられる。守るものなんてないのだ。何をそんなに外側を作っているんだろうね。空しい世の中だ。すべては空なのだ。
読了日:12月16日 著者:岩崎 博
古典籍の装幀と造本  デザイン製本 (3)古典籍の装幀と造本  デザイン製本 (3)感想
どこにでも、こんなところに拘る?って人がいる。相容れないさ。でもそれが魅力だったりする。じゃー残業できないからそれを止める?単純にする?中身で勝負する?それは間違っていない。費用対効果を上げられる。でもそれってさ、技術の否定だよね。拘ることが質なんだから。
読了日:12月16日 著者:吉野 敏武
企業内「職人」図鑑 12 印刷・製本企業内「職人」図鑑 12 印刷・製本感想
職人なんてみんな変わってるよね。だから職人なのだから。職の人なんだから。働きすぎて自殺するより、簡単に辞められる。企業という形式が悪いのかもしれない。企業だから逃げられず、人生自体を辞めるしかない。人から離れるだけなのに。
読了日:12月16日 著者:
印刷技術基本ポイント 製本編印刷技術基本ポイント 製本編感想
製本をやってみたい。中身なんてなくてもいいんじゃない。ある人と組めばいいのだから。
読了日:12月16日 著者:
インサイドアウトサイドインサイドアウトサイド感想
不思議な魅力がある。言葉にできない。なんだろうね。この暗さなのか、なんなのか。ただ見てる。興味がないのかも。でもだからこそ惹かれる。反対から見てみたら世界は変わる。でもだから?って言ってる。見えるからなんだろう
新たな見方ってどんな意味があるのだろう。そう見えるだけなのに。ただ暖炉の前で寝転がって本を読みたい。それだけなんだ。
読了日:12月05日 著者:アンヌ=マルゴ ラムシュタイン,マティス アレギ
ジブリの教科書〈1〉風の谷のナウシカ (文春ジブリ文庫)ジブリの教科書〈1〉風の谷のナウシカ (文春ジブリ文庫)感想
内田さんがすげー平凡なことを言ってる。こんなことをしなくてはならないの?
読了日:12月05日 著者:
生きる力ってなんですか?生きる力ってなんですか?感想
船に乗ったら、人間だろうが、猫だろうが、アリだろうが、みんな同じ運命だ。おまえたちは船の一部だ。おまえたちのことではなく、船のことを第一に考えて命令を出す。それが陸軍とは違うのだ
読了日:12月05日 著者:おおたとしまさ
日本辺境論 (新潮新書)日本辺境論 (新潮新書)感想
あなたも私たちもおそらく誰もがみな体をいや心を癒しに海へ出かけて行くのでしょうね 海へと PUFFY
読了日:12月05日 著者:内田 樹
ステーショナリーマガジン 006 (エイムック 1942)ステーショナリーマガジン 006 (エイムック 1942)感想
Uniとポスタルコのボールペンが出る。ボールペンはある。ただ欲しいだけなんだ。
読了日:12月05日 著者:
あおいともだちあおいともだち感想
ぼくが そうだよ よくきたね
読了日:12月05日 著者:佐々木 マキ
あかいけいとあかいけいと感想
赤い。
読了日:12月05日 著者:佐々木 マキ

読書メーター

京童ノ口ズサミ 11月分 ニツイテカタルノミ

11月の読書メーター
読んだ本の数:38
読んだページ数:3853
ナイス数:970

ビアンカ・オーバースタディ (角川文庫)ビアンカ・オーバースタディ (角川文庫)感想
オーバーステップが本になってる!そっちも読まなきゃ!
読了日:11月25日 著者:筒井 康隆
ひとまねこざるときいろいぼうし (岩波の子どもの本)ひとまねこざるときいろいぼうし (岩波の子どもの本)感想
おさるのジョージの真実がここに!ここから始まったんだ。すべては。猿の惑星 じぇねしす は見たことないけど、こんな感じなのかもしれない。すべてはヒトのエゴと、サルの興味なのだ。それでも私はきいろいぼうしのおじさんが好きだし、彼に憧れる。何の仕事かわからないけど、博物館にコネがあって、休日は別荘で、黄色い服に統一してて。絶対ヤバイ人だけど。そして何より、すべて金で解決してやる姿が素晴らしい。彼こそ資本主義の求めるエリートだ!私もそうならなければならない!そういうことでいいのかな。
読了日:11月25日 著者:H.A.レイ
下流志向〈学ばない子どもたち 働かない若者たち〉 (講談社文庫)下流志向〈学ばない子どもたち 働かない若者たち〉 (講談社文庫)感想
みんなで落ちればいいっていう発想が好き。こんなこと考えたことなかった。至高の存在に向かって!とか思ったこともないけど、だから落ちているのかもしれない。みんな快楽スイッチを押したいだけなのかもしれない。以前押せたボタンを捜してる。仕事で、趣味で、目覚めた朝に。奴隷に溢れてたギリシャの時代もよかったねって言われるけれど、ロボットに溢れる未来は絶望する。なぜだろう。無機質だから?今だって無機質だ。人間の喜びを交流に求めるなら。反射と割り切ってしまえば良いのかもしれない。ホルモンバランスに過ぎないのだと。
読了日:11月25日 著者:内田 樹
悩める人、いらっしゃい 内田樹の生存戦略悩める人、いらっしゃい 内田樹の生存戦略感想
都でやっていけると思ってる。独りで。だから悩んでいるのだろう。結局複数の人が集まるのも万が一のためなんだ。だから社会保障がしっかりしてしまえば、どうでもよくなる。その過渡期に生きているから悩むんだ。いずれロボットが雑務を行い、グーグルが考え、ヒトは快楽スイッチを押すだけになる。そしたら死んだも同然じゃんって思うけど、既にそうなのかもしれない。仕事が好きな人は仕事で、趣味に生きる人は趣味で。アドレナリンとノルアドレナリンのバランスだけなのかもしれない。それでもいいと思ってしまう。それが人生だと。
読了日:11月25日 著者:内田 樹
一回半ひねりの働き方 反戦略的ビジネスのすすめ (角川新書)一回半ひねりの働き方 反戦略的ビジネスのすすめ (角川新書)感想
今、私の中には「物語」がない。だから踊ってるのかもしれない。奇妙な踊りを。物語を創ろう。自分だけの今後のお話を。そしてその主人公になるんだ。まだ武器は脆い、鎧なんてない。ましてトリカブトなんて。
読了日:11月25日 著者:平川 克美
ステーショナリーマガジン 010 (エイムック 2849)ステーショナリーマガジン 010 (エイムック 2849)感想
欲しいものは見つからなかった。
読了日:11月25日 著者:
ステーショナリーマガジン 009 (エイムック 2607)ステーショナリーマガジン 009 (エイムック 2607)感想
欲しいものは見つからなかった。
読了日:11月25日 著者:
ステーショナリーマガジン 008 (エイムック 2376)ステーショナリーマガジン 008 (エイムック 2376)感想
欲しいものは見つからなかった。
読了日:11月25日 著者:
ステーショナリーマガジン 007 (エイムック 2175)ステーショナリーマガジン 007 (エイムック 2175)感想
欲しいものは見つからなかった。
読了日:11月25日 著者:
ステーショナリーマガジン 006 (エイムック 1942)ステーショナリーマガジン 006 (エイムック 1942)感想
ほしいものは見当たらなかった。
読了日:11月25日 著者:
ステーショナリーマガジン 005 (エイムック 1735)ステーショナリーマガジン 005 (エイムック 1735)感想
ポスタルコのリーガルエンビロープはクリスマスプレゼントかなー。
読了日:11月24日 著者:
日本幻想文学集成 (1)日本幻想文学集成 (1)感想
化鳥だけ。化けて出てこられても困るけど。化鳥。
読了日:11月18日 著者:泉 鏡花
ここは退屈迎えに来てここは退屈迎えに来て感想
どこも退屈なんだよね。私だって退屈だ。でも退屈も慣れてしまう。退屈でよくなってしまう。禅の世界だ。それでいいじゃん。迎えに来てもらったっていつか飽きるのだ。退屈まみれなのだ。それより部屋の掃除や、ランニングに明け暮れる人生の方が楽しいと思ってしまう。それにしても退屈だ。
読了日:11月18日 著者:山内 マリコ
きょうはよいてんききょうはよいてんき感想
いいひとでした。その一言で解決していいのか?きょうはよいてんきかもしれないけど、そうじゃない。その人だけが損をする。それがいいかわるかかわからない。私には。だって。でもそうれはいけない。とおもう。わからないけど。そうじゃない。そう思う。それはいけない。だって誰かが損をするから。天から見て。いろいろな見地から。それはいけないと思うと思うのだけど。酔ったからいいのかも。
読了日:11月17日 著者:ナニー ホグロギアン
あかいはっぱきいろいはっぱ (かがくのほん)あかいはっぱきいろいはっぱ (かがくのほん)感想
そういうことではない。どういうことかわからない。でもそうじゃない。でも赤い。素晴らしい。秋だ。素晴らしいと思う。でもすばらしい新世界は素晴らしくない。そういうこと。私は都で暮らしてる。それに満足している。ただ生きているだけだとしても。その通りだと思う。結局あかいはっぱはどうでもいいのだ。
読了日:11月17日 著者:ロイス エイラト
あかてぬぐいのおくさんと7にんのなかま (世界傑作絵本シリーズ)あかてぬぐいのおくさんと7にんのなかま (世界傑作絵本シリーズ)感想
なんの仕事でも、必要な7つ道具がある。オフィスとか、グーグルとか。どれが必要とかそういう話じゃないからね。
読了日:11月17日 著者:イ ヨンギョン
ピーターのてがみ (キーツの絵本)ピーターのてがみ (キーツの絵本)感想
エイミーは いない。
読了日:11月17日 著者:エズラ=ジャック=キーツ
長ぐつをはいたネコ (大型絵本)長ぐつをはいたネコ (大型絵本)感想
それは、人食い鬼が、なかまの鬼たちをまねくために、用意したものでしたが、鬼たちは、王さまをおそれて、お城には近よりませんでした。
読了日:11月17日 著者:シャルル ペロー
いち (しのえほん)いち (しのえほん)感想
谷川に佐野に頭おかしい。この二人で作品を創るとか、そういう次元じゃないよね。つくった編集者というか国土社だしね。すごいよね。だって信じられなくない?谷川に佐野だよ。頭おかしい。何度でもいうけど、頭おかしい。頭おかしくなかったらできないし、こんなに楽しめない。最高だ。頭おかしいよね。(笑)
読了日:11月17日 著者:谷川 俊太郎
ちびひつじ (さわってあそべるふわふわえほん)ちびひつじ (さわってあそべるふわふわえほん)感想
ちじひつじは なかなか すてきな かくればしょを みつけたね。 でも ちょっと とおくまで きすぎたようだ。
読了日:11月17日 著者:キャサリン アリソン
きのこ (フィールド・ガイド)きのこ (フィールド・ガイド)感想
いいとか、わるいとかじゃなくて、すべてキノコなんだよね。ピノコはブラックジャックだからね。キノコ。嫌いじゃないし。よく食べてるけど、ここに乗っってはいない。だってスーパーにあるのしか食べないし。しょうがないよね。キノコ。そこまで熱心になれないよ。だってスーパーでしか見ないんだもん。
読了日:11月17日 著者:菅原 光二
幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)感想
覚醒した。人間ではなくなった。では人間とはなんだ?未だ覚醒せず、へらへらと笑っている童子のような存在なのだろうか。どこもそうだけど、中間管理職は大変だよね。決裁権ないから、上にお伺い立てないといけないし、下からは突き上げを食うし。わりに合わないよね。でもそれは人間じゃないからいいのかもしれない。幼年期のままのが幸せではなかろうか。謎の踊りで狂い続ける結末よりも。
読了日:11月17日 著者:クラーク
大千世界の生き物たち大千世界の生き物たち感想
こういう新しい世界を私も創るから。
読了日:11月17日 著者:スズキ コージ
ラッセのにわでラッセのにわで感想
クガツは言ってしまった。
読了日:11月17日 著者:エルサ・ベスコフ
とこちゃんはどことこちゃんはどこ感想
カラスの人か?
読了日:11月17日 著者:松岡 享子
おふろでちゃぷちゃぷ (松谷みよ子 あかちゃんの本)おふろでちゃぷちゃぷ (松谷みよ子 あかちゃんの本)感想
まって まって いま ズボン ぬいだとこ
読了日:11月17日 著者:松谷 みよ子
あさえとちいさいいもうと (こどものとも傑作集)あさえとちいさいいもうと (こどものとも傑作集)感想
林さんの絵がいい。話もそうなんだけど、空気が好き。だからやめられない。
読了日:11月17日 著者:筒井 頼子
まっくろネリノ (世界の絵本)まっくろネリノ (世界の絵本)感想
もっと、光を!
読了日:11月17日 著者:ヘルガ=ガルラー
アイウエ王とカキクケ公 (童心社の絵本 20)アイウエ王とカキクケ公 (童心社の絵本 20)感想
こういう本が好き。新たな世界を拓いてる。
読了日:11月17日 著者:三芳 悌吉
運命の王子―古代エジプトの物語 (大型絵本)運命の王子―古代エジプトの物語 (大型絵本)感想
そのとたん、犬が、王子のうしろにしのびよりました。そして犬は王子にとびかかり、ばらばらにかみちぎると、そのかけらを、あたりいちめんにまきちらしました。
読了日:11月17日 著者:リーセ・マニケ
月とアポロとマーガレット: 月着陸をささえたプログラマー (児童図書館・絵本の部屋)月とアポロとマーガレット: 月着陸をささえたプログラマー (児童図書館・絵本の部屋)感想
好きなことをずっとやっていたい。それだけなんだ。
読了日:11月17日 著者:ディーン ロビンズ
たね どんどんたね どんどん感想
でも、きみたちは、さめた瞳で、それがどないしたんと言う。
読了日:11月06日 著者:延原 清子
エミールくんがんばる (世界の創作絵本B)エミールくんがんばる (世界の創作絵本B)感想
火星人ってタコの形してるけど、あれはあれで、身体を支えるために、骨があるんだよね。でも重力が小さいから立てるのかな。重力が小さいなかで上と下の概念ってどうやってできるのかな。何もない宇宙だと発生が進まないらしいしね。そうやって考えると縛られた人生だ。他人から創られる私は他人がいなかったら何もできないのかな。地球で生まれた私は地球がなかったらどうしようもないのかな。宇宙で得られた知見はすべて公開されているのかな。何かができなかったことを称賛できる社会でありたい。できなかった知見が得られたのから。
読了日:11月06日 著者:トミー・ウンゲラー
かぜは どこへいくの (世界の絵本)かぜは どこへいくの (世界の絵本)感想
かぜがふいているんじゃなくて、地球が回っているんだよ。
読了日:11月06日 著者:シャーロット・ゾロトウ
まきばののうふ (世界傑作絵本シリーズ)まきばののうふ (世界傑作絵本シリーズ)感想
こんな豊かな生活もトラクターと資本主義が入るまで…。悲しい世の中だ。
読了日:11月06日 著者:イルセ・プルーム
もぐらのモリスさん おうちにかえりたい!もぐらのモリスさん おうちにかえりたい!感想
みんな!ただいま!
読了日:11月06日 著者:ジャーヴィス
シロクマのしゅくだいシロクマのしゅくだい感想
クジラを呼ぶ声は、まだ習得していない。
読了日:11月06日 著者:ティラ・ヒーダー
ドールハウス教本vol.5「小島隆雄 男の隠れ家」 (亥辰舎BOOK ドールハウス教本)ドールハウス教本vol.5「小島隆雄 男の隠れ家」 (亥辰舎BOOK ドールハウス教本)感想
これぞ趣味だと思う。こういう趣味を持ちたい。
読了日:11月06日 著者:小島 隆雄

読書メーター

京童ノ口ズサミ 10月分 ニツイテカタルノミ

10月の読書メーター
読んだ本の数:68
読んだページ数:5485
ナイス数:1552

プラダを着た悪魔プラダを着た悪魔感想
好きなことをやってる人間がやっぱり世界を引っ張っていくと思うし、好きなことをやれてない人間が引っ張られていくのだと思う。そこまでの熱意があるかどうか。私は何もしたくないという熱意があるから、何もしないだけ。って言い訳すればいいのかな。快楽を味わえるスイッチがあれば押し続けるだけ。自分で作る快楽なんてたかが知れていると思うから。それは良くないと思う。
読了日:10月28日 著者:ローレン・ワイズバーガー
トリフィド時代 (食人植物の恐怖)【新訳版】 (創元SF文庫)トリフィド時代 (食人植物の恐怖)【新訳版】 (創元SF文庫)感想
目が見えなくなった世界でどうやって生きるのか。そりゃーまずはコンビニを抑えるよね。そして棒切れを支えにして、部屋に閉じこもるしかないのか。結構簡単に絶望してしまうな。こんなに視覚に頼っている人生だからな。やっぱりお酒を飲んで、飛び降り自殺が幸せなのかもしれない。目が見えないと生きる価値がないとか考えてしまうよね。目が見えないだけなのに。
読了日:10月28日 著者:ジョン・ウィンダム
自分とは違った人たちとどう向き合うか ―難民問題から考える―自分とは違った人たちとどう向き合うか ―難民問題から考える―感想
せっかく書いた感想がどっか行っちゃった…。
読了日:10月28日 著者:ジグムント・バウマン,伊藤茂
歓待について (ちくま学芸文庫)歓待について (ちくま学芸文庫)感想
受け入れることはできないよ。どうなんだろうね。自分をどこで区切るか。村単位なら、日本で見るか、地球とするか。どうしたってどこかで他人が出てくる。免疫だって同じ考え方だし、じゃーアメーバみたいにすべてが同じになれるわけではない。存在自体を認めてやる程度にとどめるしかできないのかもしれない。
読了日:10月28日 著者:アンヌ デュフールマンテル,ジャック デリダ
シニガミさんシニガミさん感想
病気になった家畜を食べたオオカミが死ぬならば、時々病気を発生させて敵を殺すことだってできるよね。なんかこれは新しい見方だと思う。全体のために、少数が犠牲になる。私が犠牲になるのは嫌だが、誰かが死ぬのはしょうがない。そういうものなのだろうか。
読了日:10月28日 著者:宮西 達也
がっこうだって どきどきしてるがっこうだって どきどきしてる感想
視点を変えればなんだってそうだよね。
読了日:10月28日 著者:アダム・レックス
ラーマーヤナ 1 (東洋文庫 376)ラーマーヤナ 1 (東洋文庫 376)感想
この不貞な女を森に連行し、首を刎ねよ
読了日:10月19日 著者:ヴァールミーキ
『ふわふわ』谷川俊太郎+工藤直子 対談集 (SWITCH LIBRARY)『ふわふわ』谷川俊太郎+工藤直子 対談集 (SWITCH LIBRARY)感想
誕生、性交、死、それがすべてだ、それがすべてだ
読了日:10月19日 著者:谷川 俊太郎,工藤 直子
きいちごだより (日本傑作絵本シリーズ)きいちごだより (日本傑作絵本シリーズ)感想
きいちごは苦手だなー。
読了日:10月19日 著者:岸田 衿子
かぼちゃおじさんと わがままつる草かぼちゃおじさんと わがままつる草感想
どういう話だ。結局つる草はなんだったの?心をかき乱されただけ。
読了日:10月19日 著者:マーガレット マーヒー
魔女に会った (たくさんのふしぎ傑作集)魔女に会った (たくさんのふしぎ傑作集)感想
魔女裁判もわからないよね、女性の立場が向上して、「出る杭は打たれ」ただけかもしれない。全力で潰しにいっただけかもしれない。教会のために。あるいは本当にいたのかもしれない。たしかにおばあちゃんの撫でる手は魔法を使えてた。
読了日:10月19日 著者:角野 栄子
お城の魔女 (魔女の本棚)お城の魔女 (魔女の本棚)感想
うん。
読了日:10月19日 著者:ルース チュウ
とくべつな いちにち (世界の絵本(新))とくべつな いちにち (世界の絵本(新))感想
おおかみの かおです。
読了日:10月19日 著者:イヴォンヌ・ヤハテンベルフ
ゆきのひのホネホネさん (こどものとも傑作集)ゆきのひのホネホネさん (こどものとも傑作集)感想
ホネである意味がわからない。
読了日:10月19日 著者:にしむら あつこ
でる でる でるぞでる でる でるぞ感想
勝手に始まって勝手に終わった。
読了日:10月19日 著者:高谷 まちこ
ソローニュの森 (シリーズ ケアをひらく)ソローニュの森 (シリーズ ケアをひらく)感想
精神を病んだ方が、人間らしい生活をしているのかもしれない。まともな精神ならこんな都会生活できないでしょ。
読了日:10月14日 著者:田村 尚子
かたつむりタクシー (幼児絵本シリーズ)かたつむりタクシー (幼児絵本シリーズ)感想
おかあさんはなぜ一緒にいかない。
読了日:10月14日 著者:たむら しげる
おいぬさま (MOEのえほん)おいぬさま (MOEのえほん)感想
京極さんのが読みたかったのに、そっちは図書館になかった。しょうがないよね。おいぬさまなんだから。
読了日:10月14日 著者:荒戸 里也子
ねむりひめねむりひめ感想
今の時代、100年も経ってたら別世界だよね。
読了日:10月14日 著者:リンダ・ジェニングス
ビークル ゆめのこどものおはなし (海外秀作絵本)ビークル ゆめのこどものおはなし (海外秀作絵本)感想
忙しいしね。夢なんて追ってる余裕はないんだよ。
読了日:10月14日 著者:ダン・サンタット
よーく かんがえるカエルくん (福音館の単行本)よーく かんがえるカエルくん (福音館の単行本)感想
らくがきマスターになったらこういうの書きたい。
読了日:10月14日 著者:いわむら かずお
まだ かんがえるカエルくん (福音館の単行本)まだ かんがえるカエルくん (福音館の単行本)感想
マンガと絵本の違いってなんだろうね?
読了日:10月14日 著者:いわむら かずお
かんがえるカエルくん (福音館の単行本)かんがえるカエルくん (福音館の単行本)感想
考えるって難しい。
読了日:10月14日 著者:いわむら かずお
さあ、気ちがいになりなさい (ハヤカワ文庫SF)さあ、気ちがいになりなさい (ハヤカワ文庫SF)感想
どれを読んでも星新一にしか見えないっていう素晴らしさ。そういう自分の世界を切り拓いた人間になりたいと思う。だれが見てもコイツにしか見えないやつってやつに。
読了日:10月13日 著者:フレドリック ブラウン
アリスのことば学2 -鏡の国のプリズムアリスのことば学2 -鏡の国のプリズム感想
凝った場所が悪い。構成もわかりにくいし、なにやってるかわからないし、自分の好き勝手書いてる。しょうがないよね。大学のセンセイなんだから。わかることをわかりにくく説明するのが仕事なんだから。たぶんこれもセンセイの授業の教科書で儲けているんだよね。パワポでわかりにくく改めて説明してさ。しょうがないよね。営利機関に成り下がった大学なんだから。
読了日:10月13日 著者:稲木昭子/沖田知子
こどもとおとなスクランブル・ノートこどもとおとなスクランブル・ノート感想
やはり五味太郎。何がいいのだろうね。この感じ。失ってはいけない何かだと思う。毎日の退屈。繰り返し。そして退廃。私は一体何をしているのだろうか。
読了日:10月13日 著者:五味 太郎
白い馬白い馬感想
結局意味がわからないんだよね。なんでいいのか。何がいいのか。どこがいいのか。さっぱりだよ。でもいいんだよ。それだけなんだよね。それがコワイ。なんでわからないんだろうね。理解できないんだろうね。立ち尽くすだけなんだろうね。私は何をやっているのだろうか?絵本を眺めて。そして眺めて。そして眺めるだけしかできないんだろうね。東京国立博物館だっけ?しょうがないな。
読了日:10月12日 著者:東山 魁夷,松本 猛
むかしむかし とらとねこは… (日本傑作絵本シリーズ)むかしむかし とらとねこは… (日本傑作絵本シリーズ)感想
でもなぜ、食べようと思ったのだろうか?わざわざ。教わった縁などないのだろうか?そこまで熱心だったのに。食べたかっただけなのだろうか?
読了日:10月12日 著者:大島 英太郎
ぽんちんぱん (0.1.2.えほん)ぽんちんぱん (0.1.2.えほん)感想
ぱんちんぱんだと思ったらぽんちんぱんなのね。わからないよね。チンパンジーやらポンチやらちんぽやらいろいろ交じっているから。
読了日:10月12日 著者:柿木原政広
ふわふわ (講談社文庫)ふわふわ (講談社文庫)感想
こちとら、ハルキだぜ~。
読了日:10月12日 著者:村上 春樹,安西 水丸
もっと かんがえるカエルくん (福音館の単行本)もっと かんがえるカエルくん (福音館の単行本)感想
考えるってその時は意味がないように思えるけど、考えた結果がいまであって、いまが考えてないようであるなら、しばらく先も考えてないくて、だから、今考えないと、いつまでたっても考えなくて、考えなくたって良くなるんだよね。
読了日:10月12日 著者:いわむら かずお
ふわふわさんぽふわふわさんぽ感想
紙飛行機を飛ばしたくなる。
読了日:10月12日 著者:しんぐうすすむ
ながいかみのラプンツェル (世界傑作絵本シリーズ)ながいかみのラプンツェル (世界傑作絵本シリーズ)感想
へいっ、 いとしい おくがたを つれにきたね。 だが、 かわいい ことりは、 もう すに いないわい。 もう うたもうたわないわい。 ねこが、 たべちゃったのさ。 そのねこが、 こんどは おまえの めを ひっかくぞ!
読了日:10月12日 著者:グリム
どうするジョージ!どうするジョージ!感想
内弁慶で最悪じゃん!どうするジョージ!
読了日:10月10日 著者:クリス ホートン
フワフワフワフワ感想
この雑な感じが好き。
読了日:10月10日 著者:おおなり 修司,高畠 那生
へろへろおじさん (こどものとも絵本)へろへろおじさん (こどものとも絵本)感想
教訓やらなんやらをすべて棄て去って、ありのままのおじさんを描いている。なんだこれ。大好きだ。
読了日:10月10日 著者:佐々木 マキ
文房具のやすみじかん (福音館の科学シリーズ)文房具のやすみじかん (福音館の科学シリーズ)感想
古い絵だと思ったら、フリクションが出て来た。2016年だった。
読了日:10月10日 著者:土橋 正
やんちゃなサルとしずかなパンダ (児童図書館・絵本の部屋)やんちゃなサルとしずかなパンダ (児童図書館・絵本の部屋)感想
そよ風よさやさやふかれ、あらしの時は強いまもり手。あつい日ざしはやわらげて、木もれ日をふらせてくれる。ミツのようにあまくやさしく、わたしの体をつくりだす。竹やぶよ、竹やぶよ、あなたとわたしは、ひとつのもの 何も解決していない。
読了日:10月10日 著者:アントニア バーバー
イーダ:美しい化石になった小さなサルのものがたりイーダ:美しい化石になった小さなサルのものがたり感想
化石とか苦手。おもしろさがわからない。何が何なんだろうね。生きてる方が素晴らしい。
読了日:10月10日 著者:ヨルン フールム,エステル ヴァン・フルセン,トルシュタイン ヘレヴェ
天女の里がえり―中国のむかしばなし (大型絵本)天女の里がえり―中国のむかしばなし (大型絵本)感想
あなたの羽衣は、ここにあります。返してほしかったら、どうか妻になってください。
読了日:10月10日 著者:君島 久子
おじいちゃんにあいに (えほんライブラリー)おじいちゃんにあいに (えほんライブラリー)感想
日本でも秋は終わったのだ。
読了日:10月10日 著者:ハンス・ピーターソン
くらべる東西くらべる東西感想
東西で分けるとその間があるし、さらに南北が出てくる。でも比べていくと同じなところが多いし、逆に「おんなじ東西」とかありだと思う。エレベーターに乗るのは同じ。でも東西で左右に分かれる。素晴らしくどうでもいい話だな。
読了日:10月09日 著者:おかべ たかし
小さな暮らしのすすめ小さな暮らしのすすめ感想
このラインで満足している自分に満足できるかだよね。このラインは自分が望んだものなんだって。
読了日:10月09日 著者:
就職先は森の中―インタープリターという仕事就職先は森の中―インタープリターという仕事感想
これからまた環境の仕事が増えてくるかは世界が余裕を取り戻せるかにかかってると思う。
読了日:10月09日 著者:川嶋 直
なにのせる?なにのせる?感想
プリンの上にクッキーまでは大丈夫だったけど、さすがにその上にパンケーキはないわ。
読了日:10月09日 著者:鹿児島 睦,ギャラリーフェブ
わかってほしいわかってほしい感想
過渡期だからしょうがないよね。もうすぐ誰とも話さない時代がくる。完全に個別になってしまえばこんなこと起きないから。
読了日:10月09日 著者:MOMO
わたしのそばできいていてわたしのそばできいていて感想
うまい話だ。
読了日:10月09日 著者:リサ・パップ
ネズミあなのネコの物語ネズミあなのネコの物語感想
いい話だ。
読了日:10月09日 著者:アントーニャ バーバ
シニガミさん〈2〉シニガミさん〈2〉感想
パッセンジャーズかな?って読んでいたけど、やっぱり宮西さんらしい話だった。
読了日:10月09日 著者:宮西 達也
おばけのジョージー ともだちをたすけるおばけのジョージー ともだちをたすける感想
まー勝手にやってくれって話ですね。
読了日:10月09日 著者:ロバート ブライト
おだんごころころ (子どもがはじめてであう民話 10)おだんごころころ (子どもがはじめてであう民話 10)感想
ねずみじゃなかった。お地蔵様だった。最初の心構えが不思議だ。
読了日:10月09日 著者:大川 悦生
雨がふったら、どこへいく? (児童図書館・絵本の部屋)雨がふったら、どこへいく? (児童図書館・絵本の部屋)感想
なんかすごい惜しい、なんでだろう?何かが足りない。あるいは過剰。わからないよ。
読了日:10月07日 著者:ゲルダ ミューラー
さよならエルマおばあさんさよならエルマおばあさん感想
わたしの目のなかに きみの目が写り込む きみの目のなかにも わたしが写るなんて 「雲ゆき」クラムボン
読了日:10月07日 著者:大塚 敦子
まほうつかいのむすめまほうつかいのむすめ感想
西洋と東洋の融合。愛と自由だけはって、魔法使いもかわいそうだよね。すべて本に書いてあると信じてしまった。方法論が違うだけかもしれない。永遠の命が手に入れば、すべて解決する。でももしかしたら今を真剣に生きれば、それは永遠である。魔法使いもわかってたんだと思う。いつか自由を求めることを。もともとお金があるから育てただけだし。しょうがないのかな。
読了日:10月07日 著者:アントニア バーバー
あまがえるぴょん (自然きらきら)あまがえるぴょん (自然きらきら)感想
水際にいる方が原始的なカエルかと思ったけど、そんなことはないみたいだ。カエルについての本ってなかなか見てないよね。
読了日:10月07日 著者:七尾 純,久保 秀一
ねこのオーランドー (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)ねこのオーランドー (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)感想
仕事をしっかりしてるから、休日が愉しい。こんな風になりたい。
読了日:10月07日 著者:キャスリーン・ヘイル
60秒のきせき: 子ネコがつくったピアノ曲 (児童図書館・絵本の部屋)60秒のきせき: 子ネコがつくったピアノ曲 (児童図書館・絵本の部屋)感想
愉しいな。
読了日:10月07日 著者:レズリア ニューマン
光の旅 かげの旅 (絵本の部屋―しかけ絵本の本棚)光の旅 かげの旅 (絵本の部屋―しかけ絵本の本棚)感想
すげーなこれ。
読了日:10月07日 著者:アン・ジョナス
消尽したもの消尽したもの感想
それは、いま。
読了日:10月06日 著者:ジル ドゥルーズ,サミュエル ベケット
ツリーハウスがほしいならツリーハウスがほしいなら感想
無限の今を生きてみる。
読了日:10月06日 著者:カーター ヒギンズ
きょうりゅうたちのクリスマス (世界の絵本コレクション)きょうりゅうたちのクリスマス (世界の絵本コレクション)感想
どちらかというと人形な。
読了日:10月06日 著者:ジェイン ヨーレン
もしも…もしも…感想
おとうとなんて いらないわ。
読了日:10月06日 著者:神沢 利子
あのひのクジラあのひのクジラ感想
……みつかるよね。
読了日:10月06日 著者:ベンジー デイヴィス
水は、 (ランドセルブックス)水は、 (ランドセルブックス)感想
空を駆け巡りたい。
読了日:10月06日 著者:山下 大明
ぼくに まかせて!ぼくに まかせて!感想
まだまかせて!って言えない。
読了日:10月06日 著者:デイヴィッド・ウィーズナー
水わく丘―イバラード博物誌〈5〉水わく丘―イバラード博物誌〈5〉感想
こんな世界を私も創りあげたい。そして表現してみたい。
読了日:10月03日 著者:井上 直久
ジパングの岸辺―イバラード博物誌 3ジパングの岸辺―イバラード博物誌 3感想
この世界は最高だ。ずっと逃げ込んでいたい。
読了日:10月03日 著者:井上 直久
魔女にとられたハッピーエンド魔女にとられたハッピーエンド感想
6本の指に気が取られて話が進まない。その指の形じゃ物がつかめないよ。対向指になってないよ。しかも絵でつかんでないよ。抑えてるだけだよ。
読了日:10月03日 著者:キャロル・アン ダフィ

読書メーター

京童ノ口ズサミ 9月分 ニツイテカタルノミ

9月の読書メーター
読んだ本の数:74
読んだページ数:16266
ナイス数:987

星をかった日星をかった日感想
星をかった日、星を買われた日、星を捨てた日、星に見切りをつけた日、いろんな日だね。
読了日:09月28日 著者:井上 直久
電信柱と妙な男電信柱と妙な男感想
箱男!
読了日:09月28日 著者:小川 未明
おつきさま―「グリム童話」よりおつきさま―「グリム童話」より感想
この素晴らしく、絵と文がずれているのは何か意図があるのかな?すごい不思議。意味わからん。
読了日:09月28日 著者:篠原 一郎,本下 いづみ
王さまとよごれた足王さまとよごれた足感想
こうして、新天地で在庫のクツを携えたサラリーマンは高い営業成績を得ることができましたとさ。テッテン パラリノ フー
読了日:09月28日 著者:サリー・ポム クレイトン
ヒト ニ ツイテ (シリーズ子どもたちへ)ヒト ニ ツイテ (シリーズ子どもたちへ)感想
ヒト ハ キョウモ シゴト スル
読了日:09月28日 著者:五味 太郎
ロシアのわらべうたロシアのわらべうた感想
ちと、厳しい。
読了日:09月28日 著者:
うみにはいっぱい―イギリス詩集うみにはいっぱい―イギリス詩集感想
それどころか、地球まるごとのみこんで 宇宙空間にすっとびだし、 地球のやつがふさぎこんで 回ってる 太陽のまわりを泳いで やつがろうかと、思うこともある
読了日:09月28日 著者:
絵本があってよかったな絵本があってよかったな感想
ともだちやの人だ。なんか人を取り違えてた。だからなんか不思議だなって思ったんだ。まー別に誰だっていいんだけど。
読了日:09月27日 著者:内田 麟太郎
ブスのたしなみブスのたしなみ感想
ブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブス ブスブスブスってすごいよ!別にブスだっていいじゃんとはならない。飽きる位にこけおどし。ブスって大変だねってならない。飽きる位に貶してる。ブスね。
読了日:09月27日 著者:カレー沢 薫
WitchenWitchen感想
ひさびさにスズキコージの本気を見た。こういうの好き。よくわからないから。何がいいんだろうね?いいとかわるいとかそういうことでもないと思うけど、何が何だかよくわからないよね。そういう混沌状態に引きずりこまれるからね。こういうのは電子書籍には出来ないと思う。この重さ、厚さ、そしてこの空間。やめられないよね。記念すべき4500冊目!
読了日:09月26日 著者:
ラクガキ・マスター 描くことが楽しくなる絵のキホンラクガキ・マスター 描くことが楽しくなる絵のキホン感想
線と円と立方体と楕円と。練習しようと思う。改めて。時間を作って。暇つぶしに。そして漫画家になるんだ。
読了日:09月26日 著者:寄藤文平
てぶくろくんてぶくろくん感想
うん…。
読了日:09月26日 著者:佐々木マキ
たぬきのぬーたんたぬきのぬーたん感想
つかれるね ってそれだけかよ。
読了日:09月26日 著者:佐々木 マキ
かたつむりみつけたかたつむりみつけた感想
これで訳っていう方も方だし、五味さんだからできることでもあるだろうし、それはそれで、何が何だか、素晴らしい。
読了日:09月26日 著者:トミー・ウンゲラー
いとしのロベルタいとしのロベルタ感想
なんかすげー。この文。この絵。そしてオチ。なんだろう、この魅力。ああ、いとしのロベルタ!
読了日:09月26日 著者:佐々木 マキ
ドングリ・ドングラドングリ・ドングラ感想
もっと運ばれる感が欲しいとこだけど。あるいは年々の侵略とか。
読了日:09月26日 著者:コマヤスカン
てんを おしあげた はなし 中国チワン族のおはなし 620号 (こどものとも)てんを おしあげた はなし 中国チワン族のおはなし 620号 (こどものとも)感想
今は、ロケットを飛ばしてさらに拡げようとしてるしね。どんどんやればいいと思う。
読了日:09月26日 著者:牧野夏子
標本箱〈日記篇〉標本箱〈日記篇〉感想
よくわからんかった。
読了日:09月26日 著者:たむら しげる
所有せざる人々 (ハヤカワ文庫SF)所有せざる人々 (ハヤカワ文庫SF)感想
中途半端だった。二兎を追ったせいで主題があるとすればブレてる。間延びしてる。冗長だ。アップルとペンがあってもアッポーペンになってない。
読了日:09月25日 著者:アーシュラ・K・ル・グィン
決定版 邪馬台国の全解決決定版 邪馬台国の全解決感想
九州だってさ。
読了日:09月24日 著者:孫 栄健
ぼくの ともだち おつきさま (世界の絵本(新))ぼくの ともだち おつきさま (世界の絵本(新))感想
架空社いいね!いい本出してるよ。HPないけど。
読了日:09月24日 著者:アンドレ・ダーハン,きたやま ようこ
月夜の子うさぎ (おはなし広場)月夜の子うさぎ (おはなし広場)感想
きつねに喰われた。
読了日:09月24日 著者:いわむら かずお
はずかしがりやのおつきさん (こどものとも700号記念コレクション20)はずかしがりやのおつきさん (こどものとも700号記念コレクション20)感想
みんな見上げてるしね。
読了日:09月24日 著者:スズキ コージ
おつきさんどうしたの (岩波の子どもの本)おつきさんどうしたの (岩波の子どもの本)感想
あひるがうるさいの。
読了日:09月24日 著者:エドナ・ミッチェル プレストン
ねむいねむいねずみとおつきさまねむいねむいねずみとおつきさま感想
ねむいね。
読了日:09月24日 著者:佐々木 マキ
でてきたよでてきたよ感想
カバからカバン。
読了日:09月24日 著者:佐々木 マキ
どろぼうたちのよるどろぼうたちのよる感想
豆のスープ
読了日:09月24日 著者:佐々木 マキ
どろんこライオン (おはなしパレード)どろんこライオン (おはなしパレード)感想
メランコリー。
読了日:09月24日 著者:佐々木 マキ
エンダーのゲーム (ハヤカワ文庫 SF (746))エンダーのゲーム (ハヤカワ文庫 SF (746))感想
彼らは知っていたよ、エンダー、そして彼らは、どのみち、行ったのだ。彼らは、それがなんのためなのか知っていたのだよ
読了日:09月19日 著者:オースン・スコット・カード
かわいい江戸絵画かわいい江戸絵画感想
そういえば最近美術館へ行っていない。そろそろ行かねば。
読了日:09月19日 著者:
へんなどうぶつ みつけたよへんなどうぶつ みつけたよ感想
発見・報告 佐々木マキ こういう発想が好き。
読了日:09月19日 著者:佐々木 マキ
あそぼうよセイウチあそぼうよセイウチ感想
しょうがないよね。
読了日:09月19日 著者:佐々木 マキ
とりどりのとり (おはなし広場)とりどりのとり (おはなし広場)感想
男性だって!
読了日:09月19日 著者:佐々木 マキ
飛びたかった人たち (たくさんのふしぎ傑作集)飛びたかった人たち (たくさんのふしぎ傑作集)感想
ワシの羽根で作った翼に、ニワトリの羽根が少しまじっていたからだ
読了日:09月19日 著者:佐々木 マキ
おなかが すいたおなかが すいた感想
きつねの目が好き。
読了日:09月19日 著者:佐々木マキ
おとうさんですよおとうさんですよ感想
なんだそれ。
読了日:09月19日 著者:佐々木 マキ
TEDトーク  世界最高のプレゼン術 【実践編】TEDトーク  世界最高のプレゼン術 【実践編】感想
映像を見ないと意味ないね。
読了日:09月17日 著者:ジェレミー・ドノバン
ロデリック:(または若き機械の教育) (ストレンジ・フィクション)ロデリック:(または若き機械の教育) (ストレンジ・フィクション)感想
私の訳は独創的で、素敵でしょっていう感じにイライラを隠せない。ってか面白くない。なんでだろ?SFってこんな投げやりだったっけ?
読了日:09月17日 著者:ジョン・スラデック
星の使者―ガリレオ・ガリレイ星の使者―ガリレオ・ガリレイ感想
ガリレオの考えは間違っているからしょうがないよね。地球の周りを星が回っているんだから。
読了日:09月17日 著者:ピーター シス
りんご ─津軽 りんご園の1年間 (福音館の科学シリーズ)りんご ─津軽 りんご園の1年間 (福音館の科学シリーズ)感想
全自動化すると、生き物って一体なんだ?ってなるよね。
読了日:09月17日 著者:叶内 拓也
ぼくがとぶぼくがとぶ感想
このぶん回した発想とほのぼのとした絵が好き。
読了日:09月17日 著者:佐々木 マキ
あんたがサンタ?あんたがサンタ?感想
それでもサンタ。
読了日:09月17日 著者:佐々木 マキ
TEDトーク 世界最高のプレゼン術TEDトーク 世界最高のプレゼン術感想
疲れていて見習えない。
読了日:09月17日 著者:ジェレミー・ドノバン
つらい時は「やってらんな~い」て叫べばいいのよ (宝島社文庫)つらい時は「やってらんな~い」て叫べばいいのよ (宝島社文庫)感想
叫んだって変わらないけど。
読了日:09月17日 著者:水無 昭善
ハンバーガグー!ハンバーガグー!感想
こっちが1冊目かと思ったら2冊目。編集能力が落ちてる。雑なつくりだぞ。
読了日:09月17日 著者:てぃ先生
超恋愛論超恋愛論感想
いい人は流し読みでも入ってくる。流れがあるから。下手な人は入ってこない。つっかえるから。
読了日:09月17日 著者:吉本 隆明
風に吹かれて豆腐屋ジョニー (セオリーBOOKS)風に吹かれて豆腐屋ジョニー (セオリーBOOKS)感想
ブルーオーシャンだ!
読了日:09月17日 著者:伊藤 信吾
世界で1000年生きている言葉 (PHP文庫)世界で1000年生きている言葉 (PHP文庫)感想
響かないときもある。
読了日:09月17日 著者:田中 章義
依存症がとまらない (講談社文庫)依存症がとまらない (講談社文庫)感想
依存症でもかまわない。
読了日:09月16日 著者:衿野 未矢
地球月光浴地球月光浴感想
満月の下でうつらうつらしたい。
読了日:09月16日 著者:石川 賢治
Little Cloud (Picture Puffins)Little Cloud (Picture Puffins)感想
英語だし。訳わかんねーし。
読了日:09月16日 著者:Eric Carle
ちか100かいだてのいえちか100かいだてのいえ感想
最初から潜った方が…。
読了日:09月16日 著者:いわいとしお
うきわねこうきわねこ感想
ドラゴン食べたかったな。
読了日:09月16日 著者:蜂飼 耳
デブの帝国―いかにしてアメリカは肥満大国となったのかデブの帝国―いかにしてアメリカは肥満大国となったのか感想
肥満がまずいという考えがまずいのかもしれない。肥満なんてブルーオーシャンだ。じゃんじゃん薬を使えるし、ダイエットという名目で食事から運動、あらゆる資本を投入できる。なんてすばらしい世界。無限に拡大しなければならない資本主義の福音だ!それで儲かるならどうでもいいよね、他人が太ってるとか。お金になるし。素晴らしい新世界だ。とことんやってもらいたい。
読了日:09月16日 著者:グレッグ・クライツァー
皿洗いするの、どっち? 目指せ、家庭内男女平等!皿洗いするの、どっち? 目指せ、家庭内男女平等!感想
諦めるしかないよね。妥協の産物として生きるか、グーグルと生きるか。グーグルと生きた方が幸せなのかもしれない。脳内麻薬でごまかして、人工授精で勝手に殖えて。働かなくよくなったら、自由になれるのかな、それとも墜ちて死ぬだけなのかな。皿を使わなければいいんだよね。結局。
読了日:09月16日 著者:山内マリコ
悪魔と私の微妙な関係悪魔と私の微妙な関係感想
ぐずぐず。なんか下手だよね。もっとしゅっとすると思うんだけど。無駄が多い。何かが足りないのか、多いのか。
読了日:09月16日 著者:平山 瑞穂
幻想の地誌学―空想旅行文学渉猟 (ちくま学芸文庫)幻想の地誌学―空想旅行文学渉猟 (ちくま学芸文庫)感想
お前は何がしたい?
読了日:09月16日 著者:谷川 渥
ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)感想
やる気になったら潰しにかからないと。大雑把だけど、方向性が明確になった。細かい資料と時間を確保してブルーオーシャンを泳ぎに行くから。
読了日:09月15日 著者:W・チャン・キム,レネ・モボルニュ
だれも知らないサンタの秘密だれも知らないサンタの秘密感想
小人の善意の無駄遣い
読了日:09月14日 著者:アラン スノウ
フランクリンの空とぶ本やさんフランクリンの空とぶ本やさん感想
でもその本は町から奪ったものでした。
読了日:09月14日 著者:ジェン・キャンベル
セコイア (福音館の科学シリーズ)セコイア (福音館の科学シリーズ)感想
いざ、ハイペリオンの森へ。
読了日:09月14日 著者:ジェイソン・チン
てんこうせいはワニだった! (こぐまのどんどんぶんこ)てんこうせいはワニだった! (こぐまのどんどんぶんこ)感想
ワニの気持ちが書かれてないけど、どうなんだろうね?ニンゲンに合わせるなんて。
読了日:09月14日 著者:おの りえん
生まれた時からアルデンテ生まれた時からアルデンテ感想
言葉がいい、表現がいい、最高だ。なんでこんなに面白いのだろうか。
読了日:09月13日 著者:平野 紗季子
あたらしいともだちあたらしいともだち感想
ここは国境の町だからいい、芸術に国境はないはずだから
読了日:09月13日 著者:トミー ウンゲラー
月のかがく月のかがく感想
望遠鏡で眺めてみたいな。
読了日:09月13日 著者:えびな みつる
つきとあそぼう (至光社国際版絵本)つきとあそぼう (至光社国際版絵本)感想
最近、見上げてないな。
読了日:09月13日 著者:内藤 初穂
まんまるおつきみお月さま (児童図書館・絵本の部屋)まんまるおつきみお月さま (児童図書館・絵本の部屋)感想
そんな気分になれない。
読了日:09月13日 著者:アン ハンター
夜をつけよう夜をつけよう感想
あかりを消したんじゃない。 夜をつけただけのこと。
読了日:09月13日 著者:レイ・ブラッドベリ
ほぉ…、ここが ちきゅうの ほいくえんかほぉ…、ここが ちきゅうの ほいくえんか感想
あの頃が懐かしい。
読了日:09月11日 著者:てぃ先生
さるが いっぴきさるが いっぴき感想
またいっぴき
読了日:09月11日 著者:MAYA MAXX
骨格診断×パーソナルカラー 本当に似合うBestアイテム事典骨格診断×パーソナルカラー 本当に似合うBestアイテム事典感想
自分では決められない。
読了日:09月11日 著者:二神弓子
おおきなおとしもの (ほるぷ海外秀作絵本)おおきなおとしもの (ほるぷ海外秀作絵本)感想
せっかくいい夢見てたのに。
読了日:09月11日 著者:H.C. アンデルセン,ジャン ウォー
あほろくの川だいこ (ポプラ社の創作絵本 6)あほろくの川だいこ (ポプラ社の創作絵本 6)感想
上流の方でも同じことしてたのかな。
読了日:09月11日 著者:岸 武雄
105にんのすてきなしごと105にんのすてきなしごと感想
だんだん、だんだん明らかになっていくこの感じ好きだな。
読了日:09月11日 著者:カーラ カスキン

読書メーター

京童ノ口ズサミ 5月分 ニツイテカタルノミ

5月の読書メーター
読んだ本の数:37
読んだページ数:3527
ナイス数:1081

退屈の小さな哲学 (集英社新書)退屈の小さな哲学 (集英社新書)感想
新書はときどき当たる。それがこれ。すげー良かった。退屈だから。私の人生が退屈だ。やりがいがあるけど退屈だ。なんでだろうって考えてみても退屈だ。退屈に答えなんかないから。退屈だ。でもどうしようもない。退屈だ。アー退屈だ、退屈だ。やることがあっても退屈だ。嫌なもんだな、退屈だ。退屈だ、退屈だ、退屈だ。どうしようもないんだな。
読了日:05月28日 著者:ラース スヴェンセン
くさる (かがくのとも傑作集)くさる (かがくのとも傑作集)感想
仕事にくさってる。人間としてくさってるからな。動物としてくさってる。生き物としてくさってる。難しいな。
読了日:05月28日 著者:なかの ひろたか
ふしぎなえ (安野光雅の絵本)ふしぎなえ (安野光雅の絵本)感想
あんちゃんやっぱりおもしろい。
読了日:05月28日 著者:
空のひしゃく北斗七星 (大型絵本―かがくとなかよし)空のひしゃく北斗七星 (大型絵本―かがくとなかよし)感想
絵はいいんだけど、すげー難しい。だって地球が球体だっていうんだぜ!
読了日:05月28日 著者:E.C. クラップ
ロバのおうじロバのおうじ感想
なんだかなー。私も一芸磨かなきゃ。
読了日:05月28日 著者:グリム兄弟,M.ジーン・クレイグ
フランシスのいえでフランシスのいえで感想
家で何かあったわけではなく、家出だった。
読了日:05月28日 著者:ラッセル・ホーバン
口誦 ドイツ詩集口誦 ドイツ詩集感想
生きててよかった。
読了日:05月26日 著者:
愛することができる人は幸せだ愛することができる人は幸せだ感想
私は幸せなのだろうか。幸せになりたいのだろうか。幸せになれるのだろうか。幸せになりたい。
読了日:05月25日 著者:ヘルマン ヘッセ
ぴかくんめをまわすぴかくんめをまわす感想
ピカドン
読了日:05月25日 著者:松居 直
三びきのこぶた三びきのこぶた感想
山田さんの絵がいい。瀬田さんの訳がいい。こういう本が好き。
読了日:05月25日 著者:山田 三郎
おとなしい めんどりおとなしい めんどり感想
なんで一緒に生きているんだろう。
読了日:05月25日 著者:ポール ガルドン
もしもまほうがつかえたら (センダックの絵本)もしもまほうがつかえたら (センダックの絵本)感想
そうか、センダックか。トランプに負けて素直にけらいになるところが日本と違うよね。
読了日:05月25日 著者:ロバート・グレイブス
ジャムつきパンとフランシスジャムつきパンとフランシス感想
最近ずっとコンビニ弁当だ。
読了日:05月25日 著者:ラッセル・ホーバン,リリアン・ホーバン,まつおかきょうこ
ジェームズ、わたしを撮って!―ハーレムの「輝き」を撮り続けた黒人写真家ジェームズ、わたしを撮って!―ハーレムの「輝き」を撮り続けた黒人写真家感想
結局撮影できる人は凄いのは当たり前で、それに光を当てられる人に私はなりたい。
読了日:05月25日 著者:アンドレア・J. ローニー
海中を飛ぶ鳥 海鳥たちのくらし (月刊たくさんのふしぎ2018年5月号)海中を飛ぶ鳥 海鳥たちのくらし (月刊たくさんのふしぎ2018年5月号)感想
未だに空を飛ぶ感覚がつかめない。
読了日:05月25日 著者:寺沢孝毅
くらやみのゾウ―ペルシャのふるい詩から― (児童図書館・絵本の部屋)くらやみのゾウ―ペルシャのふるい詩から― (児童図書館・絵本の部屋)感想
「人びとが暗やみの中で、あかりのともったろうそくを手にしていれば、ちがう意見を言い立てることもなかっただろう」
読了日:05月15日 著者:ミナ ジャバアービン
キャッツ―ボス猫・グロウルタイガー絶体絶命キャッツ―ボス猫・グロウルタイガー絶体絶命感想
努力は認める。でも読みにくい。声に出してみてほしい。
読了日:05月15日 著者:T.S. エリオット
バナナじけんバナナじけん感想
まちへ向かってどうするのかな?動物園に?それともサーカスへ?
読了日:05月15日 著者:高畠 那生
赤ずきん (岩波の子どもの本)赤ずきん (岩波の子どもの本)感想
最後にかりうどがオオカミのかわを剥ぐけどさ、おなかに石をみんなで詰め込んだのはいやがらせ?結構ひどいことをやてるよね。死ぬのがわかっててやるってどうなんだろうね?
読了日:05月15日 著者:グリム,Bernadette Watts
飛行機しゅっぱつ! (ランドセルブックス)飛行機しゅっぱつ! (ランドセルブックス)感想
この辺自動化進んでないよね。
読了日:05月15日 著者:鎌田 歩
クイズ どうぶつの手と足 (みるずかん・かんじるずかん―金の本)クイズ どうぶつの手と足 (みるずかん・かんじるずかん―金の本)感想
河合雅雄がすごいのは、絵本にしっかり手足の区別を載せていることだ。やっぱり違うよね。それだけで、学術書の入門になる絵本に早変わり。一つ一つの解説に意味があるから。
読了日:05月15日 著者:河合 雅雄
パウル・ツェラン詩文集パウル・ツェラン詩文集感想
これだからドイツ文学は
読了日:05月12日 著者:パウル ツェラン
幸せではないが、もういい (『新しいドイツの文学』シリーズ)幸せではないが、もういい (『新しいドイツの文学』シリーズ)感想
題名以上でも以下でもない。「幸せではないが、もういい」のだ。絶対よくないと思う。
読了日:05月07日 著者:ペーター ハントケ
仕事は99%気配り (朝日新書)仕事は99%気配り (朝日新書)感想
改めてその通りだと思う。気配りもこちらの余裕に影響されるから余裕を持ちたい。
読了日:05月07日 著者:川田 修
働くということ - グローバル化と労働の新しい意味 (中公新書)働くということ - グローバル化と労働の新しい意味 (中公新書)感想
私は何をしたいのだろうか?
読了日:05月07日 著者:ロナルド・ドーア
働くって何だ―30のアドバイス (岩波ジュニア新書)働くって何だ―30のアドバイス (岩波ジュニア新書)感想
なんだこれ。
読了日:05月07日 著者:森 清
「働き方」の教科書:「無敵の50代」になるための仕事と人生の基本「働き方」の教科書:「無敵の50代」になるための仕事と人生の基本感想
お金、やりがい、自己実現。でもさ、それが生きることなんじゃない?
読了日:05月07日 著者:出口治明
20代のための「キャリア」と「仕事」入門 (講談社現代新書)20代のための「キャリア」と「仕事」入門 (講談社現代新書)感想
入門だからゴミみたいな質問にゴミみたいな答えが載ってる。
読了日:05月07日 著者:塩野 誠
会社が正論すぎて、働きたくなくなる 心折れた会社と一緒に潰れるな (講談社+α新書)会社が正論すぎて、働きたくなくなる 心折れた会社と一緒に潰れるな (講談社+α新書)感想
で?
読了日:05月07日 著者:細井 智彦
リアさんて、どんなひと?―― ノンセンスの贈物リアさんて、どんなひと?―― ノンセンスの贈物感想
英語を併記して。
読了日:05月06日 著者:エドワード・リア
和の文化をうけつぐ日本の伝統もよう〈1〉植物・動物のもよう―桜・千鳥ほか和の文化をうけつぐ日本の伝統もよう〈1〉植物・動物のもよう―桜・千鳥ほか感想
なんか今一つ。
読了日:05月06日 著者:
かえるの王女―ロシアのむかしばなしかえるの王女―ロシアのむかしばなし感想
長い。
読了日:05月06日 著者:タチャーナ・マーヴリナ
こねこのぴっち (大型絵本)こねこのぴっち (大型絵本)感想
同じ系統だった。
読了日:05月06日 著者:ハンス・フィッシャー
しりたがりやのちいさな魚のお話しりたがりやのちいさな魚のお話感想
海だよね?
読了日:05月06日 著者:エルサ・ベスコフ
おふろばをそらいろにぬりたいな (岩波の子どもの本)おふろばをそらいろにぬりたいな (岩波の子どもの本)感想
いつもどこかに狂気があるよね。
読了日:05月06日 著者:ルース クラウス
まっくろネリノ (世界の絵本)まっくろネリノ (世界の絵本)感想
自分の土俵に持ち込めばいいだけさ。
読了日:05月06日 著者:ヘルガ=ガルラー
たんじょうび (世界傑作絵本シリーズ)たんじょうび (世界傑作絵本シリーズ)感想
疲れた。
読了日:05月06日 著者:ハンス・フィッシャー

読書メーター

京童ノ口ズサミ 2018.4 ニツイテカタルノミ

4月の読書メーター
読んだ本の数:12
読んだページ数:610
ナイス数:451

桃紅一〇五歳 好きなものと生きる桃紅一〇五歳 好きなものと生きる感想
このゆったりとした流れは一体なんなのだろうか?
読了日:04月29日 著者:篠田 桃紅
神さまが…神さまが…感想
するとシーラは答えた 「死になさい」 シーラは頭のいい子 いつだって的確なアドバイスを言ってくれた 神さまはその忠告どおり 神さまでいることをやめてみた
読了日:04月29日 著者:シンシア ライラント
わたしは名前がない。あなたはだれ? エミリー・ディキンスン詩集わたしは名前がない。あなたはだれ? エミリー・ディキンスン詩集感想
あんまり好きにはなれなかった。なんかのどの奥に何かが詰まってる。
読了日:04月29日 著者:エミリー・ディキンスン
洪水のあとで―ノアたちのその後洪水のあとで―ノアたちのその後感想
なんか変。
読了日:04月29日 著者:アーサー ガイサート
魚にのまれたヨナのおはなし (リトルベル)魚にのまれたヨナのおはなし (リトルベル)感想
なんか不思議。
読了日:04月29日 著者:ピーター スピアー
空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)空がレースにみえるとき (ほるぷ海外秀作絵本)感想
なんかコワイ。
読了日:04月29日 著者:エリノア・ランダー・ホロウィッツ
こんにちはトラクター・マクスくん  (大型絵本)こんにちはトラクター・マクスくん (大型絵本)感想
機械に負けたと考えるかシフトしたと考えるか。大きな波にずっと乗っていかないといけないからね。
読了日:04月29日 著者:ビネッテ・シュレーダー
くさはらのこびと (世界傑作絵本シリーズ―スイスの絵本)くさはらのこびと (世界傑作絵本シリーズ―スイスの絵本)感想
文字が多い。
読了日:04月29日 著者:エルンスト・クライドルフ
せかいいちうつくしいぼくの村 (えほんはともだち)せかいいちうつくしいぼくの村 (えほんはともだち)感想
この としの ふゆ、 むらは せんそうで はかいされ、 いまは もう ありません。
読了日:04月29日 著者:小林 豊
青い花のじゅうたん―テキサス州のむかしばなし (児童図書館・絵本の部屋)青い花のじゅうたん―テキサス州のむかしばなし (児童図書館・絵本の部屋)感想
これで雨が降らなかったらただの犠牲。勝手な行動。結果が伴わなければ意味がないならだれも行動なんてしなくなる。
読了日:04月29日 著者:トミー デパオラ
月刊 たくさんのふしぎ 風はどこからくるのだろう 1990年 04月号(第61号) [雑誌]月刊 たくさんのふしぎ 風はどこからくるのだろう 1990年 04月号(第61号) [雑誌]感想
地球が回っているから。
読了日:04月29日 著者:
いろいろな地図で考えてみよう (地図っておもしろい!)いろいろな地図で考えてみよう (地図っておもしろい!)感想
何を考えようか。
読了日:04月29日 著者:

読書メーター

京童ノ口ズサミ 2018.3 ニツイテカタルノミ

3月の読書メーター
読んだ本の数:68
読んだページ数:4008
ナイス数:1313

スティーヴィー・スミス詩集 (新・世界現代詩文庫)スティーヴィー・スミス詩集 (新・世界現代詩文庫)感想
この人が好きだ。捉え方が好きだ。見方が好きだ。何がいいのか言葉にできない。言葉にできたら、嫌いになってしまうから。
読了日:03月30日 著者:スティーヴィー スミス
サメってさいこう!サメってさいこう!感想
最近、こういうニッチな絵本が増えたよね。分類から種名まで書いてあって、偏った知識が好きな子供が増えているのか、偏った大人が増えているのか。あるいは尖らないと買ってもらえないのか、サメの話なのに常に人間の物語。
読了日:03月30日 著者:オーウェン・デイビー
春/はる春/はる感想
そして うららかな 春
読了日:03月30日 著者:五味 太郎
ねずみとくじら (評論社の児童図書館・絵本の部屋)ねずみとくじら (評論社の児童図書館・絵本の部屋)感想
言葉が多い。絵が良いのだから、もっと無駄を省けばいいのに。瀬田さんの訳にしても冗長だ。
読了日:03月30日 著者:ウィリアム・スタイグ
キュビスムって、なんだろう? (図鑑:はじめてであう世界の美術)キュビスムって、なんだろう? (図鑑:はじめてであう世界の美術)感想
最近絵画とか見てないし、なんかただ生きてるし、死んだも同然だな。心が洗われよう。
読了日:03月30日 著者:
巨人の花よめ (世界のむかしばなし絵本シリーズ)巨人の花よめ (世界のむかしばなし絵本シリーズ)感想
ただ嫁に欲しいって言っただけだよね?搾り取って、裏切り、殺す必要はある?ヒトだよね、やっぱり。利用できるものは利用する。そして使い捨て。だからこそスウェーデンの人は変わろうと今努力しているのかもしれない。
読了日:03月30日 著者:菱木晃子
モダニズムって、なんだろう? (図鑑:はじめてであう世界の美術)モダニズムって、なんだろう? (図鑑:はじめてであう世界の美術)感想
名前を付けられて、縛られる。名前がないと呼べないから。芸術家の人はそれでいいのかな?新しい表現を見出したと思ったらそれは既に過去。あるいはただの類型。そんなことでいいのかな。
読了日:03月30日 著者:
ぼくらはごりらぼくらはごりら感想
これアマゾンにないのかな?登録しなくちゃいけないのかな?
読了日:03月30日 著者:小風 さち
トラベッド (福音館創作童話シリーズ)トラベッド (福音館創作童話シリーズ)感想
自己実現の欲求で止まっているけど、まだ満たされていない。
読了日:03月30日 著者:角野 栄子
旅の絵本 (安野光雅の絵本)旅の絵本 (安野光雅の絵本)感想
わたしはどこにいるのだろう?どこにいきたいのだろう?どこからきたのだろう?わからないよ。それでもまっすぐ歩いていくのだと思う。もう一杯お酒をいただこうかな。
読了日:03月27日 著者:
あなはほるもの おっこちるとこ―ちいちゃいこどもたちのせつめい (岩波の子どもの本)あなはほるもの おっこちるとこ―ちいちゃいこどもたちのせつめい (岩波の子どもの本)感想
よるは ながめていると いろんなものが みえてることを ゆめって いうんだよ
読了日:03月27日 著者:ルース クラウス
金のニワトリ (岩波の子どもの本)金のニワトリ (岩波の子どもの本)感想
すげー長い。ってかむずい。でもいいたいことはわからない。誰が幸せになったの?不幸なの?野望を打ち破ったけど、それは幸せの一歩につながったのかな?難しいところだ。ニワトリ飼いたい。屋根の上でコケコッコー言ってほしい。そう、ひつじのショーンのように。
読了日:03月27日 著者:エレーン ポガニー
ゆうびん・手紙のひみつをたんけん! (おもしろい! 楽しい! うれしい! 手紙)ゆうびん・手紙のひみつをたんけん! (おもしろい! 楽しい! うれしい! 手紙)感想
いずれメールに代わるモノ
読了日:03月27日 著者:スギヤマ カナヨ
へそとり  ごろべえ (復刊傑作絵本 ことばと詩のえほん)へそとり ごろべえ (復刊傑作絵本 ことばと詩のえほん)感想
哺乳類の否定かな?カミナリ様もそうだけど、へそが取られて困ることって実際なんなの?母親との繋がり?卵から生まれた証明?実際いらないよね。
読了日:03月27日 著者:赤羽 末吉
つきのぼうや (世界傑作絵本シリーズ)つきのぼうや (世界傑作絵本シリーズ)感想
イルカ、ゾウ、チンパンジー。共通するのは鏡に書いた落書きを消そうとすること。ツキも所詮その程度か。
読了日:03月27日 著者:イブ・スパング・オルセン
日本の戦争と動物たち〈1〉戦場に連れていかれた動物たち日本の戦争と動物たち〈1〉戦場に連れていかれた動物たち感想
イルカ爆弾が載ってなかった。あれはアメリカ軍だっけ?
読了日:03月26日 著者:東海林 次男
お仕事ナビ〈13〉ライフラインを支える仕事―発電所・高速道路・水道局・清掃工場 (キャリア教育支援ガイド)お仕事ナビ〈13〉ライフラインを支える仕事―発電所・高速道路・水道局・清掃工場 (キャリア教育支援ガイド)感想
電源開発の佐藤さんやべー。記載されてる1日が20日続いたら残業時間100時間を軽く超える!現実を載せた方が親切か、騙した方が親切なのかわからないな。
読了日:03月26日 著者:
しくみがまるわかり! 骨のビジュアル図鑑しくみがまるわかり! 骨のビジュアル図鑑感想
何も出て来なかったのがね。
読了日:03月24日 著者:ベン・モーガン,スティーブ・パーカー
うちゅうはきみのすぐそばに (福音館の科学シリーズ)うちゅうはきみのすぐそばに (福音館の科学シリーズ)感想
だからこそ這いつくばって生きるのだ。
読了日:03月24日 著者:いわや けいすけ
みるなのくら (日本傑作絵本シリーズ)みるなのくら (日本傑作絵本シリーズ)感想
見なけりゃ林の中で呆けたように騙されて生きていたんだね。どっちがいいのかな。夢の中で幸せな地獄と起きていて不幸な天国と。
読了日:03月24日 著者:おざわ としお
はるにれ (日本傑作絵本シリーズ)はるにれ (日本傑作絵本シリーズ)感想
根本でお昼寝するんだ。
読了日:03月24日 著者:
おかあさんとさくらの木おかあさんとさくらの木感想
これなんかすごく怖い。
読了日:03月24日 著者:柴 わらし
歯いしゃのチュー先生 (児童図書館・絵本の部屋)歯いしゃのチュー先生 (児童図書館・絵本の部屋)感想
捕まえりゃいいのに。
読了日:03月24日 著者:ウィリアム スタイグ
おひゃくしょうとえんまさま(中国民話) (「こどものとも」人気作家のかくれた名作10選)おひゃくしょうとえんまさま(中国民話) (「こどものとも」人気作家のかくれた名作10選)感想
どうもりのじいさんは何者なの?
読了日:03月24日 著者:君島 久子
へびのクリクターへびのクリクター感想
たぶんこうふう母親だから、むすこはブラジルでヘビの研究をしているのだと思う。
読了日:03月23日 著者:トミー・ウンゲラー
まんげつのよるまでまちなさいまんげつのよるまでまちなさい感想
読んでた。
読了日:03月23日 著者:マーガレット・ワイズ・ブラウン
ロバのシルベスターとまほうのこいし (評論社の児童図書館・絵本の部屋)ロバのシルベスターとまほうのこいし (評論社の児童図書館・絵本の部屋)感想
圧倒的な閑暇に身を任せて呆然としたい。
読了日:03月23日 著者:ウィリアム・スタイグ
雨、あめ (児童図書館・絵本の部屋)雨、あめ (児童図書館・絵本の部屋)感想
大雨の中、疾走したい。
読了日:03月23日 著者:ピーター・スピアー
はけたよはけたよ (創作えほん 3)はけたよはけたよ (創作えほん 3)感想
バランスか。
読了日:03月23日 著者:神沢 利子
月のしかえし月のしかえし感想
オオカミになりたい。
読了日:03月23日 著者:ジョーン エイキン
どれがぼくか わかる? (世界の絵本)どれがぼくか わかる? (世界の絵本)感想
わかんねーよ。
読了日:03月23日 著者:カーラ=カスキン
風さん風さん感想
花粉を飛ばさないでおくれ
読了日:03月23日 著者:ジビュレ・フォン オルファース
ちょうちょのくにちょうちょのくに感想
貴族で、修道院で、心がここに在らず、こんな世界を飛び回っていたのかもしれない。縛られるのもまた一興。
読了日:03月17日 著者:ジビュレ・フォン・オルファース
ゆきのおしろへゆきのおしろへ感想
「かえってきたのね マリーレンちゃん!」って帰ってこない選択肢もあったかのような。宗教画だからかなー。怖いんだけど。
読了日:03月17日 著者:ジビュレ・フォン オルファース
森のおひめさま森のおひめさま感想
読めば読むほど、見れば見るほど、裏があるような絵にしか見えない。なぜだろうか。こんなにふんわりした訳なのに、それがしっくりこない。そこに違和感がある。だから魅力に見える。
読了日:03月17日 著者:ジビュレ・フォン オルファース
うさぎのくにへうさぎのくにへ感想
「うさぎのくにへ」行ったはずなのに、気づいたら訳者の人からシュタイナーの国へ行っていた。何かが弾ける音がした。
読了日:03月17日 著者:ジビュレ・フォン・オルファース
根っこのこどもたち目をさます根っこのこどもたち目をさます感想
「ねっこぼっこ」の方が訳が上手い。絵に合っている。幸せな気持ちになれる。能力の差が出るってつらいものだな。これほどまでの差を見せつけらるとは。見えなければ幸せだったのに。
読了日:03月17日 著者:ヘレン・ディーン フィッシュ
愛された人形たち愛された人形たち感想
私のウサギちゃんの名前はなんだったっけ?
読了日:03月17日 著者:市川 里美
あかいチョウチョあかいチョウチョ感想
たぶんこういう子が「バッタを倒しにアフリカへ」行くんだと思う。
読了日:03月17日 著者:市川 里美
お祭りにいけなかったもみの木お祭りにいけなかったもみの木感想
不思議な感覚。死んで華を咲かすって。
読了日:03月17日 著者:市川 里美
いい子になれって いわないでいい子になれって いわないで感想
こういう何か一つでも好きな事がないと生きていくのが大変だからな。
読了日:03月17日 著者:M.P. ダニノス
アフリカへいったクマアフリカへいったクマ感想
大型食肉目としてのクマの地位にならライオンがいるしね。サバンナという環境では動きが敏捷である必要があるし。私もキリンの背に乗って走りたい。
読了日:03月17日 著者:市川 里美
プレヴェール詩集 (岩波文庫)プレヴェール詩集 (岩波文庫)感想
すごい良かった。なんか幸せな気持ちになれた。生きていきたいと思った。この人の毒が好き。チクっと刺す感じ。私もこうありたいと思った。言葉って素敵だ。私も言葉を追求したい。
読了日:03月16日 著者:ジャック・プレヴェール
ジブリの教科書〈1〉風の谷のナウシカ (文春ジブリ文庫)ジブリの教科書〈1〉風の谷のナウシカ (文春ジブリ文庫)感想
映画はどうでもいいよ。漫画について論じたい。
読了日:03月16日 著者:
ねっこぼっこねっこぼっこ感想
この人もう少し探そうと思う。
読了日:03月16日 著者:ジビュレ・フォン オルファース
春のうたがきこえる春のうたがきこえる感想
野原でお昼寝してみたい
読了日:03月16日 著者:市川 里美
ちのはなし (かがくのとも絵本)ちのはなし (かがくのとも絵本)感想
血。
読了日:03月16日 著者:堀内 誠一
やこうれっしゃ (こどものとも傑作集)やこうれっしゃ (こどものとも傑作集)感想
背中がバキバキになりそうで無理。
読了日:03月16日 著者:西村 繁男
トラー木にのぼる (クマのプーさんえほん (11))トラー木にのぼる (クマのプーさんえほん (11))感想
イーヨー
読了日:03月16日 著者:A.A.ミルン
くまくんのおともだち (世界傑作童話シリーズ―はじめてよむどうわ 3)くまくんのおともだち (世界傑作童話シリーズ―はじめてよむどうわ 3)感想
モーリスセンダックか。かいじゅうたちのいるところだな。クマだってかいじゅうだし。
読了日:03月16日 著者:E.H.ミナリック
ねずみじょうどねずみじょうど感想
きっと変換価値が異なるんだな。
読了日:03月16日 著者:瀬田 貞二
ペトラルカ 無知について (岩波文庫)ペトラルカ 無知について (岩波文庫)感想
私をバカにするやつは許さないぞ!って気持ちが前面にでてて清々しい。「わたしは無学だが善良な人間。」私は賢いぞ。みんなそう言ってる。でもお前たちは私をバカにする。そんなこと許さないぞ!でもいいもん。無学だもん。でも善良だから。善良こそすべてだから。だってセネカも言ってるし。とかなんかすげー幼稚園児。なんかすげー幼稚園児。そういってる私はなんだろうって思うけど、この人すごい。やっぱり60歳で一周して赤ちゃんに戻ったからかな。なんかすげー知ってる知識だけでこんなに風に、私をバカにするやつは許さないぞ!
読了日:03月16日 著者:ペトラルカ
「牛が消えた村」で種をまく: 「までい」な村の仲間とともに (それでも「ふるさと」)「牛が消えた村」で種をまく: 「までい」な村の仲間とともに (それでも「ふるさと」)感想
しょうがないよね。科学技術の勝利なんだから。欲しいものがすぐに手にはいるなら、それなりの対価を払わなきゃ。リスクを取らなきゃリターンはないでしょ。誰かが払うんだよ。私じゃないことを祈るだけ。しょうがないよね。資本主義なんだし。何が嫌だって自分の生まれたという時点で生まれた世界から出る自由がないんだよね。最初から縛られている。でもさ。適者生存がそもそものルールなんだから何をしたって生きのりゃなきゃ。なんのために生きてるんだろうか。その質問に意味がないのかな。いわゆる言葉遊びさ。
読了日:03月11日 著者:
おにぎり (幼児絵本シリーズ)おにぎり (幼児絵本シリーズ)感想
食べたいな。
読了日:03月11日 著者:平山 英三
「三十歳までなんか生きるな」と思っていた「三十歳までなんか生きるな」と思っていた感想
やっぱこういう人好き。私には時間がないから。実力がないから。野望があるから。困ったな。このままだと順調に世界が変わってしまう。
読了日:03月11日 著者:保坂 和志
異端教祖株式会社 (白水Uブックス)異端教祖株式会社 (白水Uブックス)感想
日本語で書いてあると思うんだけど、さっぱりわからなかった。まだまだ私は普通なのかもしれない。シュールリアリズムって形而上学だよね。デカルト哲学に書いてあったけど、ウィキペディアには載ってない…。実学を超えたところにある。ロシアの誰かも超人って人を超えた存在を希求していたけどさ、超えたか、ずれたか、はずれたかなんてわからないよね。勝手な判断で狂わせるな!って思うし。世界ってそういうものなのかもしれない。だからこれからオキシクリーンで漂白するんだ。
読了日:03月11日 著者:ギヨーム アポリネール
さかさま (安野光雅の絵本)さかさま (安野光雅の絵本)感想
さかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかささかさままさかさ
読了日:03月04日 著者:安野 光雅
二ひきのこぐま二ひきのこぐま感想
これすげーな。
読了日:03月04日 著者:イーラ
ものいうほねものいうほね感想
こんにちわ。
読了日:03月04日 著者:ウィリアム・スタイグ
せんろはつづくよ (岩波の子どもの本)せんろはつづくよ (岩波の子どもの本)感想
そうか、太平洋か!
読了日:03月04日 著者:マーガレット・ワイズ ブラウン
おやすみ みみずく (ハッチンスの絵本)おやすみ みみずく (ハッチンスの絵本)感想
私も眠いや。
読了日:03月04日 著者:パット=ハッチンス
そのやり方では、もう部下はついてこない!  指導・育成の新ルール33そのやり方では、もう部下はついてこない! 指導・育成の新ルール33感想
大丈夫、今までもついてきた人いないでしょ。
読了日:03月04日 著者:伊東 明
じてんしゃにのるひとまねこざる (大型絵本)じてんしゃにのるひとまねこざる (大型絵本)感想
黄色い帽子のおじさんはジョージが家にいなかったのにサーカスに来ている事実って指摘してはいけない気がする。
読了日:03月04日 著者:H.A.レイ
おさるのジョージパンケーキをつくるおさるのジョージパンケーキをつくる感想
黄色い帽子のおじさんになりたい。
読了日:03月04日 著者:
きちょうめんななまけものきちょうめんななまけもの感想
見えてるときだけなまけもの
読了日:03月04日 著者:ねじめ 正一
デカルトの哲学デカルトの哲学感想
全ては波なんだ!
読了日:03月04日 著者:小泉 義之
人を動かす 新装版人を動かす 新装版感想
人と会えば有効だ。人と会えないなら無用だ。人と会おうと思う。間違っている諸先輩方を反例に動かして行こう。ってかわかりやすく失敗していて面白い。動いたかどうかで判断できるから活かしやすいと思う。
読了日:03月04日 著者:デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博
紙の民紙の民感想
断片的で、惹かれる言葉に満ちている。
読了日:03月04日 著者:サルバドール プラセンシア

読書メーター

京童ノ口ズサミ 1月分 ニツイテカタルノミ

1月の読書メーター
読んだ本の数:53
読んだページ数:7572
ナイス数:1293

朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」―――睡眠専門医が教えるショートスリーパー入門朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」―――睡眠専門医が教えるショートスリーパー入門感想
睡眠時間を削ってまでやりたいことがある人が羨ましい。私は寝ることがすべてだ。傍を楽にしているか、寝ているかのどちらかだから。そう思いこんでいるだけだろうか。
読了日:01月31日 著者:坪田 聡
Last Trapper 最後の狩人 (世界の絵本コレクション)Last Trapper 最後の狩人 (世界の絵本コレクション)感想
大都会万歳。私には生きられない世界。欲しいものが明日には届き、常に温かいベッドと帰って寝るだけの仕事。なにやってるんだろうか。
読了日:01月31日 著者:ニコラ ヴァニエ
じごくのそうべえ (童心社の絵本)じごくのそうべえ (童心社の絵本)感想
結局一芸をもって人生を愉しめばいいんだよね。
読了日:01月31日 著者:田島 征彦
あめのひ (世界傑作絵本シリーズ・アメリカの絵本)あめのひ (世界傑作絵本シリーズ・アメリカの絵本)感想
あめのひは嫌いだ。
読了日:01月31日 著者:ユリー・シュルヴィッツ
おやゆびこぞう―グリム童話おやゆびこぞう―グリム童話感想
なにいってんだい。あんたは、たらふくたべたろう。ぼくだって、ゆかいに やりたいのさ
読了日:01月31日 著者:グリム
かずあそびウラパン・オコサ (絵本・こどものひろば)かずあそびウラパン・オコサ (絵本・こどものひろば)感想
あたまがぐっちゃぐちゃになるから苦手。
読了日:01月31日 著者:谷川 晃一
世界はまるい世界はまるい感想
またここに帰ってくる。言葉を突き詰めるとここにくるのかもしれない。
読了日:01月31日 著者:ガートルード・スタイン
酒呑童子 (日本の物語絵本)酒呑童子 (日本の物語絵本)感想
鬼の生存権の侵害だよね。
読了日:01月25日 著者:川村 たかし
ゼラルダと人喰い鬼 (評論社の児童図書館・絵本の部屋)ゼラルダと人喰い鬼 (評論社の児童図書館・絵本の部屋)感想
これはどういう意味なの?
読了日:01月25日 著者:トミー・ウンゲラー
鬼ぞろぞろ (赤羽末吉の絵本)鬼ぞろぞろ (赤羽末吉の絵本)感想
流石ぽっぺん先生!うまくかわした。
読了日:01月25日 著者:舟崎 克彦
神の道化師神の道化師感想
何も言えない。
読了日:01月25日 著者:トミー・デ・パオラ
ダチョウのくびはなぜながい?―アフリカのむかしばなしダチョウのくびはなぜながい?―アフリカのむかしばなし感想
ラマルクの説によると、そう望んだから。
読了日:01月25日 著者:ヴァーナ アーダマ
せかいいち おいしいスープ (大型絵本)せかいいち おいしいスープ (大型絵本)感想
がらがらどんの人だ!面白いわけだ。
読了日:01月25日 著者:マーシャ・ブラウン
いわしくんいわしくん感想
大羽鰯の大漁だ 浜は祭りのようだけど、 海の中では何万の 鰯の弔いするだろう
読了日:01月25日 著者:菅原 たくや
年はとるな (文春文庫 つ 11-24)年はとるな (文春文庫 つ 11-24)感想
頑張る前にこれを読むといいんだよね。気が抜けるから。ニッチな世界を独占してるよね。北大路先生と対談してほしい。
読了日:01月24日 著者:土屋 賢二
HUNTER×HUNTER ハンター×ハンター  コミック1-34巻 セットHUNTER×HUNTER ハンター×ハンター コミック1-34巻 セット感想
20巻くらいからだけど。頭痛い。
読了日:01月21日 著者:冨樫義博
封神演義 全23巻完結 (ジャンプ・コミックス) [マーケットプレイスセット]封神演義 全23巻完結 (ジャンプ・コミックス) [マーケットプレイスセット]感想
今は無料で全部読めるんだね。昔はブックオフで立ち読みだったけど、ベッドで微睡むことができる。時代の流れって恐ろしい。
読了日:01月21日 著者:藤崎 竜
ヴェルレーヌ詩集 (新潮文庫)ヴェルレーヌ詩集 (新潮文庫)感想
よかったよ。
読了日:01月18日 著者:ヴェルレーヌ
人生を変えてくれたペンギン 海辺で君を見つけた日人生を変えてくれたペンギン 海辺で君を見つけた日感想
学校の現地スタッフは私を変なイギリス人(エル・ロコ・イングレス)と呼んでいたそうだ。ばかにしていたわけではなく、とまどいながらも面白がっていたのだろう。
読了日:01月18日 著者:トム・ミッチェル
新装版 封神演義 ナージャと りゅうおう (講談社の創作絵本)新装版 封神演義 ナージャと りゅうおう (講談社の創作絵本)感想
死んだり生き返ったり大変だな。漫画読みたい。この本の紙がいい。なんか違う。面白い。
読了日:01月18日 著者:唐 亜明
月はどうしてできたか―グリム童話より (評論社の児童図書館・絵本の部屋)月はどうしてできたか―グリム童話より (評論社の児童図書館・絵本の部屋)感想
最初の自己紹介が気になる。ほんとは何かに活用されているはずだ。せっかく名乗り出たのに意味がないとはグリムではない。
読了日:01月18日 著者:ジェームズ・リーブズ
かぞくのヒミツかぞくのヒミツ感想
それから、石ころコレクションをみせてもらって、
読了日:01月18日 著者:イソール
ハシビロコウのはっちゃん (ひまわりえほんシリーズ)ハシビロコウのはっちゃん (ひまわりえほんシリーズ)感想
サッちゃんはね サチコっていうんだ ほんとはね
読了日:01月14日 著者:よしだ あつこ
自分のついた噓を真実だと思い込む人 (朝日新書)自分のついた噓を真実だと思い込む人 (朝日新書)感想
それは嘘ではない。
読了日:01月14日 著者:片田珠美
隠れアスペルガーという才能 (ベスト新書)隠れアスペルガーという才能 (ベスト新書)感想
嫌いな人はずっと嫌いだし、好きな人は嫌いになる。無関心が一番だ。
読了日:01月14日 著者:吉濱 ツトム
電通「鬼十則」 (PHP文庫)電通「鬼十則」 (PHP文庫)感想
作者が電通ですらないっていう…。
読了日:01月14日 著者:植田 正也
めざめるめざめる感想
これすごいいい!最高だと思う。結局言葉にできてないけど。
読了日:01月14日 著者:阿部 海太
今こそアーレントを読み直す (講談社現代新書)今こそアーレントを読み直す (講談社現代新書)感想
アーレントについてまとめることで、アーレントの目指した世界から遠ざかる矛盾。私もハンナのようになりたいから。でも現実はアイヒマンのようにユダヤ人を運搬してる。
読了日:01月14日 著者:仲正 昌樹
穴  HOLES (講談社文庫)穴 HOLES (講談社文庫)感想
私も毎日穴を掘ってる。目的はわからない。でも創ることはできる。
読了日:01月14日 著者:ルイス・ サッカー
深い穴に落ちてしまった深い穴に落ちてしまった感想
だから穴に落ちたと思おう。
読了日:01月11日 著者:イバン・レピラ
あべ弘士の生きものがたり カワセミとヒバリとヨタカ: ぴっかぴかえほんあべ弘士の生きものがたり カワセミとヒバリとヨタカ: ぴっかぴかえほん感想
とりも とりどり。
読了日:01月11日 著者:あべ 弘士
あな (こどものとも傑作集)あな (こどものとも傑作集)感想
なかなか いい あなが できたな
読了日:01月11日 著者:谷川 俊太郎
なまけ者のさとり方 PHP文庫なまけ者のさとり方 PHP文庫感想
もしかしたら、何かしらの宗教や指導者だったりする人は結局こういうさとりの境地に達するのかもしれない。そして周りがもてはやして、今の世の中になっているのだろう。だから私ができるのは愛することだけだ。感化されることだけだ。閑暇に身を任せて、怠けるだけなのだ。最後に一番大事なことを「私はなまけ者です」
読了日:01月08日 著者:タデウス・ゴラス
生きる職場 小さなエビ工場の人を縛らない働き方生きる職場 小さなエビ工場の人を縛らない働き方感想
パートさんはそうだよね。でもさ、正社員はどうしようもないよね。人数が少ないから?やることが限られているから?間違ってはいないし、成功例なんだろうけど、敷衍しにくいよね。縛られた方が自由なこともあるのだろう。すべてが自由だと自分で決めなきゃいけないから私は嫌いだ。
読了日:01月07日 著者:武藤北斗
「めんどくさい」がなくなる台所「めんどくさい」がなくなる台所感想
別にめんどくさくないことに気づいた。
読了日:01月07日 著者:足立 洋子
木はいいなあ木はいいなあ感想
伐採してくれる。
読了日:01月07日 著者:ジャニス=メイ=ユードリイ
ギルガメシュ王のたたかい (大型絵本)ギルガメシュ王のたたかい (大型絵本)感想
イシュタールはなんなの?
読了日:01月07日 著者:ルドミラ・ゼーマン
いぬとかりゅうどいぬとかりゅうど感想
難しいね。肉や魚に大豆に野菜。彼らに情けをかけたら生きていけない。
読了日:01月07日 著者:ブライアン ワイルドスミス
あたし、ねむれないの (世界の絵本)あたし、ねむれないの (世界の絵本)感想
だったら、起きていればいい。
読了日:01月07日 著者:カイ=ベックマン
彼の手は語りつぐ彼の手は語りつぐ感想
AIが奴隷になったら幸せになれるのかな?
読了日:01月07日 著者:パトリシア ポラッコ
ベンチマーキング入門(新版ベンチマーキングとは何か)―ベストプラクティスの追求とナレッジマネジメントの実現ベンチマーキング入門(新版ベンチマーキングとは何か)―ベストプラクティスの追求とナレッジマネジメントの実現感想
わからん。
読了日:01月07日 著者:高梨 智弘
ベンチマーキングがわかる本ベンチマーキングがわかる本感想
一言で書けよ。
読了日:01月07日 著者:日本能率協会
深海のYrr 〈下〉  (ハヤカワ文庫 NV シ 25-3)深海のYrr 〈下〉 (ハヤカワ文庫 NV シ 25-3)感想
大丈夫、人間そろそろ滅びるから。
読了日:01月05日 著者:フランク・シェッツィング
深海のYrr 〈中〉  (ハヤカワ文庫 NV シ 25-2)深海のYrr 〈中〉 (ハヤカワ文庫 NV シ 25-2)感想
大丈夫、次はエネルギーを深海に求めるから。
読了日:01月05日 著者:フランク・シェッツィング
深海のYrr 〈上〉  (ハヤカワ文庫 NV シ 25-1)深海のYrr 〈上〉 (ハヤカワ文庫 NV シ 25-1)感想
大丈夫、現実に深海の流れは止まるから。
読了日:01月05日 著者:フランク・シェッツィング
地獄の季節 (岩波文庫)地獄の季節 (岩波文庫)感想
意味がわかるの意味ってなんだろうね。
読了日:01月05日 著者:ランボオ
アイデアのつくり方アイデアのつくり方感想
間違ってはいない。ただ、そうじゃない。
読了日:01月05日 著者:ジェームス W.ヤング
脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 (幻冬舎新書)脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 (幻冬舎新書)感想
出し続ける方法は書かれていなかった。
読了日:01月05日 著者:中野 信子
すべての疲労は脳が原因 (集英社新書 829I)すべての疲労は脳が原因 (集英社新書 829I)感想
脳が原因だからこうすれば疲れないっていう方法を教授するものではなかった。
読了日:01月05日 著者:梶本 修身
仕掛学仕掛学感想
気づかないうちに進むっていいよね。私もそういう仕掛けを今後かけていくから。
読了日:01月05日 著者:松村 真宏
「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書)「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書)感想
幻想に囚われた方が幸せなことが多い。
読了日:01月05日 著者:森博嗣
広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由―フェルミのパラドックス広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由―フェルミのパラドックス感想
ジョディ・フォスターすごい好き。
読了日:01月05日 著者:スティーヴン ウェッブ
斜線 方法としての対角線の科学 (講談社学術文庫)斜線 方法としての対角線の科学 (講談社学術文庫)感想
突っ切ってやる。
読了日:01月05日 著者:ロジェ・カイヨワ

読書メーター

京童ノ口ズサミ 2017年 ニツイテカタルノミ

2017年の読書メーター
読んだ本の数:459
読んだページ数:61041
ナイス数:11930

恐るべき子供たち (光文社古典新訳文庫)恐るべき子供たち (光文社古典新訳文庫)感想
誰が誰だかわからないよ。そしてやっぱり忙しさは心を蝕んでいる。人を楽にしているか、寝ているか。それだけじゃダメなんだね。
読了日:12月05日 著者:コクトー
かわせみのマルタンかわせみのマルタン感想
長い。無理。
読了日:12月05日 著者:リダ フォシェ
ギルガメシュ王ものがたり (大型絵本)ギルガメシュ王ものがたり (大型絵本)感想
芸術を通して、新しい美と、そして究極においては、新しい生き方を創りだすことほど、芸術家にとって、努力を要する重大な、そして同時に、よろこばしい仕事は他にない。
読了日:12月05日 著者:ルドミラ・ゼーマン
雄羊 (ちくま学芸文庫)雄羊 (ちくま学芸文庫)感想
さっぱりわからん。最近読み物の意味がなくなってきた。だって集中できないんだもん。意識を連続的に保てない。なんか生きてる。そんな気分。
読了日:12月05日 著者:ジャック デリダ
書きこみ教科書詳説世界史―世界史B書きこみ教科書詳説世界史―世界史B感想
やっと書き終わった!2年と15日かかった。バラバラな歴史の断片集。これから1つにまとめていくから。地理と歴史は切り離せないし、国ごとに見ていかないと意味ないよね。長かった。ただの苦行だよ。これ繋がってないからわからないんだよね。世界史ってこうやって学ぶなら暗記科目になるわけだ。なぜ?がないんだもん。なんでこの人戦争しかけたのだろう?なぜ死んだの?注釈がもしかしたら歴史の一番のおもしろさなのかもしれない。だから私は「書き込み世界史  編:石井栄ニ 注釈:魚京童」を作るのだ。
読了日:11月02日 著者:
悪人礼賛―中野好夫エッセイ集 (ちくま文庫)悪人礼賛―中野好夫エッセイ集 (ちくま文庫)感想
いいこと書いてる。問題は一般受けしないことだな。一般受けしないとゴミだからな。これが資本主義だ。資本主義万歳!民主主義は衆愚政治に陥るっていうけど、まだ私には答えが出ていない。だからまーこうして一般受けしていない本が好きなんだろう。この人面白い。エッセイだから適当に読んでそれで終わりなのがつらい。最近時間がない。時間は作るものであるから、余裕がない。あるいはやる気がない。ただそれだけの話さ。
読了日:11月02日 著者:中野 好夫
謎の漢字 - 由来と変遷を調べてみれば (中公新書)謎の漢字 - 由来と変遷を調べてみれば (中公新書)感想
JISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJISJIS この人〄のまわしもんだよ。ひっとらえー!って感じ。
読了日:11月02日 著者:笹原宏之 著
ラ・タ・タ・タム―ちいさな機関車のふしぎな物語 (大型絵本)ラ・タ・タ・タム―ちいさな機関車のふしぎな物語 (大型絵本)感想
これはなんか含んでいるのかな。それとも私の考えすぎなのかな。わからいよ。なんか変。おかしいよ。モヤモヤしてる。それをうまく言葉にできない。
読了日:11月02日 著者:ペーター・ニクル
魔法のホウキ (The Best 村上春樹の翻訳絵本集)魔法のホウキ (The Best 村上春樹の翻訳絵本集)感想
これいいね。春樹はいい目をしている。それを見つけた私もいい目をしているといいな。
読了日:10月01日 著者:クリス・ヴァン・オールズバーグ
ぜったいひとつだからね (チャーリーとローラ)ぜったいひとつだからね (チャーリーとローラ)感想
これ難しい。
読了日:10月01日 著者:ローレン チャイルド
ビロードのうさぎビロードのうさぎ感想
私のうさぎは元気でやっているだろうか、それとも部屋の奥で眠っているのだろうか。
読了日:10月01日 著者:マージェリィ・W. ビアンコ
しあわせな いぬに なるには: にんげんには ないしょだよ! (児童書)しあわせな いぬに なるには: にんげんには ないしょだよ! (児童書)感想
幸せってなんだっけ?
読了日:10月01日 著者:ジョー ウィリアムソン
ささやかだけど忘れられないいくつかのことささやかだけど忘れられないいくつかのこと感想
たぶん本谷さんはこの辺に行き着くのかもしれない。別に悪くないさ。私の気持ちが乗っていないだけ。世界から無駄が消えたら私の存在価値ってあるのだろうか?そんなことを考えながら断捨離をしている。人間って不思議だ。怯んだら負けだ。捨てられない。一気果断に捨てて行かなければ。部屋には何もいらない。私がいればそれでいいのだ。
読了日:09月30日 著者:メリッサ バンク
心が折れる職場 (日経プレミアシリーズ)心が折れる職場 (日経プレミアシリーズ)感想
まー予想通りにゴミ。まとめてない。ただの愚痴。現状をただ眺めて終わり。どうしたいんだろうね?いいじゃん折れれば、骨折だって折れることで次回折れなくなる。培養土の中で生きられないなら、培養土がなくなれば死ねばいい。そういう問題じゃないのかな?しょうがないじゃん。みんな余裕ないんだもん。好きなように生きようよ。「破滅するのは個人の自由です」サガン
読了日:09月29日 著者:見波 利幸
サガンという生き方 (新人物往来社文庫)サガンという生き方 (新人物往来社文庫)感想
生き方にすごい共感できる気がする。問題はただ生きにくい世の中であることだ。世直しだ!と考えるか、自分を変えるか、難しいところだ。折り合いをつけてと考えて挫折する。そんな毎日だ。自分がどうなりたいのか改めて考える必要があるように思われる。なんだろうな。
読了日:09月29日 著者:山口 路子
セネカ哲学全集〈1〉倫理論集 Iセネカ哲学全集〈1〉倫理論集 I感想
2か月はあまりにも長すぎる。
読了日:09月28日 著者:
ゲーテ格言集 (新潮文庫)ゲーテ格言集 (新潮文庫)感想
ゲーテ、ゲーテ、ゲーテ
読了日:07月06日 著者:ゲーテ
砂漠 (Jノベル・コレクション)砂漠 (Jノベル・コレクション)感想
今が砂漠だからな。北極星を探さなきゃ。なんか別にいいんだけどさ、うまくまとまってて安定してる。気が楽だよね。失敗しないから。でもそれって楽しいのかなって最近ずっと思ってるから小説から手を放した。こんなゆったりとした時間を過ごしたいと思わないから。別にどうでもいいのだ。下を見なくても上を見ればいいと思うんだ。結局みんな冷たかったな。訴えるメッセージもわからなかったし。そんなもんだと思う。劇的な盛り上がりが伊坂さんは苦手だしな。なんか人から勧められたからもっと感動的にまとめたいんだけどなー。無理やな。
読了日:07月04日 著者:伊坂 幸太郎
こうえんこうえん感想
日本語が…。あたまにつまった石ころが 読みたいけど同じ訳者…。
読了日:07月04日 著者:ジェイムズ・スティーブンソン
風の星 (日本傑作絵本シリーズ)風の星 (日本傑作絵本シリーズ)感想
こんな軽やかに舞っていたい。
読了日:07月04日 著者:新宮 晋
ちびむしくん (海外秀作絵本)ちびむしくん (海外秀作絵本)感想
意味わからん。ホタルきもい。まー海外にはホタルいないらしいしね。風情だな。ってか意味わからん。
読了日:06月08日 著者:ビル マーチン,マイケル サンプソン
ハロウィーンの星めぐり 「夜に飛ぶものたち」ハロウィーンの星めぐり 「夜に飛ぶものたち」感想
日本語クズだけど、絵が凄い良い。やっぱり訳者の問題だな。これちゃんとした訳者がやると凄く面白いものになったのに残念だ。やはり、この国には詩人が必要だ。
読了日:06月08日 著者:
火打箱火打箱感想
すげー面白かった。でもウィキでアンデルセンの火打箱読んで驚いた。そっちも読んでみたいと思う。これはこれで面白い。どうせ人間死ぬのだ。好き勝手やって死にたい。そういうことだと思う。さっきのアンデルセンの話が凄すぎる。童話ってなんだろう。今童話は話継がれているのだろうか、童話が話継がれなくなった時この世界はどうなるのだろうか。絵本読んできたから次は童話に進めてもいいのかもしれない。世界には童話がたくさんあり、それぞれに意味があるのだから。
読了日:06月03日 著者:サリー・ガードナー
貧困と闘う知――教育、医療、金融、ガバナンス貧困と闘う知――教育、医療、金融、ガバナンス感想
間違ってないと思う。誰かのために一生懸命になるって。でも私にはできない。なんでだろう。すべての人を救うことができないなら、私の手で救える人を救う。神は自ら救う者を救うから。人間には差があって、環境にも差があって、それで結局貧困ができる。でもこの世は資本主義。貧困の人がいるから私は裕福になることができる。それすら間違っているかもしれない。でも世界を変えるより私が変わるほうが簡単だ。戦争をする社会なら私は戦争を愉しもう。貧困の社会なら私は貧困を愉しもう。今を生きることに決めたんだ。
読了日:06月03日 著者:エステル・デュフロ
日本一メルセデス・ベンツを売る男―ザ・トップセールス 吉田満の販売術日本一メルセデス・ベンツを売る男―ザ・トップセールス 吉田満の販売術感想
ベンツ買うならこの人がいいな。あるいはこんな人が。2000万だからね。
読了日:05月02日 著者:前島 太一
画家 AN ARTIST画家 AN ARTIST感想
自然のそとに 秩序をつくろうとする。
読了日:05月01日 著者:M.B.ゴフスタイン
ピアノ調律師ピアノ調律師感想
それから、キープライヤーとワイヤープライヤーと、キースペイサーと、パラレルプライヤーと、キャプスタンスくりゅードライバーと、キャプスタンレンチと、スプリングアジャスターと、それにアップライト用のスプーンベンダーと、それと…。
読了日:05月01日 著者:M.B. ゴフスタイン
あなたのひとり旅 (末盛千枝子ブックス)あなたのひとり旅 (末盛千枝子ブックス)感想
私の心もずたずた
読了日:05月01日 著者:M.B. ゴフスタイン
人間とは何か (岩波文庫)人間とは何か (岩波文庫)感想
あら、二度目、覚えてないけど。私の意見はこれから作られたのかも。その通りだと思う。人間は機械なのだ。環境に反応してるだけなのだ。でもその周りの人になれば、誰かが誰かの周りになるから一周すると思うんだ。天国では長い箸だけど、分け合うことができるから!!!
読了日:04月03日 著者:マーク トウェイン
狂人日記 他二篇 (岩波文庫 赤 605-1)狂人日記 他二篇 (岩波文庫 赤 605-1)感想
思い込んでるから幸せだと思う。幸せってなんだろうね。私はこれから何を目指せばいいのかな。まだまだ先人たちの意見を拝聴せねば。
読了日:04月02日 著者:N.ゴーゴリ
バッカイ――バッコスに憑かれた女たち (岩波文庫)バッカイ――バッコスに憑かれた女たち (岩波文庫)感想
バッコス、酒の神の話だと思ったらまー酩酊状態の話。集団倒錯か。真面目に生きるって大変だしな。何が幸せかわかんねーな。
読了日:04月02日 著者:エウリーピデース
ラッセル幸福論 (岩波文庫)ラッセル幸福論 (岩波文庫)感想
集団をこわがってる様子を示せば、あなたは、絶好のえじきになる。一方、無関心でいるなら、集団は自分の力を疑いはじめ、ためにあなたのことをかまわないでおいてくれる見込みがある。
読了日:04月02日 著者:B. ラッセル
完全版 あらしのよるに (あらしのよるにシリーズ)完全版 あらしのよるに (あらしのよるにシリーズ)感想
アンビバレンス!ガブが優しすぎるだけな気がする。世界を変えるか、食べねば生きてはいけないのだ。
読了日:03月04日 著者:きむら ゆういち,あべ 弘士
「めんどくさい」をやめました。――さあ、言葉も片づけてみようか!「めんどくさい」をやめました。――さあ、言葉も片づけてみようか!感想
さー人生の分岐点、行ってみよー!
読了日:03月04日 著者:やました ひでこ
素敵な家は間取りがいい!32プラン徹底解説 (ホームメイク)素敵な家は間取りがいい!32プラン徹底解説 (ホームメイク)感想
家が広い、維持が大変。狭い部屋で、スッキリとした生活をした上で考えます。
読了日:03月04日 著者:
生きていてもいいかしら日記生きていてもいいかしら日記感想
キミちゃんがいるだけで、私は救われる。
読了日:03月04日 著者:北大路 公子
ウドウロクウドウロク感想
沢村さんとは違った40代。24時間働けますか?って感じ。このぐらい毒を吐ける人好き。溜めこんで飲み会で吐き出すよりよっぽど良いと思う。
読了日:02月05日 著者:有働 由美子
沢村さん家はもう犬を飼わない沢村さん家はもう犬を飼わない感想
なんだかなー。こういうのも悪かない。本当に?
読了日:02月05日 著者:益田 ミリ
奴隷のしつけ方奴隷のしつけ方感想
ウチの奴隷の扱いに困っていましたが、大変参考になりました!とかでいいのかな?面白かった。人間だけど、道具。道具だけど、人間。結局人間扱いするといいたしい。道具のくせに面倒だ。でもまだsiriもいうこと聞いてくれないからそういうことではあると思う。あれは機械だと思うから許せるんだけど。
読了日:02月02日 著者:マルクス シドニウス ファルクス,ジェリー トナー
ゴキブリが愛されるとき?―人工皮膚への挑戦 (科学・技術の最前線)ゴキブリが愛されるとき?―人工皮膚への挑戦 (科学・技術の最前線)感想
ゴキブリ表紙にしかいない…。なんか逆にすげー。騙されるヒトが少なくなるといいな。
読了日:02月02日 著者:木船 紘爾
酒乱になる人、ならない人 (新潮新書)酒乱になる人、ならない人 (新潮新書)感想
2.0でヤバイ人のところが、7.8だった。
読了日:01月05日 著者:真先 敏弘
オフ・オフ・マザー・グースオフ・オフ・マザー・グース感想
日本語って面白い。
読了日:01月05日 著者:
「数学」はこんなところで役に立つ―頭がよくなる図解「数学」はこんなところで役に立つ―頭がよくなる図解感想
そうね。
読了日:01月05日 著者:白取 春彦
たぬきのちょうちん (大人になっても忘れたくないいもとようこ名作絵本)たぬきのちょうちん (大人になっても忘れたくないいもとようこ名作絵本)感想
こんなタヌキになりたい。
読了日:01月05日 著者:浜田 広介

読書メーター

京童ノ口ズサミ 12月分 ニツイテカタルノミ

12月の読書メーター
読んだ本の数:29
読んだページ数:3876
ナイス数:687

シーシュポスの神話 (新潮文庫)シーシュポスの神話 (新潮文庫)感想
いかなる思考もすべて人間の形態をしている
読了日:12月26日 著者:カミュ
OURHOME がんばらずにスッキリ片づく スチールラックのすごい収納 (正しく暮らすシリーズ)OURHOME がんばらずにスッキリ片づく スチールラックのすごい収納 (正しく暮らすシリーズ)感想
スチールラック自体がじゃまだよね。目指せミニマリスト!!!
読了日:12月26日 著者:Emi
どうぶつのおかあさん (幼児絵本シリーズ)どうぶつのおかあさん (幼児絵本シリーズ)感想
うまい絵だ。
読了日:12月26日 著者:小森 厚
クリスマスがせめてくるクリスマスがせめてくる感想
返り討ちにしてくれる
読了日:12月26日 著者:小野 かおる
クリスマスのまえのばんクリスマスのまえのばん感想
有馬記念で90円儲けて呑んだらマイナスになった。
読了日:12月26日 著者:クレメント・クラーク ムーア
三国志絵本 十万本の矢 (大型絵本)三国志絵本 十万本の矢 (大型絵本)感想
あるところからもってくればいいのか!
読了日:12月26日 著者:唐 亜明
長ぐつをはいたねこ―グリム童話より (評論社の児童図書館・絵本の部屋)長ぐつをはいたねこ―グリム童話より (評論社の児童図書館・絵本の部屋)感想
いいか、まもなく王さまがおとおりだ。もし、このまきばはだれのものか、きかれたら、伯爵さまのもので、とこたえるんだぞ。さもないと、おまえらみんな、ぶちころしてやる
読了日:12月26日 著者:ヤーコプ・ルートヴィッヒ・グリム,ヴィルヘルム・カール・グリム
三十歳 (岩波文庫)三十歳 (岩波文庫)感想
まだまだ先だけど、結婚して、子供がいて、資格があって、部下がいて、優秀で、それでいて、…。泣きそうになるね。
読了日:12月23日 著者:インゲボルク・バッハマン
人生処方詩集 (岩波文庫)人生処方詩集 (岩波文庫)感想
ケストナー最高だと思う。ただ、人の死には無力だ。
読了日:12月10日 著者:エーリヒ・ケストナー
ペレのあたらしいふく (世界傑作絵本シリーズ)ペレのあたらしいふく (世界傑作絵本シリーズ)感想
ベーエーエー
読了日:12月10日 著者:エルサ・ベスコフ
クリスマスクリスマス感想
何がいいのかわからないから、最高だと思う。
読了日:12月10日 著者:バーバラ クーニー
世界はまるい世界はまるい感想
訳は頑張ってるけど、言葉の限界を感じさせてくれる良い本だ。
読了日:12月10日 著者:ガートルード・スタイン
そんなとき なんていう?そんなとき なんていう?感想
この自由な感じが好き。
読了日:12月10日 著者:セシル・ジョスリン
ひつじかいとうさぎ―ラトビア民話 (1977年) (<こどものとも>傑作集)ひつじかいとうさぎ―ラトビア民話 (1977年) (<こどものとも>傑作集)感想
解決か?
読了日:12月10日 著者:内田 莉莎子,鈴木 康司
うんがにおちたうし (世界のほんやくえほん 3)うんがにおちたうし (世界のほんやくえほん 3)感想
のほほんとしたこの世界が大好きだ。
読了日:12月10日 著者:フィリス・クラシロフスキー
ギルガメシュ王さいごの旅 (大型絵本)ギルガメシュ王さいごの旅 (大型絵本)感想
適宜死ぬのがベストだと思うけど。
読了日:12月06日 著者:ルドミラ・ゼーマン
カランポーのオオカミ王カランポーのオオカミ王感想
色がいいし、紙がいいし、最高だと思う。オオカミ王ロボに昔ハマったな。
読了日:12月06日 著者:ウィリアム・グリル
STATIONERY HACKS!STATIONERY HACKS!感想
結局シンプルが一番さ。
読了日:12月06日 著者:土橋 正,小山 龍介
モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術感想
その通りだと思う。
読了日:12月06日 著者:土橋 正
仕事にすぐ効く 魔法の文房具仕事にすぐ効く 魔法の文房具感想
次こそは!
読了日:12月06日 著者:土橋 正
文具の流儀: ロングセラーとなりえた哲学文具の流儀: ロングセラーとなりえた哲学感想
ロングセラーが私に会うとは限らない。
読了日:12月06日 著者:土橋 正
仕事文具仕事文具感想
残念だった。
読了日:12月06日 著者:土橋 正
やっぱり欲しい 文房具 ~ステイショナリー評論家がえらんだ普段使いの傑作たち~やっぱり欲しい 文房具 ~ステイショナリー評論家がえらんだ普段使いの傑作たち~感想
欲しいものがなかった。
読了日:12月06日 著者:土橋 正
勉強の哲学 来たるべきバカのために勉強の哲学 来たるべきバカのために感想
疲れてるから読んでもわかんなかった。
読了日:12月06日 著者:千葉 雅也
恐るべき子供たち (光文社古典新訳文庫)恐るべき子供たち (光文社古典新訳文庫)感想
誰が誰だかわからないよ。そしてやっぱり忙しさは心を蝕んでいる。人を楽にしているか、寝ているか。それだけじゃダメなんだね。
読了日:12月05日 著者:コクトー
かわせみのマルタンかわせみのマルタン感想
長い。無理。
読了日:12月05日 著者:リダ フォシェ
ギルガメシュ王ものがたり (大型絵本)ギルガメシュ王ものがたり (大型絵本)感想
芸術を通して、新しい美と、そして究極においては、新しい生き方を創りだすことほど、芸術家にとって、努力を要する重大な、そして同時に、よろこばしい仕事は他にない。
読了日:12月05日 著者:ルドミラ・ゼーマン
雄羊 (ちくま学芸文庫)雄羊 (ちくま学芸文庫)感想
さっぱりわからん。最近読み物の意味がなくなってきた。だって集中できないんだもん。意識を連続的に保てない。なんか生きてる。そんな気分。
読了日:12月05日 著者:ジャック デリダ
素人のように考え、玄人として実行する―問題解決のメタ技術 (PHP文庫)素人のように考え、玄人として実行する―問題解決のメタ技術 (PHP文庫)感想
読んだ気がしたんだけど。最近意識があいまいだ。
読了日:12月05日 著者:金出 武雄

読書メーター

京童ノ口ズサミ 10月分 ニツイテカタルノミ

10月の読書メーター
読んだ本の数:66
読んだページ数:8201
ナイス数:1494

よあけ (世界傑作絵本シリーズ)よあけ (世界傑作絵本シリーズ)感想
唐の詩人柳宗元の詩「漁翁」によっています。
読了日:10月31日 著者:ユリー・シュルヴィッツ
おしゃべりなたまごやき (日本傑作絵本シリーズ)おしゃべりなたまごやき (日本傑作絵本シリーズ)感想
このほのぼのとした絵がいいよね。さすが長新太。
読了日:10月31日 著者:寺村 輝夫
かばのベロニカかばのベロニカ感想
では、 いりぐちを こわしなさい
読了日:10月31日 著者:ロジャー・デュボアザン
やまんばのにしき (むかしむかし絵本 2)やまんばのにしき (むかしむかし絵本 2)感想
やまんばいいな。やさしいな。っていうか山の者ってそういうものだよね。
読了日:10月31日 著者:松谷 みよ子
ずどんと いっぱつ―すていぬシンプ だいかつやくずどんと いっぱつ―すていぬシンプ だいかつやく感想
逃げて逃げて逃げ切ればいい。
読了日:10月31日 著者:ジョン バーニンガム
木はいいなあ木はいいなあ感想
そしてシャベルを かたづける。
読了日:10月31日 著者:ジャニス=メイ=ユードリイ
内面からの報告書内面からの報告書感想
「地下を住処とする者達の奇妙な性質は君にも判って貰えると思う。とにかく何事にも無頓着。どんな厄介も進んで受け止め、結果がどうなろうと知った事かという顔。心配を超越し、興奮も、退屈も超越している」
読了日:10月29日 著者:ポール オースター
ガセネッタ&シモネッタガセネッタ&シモネッタ感想
読んだんだけどな。わかんねーや。やっぱちゃんと仕事してる人の本は面白い。私もこうなりたい。ちゃんと仕事して、人生を愉しむ。なんだろうね。でもさ、こうなりたくないんだよね。面白いかどうかは別として頭がクリアな時が続いてほしい。今無理やり駆動してるんだよね。それって良くないんだよね。これを疲れるっていうのかもしれない。でもこれだと何にも意味がないと思うから。気のせいなのかもしれない。困ったことだ。なんか愚痴ばっかりだな。もう少しこれはブログで書くことだよね。久々に書くか。
読了日:10月29日 著者:米原 万里
安野光雅の異端審問 (朝日文庫)安野光雅の異端審問 (朝日文庫)感想
なんかつまらんぞ。多分つまらんといっているときが愉しいのだ。なんだかなー。人生って何だろうね。成し遂げるべき目標もある。燃え尽きてはいない。やる気がある。でもさ。疲れてるんだよね。戦争ってこんな感じだと思う。レーニングラードの狙撃手もそんな感じだったし。疲れてしまうんだ。なんかよく考えたら戦争で自殺してもどうしようもないけど、企業で自殺すると怒るんだよね。不思議だね。戦争してるようなものなのに。適正が適正に判断されて、自然淘汰される。培養土の中でしか生きられないなら、それは生きているのだろうか。
読了日:10月29日 著者:安野 光雅,森 啓次郎
一流になるヤツ、二流で終わるヤツ―しのぎを削る野球界で見た「伸びるヤツ」の条件 (日文新書)一流になるヤツ、二流で終わるヤツ―しのぎを削る野球界で見た「伸びるヤツ」の条件 (日文新書)感想
一流ってなんだろうね。困ったときにぶれないこと、いつも些細なことに気をかけること、世界を飲み込む度量をつけること。それくらいは成し遂げたい。だってどこに力を入れるか、時間をかけるかの問題でしょ。時間だけが有限なんだから。お金は銀行強盗すればいいし、必要なものは奪えばいい。でも時間だけはどうしようもない。だから、一番無駄に使いたくなる。だって面白いじゃん。私は恒星のように安定していたくない。でもそれだって見方で数億光年の話をしたら不安定だ。じゃー原子にようになりたいかっていうのも別の話だな。散漫してるぜ。
読了日:10月29日 著者:橋上 秀樹
カラー図解でわかる航空管制「超」入門 安全で正確な運航の舞台裏に迫る (サイエンス・アイ新書)カラー図解でわかる航空管制「超」入門 安全で正確な運航の舞台裏に迫る (サイエンス・アイ新書)感想
ペンタゴンにぶつけるためにはこれが必須なのかな?なぜ私がこれを読もうと思ったのか理解できない。昔は空でも飛んでみようと思ったのか、支配欲が強すぎて、飛行機を支配してくれようかとでも考えていたのだろうか。世界は驚きに満ちている。でも疲れていると平坦だ。もっと疲れていないようになりたい。頭がすっきりして、世界を変えていきたい。
読了日:10月29日 著者:藤石 金彌
獺祭 天翔ける日の本の酒獺祭 天翔ける日の本の酒感想
獺祭おいしいよね。でも違いをはっきりわからないから騙されててもいいんだよね。なんとかアルコールさえ入っていなければ日本酒は何でもおいしいと思う。そして酔いたい気分の時はアルコールが入っていればなんでもいいと思う。最近お酒を控えていて人生の価値がなくなったように感じている。自律ってなんだろうね。振り切れるメーターがないのに。安全な速度で走っていて何が愉しいんだろうね。わからないよ、ロッテ。困ったことだ。それでも私はエントロピー第二法則に従って今日も掃除をするのだろう。
読了日:10月29日 著者:勝谷 誠彦
ABCの本 (安野光雅の絵本)ABCの本 (安野光雅の絵本)感想
安野さんいいね。この人でこれから攻めていきたいと思う。
読了日:10月16日 著者:安野 光雅
もりのえほん (安野光雅の絵本)もりのえほん (安野光雅の絵本)感想
そういうやつか。これでどうやって話を創ろうかって考えていたんだけど。見つからなかったな。
読了日:10月16日 著者:
せいめいのれきし―地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし (大型絵本)せいめいのれきし―地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし (大型絵本)感想
せいめいって一体なんなんだろうね。
読了日:10月16日 著者:バージニア・リー・バートン
空とぶ船と世界一のばか―ロシアのむかしばなし (大型絵本)空とぶ船と世界一のばか―ロシアのむかしばなし (大型絵本)感想
お父さんとお母さんの気持ちがわからないよ。
読了日:10月16日 著者:アーサー・ランサム
まるごとごくり! (こころのほんばこ)まるごとごくり! (こころのほんばこ)感想
では、あんたの てまを はずいてやろう。 そのまま おかの ふもとで まってると いい。 ぼくが おかの てっぺんから はしってきて、 あんたの 口の中に とびこんでやるから。
読了日:10月16日 著者:シンシア ジェイムソン
ぼくのなかのほんとうぼくのなかのほんとう感想
なぜわたしはこれを借りようと思ったのかよくわからない。まーいいさ。そういうときもあるし。
読了日:10月16日 著者:パトリシア マクラクラン
蠅の王〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)蠅の王〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)感想
どこまで寓話として読むかだよね。あんなに煙に拘っていたのに、結局なんかなー。なんかもう少し何かが煮詰まっていても良いと思った。判断が性急で、それはもしかしたら子どもだからかもしれないけど、変化球を決めて欲しかった。無人島に1つだけもっていくとしたら豪華客船かなって思う人間には合わなかっただけかも。そしてディストピア小説週間は既に終わっていてほかの作品との兼ね合いを忘れてしまっているからね。残念なことだよ。
読了日:10月15日 著者:ウィリアム ゴールディング,William Golding
恋愛を数学する (TEDブックス)恋愛を数学する (TEDブックス)感想
テッドブックっていいね。わかりやすいし、明快で、短い。テッドってそういうものだしね。最高だと思う。具体的な計算はしていないけど、私は今の時点で最良だと思う人と結ばれるのが最適停止理論によるとベストだそうだ。数式にすると味気ないけど、シンプルで、綺麗だよね。ということなので、周りをしっかり見て、アプローチしていかなければならない。私の人生設計を守り抜くために。
読了日:10月15日 著者:ハンナ・フライ
この人と結婚していいの? (新潮文庫)この人と結婚していいの? (新潮文庫)感想
海外にもっと具体的で面白く同じこと書いてる人がいる。この人はゴミだ。結婚しなきゃ。目的の手段化だよね。なんのために結婚するのかもう一度考えなきゃ。子孫繁栄?家事の分担?帰ってきたときの安心感?それとも義務感?難しいよね。絶望の始まりだと思うし、負担の増大で、それを守り抜く覚悟を決めることだしね。大変だ。
読了日:10月15日 著者:石井 希尚
わたしがラクするモノ選び―OURHOMEわたしがラクするモノ選び―OURHOME感想
なんかね。こういう感じになってるんだけどさ。もっとどうしたいとかあるからね。世界って怖いわ。どうなっちゃうんだろうって。さーもう少し整理して何もないようにしたいと思う。
読了日:10月15日 著者:Emi
OURHOME ~子どもと一緒にすっきり暮らす~ (美人開花シリーズ)OURHOME ~子どもと一緒にすっきり暮らす~ (美人開花シリーズ)感想
この人いいよね。こういう生活を私もしたい。だから順調に進んでいると思う。このまま進んでいけばいいと思う。ただ問題はやぱりフローリングそのままって綺麗だけど汚れは目立つね。すぐクイックルワイパーすればいいんだけどさ。なんだかね。いろいろなくなって、逆に快適なんだけど、ちょっと怖くなるよね。闇が恐ろしいのと同じでさ。何にもなくなるとどうなっちゃうんだろうって。
読了日:10月15日 著者:Emi
子どもと一緒にこんなこと。 ~あそびと暮らしと部屋づくりのアイデア~ (OURHOME)子どもと一緒にこんなこと。 ~あそびと暮らしと部屋づくりのアイデア~ (OURHOME)感想
私の部屋もこんな感じになるのだろうなって感じの本だった。これじゃないや。感想書くやつ間違えた。まーいいや。
読了日:10月15日 著者:Emi
美しい数になった海のいきもの図鑑美しい数になった海のいきもの図鑑感想
海って素晴らしいと思う。ただ数十年後には壊滅的だけど。どうしたらいいんだろうね。エゴとの闘い。私との闘いすら負けているのに海の保護なんてできるのかな。できなかったらどうなるのかの予測はあるけど、できたってね。現状維持って何だろうね。生命維持装置と同じだよね。いつかは死ぬのだ。それが早いか遅いかの違いだけ。みんなそれぞれ意見が違うからね。困ったものだ。私は傍観するのだろう。そして荒れ果てた世界を前に絶望するのだ。
読了日:10月15日 著者:デビッド・マクリマン
森のおくから―むかし、カナダであったほんとうのはなし森のおくから―むかし、カナダであったほんとうのはなし感想
人間も動物だしな。圧倒的な力の前では無力だ。
読了日:10月15日 著者:レベッカ ボンド
魔術師ガザージ氏の庭で魔術師ガザージ氏の庭で感想
アヒルに変わったのか?それとも寝過ごしただけなのか?っていうかお前は誰だ?どういう関係だ?誰から招待状を貰った?っていうかこれ何?明日はすぐそこだ。困ったことだ。こういう無意味なことを考えている時間がない。私はもうねなければならない。残念だ。明日はきっと忙しい。
読了日:10月12日 著者:クリス・ヴァン・オールズバーグ
くらやみのなかのゆめくらやみのなかのゆめ感想
でも、クリスはかわりました。
読了日:10月12日 著者:クリス ハドフィールド,ザファンブラザーズ
ベンの見た夢 (The Best 村上春樹の翻訳絵本集)ベンの見た夢 (The Best 村上春樹の翻訳絵本集)感想
2重になってるぞ。気をつけろ。僕はもうねむい。少し寝ることにするよ。
読了日:10月12日 著者:クリス ヴァン・オールズバーグ
まさ夢いちじく (The Best 村上春樹の翻訳絵本集)まさ夢いちじく (The Best 村上春樹の翻訳絵本集)感想
村上春樹読んじゃったよ。くそー。面白かった。やられたよ。
読了日:10月12日 著者:クリス・ヴァン・オールズバーグ
パパにつける薬パパにつける薬感想
読書っていう行為は一体なんなんだろうね。これは読んだことになるのだろうか、それとも眺めただけ?そしてどうなったら読んだことになるの?読んでないけど、ゾーヴァ最高だよ。でもそんなことをいう相手がいないんだよ。そしたら読んだことになるのかな?誰もいない森で叫んだら、叫んだことになるのかな?世界って難しいよね。
読了日:10月12日 著者:A. ハッケ
ペンギンの音楽会ペンギンの音楽会感想
何が違うんだろうね。クズだよ。頑張ってるほうなんだけど。三浦さんのあとに読むとダメだね。一言一言が目につく、鼻につく。なんでだろうね。日本語って読まなくてもわかるんだよね。それが魅力だと思うし、それが深い理由なんだと思う。だってねー。難しいよね。逃げちゃいけないと思うこういうの大事だから。
読了日:10月12日 著者:エルケ ハイデンライヒ
ヌレエフの犬―あるいは憧れの力ヌレエフの犬―あるいは憧れの力感想
何も言えないよ。だって読んでいないんだもん。でも少し触るだけで良い訳だなってわかる三浦さんが素晴らしいと思う。どうしたらいいんだろうね。長時間残業とか、私の実力不足とか。そしてこうやって書いて面倒を避けようと思う心とか。残業はいいんだよ、いけないのは私がやれると予想してできなかったときなんだよね。憧れの力は偉大だよ。
読了日:10月12日 著者:エルケ ハイデンライヒ
プラリネク―あるクリスマスの物語プラリネク―あるクリスマスの物語感想
三浦さんいいね。訳。さすがだと思う。なかなかいないよ。こういう人。惹き付ける何かを持ってる。珍しいよね。こういう人基調だと思う。大事に広くやってほしい。でもそういう人に限って仕事を選ぶのか、仕事が選ぶのかわからないけど、寡作だよね。しょうがないよね。だっていい言葉は考えないといけないから。
読了日:10月12日 著者:アクセル ハッケ
ちいさなちいさな王様ちいさなちいさな王様感想
ゾーヴァ最高だ。今回日本語もすごいうまいし。最高だ。いうことない。問題は私にこれを読み切る集中力がないということだ。
読了日:10月12日 著者:アクセル ハッケ
死すべき定め――死にゆく人に何ができるか死すべき定め――死にゆく人に何ができるか感想
人が死ぬのはしょうがない。定めなんだから。諦めなきゃ。どこで?どうなったら腹をくくるんだろうね。そんなお話。私は延命治療は無理だなー。そして医者による自殺幇助も認める。生きることは健康であることだと思いから。健康で文化的な最低限度の生活じゃなかったら生きてる価値ないよね。でも死神さんと仲良くはやってけないと思う。私の問題でも難しいのにそれが親族になったらやってられないよね。やっていかなくちゃいけないんだけどさ。どうしたらいいんだろうね。どうしたい?って訊きにくいのが問題だよね。そろそろ死んでみる?
読了日:10月11日 著者:アトゥール・ガワンデ
少年のころ (FOR YOU 絵本コレクションY.A.)少年のころ (FOR YOU 絵本コレクションY.A.)感想
「先生、先生のいちばんつらかったときの思い出って どんなんですか?」「どうしてそんなこときくのかね」「ちょっと比べてみようとおもったんです。僕の身に今、起きてることと」
読了日:10月11日 著者:那須田 淳,杉浦 範茂
ゾーヴァの箱舟ゾーヴァの箱舟感想
何がいいんだろうね。わからないよね。こういうのを好きっていうんだと思う。あくまでも恋ではないようだ。残念だな。
読了日:10月11日 著者:
ミヒャエル・ゾーヴァの世界ミヒャエル・ゾーヴァの世界感想
こういう仕事をしたいと思う。誰にも邪魔されずに。私の時間が私がうまく進まないせいで終わってしまった。私のせいなんだけど。なんだかなー。って感じ。終わらない。最近。諦めたから?それとも一人でやっているからかな。難しいよね。
読了日:10月11日 著者:ミヒャエル・ゾーヴァ
ミヒャエル・ゾーヴァの仕事ミヒャエル・ゾーヴァの仕事感想
何がいいのかわからないからいいんだろうね。言葉も適格だし。無駄がない。そして絵には深さがある。2次元じゃないからね。たぶん5次元くらい隠れてる。世界ってそんなもんだと思う。って思わせてくれた本。なんてすばらしいんだろう。今後もこのまま続けてほしい。そして「素晴らしい」は良いのだけれど、「すばらしい」は「すばらしい新世界」を思い起こすから嫌いな言葉になってしまっていることをここで明らかにした。世界ってわからないな。
読了日:10月10日 著者:ミヒャエル・ゾーヴァ
黒猫ネロの帰郷黒猫ネロの帰郷感想
ネロっていい名前だよね。いろんなところで使われている。そういう話じゃないよね。どういう話なんだろうね。これ読んでいない本について堂々と語っているからね。絵だけが頼りだ。これってすごい面白いチャレンジだと思う。読まずに堂々とここに感想を書いてそれがどうにかなったら世界ってなんなんだろうねってなるよね。今度時間があったらやろうかな。時間がないからやらないんだろうね。何がしたいんだろうね。そろそろお酒飲んで寝るかな。
読了日:10月10日 著者:エルケ ハイデンライヒ
キリンと暮らす クジラと眠るキリンと暮らす クジラと眠る感想
もう少し(かなり)早くに知っていたらハマったのは確実なんだよ。でもいまこれを読み込む時間とか、集中力とか、退屈な日々に耐えうる何かが私にはないから絵を眺めて流れていくんだよ。これではいけないと自分に言いきかせながら。
読了日:10月10日 著者:アクセル ハッケ
怖るべき天才児怖るべき天才児感想
なんか最近本を読めてない。しっかりと読み込むことができていない。ただ流れていく毎日だ。だからこれも恐ろしく流れている。面白いんだろうな。絵が最高だから。
読了日:10月10日 著者:リンダ キルト
お皿監視人 あるいはお天気を本当にきめているのはだれかお皿監視人 あるいはお天気を本当にきめているのはだれか感想
文字が多い=訳者の技量が出る。訳者の技能が低い=読む気がない。よてゾーヴァの絵を眺めるだけになってしまう。これだったら絵本の方が幸せだろう。互いに。
読了日:10月10日 著者:ハンス ツィッパート
社会はなぜ左と右にわかれるのか――対立を超えるための道徳心理学社会はなぜ左と右にわかれるのか――対立を超えるための道徳心理学感想
副題がミスってるよね。まー訳が死んでるし。元が腐ってるからしょうがないんだけど。これがもしかしたら私の主義と異なっているからかもしれない。象がこれが嫌いなのだ。だから乗り手の私はどうにか否定しようとしているだけなのだろう。だって、コイツは〇〇を肯定し、△△を非難し、××を受け入れるんだぜ!信じられねーよ。っていうのを乗り越えられてないから。この作者はゴミなんだろう。残念だ。
読了日:10月10日 著者:ジョナサン・ハイト
コインロッカー・ベイビーズ(下) (講談社文庫)コインロッカー・ベイビーズ(下) (講談社文庫)感想
わからなかった。もっと盛り上がるんだと思った。人から勧められたとき。すごい面白そうだった。だから退屈な前半を超えて、追いつけない中盤を抜けて来たのに。拍子抜けの最後だった。明日これを返すときになんて言って返せばいいんだろう。私には合わなかったかな。それともつまらなかった。君の勧めはもういいよ。それともすごく面白かった!かな。
読了日:10月10日 著者:村上 龍
コインロッカー・ベイビーズ(上) (講談社文庫)コインロッカー・ベイビーズ(上) (講談社文庫)感想
なんだろうね。これ。もっとこうなんというか暴れてもいいと思う。この中途半端な感じから後半の大きなうねりに繋がっていくのかな。繋がらなかったから書いてるんだけど。この世界設定を私は受け入れられなかった。よってこの世界に私はいない。よってこの話は話でしかない。
読了日:10月10日 著者:村上 龍
これは経費で落ちません!  ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)感想
200円の駐車料金か108円のこれか。大きな問題だ。そしてこれは経費で落ちない。困ったことだ。面白くなかったのに。途中で止めたのだ。だって読みにくいし、楽しくないし、先が見たくないし。女性の名前がすべて子で誰が誰かわからないよ。特徴がないんだよ。思い描けないよ。貴女は誰?どうでもよくなるよね。これがラノベか!これがラノベなら私にラノベはいらない。面白い必要はない。ただ誰が誰かわかった上で読みたいよね。頭の中で躍動的に動いてほしいよね。
読了日:10月10日 著者:青木 祐子
ハリス・バーディックの謎 (The Best 村上春樹の翻訳絵本集)ハリス・バーディックの謎 (The Best 村上春樹の翻訳絵本集)感想
五つ目は結局フランスでみつかった。
読了日:10月10日 著者:クリス・ヴァン・オールズバーグ
名前のない人 (The Best 村上春樹の翻訳絵本集)名前のない人 (The Best 村上春樹の翻訳絵本集)感想
”名前”のない”人” 難しい問題だよね。何が名前で何が人かなんて。
読了日:10月10日 著者:村上 春樹,Chris Van Allsburg,クリス・ヴァン・オールズバーグ
白鳥湖白鳥湖感想
絵本と童話の違いってなんだっけ?言葉なんているのかな。
読了日:10月10日 著者:マーク・ヘルプリン
ゆめのおはなし (BOOKS FOR CHILDREN)ゆめのおはなし (BOOKS FOR CHILDREN)感想
突き放した絵が大好きだ。
読了日:10月10日 著者:クリス・ヴァン オールズバーグ
耳をすませば (世界の子どもライブラリー)耳をすませば (世界の子どもライブラリー)感想
ひとりぼっち おそれずに 生きようと 夢 みてた さみしさ 押し込めて 強い自分を 守っていこ
読了日:10月10日 著者:エルケ ハイデンライヒ
クマの名前は日曜日クマの名前は日曜日感想
あああぁ!
読了日:10月10日 著者:アクセル ハッケ
エスターハージー王子の冒険 (児童図書館・文学の部屋)エスターハージー王子の冒険 (児童図書館・文学の部屋)感想
壊すなら、壁なんて最初から作らなきゃいいのにさ
読了日:10月10日 著者:イレーネ ディーシェ,ハンス・マグヌス エンツェンスベルガー
魔法のホウキ (The Best 村上春樹の翻訳絵本集)魔法のホウキ (The Best 村上春樹の翻訳絵本集)感想
これいいね。春樹はいい目をしている。それを見つけた私もいい目をしているといいな。
読了日:10月01日 著者:クリス・ヴァン・オールズバーグ
ぜったいひとつだからね (チャーリーとローラ)ぜったいひとつだからね (チャーリーとローラ)感想
これ難しい。
読了日:10月01日 著者:ローレン チャイルド
ビロードのうさぎビロードのうさぎ感想
私のうさぎは元気でやっているだろうか、それとも部屋の奥で眠っているのだろうか。
読了日:10月01日 著者:マージェリィ・W. ビアンコ
しあわせな いぬに なるには: にんげんには ないしょだよ! (児童書)しあわせな いぬに なるには: にんげんには ないしょだよ! (児童書)感想
幸せってなんだっけ?
読了日:10月01日 著者:ジョー ウィリアムソン
ぼくのおじいちゃんぼくのおじいちゃん感想
この子一番怖いと思う。幸せってなんだっけ?捉え方の問題ではある気がする。でもお隣さんをどうしたいの?
読了日:10月01日 著者:カタリーナ・ソブラル
顔ニモマケズ ―どんな「見た目」でも幸せになれることを証明した9人の物語顔ニモマケズ ―どんな「見た目」でも幸せになれることを証明した9人の物語感想
幸せってなんだっけ?それに答えてくれていたのなら素晴らしい作品だったと思う。劣等感ニモマケズとか無能ニモマケズとかどうでもよくね?もう一度だけ言うよ、幸せってなんだっけ?
読了日:10月01日 著者:水野 敬也
エーリカ あるいは生きることの隠れた意味エーリカ あるいは生きることの隠れた意味感想
その年はずっと、狂ったみたいに働いた。そしてクリスマス直前には精神的に空っぽ、燃え尽き、回復できないと感じていた。お金はたくさん稼いだが、いやな年だった。まるで生活するのを忘れてしまったかのようだった。
読了日:10月01日 著者:エルケ ハイデンライヒ
ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)感想
これ読んでくれる人と結婚したい。
読了日:10月01日 著者:ジョン グレイ
歩くのがもっと楽しくなる 旅ノート・散歩ノートのつくりかた歩くのがもっと楽しくなる 旅ノート・散歩ノートのつくりかた感想
絶望的にノートが取れないから。思い出ってiphoneで十分でしょ。写真さえまとめきれないのに…。思い残すことなく生きてるから!
読了日:10月01日 著者:奥野 宣之
使ってみたい映画の英語 男の名セリフを味わう使ってみたい映画の英語 男の名セリフを味わう感想
I'll make him an offer he can't refuse 日本語にするとどれも陳腐だ。
読了日:10月01日 著者:藤枝 善之
「戦う自分」をつくる13の成功戦略「戦う自分」をつくる13の成功戦略感想
いい本なんだと思うよ。私の準備ができていない。
読了日:10月01日 著者:ジョン・C. マクスウェル

読書メーター

京童ノ口ズサミ 9月分 ニツイテカタルノミ

9月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1633
ナイス数:174

ささやかだけど忘れられないいくつかのことささやかだけど忘れられないいくつかのこと感想
たぶん本谷さんはこの辺に行き着くのかもしれない。別に悪くないさ。私の気持ちが乗っていないだけ。世界から無駄が消えたら私の存在価値ってあるのだろうか?そんなことを考えながら断捨離をしている。人間って不思議だ。怯んだら負けだ。捨てられない。一気果断に捨てて行かなければ。部屋には何もいらない。私がいればそれでいいのだ。
読了日:09月30日 著者:メリッサ バンク
あきらめないことにしたのあきらめないことにしたの感想
私は簡単に諦めて次に行くから!どっちがいいのかわからないよね。どっちでもいいんだと思う。だって結果がすべてなんだから。人生は過程がすべてというか、満足して死ねればそれでいいのなら結果がすべてなんだから。拘らないことに拘ることにしたのだから。
読了日:09月30日 著者:堀米薫
心が折れる職場 (日経プレミアシリーズ)心が折れる職場 (日経プレミアシリーズ)感想
まー予想通りにゴミ。まとめてない。ただの愚痴。現状をただ眺めて終わり。どうしたいんだろうね?いいじゃん折れれば、骨折だって折れることで次回折れなくなる。培養土の中で生きられないなら、培養土がなくなれば死ねばいい。そういう問題じゃないのかな?しょうがないじゃん。みんな余裕ないんだもん。好きなように生きようよ。「破滅するのは個人の自由です」サガン
読了日:09月29日 著者:見波 利幸
サガンという生き方 (新人物往来社文庫)サガンという生き方 (新人物往来社文庫)感想
生き方にすごい共感できる気がする。問題はただ生きにくい世の中であることだ。世直しだ!と考えるか、自分を変えるか、難しいところだ。折り合いをつけてと考えて挫折する。そんな毎日だ。自分がどうなりたいのか改めて考える必要があるように思われる。なんだろうな。
読了日:09月29日 著者:山口 路子
セネカ哲学全集〈1〉倫理論集 Iセネカ哲学全集〈1〉倫理論集 I感想
2か月はあまりにも長すぎる。
読了日:09月28日 著者:

読書メーター

京童ノ口ズサミ 6月分 ニツイテカタルノミ

6月の読書メーター
読んだ本の数:10
読んだページ数:1381
ナイス数:641

超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃 (PHP新書)超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃 (PHP新書)感想
久々に面白かった。内田樹が結婚は保険である、みたいなことを言っていた。そんなもんだと思うんだけど、独りでは生きていけないのだ。承認と達成が必要だから。私は独りでは生きてけないだろうなー。怠け者だし、弱いから、そしてすぐ諦める。でも他人のためならやれる気がする。好きなことがないのだ。だから他人の夢を叶えるってすごい素敵な仕事だと思う。休みもないし、余裕もないし、経験もないし、することないし、ないことだらけだけど、独りで生きるって無理だと思う。こんな大きな方針転換初めてだ。人間は弱いし、すぐ潰れる。儚いものだ
読了日:06月25日 著者:荒川 和久
古代ギリシャのリアル古代ギリシャのリアル感想
まーどうということのない、もう読まないだろう本だよね。頭の中に歴史がまだ入ってないからスポット的に読んでも意味がない。歴史を頭に入れなくちゃ。
読了日:06月20日 著者:藤村 シシン
火打ち箱 (こんなアンデルセン知ってた?)火打ち箱 (こんなアンデルセン知ってた?)感想
これですよ、と貰いたくない。なんか上から目線の日本語にいらつくんだよね。話自体は面白いのに。訳者って難しい。
読了日:06月20日 著者:赤木 かん子
アンデルセン童話名作集 2―豪華愛蔵版アンデルセン童話名作集 2―豪華愛蔵版感想
火打ち箱が読みたくて。この兵隊は自分がやりたいことを周りの偶然を利用して手に入れた。わがままと見るか、覇者と見るかの問題か。狂蕩の人と呼ばれて遊ばん!!!
読了日:06月20日 著者:H.C.アンデルセン
ちびむしくん (海外秀作絵本)ちびむしくん (海外秀作絵本)感想
意味わからん。ホタルきもい。まー海外にはホタルいないらしいしね。風情だな。ってか意味わからん。
読了日:06月08日 著者:ビル マーチン,マイケル サンプソン
ハロウィーンの星めぐり 「夜に飛ぶものたち」ハロウィーンの星めぐり 「夜に飛ぶものたち」感想
日本語クズだけど、絵が凄い良い。やっぱり訳者の問題だな。これちゃんとした訳者がやると凄く面白いものになったのに残念だ。やはり、この国には詩人が必要だ。
読了日:06月08日 著者:
しっぽがない! (月刊たくさんのふしぎ2015年8月号)しっぽがない! (月刊たくさんのふしぎ2015年8月号)感想
これすげーな。しっぽから結局進化の話になっちゃった。やっぱり形態学って面白い。っていうか形態するには発生も必要だし、「個体発生は系統発生を繰り返す」しね。こういうの学ぶのは好き。一生の仕事にはしたくない。
読了日:06月08日 著者:犬塚則久
ぼくのたからものぼくのたからもの感想
なんか、鈴木まもるって感じ。だから何?ってこと。
読了日:06月08日 著者:鈴木 まもる
火打箱火打箱感想
すげー面白かった。でもウィキでアンデルセンの火打箱読んで驚いた。そっちも読んでみたいと思う。これはこれで面白い。どうせ人間死ぬのだ。好き勝手やって死にたい。そういうことだと思う。さっきのアンデルセンの話が凄すぎる。童話ってなんだろう。今童話は話継がれているのだろうか、童話が話継がれなくなった時この世界はどうなるのだろうか。絵本読んできたから次は童話に進めてもいいのかもしれない。世界には童話がたくさんあり、それぞれに意味があるのだから。
読了日:06月03日 著者:サリー・ガードナー
貧困と闘う知――教育、医療、金融、ガバナンス貧困と闘う知――教育、医療、金融、ガバナンス感想
間違ってないと思う。誰かのために一生懸命になるって。でも私にはできない。なんでだろう。すべての人を救うことができないなら、私の手で救える人を救う。神は自ら救う者を救うから。人間には差があって、環境にも差があって、それで結局貧困ができる。でもこの世は資本主義。貧困の人がいるから私は裕福になることができる。それすら間違っているかもしれない。でも世界を変えるより私が変わるほうが簡単だ。戦争をする社会なら私は戦争を愉しもう。貧困の社会なら私は貧困を愉しもう。今を生きることに決めたんだ。
読了日:06月03日 著者:エステル・デュフロ

読書メーター

京童ノ口ズサミ 5月分 ニツイテカタルノミ

<a href="https://bookmeter.com/users/313199/summary/monthly">5月の読書メーター</a><br />読んだ本の数:78<br />読んだページ数:11197<br />ナイス数:2155<br /><br /><a href="https://bookmeter.com/books/44905"><img alt="悪の華 (岩波文庫 赤 537-1)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51rozT-np7L._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/44905?title=%E6%82%AA%E3%81%AE%E8%8F%AF+%28%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%96%87%E5%BA%AB+%E8%B5%A4+537-1%29">悪の華 (岩波文庫 赤 537-1)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64582708">感想</a><br />クソムシが<br />読了日:05月30日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E3%83%9C%E3%82%AA%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%AB">ボオドレール</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/11448746"><img alt="ちいさなあなたがねむる夜" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51b3pNiC7GL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/11448746?title=%E3%81%A1%E3%81%84%E3%81%95%E3%81%AA%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%8C%E3%81%AD%E3%82%80%E3%82%8B%E5%A4%9C">ちいさなあなたがねむる夜</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64582703">感想</a><br />絵はすばらしいんだけど、訳が下手。素人かよ。絵がすばらしい。やっぱり黒と白とそれから1つ。それで十分だ。限ることで無限に可能性が広がっている。絵が素晴らしい。訳がゴミ。日本語頑張ってほしい。翻訳大国日本は、多くの良い本と良い本をゴミ本を訳す訳者と一部の天才的な詩人から成っている。ゴミ訳者の量によって天才的な詩人の量が決まるからな。しょうがないのだよな。イチローの陰には何十万人のへっぽこ野球少年がいるから。<br />読了日:05月30日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BBE.+%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AB">ジーン・E. ペンジウォル</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/8136387"><img alt="考えるマナー" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51tSJs7t89L._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/8136387?title=%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC">考えるマナー</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64582659">感想</a><br />なんかねー穂村さん嫌いだわ。意味ないけど。何がダメなんだろうねー。なんか上からなんだよね。わからんけど。なんかオレ詩人だからって感じが鼻につく。なんでだろうね。まー詩人としては今この人しかいないから調子乗ってんのかも。<br />読了日:05月30日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E8%B5%A4%E7%80%AC%E5%B7%9D+%E5%8E%9F%E5%B9%B3%2C%E4%BD%90%E8%97%A4+%E5%84%AA%2C%E9%AB%98%E6%A9%8B+%E7%A7%80%E5%AE%9F%2C%E4%BA%95%E4%B8%8A+%E8%8D%92%E9%87%8E%2C%E5%8A%87%E5%9B%A3%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%82%8A">赤瀬川 原平,佐藤 優,高橋 秀実,井上 荒野,劇団ひとり</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/479216"><img alt="胎児の世界―人類の生命記憶 (中公新書 (691))" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41pgP2sbSXL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/479216?title=%E8%83%8E%E5%85%90%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%E2%80%95%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E3%81%AE%E7%94%9F%E5%91%BD%E8%A8%98%E6%86%B6+%28%E4%B8%AD%E5%85%AC%E6%96%B0%E6%9B%B8+%28691%29%29">胎児の世界―人類の生命記憶 (中公新書 (691))</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64500819">感想</a><br />なんかすごいよね。この人。だから好き。この謎な感じ。だって右脳と左脳がくっついている気がするから。真面目に不真面目って感じ。やってることはすごいんだけど、それの捉え方もまたすごいんだよね。何言ってるかよくわからない。「個体発生は系統発生を繰り返す」結局さ、エントロピーは増大する一方なんだよね。熱力学第二法則によって。<br />読了日:05月26日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E4%B8%89%E6%9C%A8+%E6%88%90%E5%A4%AB">三木 成夫</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/7940718"><img alt="世界のエリートがIQ・学歴よりも重視!  「レジリエンス」の鍛え方" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51VRTj9FoIL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/7940718?title=%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%8CIQ%E3%83%BB%E5%AD%A6%E6%AD%B4%E3%82%88%E3%82%8A%E3%82%82%E9%87%8D%E8%A6%96%21++%E3%80%8C%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%80%8D%E3%81%AE%E9%8D%9B%E3%81%88%E6%96%B9">世界のエリートがIQ・学歴よりも重視!  「レジリエンス」の鍛え方</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64483369">感想</a><br />いつも気になるけど、トヨタとかP&Gとかで働いて企業を立ち上げる人って出世街道から外されたから出ていった人なのかな?社内で浮いたから出ていったのかな?オレは凄かった!っていう話で終わってる。結局キャバクラとかでするらしい話を文章にしただけだよね。お金もらって聞いてやってやってもいいけど、金を払って聞きたくはない。<br />読了日:05月25日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E4%B9%85%E4%B8%96+%E6%B5%A9%E5%8F%B8">久世 浩司</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/6653563"><img alt="自分を「ごきげん」にする方法" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41W7MDU5AgL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/6653563?title=%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%92%E3%80%8C%E3%81%94%E3%81%8D%E3%81%92%E3%82%93%E3%80%8D%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95">自分を「ごきげん」にする方法</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64483352">感想</a><br />すげーゴミ本。意味ない。ご機嫌って頭いっちゃってるだけじゃんって思う。っていうかどういう人間が「ごきげん」かわからんし。不機嫌な人はたくさん例示してある。でもそれって周りにいっぱいいるじゃん。じゃー「ごきげん」な人ってどんな人だろうね?たぶん私は「ニセごきげん」なんだけど、その後の話が繋がってない。たぶん読み直したりしてないんだろうね。所詮サンマークだしね。著者の経歴が多い人ほどゴミが多い。今度著者欄の段数と面白い度合を5段階とかで統計取ってみるかな。絶対相関あると思う。<br />読了日:05月25日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E8%BE%BB+%E7%A7%80%E4%B8%80">辻 秀一</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/573272"><img alt="働く人の夢―33人のしごと、夢、きっかけ" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51yIqZwbx0L._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/573272?title=%E5%83%8D%E3%81%8F%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%A4%A2%E2%80%9533%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%81%97%E3%81%94%E3%81%A8%E3%80%81%E5%A4%A2%E3%80%81%E3%81%8D%E3%81%A3%E3%81%8B%E3%81%91">働く人の夢―33人のしごと、夢、きっかけ</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64483217">感想</a><br />みんな輝いているけど、当たり前だよね。輝いていない人が何を思って、どんな顔して生きているのか知りたいと思った。だってこれって別になんとなくわかるし。普通じゃない人達だと思うんだ。お金がなくても夢がある人か、お金があって夢もある人だから。お金も夢もない人はなんで生きているんだろうね。死ねばいいのに。って思うとダメなんだよね。働かないアリが経済を回しているのだから。感謝しなくちゃ。これも上から目線だな。人間関係って難しい。流されるは楽だっていうけど考えてないだけだよね。痴呆が一番幸せらしいしね。<br />読了日:05月25日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword="></a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/11243206"><img alt="環境破壊図鑑 ぼくたちがつくる地球の未来" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61pP6wIFQjL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/11243206?title=%E7%92%B0%E5%A2%83%E7%A0%B4%E5%A3%8A%E5%9B%B3%E9%91%91+%E3%81%BC%E3%81%8F%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%8C%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%8B%E5%9C%B0%E7%90%83%E3%81%AE%E6%9C%AA%E6%9D%A5">環境破壊図鑑 ぼくたちがつくる地球の未来</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64483189">感想</a><br />無秩序(自然)から秩序(ヒト)が生まれたとき無秩序は無秩序でいられない。でも所詮秩序なんて考えられる範囲に留まっている。限界がある。それが問題だと思う。秩序ってシンプルだし、無駄がない。だから悩むのだろう。なぜ生きているのか。そのままで良いと思えないから。<br />読了日:05月25日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E8%97%A4%E5%8E%9F+%E5%B9%B8%E4%B8%80">藤原 幸一</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/445260"><img alt="ちいさな曲芸師バーナビー" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51SBPH4FCGL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/445260?title=%E3%81%A1%E3%81%84%E3%81%95%E3%81%AA%E6%9B%B2%E8%8A%B8%E5%B8%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%93%E3%83%BC">ちいさな曲芸師バーナビー</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64483140">感想</a><br />まわりの修道士たちは、それぞれ自分に与えられた仕事をして、神様のために働いていました。(中略)「ここにはぼくにできることは何もないんだ。どうやってお祈りをするのかも知らないのに、ただ、与えられるパンを食べているだけなんだ」<br />読了日:05月25日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%A9+%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%BC">バーバラ クーニー</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/11252781"><img alt="リターン 洞くつ壁画のまほう (講談社の翻訳絵本)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51%2BFKKDm8sL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/11252781?title=%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3+%E6%B4%9E%E3%81%8F%E3%81%A4%E5%A3%81%E7%94%BB%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%BB%E3%81%86+%28%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E3%81%AE%E7%BF%BB%E8%A8%B3%E7%B5%B5%E6%9C%AC%29">リターン 洞くつ壁画のまほう (講談社の翻訳絵本)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64464568">感想</a><br />図書館に置いてあって、でも予約がいっぱいで借りれなかったら翌日誰かに借りられて1か月。名前も忘れたけど、表紙で一発だよね。引き込まれる絵だし。何が違うんだろうね。光ってるからね。見る前に借りることが決定してる本ってなかなかないからね。ばしっとくる感じが大好き。なかなかないからな。<br />読了日:05月24日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC">アーロン・ベッカー</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/5916511"><img alt="最新文具の上手な使い方" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51g6DtP8-5L._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/5916511?title=%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%96%87%E5%85%B7%E3%81%AE%E4%B8%8A%E6%89%8B%E3%81%AA%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9">最新文具の上手な使い方</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64464563">感想</a><br />不断の努力がキングジムだと思う。キングジム大好きだ。リヒトラボも好き。アイデアをカタチにしちゃう人好き。私はアイデアで終わるから。死蔵物ばっかりだ。人生の目標はアイデアをカタチにすることだから。<br />読了日:05月24日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword="></a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/8972109"><img alt="考え方のコツ (朝日文庫)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41EnWIldEPL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/8972109?title=%E8%80%83%E3%81%88%E6%96%B9%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%84+%28%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%87%E5%BA%AB%29">考え方のコツ (朝日文庫)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64464544">感想</a><br />まーこういう考える人にとっては残業は敵だと思う。考えるってそういうことだから。でも効率化を図る人にとっては残業しかないのだ。無駄を省くと仕事が増えるから結局限界まで引きあがる。そうやって会社と私と社会が繋がって成長できればみんな幸せ。できないとみんな不幸せ。クリエイティブな人は少なく、ライン工が多い。さて、どうやって生きていこうか。<br />読了日:05月24日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E6%9D%BE%E6%B5%A6%E5%BC%A5%E5%A4%AA%E9%83%8E">松浦弥太郎</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/580431"><img alt="脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51zKAoEVmIL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/580431?title=%E8%84%B3%E3%81%8C%E5%86%B4%E3%81%88%E3%82%8B15%E3%81%AE%E7%BF%92%E6%85%A3+%E8%A8%98%E6%86%B6%E3%83%BB%E9%9B%86%E4%B8%AD%E3%83%BB%E6%80%9D%E8%80%83%E5%8A%9B%E3%82%92%E9%AB%98%E3%82%81%E3%82%8B+%28%E7%94%9F%E6%B4%BB%E4%BA%BA%E6%96%B0%E6%9B%B8%29">脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64464535">感想</a><br />ちゃんとしてる。でも目新しさはない。当たり前のことを当たり前に書いてる。いい本だけど、望んでいたものではない。24時間働きたいのだ。<br />読了日:05月24日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E7%AF%89%E5%B1%B1+%E7%AF%80">築山 節</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/8207529"><img alt="愛しき駄文具" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41qniQWQDeL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/8207529?title=%E6%84%9B%E3%81%97%E3%81%8D%E9%A7%84%E6%96%87%E5%85%B7">愛しき駄文具</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64464526">感想</a><br />KILL TIME っていうメモがほしくてアマゾン見たけど売ってなかった。楽天には売ってたけどアマゾン派だから買えない…。こういうとき買うところ決めておくと楽だけど、不便だな。融通してほしいと思う。<br />読了日:05月24日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E3%81%8D%E3%81%A0%E3%81%A6%E3%81%9F%E3%81%8F">きだてたく</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/10022091"><img alt="POPEYE(ポパイ) 2015年 12月号 [雑誌]" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/419gsZ1frDL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/10022091?title=POPEYE%28%E3%83%9D%E3%83%91%E3%82%A4%29+2015%E5%B9%B4+12%E6%9C%88%E5%8F%B7+%5B%E9%9B%91%E8%AA%8C%5D">POPEYE(ポパイ) 2015年 12月号 [雑誌]</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64464516">感想</a><br />目に留まったってことは大人になりたいのかな。問題はなりたい大人像ではなかったということくらいだな。<br />読了日:05月24日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword="></a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/9768939"><img alt="究極の文房具カタログ" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51bdoz9s6ML._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/9768939?title=%E7%A9%B6%E6%A5%B5%E3%81%AE%E6%96%87%E6%88%BF%E5%85%B7%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%AD%E3%82%B0">究極の文房具カタログ</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64455412">感想</a><br />期待した私がバカだった。クズだよね。これ何を意図して書いたのかな?新しい文具に触れてもらうためじゃないの?なんでこんなにお前のつまらん講釈を聞かねばならんの?読んでないけど。ありきたりなものしか紹介してないし。かわいそうに。この程度で「王」か。大した国じゃないな。<br />読了日:05月23日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E9%AB%98%E7%95%91+%E6%AD%A3%E5%B9%B8">高畑 正幸</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/468222"><img alt="仕事がはかどりすぎて困る!どうにも素敵な文具術" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51jbZFSHRnL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/468222?title=%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%81%8C%E3%81%AF%E3%81%8B%E3%81%A9%E3%82%8A%E3%81%99%E3%81%8E%E3%81%A6%E5%9B%B0%E3%82%8B%21%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AB%E3%82%82%E7%B4%A0%E6%95%B5%E3%81%AA%E6%96%87%E5%85%B7%E8%A1%93">仕事がはかどりすぎて困る!どうにも素敵な文具術</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64455397">感想</a><br />欲しいものが見つからなかった。大した術じゃないな。<br />読了日:05月23日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E4%B8%AD%E5%B3%B6+%E5%AD%9D%E5%BF%97">中島 孝志</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/2528840"><img alt="増田教授のシステム文具術―工夫と失敗がたのしさの秘訣 (NESCO BOOKS)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/518hTmFWo7L._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/2528840?title=%E5%A2%97%E7%94%B0%E6%95%99%E6%8E%88%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E6%96%87%E5%85%B7%E8%A1%93%E2%80%95%E5%B7%A5%E5%A4%AB%E3%81%A8%E5%A4%B1%E6%95%97%E3%81%8C%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%97%E3%81%95%E3%81%AE%E7%A7%98%E8%A8%A3+%28NESCO+BOOKS%29">増田教授のシステム文具術―工夫と失敗がたのしさの秘訣 (NESCO BOOKS)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64455384">感想</a><br />時代が違う。<br />読了日:05月23日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E5%A2%97%E7%94%B0+%E6%AD%A3%E9%80%A0">増田 正造</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/1566482"><img alt="男の文具図鑑 (講談社文庫)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51YlZaeGxBL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/1566482?title=%E7%94%B7%E3%81%AE%E6%96%87%E5%85%B7%E5%9B%B3%E9%91%91+%28%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB%29">男の文具図鑑 (講談社文庫)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64455378">感想</a><br />いつの時代だよ。<br />読了日:05月23日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E6%A2%85%E6%B2%A2+%E5%BA%84%E4%BA%AE">梅沢 庄亮</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/1879113"><img alt="小さな小さな魔女ピッキ" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41FQ990lAyL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/1879113?title=%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E9%AD%94%E5%A5%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AD">小さな小さな魔女ピッキ</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64455363">感想</a><br />絵がやばい。日本語はもう少し頑張ってほしい。絵がヤバイ。絵が好き。色の使い方、物語の位置づけとか最高。これいい本だ。<br />読了日:05月23日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3+%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%98%E3%83%B3">トーン テレヘン</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/600264"><img alt="あのころ、そしていま… (海外秀作絵本)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61R3V0W2S9L._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/600264?title=%E3%81%82%E3%81%AE%E3%81%93%E3%82%8D%E3%80%81%E3%81%9D%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E2%80%A6+%28%E6%B5%B7%E5%A4%96%E7%A7%80%E4%BD%9C%E7%B5%B5%E6%9C%AC%29">あのころ、そしていま… (海外秀作絵本)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64455227">感想</a><br />気づいたら、いま。<br />読了日:05月23日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%B3+%E3%83%A4%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3">ホーカン ヤエンソン</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/4691854"><img alt="中国美女の正体 (フォレスト2545新書)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31tMdBqKNmL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/4691854?title=%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E7%BE%8E%E5%A5%B3%E3%81%AE%E6%AD%A3%E4%BD%93+%28%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%882545%E6%96%B0%E6%9B%B8%29">中国美女の正体 (フォレスト2545新書)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64438647">感想</a><br />日本人の思い込みが多分にあると思う。中国美女とか限定する必要があまりわからん。まーニッチだから売れると思うけど。美女は美女だ。<br />読了日:05月22日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E5%AE%AE%E8%84%87%E6%B7%B3%E5%AD%90%2C%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E9%A6%99%E7%B9%94">宮脇淳子,福島香織</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/11040752"><img alt="美女の正体" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51JYiCjW5NL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/11040752?title=%E7%BE%8E%E5%A5%B3%E3%81%AE%E6%AD%A3%E4%BD%93">美女の正体</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64438611">感想</a><br />頑張ってる人って綺麗だよね。<br />読了日:05月22日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E4%B8%8B%E6%9D%91+%E4%B8%80%E5%96%9C">下村 一喜</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/1348108"><img alt="ジェニー・エンジェル (海外秀作絵本)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51T25CKGDPL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/1348108?title=%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AB+%28%E6%B5%B7%E5%A4%96%E7%A7%80%E4%BD%9C%E7%B5%B5%E6%9C%AC%29">ジェニー・エンジェル (海外秀作絵本)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64438568">感想</a><br />そう、羽根が生えてるからね。<br />読了日:05月22日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88+%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%89">マーガレット ワイルド</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/1209374"><img alt="いつかどんぐりの木が (海外秀作絵本)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51SSJK4A5XL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/1209374?title=%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%A9%E3%82%93%E3%81%90%E3%82%8A%E3%81%AE%E6%9C%A8%E3%81%8C+%28%E6%B5%B7%E5%A4%96%E7%A7%80%E4%BD%9C%E7%B5%B5%E6%9C%AC%29">いつかどんぐりの木が (海外秀作絵本)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64427601">感想</a><br />そうだよね。人間が悪いとかそういう話じゃないしね。<br />読了日:05月22日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E3%82%A4%E3%83%B4+%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0">イヴ バンティング</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/476847"><img alt="もっちゃうもっちゃうもうもっちゃう" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/515HQ0H2EEL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/476847?title=%E3%82%82%E3%81%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%81%86%E3%82%82%E3%81%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%81%86%E3%82%82%E3%81%86%E3%82%82%E3%81%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%81%86">もっちゃうもっちゃうもうもっちゃう</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64427549">感想</a><br />まーそうなるよね。<br />読了日:05月22日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E5%9C%9F%E5%B1%8B+%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E5%A4%AB">土屋 富士夫</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/583730"><img alt="きみのうち、ぼくのうち (海外秀作絵本)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51QJNGZZWBL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/583730?title=%E3%81%8D%E3%81%BF%E3%81%AE%E3%81%86%E3%81%A1%E3%80%81%E3%81%BC%E3%81%8F%E3%81%AE%E3%81%86%E3%81%A1+%28%E6%B5%B7%E5%A4%96%E7%A7%80%E4%BD%9C%E7%B5%B5%E6%9C%AC%29">きみのうち、ぼくのうち (海外秀作絵本)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64427534">感想</a><br />まー居心地はいいよ。<br />読了日:05月22日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E3%83%A4%E3%83%B3+%E3%83%9B%E3%82%A2%E3%83%B3">ヤン ホアン</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/1878513"><img alt="[書類・手帳・ノート・ノマド]の文具術 楽しんで仕事の効率をあげる!" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51NJJfpUh6L._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/1878513?title=%EF%BC%BB%E6%9B%B8%E9%A1%9E%E3%83%BB%E6%89%8B%E5%B8%B3%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%9E%E3%83%89%EF%BC%BD%E3%81%AE%E6%96%87%E5%85%B7%E8%A1%93+%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%82%93%E3%81%A7%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%81%AE%E5%8A%B9%E7%8E%87%E3%82%92%E3%81%82%E3%81%92%E3%82%8B%EF%BC%81">[書類・手帳・ノート・ノマド]の文具術 楽しんで仕事の効率をあげる!</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64396736">感想</a><br />2回目。下の写真パラパラめくってアマゾンでサーフィンするのが愉しかった。でも一番はやっぱりキングジム。HPからして可笑しい。名前とかアイデアとかそれを作っちゃうところとか。キングジム最高。もし来世があったらキングジムで働きたいと思う。でもアイデア不足で死にたくなるとも思う。とりあえずメーカーには向いてないからな。<br />読了日:05月20日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E7%BE%8E%E5%B4%8E+%E6%A0%84%E4%B8%80%E9%83%8E">美崎 栄一郎</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/6681729"><img alt="知的文具図鑑 (マンボウブックス)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41ejLps7%2BtL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/6681729?title=%E7%9F%A5%E7%9A%84%E6%96%87%E5%85%B7%E5%9B%B3%E9%91%91+%28%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%82%A6%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%29">知的文具図鑑 (マンボウブックス)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64395897">感想</a><br />おいおい、いつの時代だよ。っていう本。その時代の最先端。文具の本もいつかは奇態の新事実。「マンボウは自由です。」から始まるマンボウブックスとか<br />読了日:05月20日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword="></a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/9625332"><img alt="大人のひとり暮らし~今より少しだけきちんと~" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51mQ0vLlE%2BL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/9625332?title=%E5%A4%A7%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%82%8A%E6%9A%AE%E3%82%89%E3%81%97%7E%E4%BB%8A%E3%82%88%E3%82%8A%E5%B0%91%E3%81%97%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%8D%E3%81%A1%E3%82%93%E3%81%A8%7E">大人のひとり暮らし~今より少しだけきちんと~</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64393369">感想</a><br />すげー大人だった。私はまだまだこれからだな。<br />読了日:05月20日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E6%9F%B3%E6%B2%A2+%E5%B0%8F%E5%AE%9F">柳沢 小実</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/6452614"><img alt="命を救った道具たち" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51IN2zKsGuL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/6452614?title=%E5%91%BD%E3%82%92%E6%95%91%E3%81%A3%E3%81%9F%E9%81%93%E5%85%B7%E3%81%9F%E3%81%A1">命を救った道具たち</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64393174">感想</a><br />探検家がどんな仕事かさっぱりわからないけど、その道具は素晴らしい。とりあえずパックセーフカバーセーフ100、又鬼山刀がほしい!<br />読了日:05月20日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E9%AB%98%E6%A9%8B%E5%A4%A7%E8%BC%94">高橋大輔</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/563882"><img alt="午後の恐竜 (新潮文庫)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51XDMWT9X4L._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/563882?title=%E5%8D%88%E5%BE%8C%E3%81%AE%E6%81%90%E7%AB%9C+%28%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB%29">午後の恐竜 (新潮文庫)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64391274">感想</a><br />相変わらず上手いな。時々読むのに丁度よい。何が違うんだろうな。この軽い感じが大好きだ。<br />読了日:05月20日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E6%98%9F+%E6%96%B0%E4%B8%80">星 新一</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/9683743"><img alt="私の生活技術 (土曜文庫)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31o7xVjrvAL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/9683743?title=%E7%A7%81%E3%81%AE%E7%94%9F%E6%B4%BB%E6%8A%80%E8%A1%93+%28%E5%9C%9F%E6%9B%9C%E6%96%87%E5%BA%AB%29">私の生活技術 (土曜文庫)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64391197">感想</a><br />記念すべき読メ登録後4000冊目!どうでもいいね。脳内物質が切れてる。面白いことが書いてあるのはわかるんだけど、それを理解しきれない。忙しさの中で脳内物質を溢れ出るようにする技術を学ぶべきだな。<br />読了日:05月20日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%AF">アンドレ・モーロワ</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/10737578"><img alt="ならべる、そろえる収納 (ナチュリラ別冊)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51klp3j645L._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/10737578?title=%E3%81%AA%E3%82%89%E3%81%B9%E3%82%8B%E3%80%81%E3%81%9D%E3%82%8D%E3%81%88%E3%82%8B%E5%8F%8E%E7%B4%8D+%28%E3%83%8A%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%A9%E5%88%A5%E5%86%8A%29">ならべる、そろえる収納 (ナチュリラ別冊)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64363090">感想</a><br />ならべるほど、そろえるほどものがない…。それも問題だ。細かなものがあるだけだとね。ならべようもそろえようもない。ただ雑然としている。でも思想はわかる。少しずつ変えていこう。少しずつ記録していこう。そうして気づいたら大いなる高みに立っていよう。下界を睥睨しよう。そして太陽に近づいて羽が溶けて落ちるのだろう。<br />読了日:05月19日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword="></a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/5162672"><img alt="仕事がはかどる 文具術 (日経BPムック スキルアップシリーズ)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51IG8P4vDpL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/5162672?title=%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%81%8C%E3%81%AF%E3%81%8B%E3%81%A9%E3%82%8B+%E6%96%87%E5%85%B7%E8%A1%93+%28%E6%97%A5%E7%B5%8CBP%E3%83%A0%E3%83%83%E3%82%AF+%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%29">仕事がはかどる 文具術 (日経BPムック スキルアップシリーズ)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64363081">感想</a><br />求めているのは文具じゃないのかもしれない。何がほしいのだろう。お金を使いたいだけ?その辺明らかにする必要がある。無駄があれば省こう。そのための投資は惜しまないつもりだ。だけどいらないものも省こう。無駄のない人生のために。大いなる無駄のために!!!<br />読了日:05月19日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword="></a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/9719905"><img alt="KING JIM ヒット文具を生み続ける独創のセオリー" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41K3K958%2ByL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/9719905?title=KING+JIM+%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E6%96%87%E5%85%B7%E3%82%92%E7%94%9F%E3%81%BF%E7%B6%9A%E3%81%91%E3%82%8B%E7%8B%AC%E5%89%B5%E3%81%AE%E3%82%BB%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%BC">KING JIM ヒット文具を生み続ける独創のセオリー</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64336651">感想</a><br />キングジム好きだわ。変なもの作る会社だと思ってたけど、社長は変だわ。面白い。お金的にもたしか結構貢献してるハズ。変わってるから確実に買っちゃうんだよね。他にないから。高いけどしょうがないなって思う。ビビッとくるから。キングジムだよね。なんか回し者みたいだ。<br />読了日:05月17日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E5%AE%AE%E6%9C%AC+%E5%BD%B0">宮本 彰</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/11110826"><img alt="PRESIDENT (プレジデント) 2016年8/29号(「実家」の大問題 一挙解決ノート)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51fPPrDEu7L._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/11110826?title=PRESIDENT+%28%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%88%29+2016%E5%B9%B48%2F29%E5%8F%B7%28%E3%80%8C%E5%AE%9F%E5%AE%B6%E3%80%8D%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%95%8F%E9%A1%8C+%E4%B8%80%E6%8C%99%E8%A7%A3%E6%B1%BA%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%29">PRESIDENT (プレジデント) 2016年8/29号(「実家」の大問題 一挙解決ノート)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64325031">感想</a><br />関心がないからかなー。興味がないとなんかつまらんよね。こういう雑誌をどう読んでいくかが今後の課題だと思う。疲れて本を読みたくなくても雑誌なら気になった写真見てれば読んだ気になるし。そういうのってどうだろう。<br />読了日:05月17日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword="></a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/11089442"><img alt="考える人 2016年 08 月号" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51BHOTDa1uL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/11089442?title=%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E4%BA%BA+2016%E5%B9%B4+08+%E6%9C%88%E5%8F%B7">考える人 2016年 08 月号</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64325023">感想</a><br />谷川さすがだわ。望月なんとかがめんどくさい。大したことないのにグダグダ言わないでほしい。それくらいかなー。こういういろいろ読める形式である雑誌って改めて面白いと思う。結局目的的に生きているから無目的に情報を入手するって新しいんだと思う。<br />読了日:05月17日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword="></a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/513051"><img alt="図解 ミスが少ない人は必ずやっている「書類・手帳・ノート」の整理術" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51762HkhS7L._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/513051?title=%E5%9B%B3%E8%A7%A3+%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%81%8C%E5%B0%91%E3%81%AA%E3%81%84%E4%BA%BA%E3%81%AF%E5%BF%85%E3%81%9A%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%80%8C%E6%9B%B8%E9%A1%9E%E3%83%BB%E6%89%8B%E5%B8%B3%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%80%8D%E3%81%AE%E6%95%B4%E7%90%86%E8%A1%93">図解 ミスが少ない人は必ずやっている「書類・手帳・ノート」の整理術</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64313957">感想</a><br />2度目。何か見つかるかと思ったけど。そういうこと思わせてくれる本。前回よりいい感想だと思う。ましな感想だな。<br />読了日:05月16日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword="></a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/9709879"><img alt="PRESIDENT (プレジデント) 2015年 6/15 号" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51%2BG4FBam9L._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/9709879?title=PRESIDENT+%28%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%88%29+2015%E5%B9%B4+6%2F15+%E5%8F%B7">PRESIDENT (プレジデント) 2015年 6/15 号</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64313948">感想</a><br />今回つまらんかった。第3の選択の意味がわからんし。<br />読了日:05月16日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword="></a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/253343"><img alt="ホフマンスタール詩集 (岩波文庫)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/4130CR4hsAL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/253343?title=%E3%83%9B%E3%83%95%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AB%E8%A9%A9%E9%9B%86+%28%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%96%87%E5%BA%AB%29">ホフマンスタール詩集 (岩波文庫)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64271801">感想</a><br />ホフマンいいね。好きだわ。わからんけど。こういう感じを言葉にしたいってずっと言ってるけど、言ってるだけなんだよね。その辺どうにかする手段についての読書をすすめる必要があるね。<br />読了日:05月14日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E3%83%9B%E3%83%95%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AB">ホフマンスタール</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/10418125"><img alt="爆弾のすきな将軍 (Children &amp; YA Books)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41czV7sRdNL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/10418125?title=%E7%88%86%E5%BC%BE%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%8D%E3%81%AA%E5%B0%86%E8%BB%8D+%28Children+%26+YA+Books%29">爆弾のすきな将軍 (Children &amp; YA Books)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64271697">感想</a><br />どうでもいいけど、放射線漏れてない?持ってたら使いたくなるよね。その辺難しいと思う。わからんけどさ。でもそろそろ戦争するでしょ。ミサイル撃たれたし。接しているって難しいよね。<br />読了日:05月14日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88+%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B3">ウンベルト エーコ</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/525068"><img alt="今日は死ぬのにもってこいの日" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51X40BQGSKL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/525068?title=%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%81%AF%E6%AD%BB%E3%81%AC%E3%81%AE%E3%81%AB%E3%82%82%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%93%E3%81%84%E3%81%AE%E6%97%A5">今日は死ぬのにもってこいの日</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64271641">感想</a><br />こういう人好き。でも今じゃない。わからないけど。いつになったらとか言えないけど。なんか違う。気分に合わない。でも好き。そういう本。<br />読了日:05月14日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89">ナンシー・ウッド</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/1930812"><img alt="好きになったら読む本 (講談社文庫)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51U7S0Mex%2BL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/1930812?title=%E5%A5%BD%E3%81%8D%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%89%E8%AA%AD%E3%82%80%E6%9C%AC+%28%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB%29">好きになったら読む本 (講談社文庫)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64271608">感想</a><br />久々にこんなに偏った思想を垂れ流す本を読んだ。こういうの大事だと思う。特にこんないいことしか言わないようなつまらない時代にあって、特定の信仰を垂れ流すなんてなかなかできないから。嫌いだなっていって読むから好きなんだと思う。<br />読了日:05月14日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E8%97%A4%E6%9C%AC+%E7%BE%A9%E4%B8%80">藤本 義一</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/11023862"><img alt="脳の取扱説明書 (今を生きる)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41yPA0pSG4L._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/11023862?title=%E8%84%B3%E3%81%AE%E5%8F%96%E6%89%B1%E8%AA%AC%E6%98%8E%E6%9B%B8+%28%E4%BB%8A%E3%82%92%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%82%8B%29">脳の取扱説明書 (今を生きる)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64271560">感想</a><br />何が言いたいんだろうね?<br />読了日:05月14日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E6%9C%A8%E3%83%8E%E6%9C%AC%E6%99%AF%E5%AD%90">木ノ本景子</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/227121"><img alt="論理的に考える技術―いい仕事をするための" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51P0N5CCASL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/227121?title=%E8%AB%96%E7%90%86%E7%9A%84%E3%81%AB%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E6%8A%80%E8%A1%93%E2%80%95%E3%81%84%E3%81%84%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%82%92%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE">論理的に考える技術―いい仕事をするための</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64271528">感想</a><br />求めていた時期に読みたかった。<br />読了日:05月14日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E9%87%8E%E5%8F%A3+%E9%9D%96%E5%A4%AB">野口 靖夫</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/36985"><img alt="補給戦―何が勝敗を決定するのか (中公文庫BIBLIO)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51NR483CR6L._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/36985?title=%E8%A3%9C%E7%B5%A6%E6%88%A6%E2%80%95%E4%BD%95%E3%81%8C%E5%8B%9D%E6%95%97%E3%82%92%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B+%28%E4%B8%AD%E5%85%AC%E6%96%87%E5%BA%ABBIBLIO%29">補給戦―何が勝敗を決定するのか (中公文庫BIBLIO)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64188271">感想</a><br />補給の考え自体が既に過去の遺物だよね。今なら遠距離からあるだけのミサイルをぶち込むだけだし。陸上に戦力を送り込むことが少ないし。陸上では必要なものが必要なときに必要なところにあるってすごく難しいと思う。それができるだけで戦争に勝てるしね。結局戦線とか維持できるかって話になって十字軍(獣人群)の略奪とかまだ略奪できる程度の戦力だったってことだしね。1度にたくさん殺せるようになると代表者同士の腕相撲で戦争の結果を決めてもいいことになるしね。難しいよ。戦争って。<br />読了日:05月10日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3+%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88">マーチン・ファン クレフェルト</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/10009618"><img alt="PRESIDENT (プレジデント) 2015年11/30号" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51gKl%2BPtTYL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/10009618?title=PRESIDENT+%28%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%88%29+2015%E5%B9%B411%2F30%E5%8F%B7">PRESIDENT (プレジデント) 2015年11/30号</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64188229">感想</a><br />何かの間違いかもしれないからコンティンジョンシー・プランも練っておかないと、やけどするかもない。で、コッチのメンツのアサインなんだけど、シナジーを考えると金本と荒井の関西人コンビ、あと、イケメン要員で高橋はマストだけど、あいつアサーティブすぎるからオリエン必要だな。工藤はコンピテンシーレベル高いから。佐藤はスキルセットがまるでないからコンプライアンス的にアウトだよ。←やっぱ短くカタカナ語を詰め込むのって難しいんだな。<br />読了日:05月10日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword="></a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/11241854"><img alt="PRESIDENT (プレジデント) 2016年12/5号(毎日が面白くなる「哲学」入門)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51l0o%2BunTzL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/11241854?title=PRESIDENT+%28%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%88%29+2016%E5%B9%B412%2F5%E5%8F%B7%28%E6%AF%8E%E6%97%A5%E3%81%8C%E9%9D%A2%E7%99%BD%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%80%8C%E5%93%B2%E5%AD%A6%E3%80%8D%E5%85%A5%E9%96%80%29">PRESIDENT (プレジデント) 2016年12/5号(毎日が面白くなる「哲学」入門)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64188197">感想</a><br />すげー、新入社員の「過労自殺」はなぜ起き続けてしまうのかという題で答えがどこにも載ってない。0回答。毎日が面白いや。<br />読了日:05月10日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword="></a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/9853046"><img alt="PRESIDENT (プレジデント) 2015年 10/5 号" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51ePBysSwkL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/9853046?title=PRESIDENT+%28%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%88%29+2015%E5%B9%B4+10%2F5+%E5%8F%B7">PRESIDENT (プレジデント) 2015年 10/5 号</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64188189">感想</a><br />大事な時間を雑事で浪費するな<br />読了日:05月10日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword="></a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/11130194"><img alt="PRESIDENT (プレジデント) 2016年10/17号「ズルイ資料術」" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51yhaBtt2jL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/11130194?title=PRESIDENT+%28%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%88%29+2016%E5%B9%B410%2F17%E5%8F%B7%E3%80%8C%E3%82%BA%E3%83%AB%E3%82%A4%E8%B3%87%E6%96%99%E8%A1%93%E3%80%8D">PRESIDENT (プレジデント) 2016年10/17号「ズルイ資料術」</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64188171">感想</a><br />ズルさがわからんかった。<br />読了日:05月10日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword="></a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/148492"><img alt="うそつきのパラドックス―論理的に考えることへの挑戦" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41QCXBZP0EL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/148492?title=%E3%81%86%E3%81%9D%E3%81%A4%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E2%80%95%E8%AB%96%E7%90%86%E7%9A%84%E3%81%AB%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%8C%91%E6%88%A6">うそつきのパラドックス―論理的に考えることへの挑戦</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64188161">感想</a><br />なぜこの本を書こうと思ったの?それが知りたい。事実の羅列なんかいらない。どうしてパラドックスに興味を持ったのか教えてほしかった。「もし著者が自分自身の信念を表明しなかったならば、その本は期待はずれのつまらぬものであろう」(セインズブリー)って引用しておいて信念が見えない。大学の授業で使って小金を稼ぐための本かなー。<br />読了日:05月10日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E5%B1%B1%E5%B2%A1+%E6%82%A6%E9%83%8E">山岡 悦郎</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/577440"><img alt="論理的に考える力を引き出す―親子でできるコミュニケーション・スキルのトレーニング" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51FVSZ754QL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/577440?title=%E8%AB%96%E7%90%86%E7%9A%84%E3%81%AB%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E5%8A%9B%E3%82%92%E5%BC%95%E3%81%8D%E5%87%BA%E3%81%99%E2%80%95%E8%A6%AA%E5%AD%90%E3%81%A7%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E3%81%AE%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0">論理的に考える力を引き出す―親子でできるコミュニケーション・スキルのトレーニング</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64188128">感想</a><br />論理的に考え、不合理を受け入れないといけないと思う。論理的なのことは武器だけど、鋭すぎてみんなを傷つける。<br />読了日:05月10日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E4%B8%89%E6%A3%AE+%E3%82%86%E3%82%8A%E3%81%8B">三森 ゆりか</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/197616"><img alt="絵本で育てる情報分析力―論理的に考える力を引き出す〈2〉" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51JT3HFGZ5L._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/197616?title=%E7%B5%B5%E6%9C%AC%E3%81%A7%E8%82%B2%E3%81%A6%E3%82%8B%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%88%86%E6%9E%90%E5%8A%9B%E2%80%95%E8%AB%96%E7%90%86%E7%9A%84%E3%81%AB%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E5%8A%9B%E3%82%92%E5%BC%95%E3%81%8D%E5%87%BA%E3%81%99%E3%80%882%E3%80%89">絵本で育てる情報分析力―論理的に考える力を引き出す〈2〉</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64188123">感想</a><br />日本だと仲間はずれになると思う。<br />読了日:05月10日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E4%B8%89%E6%A3%AE+%E3%82%86%E3%82%8A%E3%81%8B">三森 ゆりか</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/10383215"><img alt="PRESIDENT (プレジデント) 2016年2/29号" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61WWsPbhTTL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/10383215?title=PRESIDENT+%28%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%88%29+2016%E5%B9%B42%2F29%E5%8F%B7">PRESIDENT (プレジデント) 2016年2/29号</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64168881">感想</a><br />リーガルパッド買ったんだ!そしてメモしながら読んだらこれまで読んでたゴミ本と違って頭に残るよね。意識するよね。記録しておくべきことをメモろうとするから。より深いインプットができて初めてそれをアウトプットできるのかもしれない。ないところから出すことはできないからね。年収2000万か。ベンツが買えるな。お金は後からついてくるもんだと思うから。<br />読了日:05月09日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword="></a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/3167355"><img alt="積極的その日暮らし" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41FN9sEQP3L._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/3167355?title=%E7%A9%8D%E6%A5%B5%E7%9A%84%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9A%AE%E3%82%89%E3%81%97">積極的その日暮らし</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64168806">感想</a><br />今の私の気持ちに寄り添ってはいなかった。読みやすいしいいんだけど、今は全力で世界を開拓したい気分なんだ。<br />読了日:05月09日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E8%90%BD%E5%90%88%E6%81%B5%E5%AD%90">落合恵子</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/11225025"><img alt="ぼくは原始人になった" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51wX%2BX4DVGL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/11225025?title=%E3%81%BC%E3%81%8F%E3%81%AF%E5%8E%9F%E5%A7%8B%E4%BA%BA%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F">ぼくは原始人になった</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64168788">感想</a><br />まーこういう人もいると思う。私はここまで身体が丈夫じゃないし。「ぼくは現在人になった」とか「ぼくは大人になった」とかのがあってると思う。「ぼくは都市人になった」でもいいな。都万歳!都市化万歳!これから一緒に自然を破壊しよう!<br />読了日:05月09日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88+%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%A0%2C%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%B7%E3%83%A5+%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%82%B0">マット グレアム,ジョシュ ヤング</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/77829"><img alt="論理的に考えること (岩波ジュニア新書)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51M140WFM6L._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/77829?title=%E8%AB%96%E7%90%86%E7%9A%84%E3%81%AB%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8+%28%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%A2%E6%96%B0%E6%9B%B8%29">論理的に考えること (岩波ジュニア新書)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64168757">感想</a><br />論理学の教科書的な何か。そういうのが知りたいのじゃない。<br />読了日:05月09日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E5%B1%B1%E4%B8%8B+%E6%AD%A3%E7%94%B7">山下 正男</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/425549"><img alt="仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/418TsiQcqdL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/425549?title=%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E7%AD%8B%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%92%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B+%28%E5%B9%BB%E5%86%AC%E8%88%8E%E6%96%B0%E6%9B%B8%29">仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64168754">感想</a><br />仕事ができない人はなぜ本を書くのか。久々に題名と内容の違うキャッチーなだけの本を読んだ。ナナメ読み。ゴミ。<br />読了日:05月09日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%82%A4%E3%83%81">山本ケイイチ</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/555919"><img alt="質問力―論理的に「考える」ためのトレーニング (日経ビジネス人文庫 (い5-2))" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/5196VRM584L._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/555919?title=%E8%B3%AA%E5%95%8F%E5%8A%9B%E2%80%95%E8%AB%96%E7%90%86%E7%9A%84%E3%81%AB%E3%80%8C%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E3%80%8D%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0+%28%E6%97%A5%E7%B5%8C%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E4%BA%BA%E6%96%87%E5%BA%AB+%28%E3%81%845-2%29%29">質問力―論理的に「考える」ためのトレーニング (日経ビジネス人文庫 (い5-2))</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64168743">感想</a><br />なんでこんなにわからないのだろうか。最後の付録ちゃんとやろうと思う。<br />読了日:05月09日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E9%A3%AF%E4%B9%85%E4%BF%9D+%E5%BA%83%E5%97%A3">飯久保 広嗣</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/528808"><img alt="サルビルサ" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61AEJW37C6L._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/528808?title=%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%AB%E3%82%B5">サルビルサ</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64148442">感想</a><br />なんろうね。これ。言葉ってなんだっけ?って感じ。動物の声に意味を見出すかどうかとか?何かしらの意味が乗っかてるハズなのに…。こういうの考えさせるから好き。<br />読了日:05月08日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%82%AD+%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B8">スズキ コージ</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/92649"><img alt="リゼッテとかたつむりのうばぐるま" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51c9VUbBkoL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/92649?title=%E3%83%AA%E3%82%BC%E3%83%83%E3%83%86%E3%81%A8%E3%81%8B%E3%81%9F%E3%81%A4%E3%82%80%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%81%86%E3%81%B0%E3%81%90%E3%82%8B%E3%81%BE">リゼッテとかたつむりのうばぐるま</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64148429">感想</a><br />おおきな みずたまりを みつけた リゼッテは、 いきよいよく とびこみました<br />読了日:05月08日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9">カタリーナ・ヴァルクス</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/83062"><img alt="おさるとぼうしうり (世界傑作絵本シリーズ―スウェーデンの絵本)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51NHJ9ZCGDL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/83062?title=%E3%81%8A%E3%81%95%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%BC%E3%81%86%E3%81%97%E3%81%86%E3%82%8A+%28%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%82%91%E4%BD%9C%E7%B5%B5%E6%9C%AC%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E2%80%95%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%81%AE%E7%B5%B5%E6%9C%AC%29">おさるとぼうしうり (世界傑作絵本シリーズ―スウェーデンの絵本)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64148411">感想</a><br />繰り返しが4回なのが気になる。なんで4回にしたんだろ
スウェーデンだから?彼の国では4回が主流なのだろうか?これが北欧イズムだろうか?<br />読了日:05月08日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E3%82%A8%E3%82%BA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB+%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%8A">エズフィール スロボドキーナ</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/3053626"><img alt="トトシュとマリーとたんすのおうち" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41Al61IwkmL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/3053626?title=%E3%83%88%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%81%A8%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%A8%E3%81%9F%E3%82%93%E3%81%99%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%86%E3%81%A1">トトシュとマリーとたんすのおうち</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64148397">感想</a><br />結局元ネタはいいのは当たり前で、訳者がふしみさんだもんな。この日本語のセンスが好きなんだな。なんだろうね。この感じ。これを言葉にしたいとずっと思ってる。<br />読了日:05月08日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A+%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9">カタリーナ ヴァルクス</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/11058890"><img alt="九十歳。何がめでたい" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41fe%2Bie4%2B5L._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/11058890?title=%E4%B9%9D%E5%8D%81%E6%AD%B3%E3%80%82%E4%BD%95%E3%81%8C%E3%82%81%E3%81%A7%E3%81%9F%E3%81%84">九十歳。何がめでたい</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64135608">感想</a><br />呆けたことを。<br />読了日:05月07日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E4%BD%90%E8%97%A4%E6%84%9B%E5%AD%90">佐藤愛子</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/596333"><img alt="ぼくたち また なかよしさ! (児童図書館・絵本の部屋)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51z1fSIdjUL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/596333?title=%E3%81%BC%E3%81%8F%E3%81%9F%E3%81%A1+%E3%81%BE%E3%81%9F+%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%82%88%E3%81%97%E3%81%95%21+%28%E5%85%90%E7%AB%A5%E5%9B%B3%E6%9B%B8%E9%A4%A8%E3%83%BB%E7%B5%B5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E9%83%A8%E5%B1%8B%29">ぼくたち また なかよしさ! (児童図書館・絵本の部屋)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64134535">感想</a><br />まくら大事だよね。<br />読了日:05月07日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9+%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%A0">ハンス ウィルヘルム</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/8209097"><img alt="シルバー川柳4 あの世より近い気がする宇宙行き (一般書)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41ffAHnQefL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/8209097?title=%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E5%B7%9D%E6%9F%B34+%E3%81%82%E3%81%AE%E4%B8%96%E3%82%88%E3%82%8A%E8%BF%91%E3%81%84%E6%B0%97%E3%81%8C%E3%81%99%E3%82%8B%E5%AE%87%E5%AE%99%E8%A1%8C%E3%81%8D+%28%E4%B8%80%E8%88%AC%E6%9B%B8%29">シルバー川柳4 あの世より近い気がする宇宙行き (一般書)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64134477">感想</a><br />目がかすみ みんな美人に 見えて良い<br />読了日:05月07日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E5%85%AC%E7%9B%8A%E7%A4%BE%E5%9B%A3%E6%B3%95%E4%BA%BA%E5%85%A8%E5%9B%BD%E6%9C%89%E6%96%99%E8%80%81%E4%BA%BA%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%8D%94%E4%BC%9A%2C%E3%83%9D%E3%83%97%E3%83%A9%E7%A4%BE%E7%B7%A8%E9%9B%86%E9%83%A8">公益社団法人全国有料老人ホーム協会,ポプラ社編集部</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/6978895"><img alt="シルバー川柳3 来世も一緒になろうと犬に言い" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51luF-CIEKL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/6978895?title=%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E5%B7%9D%E6%9F%B33+%E6%9D%A5%E4%B8%96%E3%82%82%E4%B8%80%E7%B7%92%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8D%E3%81%86%E3%81%A8%E7%8A%AC%E3%81%AB%E8%A8%80%E3%81%84">シルバー川柳3 来世も一緒になろうと犬に言い</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64134377">感想</a><br />欲しかった 自由と時間 持て余す<br />読了日:05月07日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E7%A4%BE%E5%9B%A3%E6%B3%95%E4%BA%BA%E5%85%A8%E5%9B%BD%E6%9C%89%E6%96%99%E8%80%81%E4%BA%BA%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%8D%94%E4%BC%9A">社団法人全国有料老人ホーム協会</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/6306273"><img alt="シルバー川柳2 「アーンして」むかしラブラブいま介護 (一般書)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41TSYCz3FfL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/6306273?title=%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E5%B7%9D%E6%9F%B32+%E3%80%8C%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%97%E3%81%A6%E3%80%8D%E3%82%80%E3%81%8B%E3%81%97%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%96%E3%81%84%E3%81%BE%E4%BB%8B%E8%AD%B7+%28%E4%B8%80%E8%88%AC%E6%9B%B8%29">シルバー川柳2 「アーンして」むかしラブラブいま介護 (一般書)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64134283">感想</a><br />幸せは 妻と二人の 冷奴<br />読了日:05月07日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E5%85%A8%E5%9B%BD%E6%9C%89%E6%96%99%E8%80%81%E4%BA%BA%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%8D%94%E4%BC%9A">全国有料老人ホーム協会</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/6451653"><img alt="内臓とこころ (河出文庫)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51%2BmMs7y6JL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/6451653?title=%E5%86%85%E8%87%93%E3%81%A8%E3%81%93%E3%81%93%E3%82%8D+%28%E6%B2%B3%E5%87%BA%E6%96%87%E5%BA%AB%29">内臓とこころ (河出文庫)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/64127142">感想</a><br />三木ちゃん流石だぞー。おもしろい。わかりやすいだけじゃなくてひねってるからね。好き。論文集読み直そうと思う。<br />読了日:05月07日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E4%B8%89%E6%9C%A8+%E6%88%90%E5%A4%AB">三木 成夫</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/411412"><img alt="日本一メルセデス・ベンツを売る男―ザ・トップセールス 吉田満の販売術" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/5145HHT2WYL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/411412?title=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%B8%80%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%84%E3%82%92%E5%A3%B2%E3%82%8B%E7%94%B7%E2%80%95%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9+%E5%90%89%E7%94%B0%E6%BA%80%E3%81%AE%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E8%A1%93">日本一メルセデス・ベンツを売る男―ザ・トップセールス 吉田満の販売術</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/63994097">感想</a><br />ベンツ買うならこの人がいいな。あるいはこんな人が。2000万だからね。<br />読了日:05月02日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E5%89%8D%E5%B3%B6+%E5%A4%AA%E4%B8%80">前島 太一</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/9525"><img alt="スガンさんのヤギ" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61BJKXYAQXL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/9525?title=%E3%82%B9%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E3%83%A4%E3%82%AE">スガンさんのヤギ</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/63994020">感想</a><br />絵がヤバイよね!思ったけどさ、自由に向かって戦って、夜明けを迎えて死ねるなんて幸せだと思う。閉じ込められて人に喰われるよりは。どっちが自由かわからないよね。閉じ込められる自由もあるけど。自由ってなんだ?幸せってなんだっけ?<br />読了日:05月02日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%82%B9+%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%87">アルフォンス ドーデ</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/180963"><img alt="スガンさんのやぎ (世界のおはなし絵本(18))" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/519Heh%2B%2B3bL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/180963?title=%E3%82%B9%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E3%82%84%E3%81%8E+%28%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%97%E7%B5%B5%E6%9C%AC%2818%29%29">スガンさんのやぎ (世界のおはなし絵本(18))</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/63994009">感想</a><br />あら、かわいそうに。でも、いいんです。わたしを いかせてくださいよ、やまの なかに。<br />読了日:05月02日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E3%81%8D%E3%81%97%E3%81%A0+%E3%81%88%E3%82%8A%E3%81%93">きしだ えりこ</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/92651"><img alt="リゼッテとみどりのくつしたかたいっぽう" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51IU-2hs9jL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/92651?title=%E3%83%AA%E3%82%BC%E3%83%83%E3%83%86%E3%81%A8%E3%81%BF%E3%81%A9%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%81%8F%E3%81%A4%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%8B%E3%81%9F%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%BD%E3%81%86">リゼッテとみどりのくつしたかたいっぽう</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/63993920">感想</a><br />すげーな!これ。伏線全部回収しおった!<br />読了日:05月02日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9">カタリーナ・ヴァルクス</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/403886"><img alt="ノアのはこ船 (児童図書館・絵本の部屋)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61K9G1RAXHL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/403886?title=%E3%83%8E%E3%82%A2%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%81%93%E8%88%B9+%28%E5%85%90%E7%AB%A5%E5%9B%B3%E6%9B%B8%E9%A4%A8%E3%83%BB%E7%B5%B5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E9%83%A8%E5%B1%8B%29">ノアのはこ船 (児童図書館・絵本の部屋)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/63993890">感想</a><br />そういや、ノアというヒトがはこ船を作るよね。ヒトが神に従って動物を従えるってことだよね。神に代わって支配するってことだよね。だからキリスト教か!ってちょっと驚いた。そしてヒトって出アフリカしたあたりで2000人程度の集団だったっていうしそういうことかもしれない。私の観察眼がないからかもしれないけれど、同じ種類の動物いっぱいいるときあるよね?1組ずつじゃなかったっけ?産めよ殖やせよっていっても遺伝的にヤバイよね。<br />読了日:05月02日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC+%E3%82%B9%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%BC">ピーター スピアー</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/178695"><img alt="画家 AN ARTIST" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41bGvlgWfAL._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/178695?title=%E7%94%BB%E5%AE%B6+AN+ARTIST">画家 AN ARTIST</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/63983360">感想</a><br />自然のそとに 秩序をつくろうとする。<br />読了日:05月01日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=M.B.%E3%82%B4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3">M.B.ゴフスタイン</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/539940"><img alt="ピアノ調律師" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Y0FRSPS1L._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/539940?title=%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E8%AA%BF%E5%BE%8B%E5%B8%AB">ピアノ調律師</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/63983341">感想</a><br />それから、キープライヤーとワイヤープライヤーと、キースペイサーと、パラレルプライヤーと、キャプスタンスくりゅードライバーと、キャプスタンレンチと、スプリングアジャスターと、それにアップライト用のスプーンベンダーと、それと…。<br />読了日:05月01日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=M.B.+%E3%82%B4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3">M.B. ゴフスタイン</a><br clear="left" /><a href="https://bookmeter.com/books/4597802"><img alt="あなたのひとり旅 (末盛千枝子ブックス)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41tV5odllML._SL75_.jpg" /></a><a href="https://bookmeter.com/books/4597802?title=%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%82%8A%E6%97%85+%28%E6%9C%AB%E7%9B%9B%E5%8D%83%E6%9E%9D%E5%AD%90%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%29">あなたのひとり旅 (末盛千枝子ブックス)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/63983148">感想</a><br />私の心もずたずた<br />読了日:05月01日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=M.B.+%E3%82%B4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3">M.B. ゴフスタイン</a><br clear="left" /><br /><a href="https://bookmeter.com/">読書メーター</a><br />

京童ノ口ズサミ 4月分 ニツイテカタルノミ

4月の読書メーター読んだ本の数:52読んだページ数:8039ナイス数:1389ボードレール詩集 (新潮文庫)ボードレール詩集 (新潮文庫)感想この人暗いから嫌い。もっと人生ワクワクしていたい。こんな抑鬱患者みたいに生きていたくない。読了日:04月29日 著者:ボードレール
ブルッキーのひつじブルッキーのひつじ感想ひつじいいなー。羊飼いになりたい。読了日:04月29日 著者:M.B. ゴフスタイン
リトル シューベルトリトル シューベルト感想なんでこの人登録されていないのだろう。絵本って時代を超えることができると思うのに。しょうがないのかな。読了日:04月29日 著者:M B ゴフスタイン
おばあちゃんの魚つりおばあちゃんの魚つり感想当たり前のことを当たり前にやりたい。読了日:04月29日 著者:M B ゴフスタイン
ゴールディーのお人形ゴールディーのお人形感想「人生において価値のあることは、そして本当に幸せなことは、仕事